めげて、どん底

今スイングを直している真っ最中ですが、自分は本当に依存度が高いと痛感しています。

練習していても、これでいいのか?といつも誰かに確認してもらいたがっています。
一人で練習していて心細くなって、見ていてもらいたい、一緒に練習したい、という衝動に駆られることもしばしば。

自分のスイングや知識に自信がないからなのでしょう。

もっと自分の根底がどっしりするよう、知識を持つこと。
今の自分にはこれが本当に必要なんだと痛感しています。

教えていただいた時はわかったつもりなんですが、
そのことを他の人に教えろ、と言われたらまずダメでしょう。

自分が100%理解していないからです。

自分がそのことについて、とことん理解していなければ
相手を納得させる教え方はできません。

時折、ものすごい焦燥感に襲われます。

全然自分は直っていない、直せない。
やってもやっても全く進歩しない。
全然変わらない。変えられない。

「変わってきた」と言われても、自分のボールは全然伸びていかない。
周りの人はどんどん進歩しているのに。
自分一人だけ同じまま。

情けなさで一杯です。

いま、どん底だから後は這い上がるだけ、なのか。
それとも、まだどん底ではなくて、もっと下があるのか。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:18 | コメントをどうぞ

サービスも直さなくては

先日の練習会で、サービスの指摘を受けました。

自分でも重々わかってはいるんです。
何度動画をとっても、体が真正面!!

そうじゃないって!!と思って何度もチャレンジするのですが、動画で見るとぜーんぜん変わってません。

もう…、
自分に失望するばかりです。

ストロークを直すのも大変でしたが(いえ直している途中ですが)、サービスも大変だこりゃ。

自分は直しているつもりでも、体は全然直らないのは、どうしたらいいんでしょう…。
なーんて言っていると、
「直す気がないから直んないんですよ!!」と言われちゃいます。

自分に必死さがないんでしょう…。

もっともっとオーバーに直さなくてはいけません。

誰か、自分の動画を見て、こうだからここを直さなくてはならない。こういうふうにならなくてはいけない等々、教えてくれないかな。

自分の中で、正しいスイングをきっちり理解していない事も、直すのに時間がかかる要因だと思います。
「何となく」はわかるんですが、細かく分析して、他の人にわかるように説明しろと言われたら、全然できないだろうな~。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:02 | コメントをどうぞ

腕の筋肉

スイングを直し始めてから3年が経ちます。
と言っても、最初の1年はお話にならず、次の1年は、自分は意識しているけれど一向に直せず、最後の1年はやっとなんとかなってきたようで、半年前位から「ようやく少し直ってきた」とのお言葉を頂けるようになりました。

一番初めにこの言葉を聞いた時、これはもう辞めろということなんだろう、引導を渡されたに違いない、と思いました。
だって、自分では全く直っていないと思ったからです。
事実、その頃の自分の動画を見ても、直ってきたとはとてもとても。
いや、いまだってまだ「直った」なんて公言できる状態ではないんですが…。

ただ、最近自分の利き腕の筋肉の付き方が、依然と全然違うことには気付いています。

以前は、どんなにハードでも筋肉痛になるところは、手のひら側の肘の前側の筋肉でした。(上腕二頭筋ではない方です)
今はそこが筋肉痛になることは全くと言っていいほどありません。

それから、利き腕が全体的に太くなりました。
アンド手のひら。

反対の手のひらと比べると、一目瞭然。肉の盛り上がり方が全然違います。
これも以前とは全然違うところ。

あと、腕の付け根、ですね。
反対の腕の1.5倍くらいありそうです。

おかげで、細身のスーツが全く着れなくなりました。腕が上がらなくなりますから。正直言って着脱も大変です。

スイングが違うと、これほど筋肉の付き方も変わるものなのですね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 16:57 | コメントをどうぞ

人の振り見て…

今朝はときどき見かける、(多分)高校生が2人来ました。

自転車で来るのだから、家は近所だけど、ちょっと離れてるのかな?

今は結構暗いけれど、それでもここに練習に来るくらいなんだから、勝ちたい(上手くなりたい?)と思っているんでしょうね。

自分が上がる時に、片づける合間に彼らの練習を見てみました。

うーん、すごい!!
一人は、それじゃあ180度じゃなくて、270度になっちゃうよ、というくらいの豪快すぎるテイクバック。
もう一人はそこまでとはいかなくても、利き腕が突っ張って力が入りまくり。

もっと、軽く楽に打てばいいのに。

おっと、それは自分がいつも言われているセリフでした。

でも、壁打ちってなかなかそれができないんですよ、って言い訳させてください。

結構な力で打たないと返ってこないし、この場所にも少々問題があります。

この場所は、コートの大きさだけコンクリートですが、それ以外は土のため、段差ができていてコワいんです。
高めのボールで練習すると、返ってくるボールがベースラインちょっい前になり、丁度自分が段差のところで構えていなければならず、転倒してしまいそうです。

もう少し後ろまでコンクリートにしてくれればよかったのに…。

贅沢言ってはいけませんね。
あるだけ幸せです。できるだけ幸せです。

天の神様、ありがとうございます!!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 15:25 | コメントをどうぞ

上手い小学生を見つけました。

昨日は練習会でした。
練習会の終了後、コートの外で帰り支度をしながら、談笑したりします。

次にコートに入った方々が練習を始めました。
ここのコートは抽選なので、いろいろな方々が使います。

この方達はどういう集まりなのでしょうか?男性女性半々といったところ。でもご年配の方もいらっしゃるし、小学生も?どちらかというと高齢の方が多いようです。20代.30代はいなさそう。「楽しくテニスをしましょう」という感じです。
そんな集まりの中で異彩を放っていたのが、小学生の男の子でした。4~5年生くらいでしょうか。

「上手い!!」
自分達の目はその男の子にくぎ付けになりました。

小学生であんな風に打てる子を今まで見たことがありません。

大抵の小学生は、遠くに飛ばそうという意識が強いので、ものすごいテイクバックをしますよね。ある意味仕方がないのですが、日本人はそのまま直さずに来てしまうので、風車のようなテイクバックの方が多いです。

彼は全然違っていました。
まるで大人のようなテイクバック。
周りのどの大人よりも綺麗なスイングでした。

見ていたのはミニラリーでしたので、普通のストロークを見てみたかったのですが、残念ながら見ることはできませんでした。

いままで、何人もジュニアの練習は見てきました。(スクールの子供が中心ですが)
でも、あれほどのスイングができる子がいるなんて…。
彼はどうやって、あのスイングを身に付けたのか、それがとっても知りたくなりました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 15:56 | コメントをどうぞ

2種類のラケット

今自分は2種類のラケットを使っています。

1種類はとても有名なメーカーで、トッププロも使っています。
自分はこのメーカーのラケットが気に入って、それが縁で、今のラケットショップにずっとお世話になっています。

今使っているラケットは、「自分の力を最大限引き出してくれる」どころか、「自分の力をモノすごーく補ってくれる」ラケットだと思います。
このラケットを使っている他の方のボールは、ものすごく伸びてきます。
だから多分、自分がこのラケットで打つ時も、きっと恩恵を受けていることでしょうね。(自分ではよくわからないのが残念なんですが)

もう1種類のラケットは全く正反対です。
自分の力を決して補ってはくれません。(と思います)
自分の力量が正確に出てしまう恐ろしいラケットだと思います。

昨日、この2種類のラケットを交互に使って壁打ちをしていて気づきました。

この、後者のラケットはものすごく正確なんです。

打ったとき全く無駄な振動がない。
つまり、ボールを一点でとらえているんです。
そういっていいのかな?
うーん、違うかな~。上手く表現できない自分がもどかしい。

前者の「自分を補ってくれるラケット」の打感は、少しなんですがブレというか振動が感じられるのです。当たった瞬間です。ほんの少し微妙にですよ。
でも、後者にはそのブレが感じられないんです。
上記に書いたように、「点」というか「ピシッ」とした感じというか。それが伝わってくるんです。

だからでしょうか。前者のラケットは柔らかいと感じます。後者のラケットより少し重いんですけれど。後者のラケットの方が硬く感じます。

勿論、打点がずれたとか、回転をかけているというのとはちがいますよ。

今自分はスイングを直しています。
後者のラケットはそのためには絶対に必要なラケットなんです。

ごまかしのない、当たりそこないは当たりそこないのままに、自分の実力をそのまま映し出す、物凄く正直なラケットだと思います。
きちんとしたボールを打つためには、正確に打たないとダメなんです。
打点がずれたり、楽をしたりしてはきちんとしたボールが打てないんです。

このラケットで満足のいくボールが打てるようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。

でも、このラケットでいつも自分の目標としているボールが打てれば、自分のテニスは物凄く進歩すると思います。

その日を目指して頑張ります!!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 22:03 | コメントをどうぞ

また横が…

今日は仕事で立ち寄りの予定があったので、朝ゆっくりできました。

いつもは日の出の頃の練習なんですが、今日は食事を済ませてから練習です。(ゆっくりしすぎて、遅くなってしまいました)

動画もしっかり撮ろうと、電池の充電も抜かりありません。

動画、撮りました。
撮って見なければ何にもなりませんので、じっくり見ました。

…できてない。

自分が今、気を付けていることが、できてません。
打っている時は、やっている「つもり」なんですが…。打っている時は「できている」と思っているんですが、動画の自分は「できてません」。

全然できていないとは言いませんが、まだまだですね。

もっともっと、意識しなければ治りません。

でもねー、意識していると力が入っちゃうんですよね。特に肩に。
スイングも一定してないし。
特に今日は、返ってくるボールの弾みもよくなくて、余計に無駄な力が入っていたのかもしれません。

切れてしまいました。言うまでもなく、横です。

もう切れそうなのはわかってました。でも、もう少し大丈夫だと思っていたんです。あと、2週間くらいはもつだろうなと。

ちょっと(本当はかなり)凹んでます。

自分はいったいいつ縦を切ることができるのでしょう…。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 16:59 | コメントをどうぞ

冬はダメですね~

今朝も大寝坊です。

一度、4時台に目が覚めたのがいけなかった!
「まだ時間があるから、もう少し」と、そのまま寝てしまったんです。

やはり暗いと目が覚めないもんですね。

とりあえず、急いで出かけました。

30分くらいしかないので、素振りもウォーミングアップも少し省略。

サービス練習もできませんでした。
(サービスは絶対に練習しようと思っているんですが)

今直している所に、気持ちが全部いっちゃってます。

素振りだけならなんとかなるんですが、実際に打つとなると、なかなか。
なかなかなかなか…。

こうかな?ああかな?ちがうかな?
毎回毎回打つ度に、頭をひねってしまいます。

続けて打たずに、一回一回止めて確認しています。

こうしてしっかり確認して練習すれば、いつかは打てるようになるでしょうか。
基礎が自分の中でガッチリかたまれば、きっと安定するんでしょうね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 16:37 | コメントをどうぞ

素振りも難しい…

今、毎日素振りをしています。
回数は日によってまちまちですが、意識しなければならないポイントは必ず意識するようにしています。

意識して素振りをすると、いろいろ考えてしまいます。

「こうでいいんだっけ?」「さっきと何となく違ってる?」「使っている筋肉も違う気がする」等々。「?」と「!」の繰り返しって感じです。幸い街灯がついているので、壁に向かって素振りをすれば、自分のスイングがよくわかります。

学生の時の素振りなんて、数さえこなせばいいやって感じでいしたから、なーんにも考えてなかった気がします。いや、少しは考えていたとは思うんですが…。
でも、今の方が断然考えてますよ~!
きっと、こうして繰り返し練習していけば、上手くなれるかな。

いや、なってくれ!!

素振りを毎日して、自分の体に覚えさせれば、いつかは自分の望むボールを打てるようになる ハズッ!!!!

とはいうものの、実際打ってみるとダメなんですよね~。

自分のこの覚えの悪さ、頭の悪さが憎いです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:23 | コメントをどうぞ

まだまだ改造途中です。

うーん、難しいです。

スイングを直し始めてもうすぐ丸3年。
それでも最近の動画をみると、昔とずいぶん変わってきたと思います。(思っているのは自分だけだったりして)
いや、昔の自分の動画を見ると、恥ずかしいくらいひどいですから。
もっとも、今でもダメ出しばかり頂きますが。

今、一番気を付けているのはインパクトなのですが、どうしてもうまくいきません。
意識して打つとどうしてもすっぽ抜けてしまうのです。

「すっぽ抜ける」という表現は適切でないのかもしれませんが、自分の中ではそういう感じなのです。

これでは、アウトばかりになってしまいますし、何よりも自分が一番打ちたいボールになりません。

うーん…。

でも、自分なりにこうしたらいいんじゃないかと、一つ思いついたことがあります。

今朝の練習でやってみました。

感想は、
いまいちよくわかりません。

壁と人間とでは違いますから。
それに実際にコートで打ってみないとすっぽ抜ける感じがよくわかりません。

幸い、今週末はコートが取れているので、連れを誘って練習したいと思っています。
(無理矢理相手をさせる、ともいいます)
それまでは、とにかく毎日壁で意識して練習します。

でもねー、何と言っても日の出が遅いので、実際に練習できるのって、10分位なんですよ~。

だから最近は素振りやウォーミングアップに時間を費やしています。

まあ、これはこれで大切だからいいです。

めげずに頑張るぞっ、と。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 21:27 | コメントをどうぞ