相手を考える返球

昨日は定例の練習会でした。

天気は良かったけれど、風が吹き荒れていて、かなりハードな練習となりました。
ストロークは勿論、サービスなんて滅茶苦茶です。

実は練習会の前に、誰のボールが一番打ちやすいか、という話になり、全員一致で即決。

その人は「相手が打ちやすいボールを返しているだけですよ。」と一言。

『ショック!』の一言でした。
心底衝撃でした。

自分も再三、相手が打ちやすいボールを返せと指導を受けているのに、
自分のスイングに全部気持ちがいって、相手のことなんてこれっぽっちも考えてない。
自分のこと100%です。

50も過ぎて自分は自分の事しか考えられていないのに、30半ばのその人は、しっかり相手を考えていてテニスをしている。

本当に情けないです。
何やってんだか…。

練習会の時、少しでも相手が返しやすいように意識して練習して見ました。

難しいです。

初心者が相手なら、打ちやすい緩やかなボールを返球することを心掛けますが、練習会の相手に緩やかなボールを返球しても、相手は迷惑です。

しっかりしたボールで、且つ相手が打ちやすいボール。

しっかりしたボールを打つためには、自分のスイングを意識しなくてはならず、
相手が返球しやすいようにするためには、返球位置をきちんと狙わなくてはなりません。

物凄ーーーーく疲れました。
精神的にも、肉体的にも。

何も考えずに闇雲に打つことの、なんて楽な事。
力の加減もせず、きたボールをただ返すことがこれほど楽なことだとは。

次回からは「相手の打ちやすい」ボールを目標にします。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 15:15 | コメントをどうぞ

自分の打点 5

今日はいつもより30分ほど長く練習ができました。

ここ2,3日寝坊のためできなかったサービスの練習と、打点を意識したストローク練習が、しっかりできた気がします。

昼間は仕事ですが、夕方はコートが取れたので連れと練習の予定です。

この一週間の成果を試してみます。上手くいくといいな~。

連れはあまり上手ではなかったのですが、この所結構練習に付き合ってもらっているせいか、返球がとてもうまくなりました。
ただ、どうしても打点が遅れ気味で、当たりそこないが多いので、これが直るともっとうまくなると思います。

かくいう自分も、練習会の時は当たりそこないが多く、ラケットのどこに当たっているんだろう?と首をかしげることシバシバです。
なんせ皆さんのボールが凄いからな…。

練習会のレベルが高いので、自分はいつも自己嫌悪&申し訳なさてんこ盛り。

あ、こんなことを考え始めると、どんどん落ち込んでいくから考えてない、考えない。

で、本題の打点ですが、何となくいい感じです。

ただ、自分としては、いい感じではなかろうか、と思うのですが、果たして本当にいいのかどうか、自信はありません。

いつものことですが、打点を気にしていれば、テイクバックがオロソカニなり、そこに気を配れば呼吸がダメになり、と
相変わらずの問題山積。

コート練習したらこの山積問題が、ガタガタ崩れてくるのは必至。
それをいかに食い止められるか。

頑張るぞ!!っと。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 11:07 | コメントをどうぞ

自分の打点 4

今日もチョイ寝坊です。

目覚ましが鳴る前に目が覚めるんですが、これがいけません。

あともうチョイ時間があるじゃん、と思ってしまい、そのまま布団の中に。

「寒い、暗い」は大敵です。

寝坊した時は、当然時間が少ないので、素振りもウォームアップも短めです。

そうして、一昨日からの課題に取り組みました。

昨日よりは打点がマシになったかな?
昨日はガチャガチャでしたから。

まあ、そう一朝一夕で変われるわけはないですから、とにかく意識することですかね。

なんとなく、なんとなくですよ、返ってくるボールがいい感じ、な気がする。

そうはいっても、いつでもボールが伸びてくるわけでは無く、アトランダム、
その点では相変わらずですね。

でも、これって結構武器になる気がする。
だって、自分だってどう打てば伸びるなんてわからないんですから。

最強の武器!!
フッフッフ。

って、こんなことで喜んでいるよりも、自分でコントロールできる技術を身につけろってことです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 16:38 | コメントをどうぞ

自分の打点 3

今日はまたしても寝坊したので、ただでさえ少ない練習時間が一層短縮されてしまいました。

「二度寝」絶対禁止!!

で、打点を意識して練習してみました。

自分から離して打つ。

うーん、やっぱり難しいですね~。
離すことを気にしていると、打点が遅れたり前すぎたり。もうガチャガチャです。

テイクバックにもあまり意識がいかないし。

一番の問題点は、体が右側に傾いてしまうこと。
右肩が下がって、体のバランスが崩れてしまいます。

これは絶対にダメですね。
楽して打っている証拠です。

右肩を下げずに、打点を自分からチョイと離して、打つべし!

なんですが、
ただでさえ練習会では打点が遅れっぱなしで、ちっともまともなところで返せない。
これ以上打点がガチャガチャになってしまったら、練習会に出入り禁止になってしまうかも…。

今日は木曜日、練習会は日曜日。
間に合うかな~。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 11:05 | コメントをどうぞ

自分の打点 2

さっき書いた記事に追加します。

今の自分のスイングは、いろいろな所に気を付けていますが、特にテイクバックと打点に一番重点を置いています。

でも、その重点を置いている「打点」で、混乱しているんです。

悪癖を直そうとすると、どうしてもコントロールが乱れてしまう。
直そうと意識すればするほど、ひどくなって自分の中で大混乱。

どうしたらいいんだろうと、ちょっと途方に暮れていたんです。

でも、「体からもう少し離す」事を意識したら、直せるかもしれない!

コントロールが直せたら、打点はOKかもしれない!

明日絶対試してみます!!

上手くいくといいなぁ~。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:22 | コメントをどうぞ

自分の打点

先日の練習会の時、他の方のストリングを見せていただきました。
その方も、横が切れるかもしれないとおっしゃっていたのです。

見せていただいたラケットは、自分が切ってしまう所よりも、ストリング2本分ほど高い位置の横ストリングがへたっていました。

以前から気付いてはいたのですが、どうも自分の打点は体に近いようです。
もうすこし、体から離した方がいいのかも?

ということで、昨日からそのことも意識して練習しています。
が、この場合、「体から離す=腕を伸ばす」ということではないような???

ラケットは今の位置で、ラケットにボールが当たる位置がもう少し体から離れていてほしい。ってことに今気づきました。

あーあ、昨日も今日も腕を少し伸ばした状態で打ってました。
それではラケットに当たる位置が変わるわけありません。

明日もう一度チャレンジしてみます。

冬至は過ぎたとはいえ、朝はまだまだ暗いです。
(東京は今週からやっと日の出が早くなりました。1分ずつくらいですが)

ストロークの練習は殆どできませんが、やってやれないことはありません。

できないからってやらなければ、何の進歩もありませんものね。
(やっていても格段の進歩があるわけではありませんが…、やらないよりまし!)

ですよね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 14:04 | コメントをどうぞ

まともなテニスコート

三連休は存分にテニスができました。

連れとの練習はいつもは朝一番なんですが、今回はナイターでした。
この季節、朝一番より、ナイターの方がいいかも。(照明代がかかりましたが)
朝一番の方が、体が温まっていないのでちょっとしんどいです。

久し振りのナイター。
見づらいかも、と思いましたが、このコートは照明の位置が高いのでそんなことはありませんでした。

照明の位置が低いとボールが見えなくなってしまいますもん。

テニスコートを作る時には、テニスを知っている人に設計に携わっていただきたい、と切に思います。

テニスを知っている人であれば、こんな風に作らないだろうとよく思います。

低い照明ではロブをあげられたらスマッシュはできません。暗闇からフッとボールが落ちてきたら、なんとか落下点には入れても、遠近感はガタガタです。近隣対策なのでしょうが、この高さはないだろう!って怒りたくなるコートがたま~にあります。

砂のないオムニコートでは足が引っかかってしまいます。反対に多すぎたら、イモ畑でテニスをしている気になってしまいます。どんなスピードボールも瞬殺ですね。

東京は敷地が狭いので、仕方がないのでしょうが、サイドやバックにももう少し余裕をもっていただきたい。バックサイドは特にです。
もうロブなんてあがりっぱなを返すしかない。

コートに雨水をためないような工夫をしたいのはわかりますが、使っていて傾斜を感じるコートも危ないもんです。

できたら風よけ防風ネットは欲しいですね~。これ一つで随分違います。

あと、メンテナンスはしっかりして欲しいです。

コートのメンテナンスは言うまでもなく、ネットも切れているものやベルトのダメになっているもの、ボロボロの物も多いです。
時々、切れた穴からボールが飛んできたりすることも。

自分たちは使えるコートを確保することで精一杯です。コートを選んでなんていられません。

どうかまともなコートをお願い致します。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 17:22 | コメントをどうぞ

精神的にも成長したいです

昨日の練習会で試合形式の練習をしました。

練習の時は自分の直さなければならない所をいろいろ意識できたのに、試合形式になった途端に頭の中からスコーンと、きれいさっぱり抜けてしまいました。(その時は全然気づきませんでしたが、練習が終わってから気付きました。それがまた情けないですね。)

試合になると、本当に打つことだけに真剣になってしまいます。
相手の位置、返球されたボール、どこに打つか、大体これだけで頭の中は一杯です。

その中で、いい返球ができる時と悪い返球しかできない時があります。

いい返球ができたときはいいのですが、悪い返球の時は簡単に2パターンありますよね。

1)相手のボールがいいので、自分がうまく返球できない時。

2)相手のボールはそれほどでもない、もしくは悪いのに自分の返球がうまくいかない時。
  つまり自分のミスショット。

自分の場合、明らかに2の場合場多いので、これをいかになくすことがカギなんですが、時々これでポイントが取れたりすることがあります。

昨日の試合形式でも何ポイントかこれがありまして、思わず、「すみません」と謝ってしまいました。
後ろで見ていた方から、「なんで謝るの?」と言われて、一瞬考えてしまいました。

勿論、本当の試合の時は決して言いません。でも、自分が狙っていないにも拘らず、取れてしまったポイントってあまり嬉しくはない気がするのですが。
例えば、自分のボールが当たりそこねていて、イレギュラーして相手が対応できなかった時とか。

いや試合の時、なりふり構ってられるかって時はラッキーとは思ってしまうと思います。うーん、ラッキーという感情も「嬉しい」の範疇だなあ。
あ、でもネットインで相手のコートに落ちたときは「すみません」て言いますよね。

こんなことを考えるのは、まだ自分が勝敗に執着していないからかもしれません。
「何が何でも絶対に勝つ!」と思っていたら、ラッキーも嬉しくてたまらないかも。

尊敬するフェデラーを始め、トッププロの選手はラッキーポイントに対して素晴らしい態度を取ります。
まあ、自分の感情を抑えられないプロ選手の方がはるかに多いのですから、プロでもない自分たちが精神的に未熟でも仕方ないですね。

でも、見ていて気持ちがいいのは「礼節」をわきまえられる選手です。

自分もそんな風になれるといいなぁ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 15:08 | コメントをどうぞ

超寒い!!

昨日に引き続き、寒いです!!

今これほど寒かったら、2月3月はどうなってしまうのでしょう?

ストロークの時はいいんです。スマッシュも。
でも、サービスの練習をしてると、左手がどんどん冷たくなっていきます。

ただでさえ狂うトスが、どんどん狂っていきます。

やっぱりサービス練習の時くらいは手袋を着用しようかと思います。
左手だけですが。

そういえば、この季節、結構手袋を着用してテニスをする方をよく見かけます。
物凄く不思議なんですが、違和感はないんでしょうか?

自分はラケットのグリップサイズが違うだけでもダメですが。
大体、自分の手は小さいので、もう少し大きかったら違うのでしょうかね。

これだけ寒いと、壁打ちをするにも力が入ってしまいます。

だって、寒いとボールの飛びが悪くなりますから。

あ、その上、先日張り替えていただいたストリングが、その前使っていたストリングよりも硬くてですね、「しなり」を全く感じられません。
もうちょっとしなって欲しいかな~。

でも、そうなるとコントロールが難しいかも…。

今月末は2年半ぶりの試合です。
でも、これくらい寒いと、ボールの弾みも悪いからしっかり走らないといけませんね。

忘れないようにしなくては。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 11:17 | コメントをどうぞ

コンプレッションウェア 2

寒いです!!
毎朝、どんどん寒くなってきます。

それでも下にコンプレッションウェアを着ているので、かなり防寒対策になっています。

このウェアは3種類持ってまして、締め付け力が強く厚手物、締め付け力強く薄手物、締め付け力が弱く普通の物です。
これは防寒には本当にいいのですが、自分が暑くなってきた時に脱げない、ということが最大の欠点ですね。

自分は暑がりなので、冬の練習は始めはたくさん着込んでいても、どんどん脱いで、最後は半そで短パンという状態になってしまいます。
本当はこれは良くないんでしょうね。暑くなっても、冬はすぐに冷えてしまうので、せめて長袖くらいでいた方が体が冷え切らないと思います。

で、朝の練習には、強力厚手を愛用していますが、これがハイネックなんです。
しかも、このハイネック部分まで結構強力。

そのため、体が少し暖まってくると、何となく苦しく感じてしまいます。

自分はもともと鬱陶しいのが大の苦手です。
ウェアが大きめだと、袖やパンツの裾周りが気になって仕方ありません。
そのうえ熱くなると、我慢できなくなり、袖は肩までまくり、パンツはいつもたくし上げたりしてしまいます。

時計をはめてテニスなんて考えられません。
汗も鬱陶しいので、リストバンドは欠かせませんが。

学生の頃は、水着でやってみたいと本気で思いました。
(いや、水着もこれはこれで多分鬱陶しいと思うのですが)

うーん、コンプレッションウェアというアイテムを手に入れたけれど、「帯に短し襷に長し」状態です。

これでは試合の時には着用できませんね。
試合中、気になって集中できませんから。
(って、ウェアのせいにしてる)

もっとも、試合の時にコンプレッションウェアは着用してもいいんでしょうか?

もう試合から遠ざかって久しいので、よくわかりません。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ねむりぎ 15:56 | コメントをどうぞ