タグ別アーカイブ: トラックマン

考えさせられたトラックマン

ミスターTです。

今日は、聖蹟桜ヶ丘でトラックマンを受けてきました。

しかし、今日はトラックマンで何を勧められたかよりも考えさせられたことがあります。

それは、テニスはネットを越すことが大事であり、尚且つ相手コートに収めなければならないということです。

今日は以前サークルの代表から教えてもらったエッジから振るスイングを意識してやったのですが、全然ネットを越すことができず、最後の方は技術的な話(どうラケットを振ればいいのか)を店員さんとしていました。

正直なところ、前までのようにレベルスイングでラケットをボールに当ててライナーになることが一番良くないと思っていました。ですが、エッジから振ることでラケット面が下を向いていたことによって打ち出し角度が低くなり、結果としてネットばかりになってしまいました。

トラックマンの最後の方にレベルスイングでやりましたが、皮肉にもボールの勢いはその時の方があり、飛距離も伸びていました。

あくまでもの話ですが、わたくしはフラットで勢いのあるボールをバンバン打ち込んだ方がいいのではないかと思いました。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

トラックマンのレポート

ミスターTです。

昨日の午前中は、聖蹟桜ヶ丘でトラックマンを受けました。

今回打ったラケットは、VCORE SV 98 LG、BURN 100S CV、G360 エクストリーム、ピュアアエロ、レボ CX2.0

結果から言うと、レボ CX2.0が一番安定感があったラケットであると言われました。

なぜかと言うと、BURN 100S CVが思ったよりも回転がかからなかったこと、G360 エクストリームやピュアアエロの打ち出し角度が上過ぎて打球の安定感に欠けることが理由となりました。

ただ、レボ CX2.0でもナイロンモノで50pのテンションがどうも手元寄りで打つクセのある自分には合わなかったらしく、ナイロンマルチをテンションを落として張ると良いと言われました。

フラット系打球で手元寄りで打ちやすい自分は、レボ CX2.0をナイロンマルチで低目のテンションが良い組み合わせのようです。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

ボックス形状は好きだけど…

ミスターTです。

わたくしは、ボックス形状のラケットが好きなのですが、実際買って使ってみて(CX2.0 ツアー 18/20)、スペック選びは重要と痛感しました。

なぜかというと、わたくしの場合はラウンド形状のパワーがあるものを使うにはゴリゴリスピンをかける必要があります。スピンをかける為には、ワイパースイングといって肘を支点にラケットを返しながらフォロースルーをすることが必要なのですが、どうしてもラケットは返せないので回転がかからず、結果オーバーすることが目立ちます。

現在は、薄型ラウンド形状のヨネックス・VコアSV98のLG(285g)を使っていますが、先日使ってみて、何か合わない感じが出てきました。ガットがナイロンマルチ(エアロンスーパー850)のテンションが45pということもあるのですが、どうしても振り切れなくてアウトするかネットすることが多かったです。

わたくしの希望するスペックは…
フェイス面積 95〜100(98が理想)
フレーム重量 285g〜305g(どちらかといえばスイングウェイトが小さいものが良い)
バランスポイント 320mmの前後5mm

明日何かめぼしいものを見つけて、13日(テニス会)に試打ラケットを借りてみて、トラックマンにかけてみたいと思います。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

ミスターT的理想のラケットを考える(1回目)

ミスターTです。

前々から、いや、このブログを始めた頃からずっと温めていた企画。それは、自分の理想のラケットを考えたいと思いました。

しかし、理想を追い求めすぎても今の現実を棚上げしては本末転倒なので、まずは理想のラケットを考える前に現実を知りたいと思います。

わたくしのテニスにおける現実をわかりやすく説明すると、ラケットを振り切ることができない、結果、相手の球を当てるだけのテニスになり、相手の強打に負けてしまうのです。

と同時に、ワイパースイングができずにスピンをかけるのも苦手で、強打をするとアウトになってしまいます。

再来週の土曜日に聖蹟桜ヶ丘でトラックマンをまた受けるのですが、ちゃんと自分の理想と現実をわかりやすく説明したい気分です。

ミスターTでした

カテゴリー: 過去の企画たち | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

EPISODE ④ トラックマンの振り返りからの…

こんにちは。助手のミスターTです。

今回の博士と助手は、今日受けてきたトラックマン体験を大博士と振り返ります。

大博士の一言。
imageアンタのスイング、ザツやな。(←そこ?)
次の一言。
昨日のテニスで言われたこと、もう一度思い出してみぃや。

ゆっくり、丁寧に振り切ることがラリーやストローク戦での重要な要素であるのに、またしてもブリブリ振り回していたようです。

今回計測したのは、マイラケット(レボ CX2.0 ツアー 18/20)、ブリヂストンのX-BLADE RS(300と285)、バボラのピュアストライク100、ヨネックスのVCORE PRO 100(G)、プリンスのファントム プロ 100 XR、ウィルソンのBURN 100 TOUR CV の計7本でした。今回は飛距離に注目してみました。

まずはマイラケット。
平均球速が77.1km/h、平均飛距離は16.0m
2本目はブリヂストンのX-BLADE RS 300。
平均球速が84.8km/h、平均飛距離は19.5m
3本目はブリヂストンのX-BLADE RS 285。
平均球速が92.0km/h、平均飛距離は20.0m
4本目はバボラのピュアストライク100。
平均球速が86.9km/h、平均飛距離が16.7m
5本目はヨネックスのVCORE PRO 100(G)。
平均球速が86.5km/h、平均飛距離が18.3m
6本目はプリンスのファントム プロ 100 XR。
平均球速が91.1km/h、平均飛距離が21.4m
ラストはウィルソンのBURN 100 TOUR CV。
平均球速が83.8km/h、平均飛距離が18.9m
※ちなみにテニスコートの縦の長さが23.77m。

この7本から、ショップの店員さんは、バボラのピュアストライク100がオススメですよ、とアドバイスしました。
理由として、①フェイスサイズが100、重量が300gながら、フレーム厚が23mmと薄いこと、②平均スピン量が1645と7本の中で一番スピンがかかっていたこと、③他のラケットが割と良いショットとミスショットの差があった中で、このラケットはそこまでショットの良し悪しの差が出なかったこと、以上のことから考えた結果がピュアストライク100がオススメです、と言われました。では、大博士の感想はどうだったのでしょうか?

image
後半になるにつれてショットがザツになってきた中でやな、やはりマイラケットが辛なることがわかったんちゃうか?
その後6本の内容は、X-BLADEの300とピュアストライク100はまあまあやったけど、残りはもうショットの一貫性がなくて酷いで。
どうしてもピュアストライクしか勧めんスタッフさんには申し訳ないけどな、X-BLADEの300もええと思うで。ま、あとは好きか嫌いかだけやけど、助手はどうやねん?

なるほど。わたくし的にはX-BLADEの300のほうが打っていてスカッとする気がしたのですが、あとはもう直感でどうしようか決めたいと思います。

助手のミスターTでした

カテゴリー: 過去の企画たち | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

なんじゃこりゃあ!@渋谷

聖蹟桜ヶ丘でのトラックマン体験を終えて、渋谷に寄ろうかなと思い、渋谷のテニスショップに寄りました。

ですが、この日は日曜日、しかもテニスサークルなどの団体さんが多く、ラケット売り場は押すな押すな。

思わず大博士が一言。なんじゃこりゃあ!!!

結局、ラケット売り場のスタッフさんに報告できずに帰ることになりました。

トラックマンの結果は、帰宅してから書きます。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

あぁぢぃ…@聖蹟桜ヶ丘

ミスターTです。

今日は、大博士と一緒にトラックマン体験を受けるために聖蹟桜ヶ丘に来ています。

しかし暑い!!!

またレポートします。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

テニス無き週末など考えられない

ミスターTです。

さて、今週末はサークルテニス会がお休みなので、久々(でもないか…)にぶらっと出かけます。

もちろん、その次の週末に控えているサークルテニス会とトラックマン体験に備えて、ラケットのガットとテンションについて相談しようと思います。

話は変わりますが、この後はジリジリ暑い気候になってきます。そろそろ冬服からクールビズなり夏服に変えようと思いますが、この夏は前に買ったまま塩漬けになっているスーパーフィートサンダルを履いて歩いてみたいと思います。

なんか中身がスカスカのグダグダですが、今回はこのへんで。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

そうそう…

ミスターTです。

またトラックマン体験に申し込みました。

トラックマン体験というと、なぜか前回は軽いラケットを勧められた過去があるので、それのデジャヴにならないと良いのですが…と心配してしまう自分がいるのですが、そこは前回と同じ轍を踏まないように注意したいです。

わたくしの希望としては、重さが300g前後でフェイスサイズが100以下のものからチョイスしたいと思います。ですがトラックマンのデータ次第ではヨネックスのアストレルなど、軽くてフェイスサイズが100超えのものを勧められるという前回のデジャヴも覚悟しています。

わたくしが一つ注目しているのが、ブリヂストンさんの最新作、X-BLADE RS 300です。

2度目のトラックマン体験、今回は良いものに出会いたい、そんな今日この頃です。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。

データから炙り出されたスタイル

ミスターTです。

今日は、昨日行ってきましたトラックマン体験で持ち帰ってきましたデータから、自分のプレースタイルはこんなものなのかということをみてみたいと思います。

自分が持っているラケット(フェイスが98、平均重量305g)のデータは、平均速度が73km/hで回転数が1044でした。ちなみに、ATPランク上位の平均速度は140km/h、回転数が5000前後ですから、スピードは半分、回転数は4分の1以下という結果でした。

次に使ったのがピュアアエロ(フェイスが100、平均重量300g)でしたが、回転が掛かりやすいラケットではありましたが回転数は1533、平均速度は79km/hでした。

その後使ったのがビースト100・280g(フェイスが100、平均重量280g)とビーストO3・104(フェイスが104、平均重量280g)でした。2本とも平均速度は84km/hでしたが、回転数はビースト100が1619、O3が1362と差がつきました。回転数が少なかったO3はミスショットが多いようだと指摘されましたが、どうも振り切れてなかったのではないかと分析しています。

最後に使ったのがアストレル105(フェイスが105、平均重量270g)でした。平均速度は86km/h、回転数も1974と、回転数でいけばインカレに出る選手くらいまで近づいてきました(インカレに出る選手の平均速度は120km/h前後、回転数は2000~2500だそうです)。

今回のトラックマン体験でわかったことは、300g以上のラケットよりは270~280gの軽いラケットのほうが速度、回転数とも向上する傾向があることでした。となると気になるのがラケットの選び方ですが、これはまた別の機会で話をしたいと思います。

ミスターTでした

カテゴリー: ミスターTの今日の一言。 | 投稿者ミスターT | コメントは受け付けていません。