いよいよ全仏オープン開幕

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

いよいよ今夜から全仏オープンが始まります。まずは男女シングルスからスタートだけど、日本人選手の試合は予定されてませんね。セリーナ・ウィリアムズやロジャー・フェデラーなどが登場しますね!

その男女シングルスのドローだけど、男子では第9シードでエントリーしている錦織圭選手がマーティン・クリザンと対戦。スロバキア共和国出身のクリザンは現在24歳で世界ランクは62位。2013年3月に自己最高位の26位を記録。

昨シーズンは終盤で手首の怪我からツアー離脱しちゃってトップ100圏外でシーズンを終えたの。今季は108位からシーズンを始めたけど、全豪オープンは予選から勝ち上がって3回戦進出。先月行われたドイツのミュンヘン大会では予選を勝ち上がって、2012年のサンクトペテルブルグ以来となる自身2度目のツアー優勝を飾ったの。

ただそれ以降は全仏オープンに照準を合わせて大会には出場していなくて、万全な状態で臨んで来るんじゃないかしら?錦織選手も好調だけど、クリザンも絶頂期くらいのプレーを取り戻しているから、要注意だわ。

女子では奈良くるみ選手がアンナ・タチシュビリと、クルム伊達公子選手が第24シードのアナスタシア・パブリュチェンコワと、土居美咲選手が第28シードのアンドレア・ペトコビッチと対戦します。

それから女子予選に登場した森田あゆみ選手と穂積絵莉選手だけど、いずれも2回戦でストレートで敗退しちゃって、予選に出場した日本人選手はこれで全滅となってしまいました。残念。

それから5月22日にお伝えしたけど、アナベル・メディーナ=ガリゲスだけど、女子シングルス予選2回戦で敗退。それが彼女のシングルスでの現役最後の試合となりました。お疲れ様でした。今後はダブルス・プレーヤーとして世界の舞台で活躍してね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 16:20 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


メディーナ=ガリゲス、最後の大会

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日から全仏オープン女子の予選も始まりましたね。日本からは穂積絵莉選手、森田あゆみ選手、尾崎里紗選手、瀬間詠里花選手、江口実沙選手、日比万葉選手の6選手がエントリーしてますね。

昨日行われた男子予選に登場した杉田祐一選手、ダニエル太郎選手はいずれも敗退。日本人男子で予選に出場した選手は全て初戦敗退と言う結果になりました。残念!

女子では試合が終了した瀬間詠里花選手と、日比万葉選手も敗退でしたね。残りの選手に期待しましょう!

そしてその女子の予選を最後にシングルスでの現役生活に終止符を打つ選手がいます。それは、アナベル・メディーナ=ガリゲス。彼女は今年の7月で32歳になるベテランで、今後もダブルスでは現役を続ける予定でいるんだって。

メディーナ=ガリゲスは2009年5月にシングルスでの自己最高位である16位を記録。そんな彼女が予選1回戦で対戦したのが19歳のジェード・スヴリーン。試合は6ー2、5ー7、6ー3でメディーナ=ガリゲスに軍配が上がりました。

現在は213位にまでランキングを下げてしまっている彼女は「例え予選からの出場になっても、パリにはとても来たかったの。だってこの全仏は私に取って特別な大会だから。」って、2008年と2009年にビルジニア・ルアノ=パスカルとのペアーで全仏女子ダブルスで2連覇しているのよね。

「そしてこれがシングルスとしての最後の大会だと言う事も決めたの。そして今後はダブルスを集中して戦って行くつもりでいるわ。」って語る彼女は、ダブルスでは2008年11月に世界ランク3位を記録して、今季もヤロシュラバ・シュウェドワとのペアーで2回の優勝も飾り今も世界ランク22位にいるの。

そしてシーズン最後に行われるツアー最終戦へのペアーランキングでは、そのシュウェドワとのペアーで7位。今年からシンガポールで開催されるその最終戦は、去年まではダブルスはシーズン獲得ポイントの上位4ペアーしか出場出来なかったけど、今年から8ペアーへと枠が広がった事も、メディーナ=ガリゲスがダブルスではまだやって行こうって思わせた要因でもあるんじゃないかしら?

今年が13回目で、そしてシングルスでは最後の全仏出場のメディーナ=ガリゲス。晴れて本戦入りと行くかしらね?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:30 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


え?ウォズニアキが破局!!!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

本日2度目の投稿はと言うと、びっくりするニュースが飛び込んで来たのでした。

5月16日のブログでは今年8月の後半の挙式の予定をお伝えし、5月20日のブログではそのプロポーズ秘話をお伝えしたカロリーン・ウォズニアキとプロゴルファーのロリー・マキロイなんだけど、なんとなんと破局を迎えてしまったって報道されてます。

それはマキロイが伝えているの。

「二人に取ってこんなに大切な関係を終わりにするのに、正しいやり方なんてない。問題は僕なんだ。週末に挙式の招待状を準備していたら、この全ての結婚に関して僕はまだ準備が出来ていないと言う事を悟らされたんだ。」

「カロリーンは幸せになるべきだしそうなってくれる事を願っている。これまで一緒に過ごした素晴らしい時間に感謝している。今後は二人の事に関してはどんな状況になってもこれ以上語らないだろう。」

こうしてマキロイはウォズニアキとの交際を終わりにした事を伝えてました。

二人は2011年に知り合ってすぐに意気投合。そして今年のお正月にはプロポーズを承諾した事をツイッターで伝えていたの。そして最近になって、今年の8月に挙式をあげる予定だって伝えられていたのにね。

そのツイッターでも、ほんの2日前まで二人で過ごしている事を呟いていたし、二人のツイッターの公式アカウントは今でも二人で一緒に撮った画像がトップ画像として使われているのに・・・。

ちょっとびっくりしてしまいました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 20:59 | 2件のコメント
▲ページトップへ


ブブカ=ジュニアの復帰

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日から全仏オープンの男子予選が始まりましたね。日本からは添田豪選手、伊藤竜馬選手、杉田祐一選手、守屋宏紀選手、ダニエル太郎選手の5人がエントリーしてますね。

その1回戦に登場した添田、伊藤、守屋の3選手はみんな敗退してしまいました。残る杉田&ダニエル太郎選手に期待しましょう。

そしてその予選に出場しているのがセルゲイ・ブブカ=ジュニア。このブログでもお伝えしましたが、2012年11月にフランスはパリにある友人のマンション3階から転落。大怪我を負ってしまったの。

ブブカ=ジュニアは、偉大なる父のセルゲイ・ブブカの息子として注目を集め、その後は当時世界ランク1位だったヴィクトリア・アザレンカの彼氏として話題が集まるなど、○○のブブカ=ジュニアとしてメディアに登場する事ばかりだったけど、そのアクシデントは奇しくも彼本人を扱うニュースになったのよね。

彼はその事故で足を複数、そして腕やあばら骨も骨折する重傷を負って、最初はテニス選手として復帰する事ばかりか、普通に歩けるかも疑問視されるほどの怪我だったんだって。

「半年間も松葉杖がないと歩く事さえ出来なかった。あの頃は足を普通に使って歩けるようになる事自体が夢のようだった。そして本当に少しずつ前へ進んで行ったんだ。どうやって歩くかをまず覚えて、そしてやっとまたテニスコートに立てるようになったのさ。」って、当時を振り返ってました。

そして「手術の後、ドクターでさえ僕がまたテニスが出来るようになるかさえ分からなかったんだ。」って怪我の大きさを語ってました。

今年の1月から何とか復帰を果たしたブブカ=ジュニアだけど、プロとしての大会の本戦での勝利は4月に行われたトルコでのフューチャーズ大会。それは彼が公式戦で最後の勝利を飾ってから1年半も過ぎていて、失っていた世界ランクも1605位に登場。

でもそれは彼が2011年11月に記録した自己最高位の145位にはほど遠いものなの。でも彼はとても前向きにとらえているわ。

「こうしてまたプロとして復帰出来たこと自体が大きな勝利なんだ。今はこうして復帰出来た事に満足しないようにしたい。かつてより上に行きたい。自分は今27歳。ある意味では子供の頃からの夢を実現するには最後のチャンスになるかも知れない。」って、しっかり現実を受け止めているみたいね。

ブブカ=ジュニアの夢の1つは、テニス界に何らかの形で名を残す事でもあるんじゃないかしら?彼がこれまでのキャリアで最高だと言える時だった3年前のモントリオールでのマスターズ1000大会の予選に出場した時に、彼はファースト・サーブで252キロを記録したんだけど、これは公式記録としては認定されていないけど、同じスピードを出せれば世界最速サーブになっていたの。

「何かの世界記録が持てたらって願っているんだ。」って語るブブカ=ジュニア。お父さんが世界記録保持者として偉大な存在であるから、余計に父親に一歩でも近付きたいって言う気持ちがあるのかも知れないわね。

残念ながら昨日行われた全仏オープン男子予選1回戦では、予選第9シードのペーター・ゴジョウジックの前にストレートで敗退しちゃいました。でもまだ大怪我から復帰したばかり。焦らず徐々に前進して欲しいわね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、先週の日本人の活躍で~っす!!!

女子では、チェコの10万ドルのサーキットでは第8シードの土居美咲選手がベスト8でした。フランスの5万ドルでは、尾崎里紗選手が1回戦敗退でした。

エジプトの1万ドルでは宮崎百合子選手が2回戦敗退でした。予選を勝ち上がった西改 由衣選手がベスト8でした。イタリアの1万ドルでは江藤直子選手が1回戦敗退でした。スウェーデンの1万ドルでは千村夏美選手が1回戦敗退でした。トルコの1万ドルでは宮原未穂希選手が2回戦敗退でした。辻佳奈美選手がベスト8でした。

国内は久留米で5万ドルのサーキットが行われてベスト8に第5シードの今西美晴選手、田中真梨選手、オサカ・ナオミ選手がベスト4には日比野菜緒選手が入りました。第1シードの穂積絵莉選手が準優勝でした。ダブルスでは井上&宮村ペアーと井上&桑田ペアーがベスト4でした。波形&米村ペアーが準優勝でした。

男子では、韓国の7万5千ドルのチャレンジャー大会では、第6シードの伊藤竜馬選手が1回戦で、内山靖崇選手、関口周一選手が2回戦敗退でした。第2シードの添田豪選手は優勝しました。ドイツの3万5千ユーロでは、守屋宏紀選手が1回戦敗退でした。

イスラエルの1万ドルのフューチャーズ大会では、後藤翔太郎選手、予選を勝ち上がった吉川叶選手が1回戦で、河内一真選手が2回戦敗退でした。トルコの1万ドルでは、片山翔選手が1回戦で、江原弘泰選手が2回戦敗退でした。綿貫裕介選手がベスト8でした。

スペインの1万ドルでは予選を勝ち上がった守谷総一郎選手、主催者推薦の岸僚太選手が1回戦で、斉藤貴史選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは守谷&斉藤ペアーが優勝しました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:04 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ウォズニアキのプロポーズ秘話&ジョコビッチの祖国愛

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

5月16日のブログでお伝えしたけど、カロリーン・ウォズニアキが交際を続けているプロゴルファーのロリー・マキロイと8月の後半に挙式をあげるらしいんだけど、マキロイはウォズニアキに年越しでプロポーズをしようと思ったのに、とんだハプニングに見舞われてしまっていたんだって。

それは去年の12月31日の夜、マキロイは港に浮かんでいる船で、ちょうど日が変わって年が明けた時にロマンチックなプロポーズをしようと計画していたんだって。

「港の船に乗り込んだんだ。それがとんでもない話になってしまった。深夜0時になったらしようと思っていたんだけど、そしたら泥酔した奴が船から海に飛び込んでしまって、それで大騒ぎになってしまったんだ。ちょっとした悪夢だった!」

そして結局マキロイは、その後ホテルへ戻ってからプロポーズをしようとした流れを説明してやっとプロポーズにたどり着いたんだって。

「彼女はイェスって言ってくれた。それが一番大切な事だったんだけどね。」って語ってました。

もちろんシチュエーションも大切かもしれないけど、マキロイが言うように、彼女のイェスがマキロイに取って一番大切なの物だったはずよね。

とりあえずは、おめでとう!

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

先週のイタリアはローマでのマスターズ1000大会で優勝したノヴァーク・ジョコビッチは、優勝スピーチでも語っていたように、この優勝を祖国セルビアで、豪雨によって被害にあった多くの方々へ送ったの。

セルビアは、記録的な豪雨に襲われて、洪水被害が発生。その結果、多数の死者も出てしまい、何千人も家を失う結果になってしまったの。

その被害の具体的な数字は未だにはっきりしないわ。なぜなら、まだ被害が拡大しているから。

ジョコビッチはローマでの優勝奨金である549、000ユーロ(約7、630万円)全てを今回の洪水の被害者へ寄付する事にしたんだって。

「この1週間は自分に取ってとても感情的なものだった。ある一部ではこのローマでの優勝を喜んではいる。なぜならこの大会はテニス界でもとても大きな大会だから。しかし一方では、自分の思いや愛はセルビアにいる人々と共にあるのです。」って、その複雑な思いを語ってました。

日本ではあまり報道されていないけど、セルビアの方では大変な事が起きているのね。一日も早い復興を願っています。そしてジョコビッチが祖国セルビアを思う気持ちの大きさを垣間見れた瞬間でもありました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 20:12 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


アザレンカ、長引く怪我

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

元世界ランク1位のヴィクトリア・アザレンカが足の怪我を理由に、来週から行われる全仏オープンを欠場する事を明らかにしましたね。

「残念ながら今年はローランギャロスで戦う事は出来なくなりました。治療に励んで、コートに戻れるように努力して行きます。」って、日曜日に自身のツイッターで呟いてました。

アザレンカが最後に試合に出たのは3月7日のインディアンウェルズの初戦となった2回戦だったわ。その試合も、当時世界ランク66位のローレン・デイビスにストレートで負けちゃって、本来の力を出せずにいたのよね。

今は試合に出場する事より、しっかり怪我を治す事を優先にした方が良いわよね。また元気な姿を見せてね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 20:08 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ウォズニアキが挙式?!?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

このブログでも度々お伝えしているけど、元女子世界ランク1位のカロリーン・ウォズニアキが順調な交際を続けているプロゴルファーのロリー・マキロイと、噂によると8月にアメリカはニューヨーク・シティーで挙式をあげるって言うの。

それは両者の数多くのスポンサーとの兼ね合いと、テニスの今季最後のグランドスラムであるUSオープンのスケジュールから考えての事なんだとか。

そしてその式に招待されるのは、世界の著名人も含まれるって言われているわ。元アメリカ大統領のビル・クリントン氏の名前もあるとか。

実はマキロイは、去年の秋にアイルランドでクリントン氏と一緒にゴルフを楽しんだ事もあり、親しいお付き合いをしているらしいわ。

でも招待者リストはあくまで秘密にしているの。「彼等はリストを隠し続けている。それはセキュリティの問題から。なぜならそのリストには、世界中からのAクラスのスーパースターの名前があるからなんだ。」って、メディアが伝えてました。

憶測ではセリーナ・ウィリアムズも招待されるだろうって。セリーナとウォズニアキは、実はかなりの仲良し。コートでは世界のトップを争うライバルだけど、オフコートでは仲良くしているのね!

女子テニスの元ナンバー1と男子ゴルフの元ナンバー1、しかも二人とも若くして世界の頂点に上り詰めてるトップ選手なだけに、その交遊関係や交際範囲は想像を越えてしまうわね。本当に8月に挙式は行われるのかしらね?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 16:38 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ジョコビッチ、白星スタート&今夜はフェデラー

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日行われたBNLイタリア国際男子の2回戦に初戦として登場した第2シードのノヴァーク・ジョコビッチは、ラデク・シュティエパネックを6ー3、7ー5と1時間37分のストレートで下して、右手首の怪我の不安を感じさせないプレーを見せてましたね。

先月行われたモンテカルロ・マスターズの直前の練習で右手首を痛めたジョコビッチは、そのまま大会に出場。試合を勝ち上がって行くうちに悪化させちゃって、準決勝のロジャー・フェデラーとの試合では終盤はいつものプレーが出来なくなるほどだったの。

そして先週行われたムチュア・マドリッド・オープン男子をエントリーしつつも、初戦を迎える前に欠場して休養と治療に当てて今週の大会へ臨んでいたのよね。

「人生の中でも最も難しい状況の中での試合だった。特にクレーコートでの試合で、風が強い中では、砂が目に入ってしまう。だからリズムを作るのが難しくなる。それにシュティエパネックはとても経験豊富な選手だから、より一層の集中がどのゲームでも必要だった。なぜなら彼は多彩なショットを織り混ぜて来たから。第2セットで2度サーブをブレークされた時は、ちょっとイライラしてしまったけど、それでも精神的に何とか辛抱して最後まで戦って勝利に結び付けた事は、前向きにとらえたい。」って、試合後のインタビューで答えていたわ。

手首の怪我の事より、風の影響が大きかったみたいね。

そして今夜はミルカ夫人の出産のために、先週の大会をジョコビッチに続いて欠場したフェデラーが登場します。

今週の大会にはミルカ夫人の言葉があって出場するつもりになったみたいだけど、それでも生まれたばかりの双子の息子さん達や、7月に5歳になる双子の娘さん達にもう会いたくてなっちゃったみたいよ。

こんな状態だとなかなかテニスに集中出来ないかもだけど、そこはフェデラー。しっかり勝ち上がってくれる事でしょう!

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、今週の日本人選手の活躍です。

女子では韓国の2万5千ドルのサーキットでは、第5シードの桑田寛子選手、予選を勝ち上がった山外涼月選手が1回戦で、第4シードの瀬間友里加選手が2回戦敗退でした。ラッキールーザーの井上明里選手はベスト8でした。ダブルスでは中国人選手と組んで第1シードの瀬間選手がベスト4でした。

アメリカの2万5千ドルでは第1シードの日比万葉選手が2回戦敗退でした。ダブルスではアメリカ人選手と組んで第4シードの日比選手がベスト4でした。エジプトの1万ドルでは第8シードの山崎百合子選手が2回戦敗退でした。スウェーデンの1万ドルでは千村夏実選手がベスト8でした。

タイの1万ドルでは、第2シードの小関みちか選手、岡村恭香選手、予選を勝ち上がった喜島瑞乃選手が1回戦で、奥野彩加選手、予選を勝ち上がった荒川夏帆選手が2回戦敗退でした。第8シードの渡邊尋乃選手、久松志保選手がベスト8でした。ダブルスでは第2シードの岡村&渡邊ペアーが準優勝でした。トルコの1万ドルでは辻佳奈美選手が2回戦敗退でした。

国内は福岡で5万ドルのサーキットが行われて、ベスト8に第4シードの瀬間詠里花選手、今西美晴選手、青山修子選手が入りました。ダブルスでは、田中&二宮ペアーがベスト4でした。第1シードの穂積&青山ペアーが優勝しました。

.

男子では、韓国の5万ドルのチャレンジャー大会で第8シードの守屋宏紀選手が1回戦で、第3シードの添田豪選手が2回戦敗退でした。第6シードの杉田祐一選手がベスト4、第5シードの伊藤竜馬選手が準優勝でした。イタリアの4万2500ユーロのチャレンジャーでは、ダニエル太郎選手がベスト8でした。

イスラエルの1万ドルのフューチャーズ大会では、後藤翔太郎選手、予選を勝ち上がった河内一真選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは後藤&河内ペアーが準優勝でした。イタリアの1万ドルでは主催者推薦の山崎純平選手が2回戦敗退でした。

スペインの1万ドルでは斉藤貴史選手、予選を勝ち上がった守谷総一郎選手が1回戦敗退でした。予選を勝ち上がった岸僚太選手がベスト8でした。トルコの1万ドルでは第5シードの綿貫裕介選手が1回戦で、片山翔選手が2回戦敗退でした。第6シードの江原弘泰選手はベスト8でした。ダブルスでは第4シードの江原&片山ペアーが優勝しました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:35 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ジョコビッチもフェデラーも出場&サフィーナ引退

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

手首の怪我で先週のムチュア・マドリッド・オープン男子を欠場したノヴァーク・ジョコビッチだけど、フィアンセのイェレーナ・リスティッチさんの妊娠をすでに公表してるのはお伝えしました。

そのジョコビッチの第1子の誕生が今年の年末くらいになる事が分かったんだけど、詳しい予定日とかは語らないってジョコビッチがコメントしてました。

「あまり多くを語るなって言われているんだ。詳しい日にちは言えないけど、今年の年末くらいになると思う。」って、今週開催のBNLイタリア国際男子の大会会場でのインタビューで答えてました。

そして気になる手首の状態については「先週のマドリッド大会に臨む予定の4日前には痛みはなかったけど、自分のメディカル・チームから出場するなとアドバイスされたんだ。その指示に従ったのさ。だって100%の状態まで治したかったからね。」

って言う事は、現在はほとんど回復しているようね。

同じく先週の大会を欠場したロジャー・フェデラーだけど、先週の火曜日に奥さんのミルカ夫人が双子の息子さんを出産。それへの立ち合いのために欠場したフェデラーだけど、今週の大会には出場するみたいね。

自身の公式ツイッターでこんな風に語ってました。

「チャオ・トゥッティ(こんにちは、皆さん)、私はたった今ベラ・イタリア(美しいイタリア)に到着しました。ローマを楽しみにしています。」とイタリア語を交えてツイートしてました。

イタリア語を交えるなんて、やっぱり気分も良い証拠なんじゃないかしら?フェデラーもジョコビッチも出場となると、上位選手がほぼ顔を揃える事になるわね。錦織圭選手の欠場は惜しまれるけど、全仏オープンへ向けてみんな最終調整に入ってる感じね!

そして、5月4日のブログでも書いたけど、元世界ランク1位のディナラ・サフィーナが、先週の日曜日にムチュア・マドリッド・オープン女子の決勝戦後の表彰式に登場して、現役生活から正式に引退しましたね。

2008年と2009年の全仏オープンと2009年の全豪オープンと、3度のグランドスラム準優勝を飾り、2009年4月に世界ランク1位に上り詰めたの。

グランドスラムのタイトルのない女王って言われた彼女だけど、その後は腰の怪我で思うような成績が出ず、2011年のマドリッド大会を最後にコートから姿を消してしまったの。

兄のマラット・サフィンも世界1位に上り詰めるなど、兄妹揃って世界の頂点に立ったテニスのサラブレッドだけも、サフィンもサフィーナも怪我のためにテニス人生に終止符を打つことになりましたね。

第2の人生にも幸多かれ!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:21 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


やったね、錦織選手トップ10入り!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

先週開催していたムチュア・マドリッド・オープン男子で惜しくも準優勝ながら、今日発表の世界ランクでトップ10入りとなる世界ランク9位へ浮上した錦織圭選手。

先週はずっと錦織選手の試合を観ていたから、グランドスラムの時のようにすっかり寝不足になってしまったPinkyだけど、その甲斐があるプレーを見せてくれましたね。

決勝戦もなんとなんと世界ランク1位でクレーキングの異名を持つラファエル・ナダルを出だしから圧倒。しかもナダルの得意なストローク戦でも優位に立つプレーを見せてくれました。

第1セットを先取して第2セットもリードしていたから、そのままなんとか・・・って思ったけど、4ー3からの第8ゲームで踏ん張り切れずブレークバックされたあたりから、錦織選手の体の異変や精神的に集中力が切れてしまったのが分かりましたね。

試合にタラレバはないけど、腰がもうちょっともってくれたら・・・って、彼のここまでの勝ち上がりを見ても思ってしまいました。

大会を通して終始安定して高いレベルをキープしたプレーを見せていた錦織選手。しっかりクレーでの戦い方を身に付けて自分の力にしてるなって印象でした。

だってナダルの叔父で長年コーチを勤めているトニー・ナダル氏もこんなコメントを出していたの。

「私達は勝利には値しない。錦織が値する。彼は試合を通して終始良いプレーをしていた。今日の私達は多くのラッキーがあった。早い段階でブレークを許してから、ラファのプレーは固くなってしまった。そして錦織はずっと高いレベルでプレーを続けていた。」って、地元テレビ局のインタビューに答えていたの。

叔父さんの目にもあの試合は錦織選手がずっと主導権を握っていて、ナダルより勝ったプレーをしていたって感じる試合内容だったのよね。

大会直後には、錦織選手のエージェントから、今週イタリアはローマで開催されるマスターズ1000大会の欠場が発表されると同時に、拠点を置いているアメリカのフロリダへ帰って、休養と治療に専念する事が発表されました。

大会の欠場は残念だけど、やっぱり今はそれよりもしっかり体調を万全に整えてもらって、今月終わりから始まる全仏オープンに向けて調整してもらいたいですね。

やっぱりここからランキングを上げるには、グランドスラムでの上位進出は必須になるからね。それにしても楽しみね~!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:17 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ