セリーナのミックスダブルスへの思い

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

開幕戦のブリスベン国際女子で優勝を飾って幸先の良いスタートを切ったセリーナ・ウィリアムズが、再来週から行われる全豪オープンのミックスダブルスに、ロジャー・フェデラーを誘って出場しようと思ってたんだって。

もちろん、それは止めたみたいなの。セリーナはニュージーランドでの開幕戦に出場していた姉のヴィーナス・ウィリアムズと組んで女子ダブルスにもエントリーする予定でいるから、ミックスダブルスにもエントリーしたら、3つの部門で戦わなければならなくなるから、やっぱりそれは避けたいって決断に至ったらしいわ。

「実はロジャーのブリスベンでのダブルスのプレーを見て、頼もうかと思っていたの。でもヴィーナスが、全豪でダブルスも出ようって言ってきたから、そうする事にしたの。」

「3つのイベントにはさすがに出られないわ。ミックスダブルスなら、まだ女子ダブルスの方に出たいって思うから。まだミックスダブルスでの優勝はないけどね。それでもダブルスの方を選ぶわ。だって実の姉だし、一緒にプレーしているのは楽しいし、最高なの。ダブルスだって大好きだし、ダブルスも上手だって感じているから。」

って語りながらも、いつかはミックスダブルスでも生涯グランドスラムを達成したいとも思っているとも加えていたわ。そしてフェデラーともいつかは組んでみたいって。

これまでウィンブルドンとUSオープンのミックスダブルスのタイトルは持っているセリーナ。残るは全豪オープンと全仏オープンのタイトル。

「ちょっと分からないけど、全豪と全仏でどうしたらベストな方法かを考える必要があるわね。どうしたら良いかしら?」って、残る2つの優勝も、近い将来に狙うつもりでいるみたいね。

今の彼女の好調さを見れば、まだまだあと数年は世界のトップで戦っていけそうだから、近い将来に実現しそうね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 20:10 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


錦織vsチリッチ壮絶な試合&ヒューイットの驚き!!!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今日行われたブリスベン国際男子の準々決勝の、錦織圭選手とマーリン・チリッチとの試合は壮絶な物になりましたね。特に精神的にタフな試合だったんじゃないかしら?

第1セットを先取した錦織選手だけど、第2セットは何度もブレークポイントを握りながらもなかなかチリッチからブレークが奪えなかったの。実に9回あったチャンスを1度も生かせなかったわ。

一方のチリッチも、錦織選手から何度もブレークポイントを握りながら、それを生かせずと言う同じような展開だったの。でもチリッチが5ー4とリードした錦織選手のサーブで0ー40とセットポイントを握りながらも取れず落胆の表情を見せて、精神的に落ち込んだかなって思ったら・・・

次のサーブでもブレークのピンチに立たされつつ、それを何とか凌いでキープする精神力を見せてくれたの。

すると逆に次の錦織選手のサーブではまたしても0ー40とチリッチがセットポイントを握ると今度はあっさり次のポイントを獲得してセットオールへとチリッチが追い付いたの。

第2セットでチャンスがたくさんありながら取りきれなかった錦織選手が、今度は逆に精神的にかなり落胆したんじゃないかって心配してしまいました。

でも第3セット、序盤の競ったゲームをしっかり取りきった錦織選手に流れが傾き始めました。チリッチは、第2セットでフルに力を使い果たしてしまったって印象でしたね。終盤はかなり大きなダブルフォルトをしていたり、精神的にも肉体的にも疲労を感じていたんじゃないかしら?

第2セットは精神力でチリッチが勝ったけど、試合全体的には錦織選手が勝った結果になりましたね。

本当に見ていてお互いなかなかチャンスが生かせず、ハラハラドキドキの試合だったけど、そこをしっかり勝ち切った錦織選手は精神力での強さを感じた試合でした。

これで2年連続のベスト4入りの錦織選手。準決勝では長年の地元のヒーローであるレイトン・ヒューイットと対戦となりましたね。

そんなヒューイットだけど、ボリス・ベッカーをコーチに雇ったノヴァーク・ジョコビッチの行為にかなり驚いているって語っているの。

去年の全豪オープンで大会3連覇を達成した時も、これまでのコーチだったマリアン・ヴァイダ氏が今年はジョコビッチに着いて全豪オープンには来ないらしいの。

「最大の驚きと言っても良いのではなたいか。例えベッカーがジョコビッチに対して、素晴らしい指導をしたとしても、マリアンだって明らかに素晴らしいコーチだった。それにジョコビッチを全豪での3連覇に導いたのはかなりの功績さ。ノヴァークは自分自身のテニスを良く知っていて、彼は単に外からの刺激が欲しいんだと思う。それにはベッカーが最も適任だと言う結論になったんだと思う。」

って驚きと共に、ヒューイット独自の見解も語ってました。

そう言えば昨日のブログにも書いたけど、チリッチがゴラン・イヴァニセビッチをコーチに付けたり、ロジャー・フェデラーがステファン・エドバーグをパートタイムのコーチに迎え入れたりと、かつての名プレーヤー達がコーチとしてトップ選手にアドバイスするケースが目立ってるわね。

技術的と言うよりは、精神面や世界の大舞台での戦い方など、勝ち抜くためのコツのようなアドバイスや助言が欲しいんじゃないかしら?

でも、どんな形であれかつての選手達がこうしてまた世界の舞台に帰って来てくれる事は嬉しい事よね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:15 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


チリッチの秘密兵器&マレーがシドニーに出場か?!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今週行われている男子テニスの開幕戦であるブリスベン国際男子で、シーズン初戦となる2回戦に勝利して順当に準々決勝進出を決めた第2シードの錦織圭選手だけど、その準々決勝で対戦するのがマーリン・チリッチ。

そのチリッチは1回戦でデニス・イストミンとの接戦を逆転で制して2回戦へ。昨日行われた2回戦では第5シードのグリゴール・ディミトロフをストレートで下して8強入りを決めているの。

チリッチは去年、ドーピング検査で違反薬物反応が出た事で4ヶ月の出場停止処分を受けちゃったのは2013年7月29日のブログでもお伝えしていたけど、その影響もあって今はランキングを39位にまで下げているわ。

2回戦のディミトロフに勝利したチリッチの好調なプレーには、こんな人からのアドバイスが役に立っているって明かしてました。それは、同じクロアチアの大先輩で2001年のウィンブルドン・チャンピオンのゴラン・イヴァニセビッチ。

「以前はサーブについてあれこれ考えていたんだけど、ゴランはもっとシンプルに考えるようにと言ってくれて、彼と一緒にサーブの練習に励んだんだ。そして良い形になって行った。同時に彼が得意だったボレーの練習にも重きを置いた。そしたらネット際でのプレーがかなり改善されたんだ。」

「この数年、ネット際のプレーはあまり得意ではなかった。だからネットでそれほど攻撃的なプレーが出来なかった。それは自分のような長身の選手なら、もっと攻撃的にすべきプレーだったのに。そうする事でポイントも短くなるし、対戦相手にプレッシャーも掛けられるからね。」

「ゴランはとても多くの事を教えてくれている。自分自身でも自分のプレーが向上しているって感じているんだ。彼はこれまで自分がテニス人生で経験している事よりはるかに多くの事を経験しているから、危ない状況になる前に警告してくれるんだ。“OK、こんな事には気を付けろ”ってね。彼は常に1つ前のステップにいてくれるんだ。」

「彼は本当に大きな助けになっている。彼のように何年もトップ10に君臨していた選手で、グランドスラムの決勝の舞台だって何度も経験しているんだからね。彼はテニスを良く知っているし、僕のどこを改善させなければならないかも分かっている。まさに、彼のような人間が必要だったんだ。」

イヴァニセビッチはこれまでもチリッチにアドバイスをして来たけど、フルタイムのコーチになった事はなかったの。それが今はコーチとしてチリッチについているし、きっとオフシーズンもずっと指導していたんじゃないかしら。

その成果が早くも出ているのよね。これは錦織選手に取っても次の準々決勝はしっかり集中して戦わないといけないわね。

これまでの両者の対戦成績は錦織選手が3勝2敗とリードはしているものの、接戦になった試合も多いわ。サーブが向上したチリッチに対して、定評のあるリターンでしっかり対応して今年も去年に続くベスト4入り、そして去年以上の成績を残せるように頑張って欲しいわね。

その準々決勝は明日行われます。

.
.
.
.
.
.
.
.

そして来週行われる全豪オープン前哨戦であるシドニーでの『アピア国際男子』大会には、今週のドーハで2回戦敗退を喫したアンディ・マレーに主催者推薦枠での出場のオファーを出しているんだとか。

マレーはまだそれを拒否はしておらず、出場するかを考えているんだって。

腰の手術でツアー離脱した2013年の終盤。しっかり治療とリハビリをして開幕戦で復帰して来たけど早々に敗退。もちろん本人も実戦が足りないって感じているみたいだから、全豪オープンへ向けて実戦を踏みたいところよね。

これまでだと全豪オープンの前の週は休養に当てていたけど、開幕戦でしっくり来なかった今となっては、去年準優勝した全豪オープンでは今年も上位進出したいからね。それには大会側からのオファーはありがたく受け取った方が良いか、しっかり休養と調整をして全豪に臨む方が良いか・・・って悩んでいるんじゃないかしら?

男女共同開催のその大会、『アピア国際女子』の予選はもう明日から始まります。男子の予選は土曜日からなので、本戦への主催者推薦を受けるかどうか、決めるには数日の猶予があるかもだけど、マレーは一体どっちを選ぶかしらね?

その女子の予選にはクルム伊達公子選手と森田あゆみ選手が登場。第10シードのクルム伊達選手はミリャーナ・ルチッチ=バロニと、第3シードの森田選手はツヴェタナ・ピロンコバと対戦しますね。土居美咲選手はクリスティーナ・クチョバと対戦です。本戦入りを目指して頑張ってね!!!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 17:47 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


明けましておめでとうございます&フーバーのプラン

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

みなさん、明けましておめでとうございます。2014年もみなさんに取って素晴らしい一年でありますように。そしてこの『ピンキーズ・リマークス』もよろしくお願いしま~っす!!!

と新年の気分を味わっていることろだと思いますが、テニス界はすっかり2014年のシーズンが始まっています。昨日のクルム伊達公子選手の試合は、惜しかった。ずっとネット配信で見ていたんだけど、勝てるかと思う試合内容でした。

第1セットは自分のサーブで40-0からキープ出来ず、チブルコワのサーブで0-40からブレーク出来ず・・・の2ゲームが取れていたら、第1セットは先取出来ていたと思うし、そうなれば勝利だって見えていたかも。ま、試合にタラレバはないので、負けてしまった今は来週のシドニーへ向けて調整して欲しいですね。その予選は金曜日からスタートみたいだから、しっかり疲労を取って臨んでもらいましょう。

.

.

.

.

そうそう、数ヶ月前には今季は全豪オープン後はプレーを続けるか分からないと語っていたのが元ダブルス世界ランク1位のリーゼル・フーバー。でも彼女、それを撤回して2014年もフルシーズン戦う意向を示したんだって。

それにはこんな理由が・・・

まずはシーズン最後に行われるツアー最終戦なんだけど、今年からシンガポールでの開催になります。そしてこれまではシーズン獲得ポイントの上位4ペアーしか出場できなかったけど、今季からシングルスと同じく上位8ペアーが出場する事になったんだって。

それを目指そうと言う気持ちらしいんだけど、2013年は12人の違う選手と組んでダブルスの試合に臨んでいたフーバー。最終戦を狙うには固定ペアーを探す事が必須。

つまりもう1つの理由は、今季を固定ペアーで戦う事が決まったかららしいの。その選手は今週のブリスベン国際女子にも一緒にエントリーしている台湾人のチャン・ハオチン。

9月で20歳になったチャン・ハオチンは、実のお姉さんが2007年6月に自己最高位50位を記録したチャン・ユンジャンなの。

シングルスではほとんど成績が残せていないチャン・ハオチンだけど、175cmの長身を生かしてダブルスで成績を上げ始めたの。2013年はお姉さんと組んで開幕戦のシンセン・オープンで優勝。4月にはポルトガルのオエイラス大会でクリスティナ・ムラデノビッチと組んでシーズン2度目の優勝。

その後は優勝こそないものの、ヤネット・フサロワと組んでカールスバッドで、フーバーと組んで東レPPOで準優勝を飾ったの。その後の北京では1回戦でセリーナとヴィーナスのウィリアムズ姉妹を破る大金星を上げて、2回戦では第1シードのサラ・エラーニ&ロベルタ・ビンチ組をフルセット8-10で負けたけど、接戦を披露してくれたわ。

フーバーはこの東京と北京でチャン・ハオチンとのペアーで手応えを感じたんじゃないかしら?そして本人も今季はフーバーと組む事を決断した事で、フーバーは2014年もフルシーズン戦って最終戦を目指そうと決めたんだと思うわ。

そのブリスベン国際では、今日行われた準々決勝で惜しくも敗退しちゃいましたね。とりあえずまだシーズンは始まったばかり。最終戦出場の枠が広がったし、それを目標に頑張って欲しいわね。

そしてニュージーランドはオークランドでのASBクラシックではシングルス2回戦が行われてます。日本人対決となった森田あゆみ選手と奈良くるみ選手の試合は、なんとあっさり奈良選手が勝ってベスト8入りを決めました。

その後に行われた予選を勝ち上がった石津幸恵選手の2回戦は、ユリア・ゲルゲスをフルセットの大接戦の末に倒して自身初となるWTA大会での8強入りを決めました。

終盤はちょっと出だしよりミスが出始めた石津選手だったけど、ファイナルセットの4-4に追い付いた次のゲームで、30-30の時にゲルゲスがメディカル・タイムアウトを要求。その前のポイントではかなり石津選手に走らされたから、どこかを捻ったのかな・・・。

再開された試合では、そんな事は感じさせないプレーだったゲルゲスだったけど、6-5からの第12ゲームでこのセット3度目のブレークに成功した石津選手が2時間12分の接戦を制しました。

こうして海外で日本人選手が活躍していると、寒い日本にいる私達も元気がもらえるわよね。もっともっと勝ち上がって欲しいわね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 14:25 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


セリーナvsアザレンカのエキシビ&日本人選手の開幕戦

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

とうとう2014年のシーズンが開幕しましたね。各地で開幕戦の熱い火蓋が切られました。

その開幕戦に先駆けて先週の土曜日、タイはフアヒンでセリーナ・ウィリアムズとヴィクトリア・アザレンカがエキシビション・マッチを行ってました。試合はアザレンカが7-5,6-3のストレートで勝利して、詰め掛けた3千人のファンを大いに楽しませたんだって。

第1セットは両者サービスキープして、アザレンカの6-5リードからのセリーナのサーブをブレークしてそのセットを先取。

第2セットは2度のブレークに成功したアザレンカが、そのまま6-3で取ってゲームセット。

試合後セリーナは「全豪オープンへ向けて良いワームアップが出来た。ヴィクトリアはとても強い選手。彼女のような選手との対戦は、常に楽しいもの。」って語ってました。

その二人は揃ってオーストラリアはブリスベンで行われている『ブリスベン国際女子』にエントリーしてますね。第1シードでセリーナが、第2シードでアザレンカが出場しているけど、このお二人は1回戦が免除されているから2回戦からの登場ね。

昨日初日を迎えたこの大会、初日に行われた1回戦でベサニー・マテック=サンズを下したアンドレア・ペトコビッチがセリーナと2回戦で対戦します。

そして今日これから行われる1回戦のガリーナ・ウォスコボエワと主催者推薦のケイシー・デラクアの勝者がアザレンカと2回戦で顔を合わせますね。

その初日には日本からクルム伊達公子選手が登場しました。1回戦では主催者推薦のオリヴィア・ロゴウスカをストレートで下してシーズン初戦を白星でスタートしました。

2回戦では右肩の怪我で急遽欠場を申し入れた第6シードのカロリーン・ウォズニアキに代わって第9シードに繰り上がったドミニカ・チブルコワと2回戦で対戦しますね。チブルコワは今日行われた1回戦で予選勝者のヘザー・ワトソンをストレートで下して勝ち上がってますね。

他の日本人選手はと言うと、『ブリスベン国際男子』には第2シードで錦織圭選手がエントリーしてます。1回戦が免除されているからマシュー・エブデンと主催者推薦のニック・キルギオスの勝者と2回戦を行います。

そしてその予選には伊藤竜馬選手と杉田祐一選手が出場していて、伊藤選手は予選ファイナル・ラウンドで負けちゃいましたね。杉田選手はしっかり勝って本戦入りを果たしました。その女子の予選に第5シードで出場した土居美咲選手は初戦で負けちゃいました。

カタールはドーハのカタール・エクソンモービル・オープンには予選にはダニエル太郎選手が出場してます。1回戦、2回戦を勝ち上がって今日予選ファイナル・ラウンドをダニエル・エヴァンズと行います。

中国のシンセン女子オープンには予選を勝ち上がった尾崎里紗選手が本戦入り。1回戦ではパトリシア・マイヤーと対戦します。

インドのチェンナイ・オープンには予選に第2シードで添田豪選手、守屋宏紀選手、内山靖崇選手がエントリーしたけど、守屋選手と内山選手は1回戦で、添田選手は2回戦で敗退しちゃって本戦入りとは行きませんでした。

ニュージーランドはオークランドで行われているASBクラシックには森田あゆみ、奈良くるみ選手が出場してます。予選に出場した石津幸恵選手は、タフな試合を勝ち上がって本戦入りを果たしました。1回戦では同じく予選を勝ち上がったアネット・コンタヴェイトと対戦します。

みんな本戦に出場の選手は好成績を残して欲しいですね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 14:19 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


クリスマスにシャラポワがディミトロフとブリスベンに到着

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

12月25日、そうクリスマス当日の朝、マリア・シャラポワがシーズン開幕戦へ向けてブリスベンの地に到着したんだった。彼女は自分のチームに加え、交際が公になっているグリゴール・ディミトロフと一緒に飛行機で到着したの。

今年の開幕戦にも出場予定だったシャラポワだけど、怪我を理由に欠場していて、今季は全豪オープンからシーズンをスタートしていたから、2014年の開幕戦がブリスベン国際女子大会のデビュー戦となるわね。

シャラポワはフォーブス紙が伝えたところによると、この12ヶ月で賞金やスポンサー契約などで290万ドル(約30億円)を稼いだ事で、最も高い収入があった女性アスリートになったんだとか。

アメリカはロスから到着したシャラポワは、同じ飛行機でディミトロフも一緒で、2013年のブリスベン国際男子大会では準優勝を飾っていたディミトロフは2014年大会には第5シードで出場。1回戦ではロビン・ハーセと対戦して、第2シードで出場する錦織圭選手とは、お互い順当に勝ち上がると準々決勝で対戦する事になるわ。

シャラポワはと言うと、今年の8月以降は右肩の怪我のためにツアー離脱を余儀なくされて、今月の頭にコロンビアでのエキシビションに1度出ただけで、今週の日曜日から始まるブリスベン国際女子大会が8月以来の公式戦となるわね。

第3シードのシャラポワは1回戦でカロリーン・ガルシアと対戦。月曜日以降にコートに立ちますね。

シャラポワはこの大会が、新しく雇い入れたコーチのスヴェン・グローネフェルド氏と臨む初めての大会にもなるわ。グローネフェルド氏はアナ・イバノビッチなどのコーチをしていた事で有名なコーチ。

その新コーチの手腕と共に結果に影響するのは右肩の具合。大会から肩の準備は万全かと聞かれた彼女は「そう望むわ」とだけ答えていたそうよ。

シャラポワもディミトロフも揃って好成績でシーズンをスタートさせたいところね。あでも錦織選手もぜひ優勝を狙って欲しいから、ディミトロフはベスト8止まりにして欲しいところね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:03 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


フェデラーのトミックへの思い&ブラックの来年

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今年の後半では今一つ活躍が見られなかったバーナード・トミックに対して、ロジャー・フェデラーが更なる活躍が期待できる選手だって語っているの。

このブログでも何度か取り上げたけど、春のクレーシーズン中に実のお父さんがトミックのヒッティング・パートナーを頭突きで殴り怪我を負わせてしまって、それが傷害事件にまでなって有罪判決が下されたりと、テニスに集中出来なかった事実もあるのよね。

そんな彼は今年、シドニーで優勝を飾って全豪オープンでも3回戦進出と好調なスタートを切ったものの、9月の北京大会で2回戦進出してからはATP大会では4大会連続で本戦での勝利がなく、その後に臨んだチャレンジャー大会でも初戦敗退と、トップ50から脱落してシーズンを終えたのよね。

「今季のシドニーと全豪での最高のスタートを見たら、誰もが彼にもっと期待を寄せていたはずさ。正直なところ、彼に取ってはちょっと厳しいシーズンになった事は否めない。彼がもっと高いレベルの選手で、素晴らしい才能を持っている事も知っている。来年は彼の実力を見せ付けて、世界50位近辺にいるようや選手ではない事を証明するシーズンにするべきさ。」

「あの事件の後は、彼がもがいていた事には間違いないし、驚きもしない。精神的にもっとシンプルにプレーが出来たらと願っている。あんなに長い間、他の事に気を取られながら戦い続けるのはかなり難しかっただろう。」

ってフェデラーはトミックの実力を認めつつ、更なる飛躍も期待しているみたいね。

そのトミックは今週末からオーストラリアはパースで毎年開幕戦と同時に開催される国別対抗戦のエキシビションであるホップマンカップに、サマンサ・ストザーとのペアーで出場するわね。そしてその後は、今年の大会で優勝したシドニーで2連覇を目指して出場してから全豪オープンに臨むわ!

2014年のトミックはフェデラーの期待に答えられるかしらね。

.
.
.
.
.
.
.
.

ダブルスの元世界ランク1位で33歳のカーラ・ブラックは、2012年4月に第1子となる長男を出産して、その年の10月に復帰。今年の前半はアナスタシア・ロディオノワなどど組んでたけど、その後はマリーナ・エラコビッチと組んでプレーしていたの。

来年もダブルスで現役を続けるつもりでいるブラックだけど、まだ幼い子供と時には離れ離れにならなければならないツアー生活は辛いけど、それでもテニスとは離れられないほど大切な物だって感じているみたい。

「彼から離れているのは本当に辛いこと。でもこの過酷なツアーでは、常にベストの状態でいる必要がある。満足することなんてない。自分としたら、グランドスラムで優勝する以上の喜びはないの。子供が出来た事でテニスから離れなければならなかった時に、どれほどテニスが大切な物か実感したの。テニス無しの人生なんて考えられない。」

そんなブラックは来年は、今年の終盤で一緒にプレーしたサニア・ミルザと組んでダブルスでツアーを回るんだって。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:45 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


セリーナまたしても受賞&米国から全豪へのWC

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今シーズンを世界ランク1位で終えたセリーナ・ウィリアムズが、AP通信社が選ぶ2013年の『フィーメール・アスリート・オブ・ザ・イヤー』(最優秀女性アスリート賞)を水曜日に受賞しました。

これはセリーナに取って、2002年、2009年に続いて3回目の受賞となりました。

セリーナは今季、78勝4敗と他を圧倒する強さを見せて、11大会で優勝を飾るなど、キャリア・ベストのシーズンを送っていたの。

その優勝には全仏オープンとUSオープンも含まれてて、この優勝でグランドスラムでは17個目のタイトル獲得となったのよね。

そして3月のマイアミ大会からウィンブルドンの4回戦まで34試合連続勝利を飾ったり、年間獲得賞金も1千200万ドル(約12億5千万円)を越えたの。これは女子テニス界では史上最高額!

2月に世界ランク1位への返り咲きを果たした時31歳と約5ヶ月だったセリーナは、史上最年長での世界1位と言う記録も達成したのよね。

「負けるといつも、更なるやる気が湧いてくるの。敗戦が自分にもっと練習しなきゃって思わせてくれる。自己満足なんてしないし、もっと練習が必要だとか、もっと上手くならなきゃって認識させられるの。じゃなかったら、もうテニスを続けられないってね。」

そう語っていたのは、今年のUSオープンの時のAP通信社からのインタビュー。負けるとそれが更なるエネルギーに繋がるのね。32歳にして絶好調の彼女。2014年もセリーナ・エクスプレス(?)で突き進む予感ね。

.
.
.
.

.
.
.
.
.
.

それから先週、アメリカではアメリカ勢による全豪オープン本戦へのワイルドカードをかけたプレーオフ(予選会)が行われていました。

そのプレーオフを制したのが、男子がスティーブ・ジョンソンで、女子がサチア・ヴィッカリー。

23歳で世界ランク156位のジョンソンは、南カリフォルニア大学時代には2回全米大学選手権(NCAA)のシングルスのチャンピオンになった選手で、プレーオフの決勝戦ではテニーズ・サンドグレンを4-6, 6-3, 0-6, 7-6 (5), 6-1のフルセットで下して優勝しました。

ジョンソンはグランドスラムでは、2012年のUSオープンに主催者推薦で出場した時に3回戦進出した経験があって、それが彼のこれまでのグランドスラムでの最高成績ですね。

世界ランク195位で18歳のヴィッカリーは決勝戦ではヴィクトリア・ドゥヴァルを6-2, 6-3のストレートで下してその座を手にしました。

ヴィッカリーはこれが自身2度目となるグランドスラムの本戦の舞台。今年のUSオープンに主催者推薦で出場して初戦突破。2回戦進出を果たしているの。グランドスラム2大会連続の初戦突破となるかしらね。

その全豪オープンは2014年1月13日から本戦がスタートします。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:35 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


フェデラー夫人の妊娠&三橋淳選手のクリニック

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今日のtenis365.netのニュースにもなってるけど、ロジャー・フェデラーの奥さんであるミルカ夫人が第2子・・・じゃなかった、第3子の妊娠をフェデラー自身のツイッターで明らかにしました。

「ミルカと私は、マイラとシャーリーンが2014年にはお姉さんになると言うニュースを皆さんと共有出来る事を嬉しく思っている。良い休日を!」

フェデラーの双子の娘さんが揃ってお姉さんになる日が来た事を喜びと共に呟いてました。そしてそれには数多くの祝福のコメントが続いてました。そしてこれから始まる開幕戦の公式ツイッターや全豪オープンのツイッターも揃ってこの嬉しいニュースに祝福を送ってました。

またお子さんが産まれたら、ご紹介しますね。次はやっぱり息子さんが良いんじゃない?

.
.
.
.
.
.
.
それから日本人男子プロによるテニス・クリニックがあります。12月29日に男子プロによるテニス・クリニックが開催されます。

サムライこと三橋淳選手が復活イベントとしての開催で、自身の経験から導いたテニス理論を指導してくれるとの事。一緒に鈴木肇選手も指導してくれるそうです。

一般のテニス愛好家は、なかなかプロから始動を受ける機会がないですよね。この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?場所は湘南台です。

詳しくは三橋淳選手のフェースブックへ・・・
https://www.facebook.com/junn.mitsuhashi

.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の先週のツアー下部大会での日本人選手の動向で~~~っす。

女子では、メキシコの2万5千ドルでは、加藤未唯選手、予選を勝ち上がった澤柳凛子選手が1回戦敗退でした。香港の1万ドルでは、宮崎ゆりこ選手、予選を勝ち上がった渡邊尋乃選手、酒井優理子選手が1回戦で、第5シードの樋口由佳選手、井上明里選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは、韓国人選手と組んだ奥野選手がベスト4、韓国人選手と組んだ井上選手が優勝しました。トルコの1万ドルでは、第5シードの田中優季選手、山本ひかり選手、山外涼月選手が初戦敗退でした。

今週はトルコの1万ドルには田中優季、予選を勝ち上がって山外涼月選手が出場してます。

男子では、チャレンジャー大会は開催されていませんね。

ブラジルの1万ドルにフューチャーズ大会では、予選を勝ち上がった榊原健一選手が1回戦敗退でした。チリの1万ドルでは、牧口流星選手がベスト8でした。第7シードの西岡良人選手が優勝しました。

今週もチャレンジャー大会はありませんね。フューチャーズ大会に出場の日本人選手もいません。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 15:31 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ペトロワの欠場&錦織選手のエキシビ

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

12月10日のブログでお伝えしたけど、ナディア・ペトロワのお母さんが交通事故でお亡くなりになったニュース。

その事からペトロワは、開幕戦から全豪オープンの前哨戦への出場をキャンセルしていたんだけど、シーズン最初のグランドスラムである全豪オープンの欠場も表明しました。

ペトロワがグランドスラムを欠場するのは2006年のウィンブルドン以来の事で、突然の悲報で精神的なダメージが大きいんじゃないかしら?

ペトロワの欠場により、世界ランク108位のツヴェターナ・ピロンコバが本戦へと繰り上がりましたね。

ペトロワも元気にプレーする姿が、一日でも早く見られる事を願います。

.
.
.
.
.
.
.
.
.

それから、12月21日のブログで紹介した今後行われる開幕戦&エキシビションへの主な出場選手だけど、全豪オープン直前の1月8日から11日までオーストラリアのクーヨンで行われるAAMIクラシック(以前はクーヨン・クラシック)が抜けてましたね。

それには日本から錦織圭選手も出場しますね。

他には、トマース・ベルディフ、リシャール・ガスケ、スタニスラス・ワウリンカ、グリゴール・ディミトロフ、フェルナンド・ベルダスコ、ヤンコ・ティプサレビッチ、レイトン・ヒューイットの8選手が出場します。

シーズン最初のグランドスラム前に、公式戦&エキシビションなどなど、目白押しね!!!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 15:13 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ