今季最後のシニア・ツアー

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

先週、イギリスはロンドンのアルバート・ホールで、ATPが統括するシニア・ツアーの今季最終戦が行われました。大会は12月4日から8日にかけて開催されました。

そのチャンピオンズ・グループではA組の1位がティム・ヘンマン、2位がファブリス・サントロ、3位がマーク・フィリプーシスで、B組の1位がパトリック・ラフター、2位がゴラン・イヴァニセビッチ、3位がグレッグ・ルゼッドスキでした。

そして日曜日に行われた決勝戦では、ラフターがヘンマンを6ー3、6ー1のストレートで下して、2009年に続き2度目の優勝を飾りました。

同じスケジュールで行われたレジェンド・グループでは、A組の1位がジョン・マッケンロー、2位がセルジ・ブルゲラ、3位がウェイン・フェレイラで、B組の1位がマッツ・ヴィランデル、3位がジェレミー・ベイツでした。

日曜日に行われた決勝戦では、マッケンローがヴィランデルを6ー2、6ー4で下して3年連続の優勝を飾りました。

予選から1セットも落とさず絶好調での優勝となったラフターは「このシニア・ツアーに参加してから最高のプレーが出来た。自分のテニスに何かを見付けた気分さ。40歳にしてはちょっと不思議かも知れないけどね。」って、熟年になった今でも進化しているような気持ちだったって語ってるわ!

「とてもエンジョイしたし、この時期に家族や子供達と一緒にロンドンにいる事も大好きさ。自分に取って素晴らしい一週間だった。」って、喜びも加えてました。

2年連続で決勝戦でヴィランデルを倒したマッケンローは「もう1年か2年、マッツと戦わなければならないかも知れないと感じているよ。徐々に彼との差が縮まっているからね。だから来年はフルセットにもつれるだろう。そうなったらもう止める時かな。つまり、また来年もこの大会へ戻って来れると言う事さ。」って、ジョークを交えなからも来年の出場を匂わせていたわ。

これで今季のATPチャンピオンズ・ツアーは終了しました。来年は2月14日から16日にかけてアメリカはデルレイビーチで第1戦が行われますね。次に予定しているのが、3月11日から14日にかけてスウェーデンのストックホルムで第2戦が行われます。

第1戦の時は、その翌日からATPツアーのデルレイビーチ国際が開催されて、現地では9日間に渡って熱い戦いが繰り広げられるってわけね。

そしてその第1戦のシニア大会は、チームUSAとチーム・インターナショナルに分かれての対決となるんだって。

チームUSAはアンディ・ロディック、アーロン・クリックスタイン、ジャン=マイケル・ギャンビル。チーム・インターナショナルはゴラン・イヴァニセビッチ、マッツ・ヴィランデル、ミカエル・パーンフォースの面々。

出場6選手でのチーム対抗戦で、9つのシングルスを行って、先に5勝した方のチームが勝利するシステムらしいわ。この大会も楽しみね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:43 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


シャラポワのエキシビション

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

先週の金曜日、コロンビアはボゴタで行われたエキシビションに登場したのが、久々にコートに立ったマリア・シャラポワ。そしてそのエキシビションで対戦したのがアナ・イバノビッチと、人気美女のお二人だったの。

シャラポワは肩の怪我の再発と臀部の怪我を理由に今季の後半はツアー離脱を余儀なくされちゃっていたのよね。でもその治療も順調に行ったみたいで、数週間前から練習を再開。そして今回のエキシビションで元気な姿を見せてくれたの。

試合前、現地のメディアのインタビューでお二人はこう答えてました。

シャラポワ:シーズンの後半を戦えずにいました。でも今は数週間の練習をしていて、こうしてここに来れた事と、アナと試合が出来る事はきっと素晴らし事になるでしょう。このエキシビションも1つの目標にしていましたし、楽しんで最高のプレーを見せる事が出来たらと感じています。アナとの試合が高いレベルのテニスになればと願っています。コロンビアに来れてとても興奮しています。

イバノビッチ:コロンビアの人達はとてもフレンドリーです。そして食べ物もとても美味しい。私の目標はいつも世界1位になる事です。その決意が現在の自分を導いてくれています。同時に、今日こうしてここにいる理由でもあるのです。私はプロですし、いつも真剣に考えています。このエキシビションを十分に楽しみたいと思います。

そのエキシビションはイバノビッチが6-1,1-6,12-10(第3セットはスーパー・タイブレーク)でシャラポワを下してました。

そして試合後、シャラポワは自身のツイッターでその思いを呟いてました。

「数ヶ月も試合をしていない中、今夜の試合は小さな前進になりました。試合をする事をとても恋しく思ってました。コロンビアの皆さんの温かい歓迎に感謝の気持ちで一杯です」

そしてイバノビッチはと言うと、ボゴタの地元のバーのようなところでわいわい楽しんでいる画像を載せながら「最高エキシビションの後、コロンビアのちょっと違う一面を経験しています」ってツイートしてました。

イバノビッチはしっかりボゴタの夜もエンジョイしていたようだし、シャラポワもちゃんと来シーズンへ向けて準備が進んでいるようだし、ファンは一安心ね。

そのシャラポワはシーズン開幕戦で12月29日から開催するブリスベン国際から2014年のシーズンをスタートさせて、その後1月13日から開幕する全豪オープンに臨む予定らしいわ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 12:18 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


フェデラーのインタビュー

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

 

 

かつては『フェデラー・エクスプレス』と言われ、他を圧倒する強さを誇ったロジャー・フェデラーだけど、今年はそんな彼が思わぬ敗戦を味わったり、2001年に初めてツアー・タイトルを獲得した年以来となる1シーズンでわずか1大会しか優勝がなかったなど、これまでのフェデラーでは考えられないシーズンとなってしまったわね。

それでもフェデラーは、そんなシーズンを前向きにとらえて、色んな批難を浴びたけどそれを物ともせず来シーズンへ向かって進んでいる意気込みを、彼のメイン・スポンサーの1つであるクレディ・スイスのインタビューで語ってました。

「色々な状況を考えると、今季はおもしろいシーズンだったと言えるだろう。もちろん、怪我を負ってしまった事はただ事じゃなかった。でもそれをしっかり乗り越えたし、全ての事に対して見つめ直さなければならなかった。」

「腰の怪我に加えて、これまでの10年間では経験した事がないような挫折も味わった。それでも、自分に取っては興味深い経験だったと思っている。人々の反応の違いや、自分自身がそれにどうやって対応したかを見る事がね。時にはほとんど的確な動きが出来なかったし、それで激しく批難を浴びた事もあった。」

と、今シーズンについての自身の印象をメイン・スポンサーの1つであるクレディ・スイスのインタビュー語っていたの。

そして、ウィンブルドンの2回戦でのセルギー・スタコフスキからの敗戦は、今シーズン最も落胆させられた物の1つである事も認めているわ。

「ウィンブルドンには、8度目の優勝をすると言う事を確信しながら臨んでいたんだ。それでもあの敗戦は、ある意味納得させられる所もあった。なぜなら直前の全仏オープンでもあまり良いプレーは出来なかったからね。そしてウィンブルドンが大問題の始まりとなってしまったんだ。」

そうね、ウィンブルドンの2回戦でフェデラーがトップ100以下の選手に負けるなんて、想像も出来なかった事ですものね。

そしてその後に出場したクレー大会でも当時114位だったフェデリコ・デルボニスに、次のスイスはグシュタード大会でも初戦で当時55位のダニエル・ブランズにと、立て続けにランキング下位の選手に負けちゃったの。

それでもフェデラーは、そんな敗戦を味わいながらも、テニスから受ける楽しみは失ってはいないって語っていたわ。

「敗戦もテニスと言うスポーツの一部。何が大切かと言うと、それをどう対処するかと言うこと。自分に取って大切な事は、自分自身に正直でいる事なんだ。自分は良く物事に疑問を抱いてしまう人間。良い状態でいるときでさえ、そう考えてしまう。だから批難されてもあまり影響がないんだ。でもその批難も、全く納得出来る物ではないと感じているけどね。」

な~んて、この10年間で最悪と言われたシーズンだったけど、本人はそこからもポジティブに考えられる物を見つけ出して下を向かずに進んでいるのね。

今年の秋にそれまでのコーチだったポール・アナコーン氏との関係に終止符をうったフェデラー。アナコーン氏に代わる新しいコーチ探しはしないみたい。

フェデラーはアナコーン氏などのツアーを一緒に回ってくれるコーチに加えて、スイスのデビスカップ監督であるスヴェリン・ルーティ氏にも個人的にもう何年も指導してもらっているのよね。つまり、今後はルーティ氏のみのコーチで戦って行くって言う事みたい。

「スヴェリンはもう長年自分に取ってとても役立つコーチだった。でも彼が年間40週間も自分について来年一緒に世界を回れるか、また回りたいと思っているかは定かではない。それでも今は新しいコーチを探すつもりもない。今の自分のチームにとても満足しているんだ。」

そしてこれまでもあまり積極的じゃなかったスイス代表として出場するデビスカップも、来年はまだ白紙状態だって語ってました。

「デビスカップについても、この数週間のうちに決断しなければならないだろう。現時点ではどうなるかは全くもって白紙状態さ。」

今季終盤では、腰の怪我も治ってまたフェデラーらしいプレーを見せ始めてくれてたから、来年はコーチ探しなどはせず、これまでのチームで臨みたいって思っているようね。

また世界ランク1位に返り咲くのはちょっと難しいかもだけど、せめてトップ3には戻ってもらいたいものね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:17 | 2件のコメント
▲ページトップへ


ハンチュコバの新コーチ

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

 

2003年1月に世界ランク5位を記録したダニエラ・ハンチュコバは、30歳になった今も再びトップ10入りを目指してやる気を見せているわ。それは、新しいコーチを迎えい入れた事でも分かるでしょ。

ハンチュコバは2014年のシーズンへ向けて、リカルド・サンチェス氏を新しいコーチとして契約を結んだらしいの。

「お互いもう長年の知り合いだから、コーチとしての関係もとてもスムーズに運んでいるの。これからの激しい練習にも期待が膨らむし、先週すでにスペインで行ったトレーニングにも興奮してるわ。」ってハンチュコバは自身のフェースブックでコメントしてました。

直近のコーチはエドゥアルド・ニコラス氏だったハンチュコバを新たに指導するサンチェス氏は、これまでにはカロリーン・ウォズニアキやイェレーナ・ヤンコビッチなどのコーチに就いた経験がある名匠。

ベテランと言えるハンチュコバの更なる成長を導けるのか、その手腕に期待がかかるわね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の先週のツアー下部大会での日本人選手の動向で~~~っす。

女子では、メキシコの2万5千ドルでは、予選を勝ち上がったオサカ・マリ選手が1回戦で敗退でした。第4シードの日比万葉選手、オサカ・ナオミ選手はベスト8でした。エジプトの1万ドルでは、主催者推薦の久松志保選手がベスト8でした。トルコの1万ドルでは、第7シードの小関みちか選手が1回戦敗退でした。

今週はインドの2万5千ドルには井上雅、予選を勝ち上がって藤原里華選手が、メキシコの2万5千ドルには加藤未唯、予選を勝ち上がって澤柳璃子選手が、ジプチの1万ドルには山本理佳、山口司紗選手が、香港の1万ドルには布目千尋、主催者推薦で太田紗苗、藤岡希、奥野彩加選手が、トルコの1万ドルには第7シードで小関みちか、予選を勝ち上がって山本ひかり選手が出場してます。

男子では、チャレンジャー大会は開催されていませんね。

タイの1万5千ドルのフューチャーズ大会では、井藤祐一選手、予選を勝ち上がった滋賀正人選手が1回戦で、予選を勝ち上がった内田海智選手が2回戦敗退でした。第8シードの内山靖崇選手が見事優勝を飾りました。ダブルスでは井藤&内山ペアーが準優勝でした。

カンボジアの1万ドルでは、綿貫祐介選手、主催者推薦の福田勝志選手が1回戦で、第3シードの関口周一選手、小野澤新選手が2回戦敗退でした。第2シードの守屋宏紀選手はベスト4でした。ダブルスでは近藤&関口ペアーがベスト4でした。

今週もチャレンジャー大会はありませんね。

タイの1万5千ドルのフューチャーズ大会には第7シードで内山靖崇、滋賀正人、井藤祐一、予選を勝ち上がって内田海智選手が、カンボジアの1万ドルには第2シードで守屋宏紀、第8シードで松井俊英、小野澤新、綿貫祐介、仁木拓人、斉藤貴史、主催者推薦で福田勝志、ラッキールーザーで守谷総一郎選手が出場してます。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 21:41 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ヒューイット、諦めぬ夢

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックしてねん♪

 

元世界ランク1位のレイトン・ヒューイットは、その座に上り詰めてから12年の月日が流れ去っているにも関わらず、未だに高いモチベーションを維持していて、祖国で行われる全豪オープンでの優勝への思いを諦めてはいないみたいなの。

来年の2月に33歳になるヒューイットは、多くの人がもうほぼ不可能だろうと感じている全豪オープンでの優勝と言う、夢を諦めてはいないんだって。

「ドロー運に恵まれて、それに加えちょっとの幸運があったとしたら、まだ分からない。」と可能性を語るのは2001年11月19日に世界ランク1位になったヒューイット。

「ラファエル・ナダルとノヴァーク・ジョコビッチは、優勝候補の筆頭にいるのは間違いない。もちろん、ロジャー・フェデラー、アンディ・マレー、ファン・マルティン・デル=ポトロやトマーシュ・ベルディフ達がそれに続く選手だと思う。だから自分は注目されないし、それも良いものかも知れない。」と、しっかりと現実も把握しているわ。

現在はランキング上では60位と、バーナード・トミックの51位に次いでオーストラリア人第2位にいるヒューイットだけど、今季最後のグランドスラムだった全米オープンでは2回戦で現在世界ランク5位のデル=ポトロを下すなど16強入りを果たしてもいるの。

ここ数年は怪我に泣かされていたヒューイットは、自分自身はまだオーストラリア人ナンバーワンの実力があると自負しているって語ってるわ。

「バーナード(トミック)は、第2の選手なのは間違いない。でも今の彼にはトップ50からトップ20入りするために、そして更にはトップ10を目指すためには、次なるステップを踏まなければならない。そうなればグランドスラムでのタイトル獲得だって現実味を帯びて来るはずさ。」

と語るヒューイットは、祖国オーストラリアはブリスベンで開幕戦として毎年行われているブリスベン国際男子から2014年のシーズンをスタートさせる予定でいるわね。長年の夢だった全豪での優勝は敵うかしらね?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:51 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


グラフの実父が他界&ウダンの病

人気blogランキングに参加してます。1日1回クリックしてねん♪

 

 

元世界ランク1位で、オープン化以降のグランドスラム最多優勝の22回の記録を持つシュテフィ・グラフに子供の頃からテニスを教えた実のお父さんのペーターさんが、先週の土曜日にすい臓癌のために亡くなりました。75歳でした。

ペーターさんは1997年に脱税容疑で3年の禁固刑を言い渡されていて、その事でグラフは7千万ドル(約70億円)の犠牲を払わされたと言う憶測が飛んでいたの。

グラフがプロになってからもずっとツアーを一緒に回っていたペーターさんだったけど、その時からツアーを回る事は不可能になってしまったのよね。

そして約1年間刑に服していたペーターさんは、奥さんであるヘイディさんとも離婚をしてしまって、グラフとも疎遠になってしまっていたんだとか。

最近ではグラフとの関係も修復されていたみたいで、ペーターさん自身も何人かの選手のコーチをしていたんだって。

ペーターさんはグラフの祖国ドイツで暮らしていたけど、グラフはアンドレ・アガシと結婚してアメリカのラスベガスで暮らしていたから、一緒には生活はしていなかったのよね。

でも最後には、娘さんとの関係が修復できて良かったわね。ご冥福をお祈りします。
.

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2009年のUSオープンの時、若干17歳でベスト8入りを果たして注目を集めたメラニー・ウダンだけど、思わぬ病が見付かったんだって。

それは『横紋筋融解症』と言うあまり耳慣れない病気なの。

この病気は「おうもんきんゆうかいしょう」って読むんだけど、これは調べたところ、「骨格筋が壊死を起こし筋細胞中の成分が血液中に浸出し、筋肉が障害されて筋肉痛や脱力感等の症状があらわれ、次第に疼痛や麻痺・筋力減退・赤褐色尿などの症状が発現する。」と言う、何やら怖い筋肉の病気らしいの。

ウダンはこれを自身のツイッターで公にしていて、今はオフシーズンも治療に専念しているんだって。

9月に22歳になったウダン。この病気を一日も早く克服してまた元気な姿でコートに立って欲しいわね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 21:08 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ズヴォナレーワが復帰へ向けて

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックしてねん♪

 

元世界ランク2位にまで上り詰めたヴェラ・ズヴォナレーワが復帰へ向けて練習を始めたんだって。

現在29歳のズヴォナレーワは、去年のロンドン・オリンピックの4回戦でセリーナ・ウィリアムズに敗れて以来、肩と臀部の怪我を理由にコートから離れていたの。

彼女は現在拠点を置いているアメリカはフロリダのブラデントンで練習を再開している姿の画像を自身のフェースブックにアップして報告してました。

とりあえず来年は、怪我や病気でツアー離脱した選手に適応するプロテクト・ランキングを使って大会に出場する事になりそうね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
リシャール・ガスケが2度の全仏オープンを制したセルヒ・ブルゲラを新しいコーチとして迎え入れたんだって。

ガスケは男子ツアー最終戦期間中に、それまでのコーチだったリカルド・ピアッティ氏が家族との時間を増やしたいって理由から、突然コーチを辞めてしまったのよね。

その後の最終戦は、パートタイム・コーチだったセバスチャン・グロージャンがしばらくコーチをしていたの。

現在ブルゲラは、実のお父さんのルイスさんとバルセロナでテニス・アカデミーを経営しているんだとか。

来年のガスケは、更なる飛躍を求めてブルゲラをコーチとしてツアーを回るのね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 21:32 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ヒンギスは現役を続けるか?!?!

今年、ダブルスで現役復帰を果たしたマルチナ・ヒンギスだけど、2014年のシーズンをまた選手としてツアーを回るか決めかねているんだって。

復帰後ヒンギスは、ダニエラ・ハンチュコバと組んでUSオープンまで5大会に出場。でもそのいずれも2回戦の壁を突破できなかったのよね。

USオープンでは1回戦で第1シードのサラ・エラーニ&ロベルタ・ビンチ組と対戦と、ドロー運にも恵まれなかったわ。

そしてその後のアジア・シーズンも、一度もコートに立つことはなかったの。

そして今は、来年の1月に出場を予定しているエキシビションにも出るか迷っているって伝えられているの。

また彼女のプレーをコートで見ることはあるのかしらね?!?!
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の先週のツアー下部大会での日本人選手の動向で~~~っす。

女子では、エジプトの1万ドルのサーキットでは、予選を勝ち上がった久松志保選手が1回戦敗退でした。トルコの1万ドルでは、第5シードの尾関みちか選手、道慶智子選手が1回戦で、華谷和生選手、予選を勝ち上がった川崎好美選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは道慶&川崎ペアーがベスト4でした。

国内は豊田で7万5千ドルのサーキットが行われて、第1シードの奈良くるみ選手、第2シードの土居美咲選手、第8シードの穂積絵莉選手、今西美晴選手がベスト8でした。予選を勝ち上がった桑田寛子選手が準優勝でした。ダブルスでは、江口&沢柳ペアーがベスト4でした。穂積&二ノ宮ペアーが準優勝、青山&土居ペアーが優勝でした。

今週はメキシコの2万5千ドルには第4シードで日比万葉、オサカ・ナオミ、予選を勝ち上がってオサカ・マリ選手が、エジプトの1万ドルには主催者推薦で久松志保選手が、トルコの1万ドルには第7シードで小関みちか選手が出場してます。

男子では、豊田で開催された3万5千ドルのチャレンジャー大会では、第2シードの添田豪選手、関口周一選手、近藤大生選手、予選を勝ち上がった斉藤武選手、主催者推薦の片山翔選手、山崎純平選手、鈴木貴男選手、綿貫祐介選手が1回戦で、第7シードの守屋宏紀選手、内山靖崇選手、予選を勝ち上がった吉備裕也選手が2回戦敗退でした。第5シードの伊藤竜馬選手がベスト8、第4シードの杉田祐一選手が準優勝でした。

チリの1万ドルのフューチャーズ大会では、牧口流星選手が1回戦敗退でした。ダブルスでは、アルゼンチン人選手と組んだ牧口選手が優勝しました。

今週はチャレンジャー大会は開催されていませんね。

タイの1万5千ドルのフューチャーズ大会には第8シードで内山靖崇、井藤祐一、予選を勝ち上がって滋賀正人、内田海智選手が、カンボジアの1万ドルには第2シードで守屋宏紀、第3シードの関口周一、綿貫祐介、小野澤新、主催者推薦で福田勝志選手が出場してます。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 16:56 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


全豪ダブルスに日本人女子&香港での新しい大会

昨日のブログでお伝えした来年の全豪オープン本戦へのアジア・パシフィック地域のワイルドカードへのプレーオフのお話だけど、お伝えしたシングルスに加えてダブルスもありました。

女子では宮村美紀選手が中国人のハン・ズィンユンと組んで本戦入りを決めました。

決勝戦ではタン・チェン&ヤン・ザーズアンの中国ペアーを4ー6、6ー4、[10ー8](第3セットはスーパータイブレーク)の接戦で下してワイルドカードを獲得しました。

男子も熾烈な戦いを勝ち抜いて勝者が決まりました。

ユーリ・バーンブリ&マイケル・ヴィーナス組がゴン・マオズィン&リー・ゼー組を7ー6(7ー3)、1ー6、[10ー5]で退けての勝利でした。

ヴィーナスはニュージーランド人として初めてこのアジア・パシフィック地域のプレーオフを制して、全豪オープン本戦入りを決めました。

日本人女子選手がまた一人、グランドスラムの本戦の舞台に立つことになりましたね!

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
そして女子ツアーで来年から新しくスケジュールに加わる大会があるの。それはまたしても(笑)中国!中国と言っても香港なんだけど、その大会は『香港テニス・オープン』と称する大会。

来年のその大会は9月8日に開幕して、賞金総額は25万ドル(約2千500万円)で、WTAツアーのインターナショナル大会に位置するもの。

(WTAツアーは、最高峰にはグランドスラムがあって、その次にランクされているのはツアー最終戦、そしてその下にプレミア・マンダトリー大会、そしてプレミア5大会、プレミア700大会、プレミア600大会、その下にインターナショナル大会があって、そこから下がツアー下部大会。最近はWTA大会と下部大会の間に、WTA125Kシリーズもあるわ。)

USオープン直後に行われるこの大会は、同じ週にカナダのケベック・シティでのベル・チャレンジ、ウズベキスタンのタシケント・オープンも開催されます。

そして翌週の9月15日からは広州女子オープン、韓国オープン、東レPPOが行われて、9月21日からは来年から新設された武漢テニス・オープン、9月27日からチャイナ・オープン女子、そしてアジア・シーズン最後の大会として大阪のHPオープンが10月6日から行われます。

アジア・シーズン中もたくさんの大会が中国で開催されますね。日本でも、もっと大会が増えると良いのにね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 11:24 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ナルバンディアンの引退試合

先週末に元世界ランク3位のダビド・ナルバンディアンの引退試合が祖国アルゼンチンで行われてました。それには世界ランク1位のラファエル・ナダル、同2位のノヴァーク・ジョコビッチ、同胞で共にデビスカップを戦ったファン・モナコも参加していたの。

まずは木曜日の夜にアルゼンチン第2の都市であるコルドバで行われて、ナルバンディアンはナダルを6ー4、7ー6(8ー6)のストレートで下してました。

詰め掛けた8千人の観客へナルバンディアンは「今日は記憶に残る日です。これまで常に多くの応援を送ってくれた皆さんに感謝しています。」って、ファンへ喜びのコメントを残してました。

そして土曜日には首都であるブエノスアイレスでジョコビッチと試合をして、それはジョコビッチが6ー3、6ー4でナルバンディアンを下しました。

そして、ジョコビッチ&ナダルと、ナルバンディアン&モナコのダブルスも行われたんだって。

ジョコビッチは「ダビド・ナルバンディアンの引退試合に参加出来てとても嬉しい。この数日間をラファやダビド、ピコ(モナコ)と過ごした事がどれほど楽しかったか言葉では言い表せない。」って自身のツイッターで呟いてました。

そして現地日曜日の夜にはジョコビッチとナダルのエキシビションも行われるって言うから、きっと今頃終わった頃かしらね?

ナルバンディアンは世界ランク3位まで上り詰めたけど、最近は肩や臀部の怪我に泣かされて思うようなシーズンを送れていなくて、今季序盤に引退を表明していたの。

これからも素晴らしい人生を歩んで欲しいわね!

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
先週、中国はシンセンで来年の全豪オープン本戦入りをへのワイルドカードを懸けたアジア・パシフィック地域のプレーオフが行われたの。

男子では日本人選手の出場はなかったんだけど、女子では瀬間友里加、瀬間詠里花の瀬間姉妹と尾崎里紗が出場してました。

でもそのプレーオフを制したのは男子も女子も中国勢だったわ。

男子は第3シードとウー・ディがザン・ゼとの同胞対決を制して2年連続での本戦入りを決めました。

女子は19歳のタン・ハオチェンが尾崎を下してワイルドカードを手にしました。タンは世界ランク466位で、このプレーオフも予選から勝ち上がっての勝利で、もちろんグランドスラムは初の本戦でのプレーになるわ。

その全豪オープンは来年1月13日に開幕します!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 09:56 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ