高齢者講習

水曜日、曇り午後雨から曇る。
台風27号の余波と思える風の中、女性陣とねんりん用の4ゲームの試合をやることになった。ぼくとI氏のペアーは10時に来て、即試合、相手は朝練1時間の女性陣。そのハンデイーも何とかなると高を括っていたところ04でやられてしまった。すぐさまセカンドをお願いして31で取りタイブレークの練習も、ものにしてなんとか面目を保った。

昼から高齢者講習で近くの自動車学校に出かけた。ひとごとと思っていたのに遂に自分の番がやって来ていた。着実にまちがいなく人生は回っている。うらさびし秋風を思うにつけタイミングがよすぎる。手数料5800円、高いと思うが、そうでないという人もいるかもしれない。この制度が出来てからアップアップしていたようにみえた自動車学校は、息を吹き返したのか、訪れた学校は事務所の新築とかで、クレーンで赤い鉄骨を組み立てていた。役人の天下り先ができたと、にやにやしていた人たちがいたかもしれない。

高齢者講習の案内はえらく早目に届いたが、誕生日の一月くらい前で十分だろうと電話すると受講者が多いらしく一月待たされたのにも驚いた。

講習は1時半から3時間。最初に30分くらいで高齢者の事故情報等の話やDVDでの勉強、それからモニター運転での運転適正診断、視力、動体視力、夜間視力などの診断がなどが60分余り、それから実際に車に乗り、一人15分程度で練習コースを回る。バックでの車庫入れ、クランク、S字カーブ等をもこなした。それから講習室に戻り質疑応答と預けていた免許書などと一緒に免許更新に必要な「高齢者講習終了証明書」を受け取り自動車学校を後にした。参加者は同年代の男女各3名だった。
免許書のゴールドでも有効期間は3年間らしい。


カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:35 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">