青春の思い出 門司港駅→日向市駅→椎葉村

昭和41年(1966)10月24日月 晴れ
私の誕生日
21日より今日までとTさんと二人で旅行する。21日の夜行で日向に行きそこからバスで椎葉→国見峠→本屋敷→熊本という計画だった。

門司港発21時21分の汽車に乗るため八幡駅20時37分の門司港行きで門司港まで行き、そこで乗り換えた。夜行列車である。思ったより乗客は多く門司港まで来て良かったと思った。金曜というのに小倉で身動きできないほど満員になる。
目的の日向には22日の4時53分着である。汽車で夜中を過ごすなんて、高校の修学旅行、いや、長崎へ受験で行ったとき以来夜行列車なんか乗ったことがない。ふと、昔のこんなことが思い出されて、感傷的な気分になり、この列車この真夜中を突っぱしり過去の世界へ、自分を連れて行ってくれたら・・・、前に坐っているTさんは何を考えていることやら、なかなか時間がたたない。体は疲れているはずなのだが、腰掛けて眠るなんて器用なことはそう簡単に出来るものではない。外はまだ暗い。
日向駅の待合室で上椎葉行きのバスを待つこと二時間あまり、外はかなり冷え時間のたたないことおびただしい。Tさんの持ってきたおにぎりを食べる。あまり食欲なし。
東の空が薄明るくなり簡素なじんまりとした日向の夜明けがやって来て、七時十分発のバスに乗る時間が来た。前からにばん目の座席に座った。前方の景色がよく見える。
バスは耳川に沿って上流へさかのぼって行く。まだ稲は刈り取られていず、早朝のすがすがしい田園風景が展開された。
上椎葉まで二時間余り、途中いくつも小さなダムがあり、だんだん山の谷にあいに進むにつれ道の曲がりがはげしく、谷も深くなり青い水が美しく流れている。 おそらく山の中の 部落 だろうからと思い食料等を用意してきたのに思いの外開けていて 生活必需品は 何でも買えそうであった。

バスを降りて 次の利根川行の時間を調べてから 近くのおみやに登った。 ポカポカと温かく 申し分のない 天気であった。 谷間の部落 から陽気な流行歌がスピーカーから流れていて、シンと静まっているはずの谷間の静寂を破っていた。
神社の上で 石に腰掛けて持ってきた 食料食べる。 写真で見た大きなダムがあるはずなのにどの方向か見当がつかない。 Tさんはかなり疲れていてダムなど探して見物する気はないようだ。 仕方なし 一人で部落方向に 行く。 出会ったおばさんに尋ねるともう少し上流に上ったところにあるとのこと。 せっかく きたのだからと思い引き返しTさんを 連れて一緒に上流へ行く。 木材を切り出すだろう道は広く、そして車が通ると砂埃を浴びた 。

10分ほど歩くと 橋があり、その橋から右手前方に高くそびえたダムがあった。 我々の 位置は谷底に近いところで、ダムにたどり着くまでは、かなり急な道をうかいしていかなければならない所にあった。Tさんは行かないと言うので荷物を持たせて、もとの神社で待っているように言って一人出かけた。近くの家でだいたいの道を聴き登る。

橋を渡り急な崖道を登って行くと中学校があった。こんな崖の中にと思われるところに学校があるのだ。山腹を削り取って平らにし、まだ新しく新築中の校舎もあった。ダム目指して近道しようとしたが失敗した。中学生の一人に尋ねると学生らしく道を教えてくれた。

中学校を少し登ると車が通れる道があった。これはダムの周囲通っている道だろう。バラスのしかれた道を行くと、今度はダムよりかなり高い位置にでた。そこからはダム全体が見渡せた。たっぷりと水をたたえた大きな湖があった。道の間の小道からダムに下りていった。

人は私のほか誰も見かけない、ここは驚くほど静かだった。無理をしてTさんも連れてくるのだったと後悔した。ダムサイトを反対側に渡り、今来た道を逆に帰ろうと思った。この山腹を歩いて行くと、Tさんのいる神社に平行した道だから途中から、谷間に向かって下るとたどり着くはずだ。途中からななめに谷に向かっている小道を見つけて歩く。

ドングリがたくさん落ちていた。それ拾って歩いていると、うまいことにその道はちょうど神社の裏側に続いていた。Tさんは夜行で来た疲れがでたのか、土手で横になって目をつむっていた。

十根川行きのバスは二時と聞いてた。
Tさんは二時半だといったが気になったのでバス停に行った。バスはやはり二時で、バス停は学生がいっぱい順番で待っていた。土曜日なので中学生の帰校時間と一緒になったのだ。超満員であったがどうにか乗れた。

終点十根川まで40分。
そこは耳川の支流の一つ、十根川沿いにバスは上椎葉より少し引き返し、そしてこの十根川沿いの谷間を登ってきたのだった。中学生も皆降りた。まるで学生の貸切バスみたいな感じだ。彼らはこの細い耳川沿いの谷間に点在する部落から、あの上椎葉ダムのすぐそばにあった中学校へ遠い道のりを通学するのだ。
これから先の私の計画が、どれほど無謀であったが知る由もない我々はバスを降り一息入れてから、これから長距離を歩かなければならないと覚悟を決めて、ナップサックを背中に担ぎ直し出発した。13時50分。
我々は6時頃までには仲塔→胡摩山→国見峠をこえて本屋敷にたどりつき、そこからバスで熊本まで行く計画なのだ。同じバスで降りた中学生の女の子二人と一緒になった。
私が話しかけると、一瞬彼女らの顔が恥じらいた。そしてその理由は後ろ手にしていたコッペパンのせいであることがわかった。中学一年生、セセーラ服まだ板につかないとといった感じがした。

本屋敷までの道のりを色々とたずねた。彼女らはどれくらいの時間がかかるとか、正確なことは言葉を濁していたが、小さいとき国見峠を越えて本屋敷まで行ったことがある、それも1日で往復したのか、1日がかりで行ったのかよく聞き取れなかったが、聞き直すのはやめた。
彼女達の家は国見峠の麓だ、そこから峠を越えて行った、それも子供の時に行けたのだから、若い我々であれば、何とか予定通り行くに違いないと内心不安を感じながら思った。

でも途中の渓谷美はすばらしく、ともすればそれに見とれて、足が遅くなったのもたたっていた。私はTさんにハッパをかけメゾのつくところまで、ピッチをあげたいと思い急がせた。

2時間も歩くととみよ君が足が痛いと言いだし、中学生から追い越されてしまった。
4時頃峠の麓らしいところまでやってきた。腰を下ろして一息入れていると上の方から子供をつれた嫁と姑とめらしい三人が通りかかった。
ここから本屋敷までどれくらいかかりますかと尋ねてたら,女の足で3時間くらですねと言った。野良仕事の帰りらしい、もうそんな時間なのだ。それを聞いてホットした。3時間くらいなら7時には本屋敷に着くことが出来る。
いくら田舎でも最終バスには間に合うだろうと思ったからだ。

我々の歩いている道は国道265号線、でも車は1時間ほと前に蘇陽町のタクシーが一台通っただけ。国見峠はこの車道を通らなくて途中から山道を通る近道があると、ぼくが椎葉に興味をもった、ここを案内の新聞には書いていたが、途中でたずねた百姓のおかみさんらしき人は、その道を教えてくれず、女連れだからこの道を教えてくれたのだろう。
だんだん登につれて紅葉は美しい、あの中学生が胸をはって言っていたように、もうしばらくすると、もっとすばらしいだろうと思われた。峠の山道に入って道は今までより急になったが、それでも国道で車が通れるくらいの林道、石ころが多く、ダラダラとなだらかに迂回をしながら、この道は峠に続いて続いているはずだが、歩けども歩けども峠には行きつかない。あの曲がり角を曲がれば、あの曲がり角を曲がればと、いくど思ったことだろう。

Tさんはすっかり疲れ切っているようだ。その上に足も痛いと言う。でも弱音を吐かずにもくもと歩く。
小石が多くそれが足をうばい、Tさんの歩調はずっと落ちた。
あたりはかなり暗くなり、山にはもう夜のとばりが降りようととしいる。
道脇に真っ赤に紅葉したモミジが見つかった。すごく印象深かったのでその前で、おそくなりついでだと思い写真を写す。
国見峠にたどり着くまでに懐中電灯が必要となった。
そして峠にたどり着いたとき、日はとっぷり暮れて山の上には月が出ていた。

峠に着けば本屋敷はすぐ眼下に見えるのだ、なんてとんでもない錯覚にとらわれていたのだ。峠までの道のりはTさんの足が衰えていたとはいえ、事実遠かったのだ。


峠まで行けば何とかなるだろうと思っていたのに、そこでこの計画が無理であるということを知らされる。峠の向こうに続く尾根と尾根と暗闇の中の深い谷がそれを証明していた。


時計の針は七時をさしている。今からどうして熊本市まで行けようか、我々二人は今九州のど真ん中、それもこれから先の道もよくわから山中にいるのだ。とにかく人家のあるところまで歩く以外に道はない。
ジャリを敷いた道は、車の輪のあとを残して中央に盛り上がっている。
そして枯れ枝だと思っていたそれが、蛇だったと分かった時は、一瞬ギョットして立ち止まった。懐中電灯の灯りの元で、確かに動いている。蛇に間違いないのだ。


そのために我々はほとんど動けなくなっていた。私は本当に不安を感じ始めた。
峠からかなりくだった時、ライトが峠の方向で光って消えた。二人は一瞬立ち止まり顔を見合わせた。
またライトが光った。車に違いないのだ。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:33 | コメントをどうぞ

57年前の思い出を辿りに 日向市駅から椎葉へ

2022 11 22(月)晴れ晴れ

IMG_2179

(日向市駅)

早朝6時頃出発して向日市駅→上椎葉へ向う。高速の嘉島ジャンクションを利用して九州中央自動車道へ、途切れ途切れの中央自動車を利用して延岡へ。南九州自動車道に乗って日向市駅へ何とかたどり着いた。57年前の記憶もなく、そこには大きな駅舎がそびえて見えた。駅で2時間余過ごしバス停に向かったと書いていたが、チンプンカンプン。車のナビに椎葉をインすると高速を利用したりする案内しかなくて、二人でバスで行った道とは違う。スマホのナビで見ると、バスで行った道を案内してくれていると思った。それでスマホのナビで行こうとした。
だがスマホのナビを利用したことはほとんどないのだ。ちょっとしたことで画面が切り替わったりして、戻し方もわからず、途中で立ち往生すること数度、車からの充電もうまくいってないようで、車のナビで行くしかないと決断する。
時間はたつばかり、来た道「北方よっちみろ屋」の道の駅でおりてひと息入れた。日向の街に入った所のセブンイレブン(そこの女の人がやさしく日向市駅を教えてくれた)、そこで買ったおにぎりとカレーパンを食べる。11時頃だった。
そこからは両方のナビを使ってみた。五ヶ瀬川の修理中の橋ようやく渡って山あいの道を両方のナビを見ながら運転する。
この道を行けば椎葉へと行けるはずだった。五ケ瀬川沿いで何度か車を止めて写真を撮る。
道の駅を出てしばらく、もたもたしたけれど、椎葉への道を進んでいたことが、家のパソコンでドライブレコーダーをチェックしていて分った。
レコーダーを道路案内のあるところで止めてチェックしなが2分ごとの記録を追っていった。
3oom先 まっすぐに↑327号椎葉 右折→五ケ瀬503号線(13時半ごろ)

IMG_2191 IMG_2199 IMG_2207 IMG_2214

ナビを見ながら慎重に運転していたはずなのに、ぼくは右にハンドルを切っていた。曲がったところで停車していた。ちょっとおかしいと考えたが、そのうち案内板があるだろうと思ったに違いない。新しいトンネルを通り抜けしばらくは立派な道が続いたが、案内板は何一つ出て来ない。

だんだん道は細くなり軽自動車がやっと離合できる道に入り道路の決壊した工事現場を何度も通り抜け、落石注意の表示板のある隘路を延々と登って行った。高千穂の見覚えのある峰が一瞬見えた時は、えらいところを走っているのだと一瞬思った。ナビを拡大して見ると、めちゃくちゃの迂回をして椎葉に行き着くようにはなっていた。
503号線を北上して五ヶ瀬のある九州中央自動車道への道だった。そこが飯干峠と分かった時、車を止めて考えた。時計は15時頃、ここから2時間で椎葉に行けるだろうか、着いたところでゆっくり散策する時間はあるだろうか。国見峠に行けるだろうか、あのときと同じように夜の7時くらいになっていてもおかしくない。
ナビで自宅までの時間を確認すると2時間くらいで帰れそう。
ぼくは諦めて帰ることにした。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 00:19 | コメントをどうぞ

福岡県ベテラン秋大会

土曜日 曇り現地

NB13時30分が試合開始。

10時頃家を出て博多の森テニスコートへ向かう。

エントリー選手4名、内二人は今年の全日本へ、今月初めの佐賀のグラスコート選手権にも、もちろん二人は出場していた。

相手のmune氏、バック両手、フォア片手でコンパクトにスピンをかける。スライス、ネット、ドロップなどはほとんど使わず、そのショットで左右前後に機敏に走り、ひつようにボールを返球してくる。威力のあるショットは少ないが甘いボールにはきちっと攻撃を仕掛けてくる。見た目より威力を感じる。

ファーストぼくのサービスから始まりキープする。これなら何とかなるかもと思っていたが一人相撲で16でやられていた。

ドロップ4本良いドロップもあったと思うが、するすると出てきて左右に決められていた。

春先の試合のように一個かゼロでやられるのかなと、嫌な予感のセカンド、3本目のラケットを手にしていた。

バボラ Pro Drive 、10年くらい前買っていて、ナダル用の黒いガットを張っていたがほとんど使っていなかった。50ポンドだったからだあろう。老体には強すぎた。

バボラ Pro Driveの新品を買ったのはその1本だけだけだった。

今回、もったいないと思い、ハイブリッドのガットを張ってみた。

今のぼくは自分にあったテンションが分からず30から40ポンドいろいろ張って使っているが、その時の体調もあるかもしれないが、しっくりいくのものは、わからずで来ていた。毎回いろんなテンションラケットを試し打ちをしてきたが、結局上限45くらいで張った2本とゆるいラケット1本持って行っていた。

半分残っていたシープと巻で買っていたナダル用の黒のガットで張った3本目のラケット、感触良かったのだが、スイングもサービスもまだ確固たるものはないという、状況は続いていたのだから、勝とうなどとはおこがましいことだった。

セカンド、46ぼくとしては精いっぱいのできだった。

彼らと対等に戦うには、もっと機敏な動きが出来ないと無理だ。ということだった。

IMG_2218

(クラブのコートから11月25日金)

 

 

 

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:22 | コメントをどうぞ

古巣の日常

土曜日晴れ

ふっきしたけれど、適当な練習相手はほとんどいない。

2番コートの真ん中に人工芝が剥がれているが修理する気配はないとのこと。4面の屋外コート、2面になるのは年度末かもしれないと思ったりした。

来週末試合があるので、ストロークに練習やシングルスを相手を期待したが、思うようにはいっていない。

胸の痛み治ったと思ったが完治してないと分かった。出来る範囲で楽しんでやっていこう。

 

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 10:39 | コメントをどうぞ

11月より古巣に復帰する

水曜日 晴れ

昨日、11月からルーセントに復帰する。10月から復帰を考えて、仲間に話していたので心外に思っていただろう。今月、福岡ベテラン秋大会もあるので、環境を変えると練習相手がいるかもしれないと考えた。

今朝9時から運動公園でF氏と1時間シングルスお願いして、その足でルーセントに来てみると、HGO氏が3番コートでおねえさんと練習していたので、さっそく変わってもらって、ストロークからワンセットお願いした。

F氏の時もそうでしたが、ヨロヨロとして動きの鈍さをどうすることもできなかった。彼はぼくより二つ年上だし言い訳はできない。

HAGO氏とは疲れもあって、動きはもっと鈍っていた。齢のせいもあるだろうが、術後の体力回復時に練習相手のいないHAGO氏がぼくに近寄ってきて、ぼくは膝を痛めてしまった。

ぼくは足に負担をかけないようにとクラブを去り、橋げたの壁打ちで、回復を待っていたが、その回復が遅れて、福岡では負け戦ばかり、齢のせいにはしたくないけど、足が衰えている。

鍛えるのも怖いし、どうすべき迷うこの頃です。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:24 | コメントをどうぞ

テニス、全日本選手権土日に行われた

月曜日 晴れ

テニス、全日本選手権土日に行われた。

今日ATPツアー500ウイーンの決勝が行われた。wowowで。

メドベージェフがシャポバロフを466362で破り優勝する。

cropped-IMG_2137.jpg

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:42 | コメントをどうぞ

胸の痛みは残っているが、吊るし柿作りをする

金曜日 晴れ

今日は晴天、昨を日収穫した柿を吊るし柿をする。

桃栗三年柿八年と言う。梅酒と吊るし柿用にと苗木を買ってきて植えていた。

期待していた梅は花は咲けどもの太田道灌だったが、柿はまだ小さな木のうちから、心配するほど実を付けだした。

一年おきだったが、それが今年だった。心配してかなりてっ実したつもりだったが、実が大きくなってから実を摘むのはもったいない気がして遠慮した。

DSC_0002 DSC_0006 DSC_0012 DSC_0013 DSC_0014 DSC_0019

隣の家に吊るし柿が吊りされていたので、ぼくも昨日実行した。色づいているのから摘んだ。バケツ一杯になったからこの辺でとやめたのだが、木には柿はまだ十分に残っている。

 

 

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:15 | コメントをどうぞ

八十うん歳の誕生日おめでとうございます。

月曜日 変な天気

免許更新、前回誕生日に行ったので今日行く予定にしていたけれど、運動公園の練習とダブっていると気が付き更新は明日にすることにした。ところが朝起きると、胸回りの痛みは癒えてなかった。運動公園の練習は体調あしと断った。終日ゆっくり家で過ごした。

誕生日には二人で外食することにしている。去年は東バイパスの登り坂にある浜勝に行っていたので、今年もと相談していた。元気のないぼくは車で浜勝までの道のりを考えると、近くでいいなぁと考えが変わっていた。

夕暮れ時、近くの大衆食堂に行こうと外にでると、すぐ近くに「はま寿司」、「肉のドッキン」を解体して直近に開店していたのに出くわした。
すっかり忘れていて、試しに行こうとなった。大衆寿司屋さんという感じで値段も手頃でまた行きたくなりそうな店でした。

6時頃は空いていたのに帰ろうとすると、土日かと勘違いするほど、家族ずれが一杯待っているのに驚き目をパチクリしながらお客をかき分けて帰りました。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:36 | コメントをどうぞ

橋げたの壁打ちでの出会い

日曜日 曇り

いつものように、昼を済ませてから壁打ちに出かけるのが日課になっている。

肩の腱板手術してから一年と4か月、ようやく自転車で行けるようになった。体力が以前のように回復したようだ。車でもチャリでも時間はそんなに変わらないと思う。

行きは急激な下り坂と平坦な白川ぞいのでこぼこの曲がりくねった道を、狭くて車の離合に神経を使いながら抜けると橋げた見えてくる。橋げたを登って信号を右へ曲がると運動公園へ行ける。帰りは急登があるので、その辺の差は出てくるが、自転車でも無理のない距離だ。体力回復にはチョッピリ貢献できるような気がしている。

福岡県ベテラン秋大会、諦めているとある日突然要項が福岡県のHPにのっていた。今年は中止なのだと諦めていたのでうれしかった。春から行われた九州毎日、九州選手権、福岡県ベテラン夏大会と負け戦ばかり、術後の回復をいぶかる中、膝も痛めてボールを追うのも困難になっていたが、サポータで締め付けてコートに立ったものの、惨めな負け戦が待っていた。

日曜日なので心配したが壁打ちコートには女学生が一人、到着すると帰る準備をしていたので、ぼくひとりで占有していた。

まもなく若者が一人やってきて、ニューボールをガンガンと打ち始めた。ぼくも長くテニスをやってきたので、壁打ちの様子でその人のレベルを感じることができる。

久しぶり、かなりレベルが高い若者だと思った。ひとしきり終えたところで、尋ねてみた。わりかし近くの高校生だった。3年生で今は受験勉強に精出しているという。どこで習ったの何処かのクラブ、ジョージです。あのジョージ、ikedaと答えた。何だか誇りを感じる答えだった。彼のことならぼくも、昔から知っていた。さもありなんと思った。

彼と入れ替わるようにして、また一人若者がチャリで乗り付けてきた。ソフトテニスだった、そのソフトボールをガンガンと正確に打ち始めた。

疲れていたぼくは後ろで座って帰る準備をしていた。気になって彼にも声をかけて見た。無口なぼくがこんな声をかけるなんてめったにない。

前の若者より少し小柄だが、二人とも若者らしく答えてくれた。短パンの太ももは鍛えられていた。姿勢を低くして両足で踏ん張り、壁に正確に力ずよくヒットしている。

街中の私立高校、推薦、優待等で入学したという。中学の頃から上手だったのだ。

年に一度のシングルスの大会で3位になったと、誇らしげだった。彼も高校3年生で受験勉強だという。今の季節はそんな時期なのだと教わっていた。

ぼくは固めに張っていたラケットを彼に渡した。彼なら適用するだろうと思った。すぐに慣れて軟式と同じように打ち始めたので、ぼくの試みは当たっていた。

壁の向こう側から一人の翁が手を上げて、よろよろとやって来る。テニス仲間だったIT氏だった。お酒を美味しく飲むためか時々顔を見せる。元大学の先生、高校の教員不足で、駆り出されて忙しいという。医師や先生は終えるまで働く機会があるので、ある面うらやましいと感じる。人生いろいろ、幸不幸は本人次第と思うけれども。

cropped-cropped-IMG_87381.jpg

 

 

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:50 | コメントをどうぞ

ジャパンオープン フリッツ(米国)優勝

日曜日 曇り

ジャパンオープンはコロナで来日を危ぶんでいたというフリッツがテイアフォーに7676で勝利して優勝を飾る。

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:48 | コメントをどうぞ