‘It Wasn’t My Day’圭0616の屈辱アンダーソン

水曜日 晴れ

秋も深まりつつあり、テニスに行くのに衣類の調整が難しい季節。今のぼくはままチャリでコートへ行く。あーちゃんが乗らなくなったと知り合いから譲り受けたままチャリ。あーちゃんもほとんど乗らず、空気は抜けて雨ざらしで朽ちつつあった。

年代物のままチャリだが作りはしっかりとしている。スポークはアルミで錆が目立つのはチェーンのカバーに錆が見えるだけ、カバーをはずして錆びていたチェーンに油をたっぷりとさしペダルの軽くして、タイヤの虫ゴムを取り替えて空気を入れるとパンクではなかった。夜の電燈は駄目だと思っていたが、タイヤに接触させてこいでみるとまだ立派に機能していた。

前と後ろに大きながごがついていて、前には水とボールを入れて、後ろの籠にはリックが丁度入った。ぼくはリックを背負わずにすみ、代わりにペダルを3倍くらい早くこいで、ふらつくハンドルをコントロールして通いだしている。

ツアーファイナル、圭のアンダーソン戦。圭はどうした事かあまりにもミスが多かったね。いつもきまっていたストレートのショットはことごとくアウト。不調を象徴しているようなプレーだった。

ファースト06、普通セカンドになれば、球にも慣れて少しはむつれるのが普通なのに、セカンドも05から16の完敗。32歳のアンダーソンは会見で謙虚ながら闘志を表にだしていた。圭とは先だってのパリ大会で4646で負けてはいたが、その前の2大会では勝利していた。パリでの敗因を分析していたに違いない。

32歳ともなれば普通の選手はアップアップしながら転戦している選手があまたなのだが、アンダーソンはますます磨きがかかっているのだ。2017年全米ナダルに敗れ準優勝、2018年ウインブルドンでジョコビッチ敗れ準決勝。ひそかに優勝を狙っているに違いない。

最後の望みはアンダーソンがフェデラーを破ってほしいと願うのみ、圭が決勝トーナメントに行ける人頼みの残された道。

大相撲、九州場所一人横綱稀勢の里、4連敗とは、今日から大相撲は見ないことにしている。胸が痛むのだ。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:55 | コメントをどうぞ

ATPファイナルズ初戦 錦織圭 フェデラーに勝利

月曜日 雨 雨

終日雨、早朝5時頃から錦織圭VSフェデラー戦があるという、どうせ遅れるだろうと6時に携帯アラームを設定していたが、5時半ごろに目が覚めて、テレビの前に座ると33の接戦で推移していた。

いつブレークされるかとハラドキで見ていたがタイブレークまで接戦で行くと、タイブレークはフェデラーから始まり21からツーブレークして41、2本のサービスをキープして61、これで終わったはずが、フェデラーはサービス2本きっちりキープして63、圭のサービス1本目を相手のバックにうまく入れたのだが、フラットで厳しくバックをつかれて落とし64、残り1本のサービスを落すとフェデラーのサービスで振出しにもどる。圭は大事な1本のサービスをフォーサイドからスライスでコートの外に追い出すサービスを入れると逆をつかれたのかフェデラーは精一杯腕を伸ばしてボールをとらえるもネットをこえることが出来ず、74で圭はファーストをものにして、たんたんとしていた。

セカンドは1ゲーム目をブレークされてファイナルがよぎっていたが、2ゲーム目をブレークして11 キープして21、22、キープして32そしてここで待望のブレークができて43、キープして53、63とフェデラーを撃破していた。

001.jpg-1

002

nishikori-nitto-atp-finals-2018-sunday2

同じ組のアンダーソンVSティーム戦は63 76でアンダーソンの勝利。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:54 | コメントをどうぞ

二階の手すりの補修と干し柿つくり

日曜日 晴れ

ぼくの家の前を通り道にして自宅と仕事場を行き帰りしている医師がいる。そして家の前でちょくちょく挨拶を交わすのでした。土曜日も仕事をしているらしくて、日曜日にテニスをするのが楽しみで朝一番に出かけていていると聞いていた。ぼくと時間帯も曜日も違うので一緒にテニスをすることはほとんどないのだ。

昨日すれ違った時、腕も少し治って来たので11月から復帰しています。明日一番にぼくも行きますよと言うと笑顔を浮かべていた。今朝9時開門の時間に行くとたくさん来ていて、もうテニスをやっていたので驚いた。うまい具合に一緒に組んでダブルスを3試合楽しんだ。

昼からは昨日買っていた吊るし柿二袋10キロ、皮を剥いて紐に吊るして10秒熱湯に浸して洗濯干し場にぶら下げる。

昨日午前中、二階の手すりに少し錆が出ているらしく、布団が欲しつらいと言っていたので補修する。

全日本テニス選手権の放映がNHKBSで放映されると分かり録画して見る。30歳の伊藤竜馬V徳田(20歳)6360で伊藤が貫録勝ちしていた。若手が育っていないということを、証明するかのような内容だった。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:22 | コメントをどうぞ

第1回熊本県オープ大会75歳ダブルス優勝

木曜日 晴れ

第1回熊本県オープン大会という、熊本県シニアテニス連盟主催の大会がパークドームで行われた。第1回という意味が解せなかったが、男子は60歳から5歳刻み女子は50歳から五歳刻みというやり方をいうのかな?と勝手に解釈していた。

県内の大会だと思っていたが福岡、佐賀、鹿児島、宮崎から参戦していたので、ぼくのイメージとは違っていた。男子29、女子40ペアーが参加していて、パークドームを賑やかにしていた。

75歳代は5ペアーの参加、三試合して一位を決める。1試合目は61、二試合目が今日のハイライトだとプログラムに目を通しながら思っていた。ここには負けたくなかったが、相手のペアーはねんりんピックに出たり、出場した試合はほぼ勝利していたという話を耳にしていた。

ぼくたちのペアーも意地があった。ベテラン全日本ダブルスの覇者であるパートナーとの出場では簡単には負けられない。彼は二三年目から体調を崩しており炎天下に弱くなり、長い試合は自信がないと語っていた。いつのまにか大きな試合には遠ざかっていたし、ローカルの試合にも遠慮がちに見えた。

試合はぼくのサービスではじまった。大熱戦でお互いの持ち味を生かして互いにサービスキープして44まで来ていた。そこでぼくのプレッシャーのかかる大事なサービス、最初のポイントを落してジュースまでもつれてしまい、そこでミスが出てサービスを落してしまった。

さすが相手は粘り強いと思わずにはいられなかった。負けが頭をよぎった、しかしコートチェンジして相手のサービスをブレークして55となり、最後の緊張が走っていた。6げム先取でパートナーのサービス。ダブルスのスペシャリスト、彼は最初の1ポイントをサービスで取ると、こちらの流れとなり40 15くらいで勝利していた。三試合目も61で勝利してウイナーとなっていた。

久しぶりの参加でいろんな人から声がかかり、なつかしく和気あいあいの一日を楽しんだ。

帰り道、火の国ハイツの駐車場に車を止めて、銀杏の紅葉を見に行く。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:17 | コメントをどうぞ

秋日和の一日 なつかしむことも

水曜日 晴れ

タクマのコートの練習に久しぶり参加。明後日のシニアの熊本オープン大会にK氏との出場を依頼され、練習を兼ての久しぶりの再会。

彼は2013全日本ベテランのダブルス75歳で優勝している。翌年75歳になったぼくは彼とのダブルス出場を約束してくれていたが、しかしぼくのポイントが足りずに補欠1位になっていた。欠場者がありぼくたちは本戦に出場することが出来た、そして準決勝でおしくも負けていた。シングルスは2回戦敗退、相手は決勝にに進み優勝していた。
全日本ベテランには何度か出場したが、記憶に残る大会であった。

・2014年10月03日  名古屋1日目
・2014年10月04日  全日本ベテラン 初戦勝利
・2014年10月06日  Sは敗れDで勝利 全日本ベテラン  
・2014年10月07日  ダブルス準決勝へ

・2014年10月08日  ダブルス準決勝完敗

タクマの帰り道に小さな神社がある。久しぶりに立ち寄ってお賽銭をあげた。

武蔵塚公園に立ち寄ると新婚さんの写真撮影が行われていた。ちょくちょく見かける。人気があるのかな?

公園の奥まったところに大河ドラマ「西郷どん」で今から突入する西南戦争で敗れた熊本隊副隊長の墓がる。何とも言えない。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:30 | コメントをどうぞ

パリマスターズ決勝 NO1ジョコビッチ屈辱の敗退

月曜日 晴れ

紅葉の季節到来しているが、テレビで満足している自分が入る。日光の車の渋滞はなんだ、けっこうといえるのかな?
九州の山野も紅葉が報じられている。ぼくには運動公園の紅葉と夕焼けで満足しておこう。

朝練の二人と十時から合流して練習をした。3名の内二人肩を痛めているのでサービスはなし、ストロークを三人で交代でやる。H氏のフォアーはスピンがきいていて、先日のシングルスのように甘いボールは一発で打ち抜かれていた。10時から1時間半彼らとストローク、終わって30分間サービスを主体として練習。その後壁打ちをしていたK氏と30分ストロークの練習、久しぶり満足のいくストロークの練習が出来た。

帰り支度をしているとXさんが来てダブルスのようせいあり。相手の一人は故障者だからと安心させるような言いかた。クールダウンに丁度良いかなと思っていたが、ガンガンとやられて終わり尻尾を巻いて帰途に着いた。

Kacha

ロレックス・パリ・マスターズ決勝戦はジョコビッチvsハチャノフで争われた。ロシア22歳の若者ハチャノフは強力なサービスとフォアーでナンバーワンジョコビッチをねじ伏せていた。セカンドの後半ワンブレークされていたジョコビッチは必死にばん回を試みたが、顔色は変わりこの若ものは手におえないと、黄色信号が垣間見えていた。
57 46。ハチャノフの完勝だった。若者とレジェンドの交代を象徴する試合だった。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:34 | コメントは受け付けていません。

県シングルス選手権65歳 準優勝

土曜日 晴れ

運動公園の駐車場が2時ぐらいまで何かの関係使用できないという。65歳代は15時集合とあったが実際に試合が始まったのは17時を回っていた。ぼくの初戦が終わりそうな時刻、西の空に夕焼け雲が黄金色に染まっていた。今まで観察した中で一番きれいに見えた。だがプレー中で撮るわけにはいかない。最後のゲームが終わり見てみるとまだきれいだったので急いでデジカメを取りだした。

007.jpg-1

二つのグループに別れてグループの1位同士で決勝戦を行う方式。予選三試合の予定が一人欠場で2試合のなっていた。初戦は危なかった。前回余裕をもって勝っていた記憶があるも、大接戦でぼくが押され気味だった。日頃使わないボールをコントロールできずに焦りだしていた。するとますます入らなくなり何とかねばり44にして54 65とようやく勝っていた。

2試合目の相手は初戦の相手を破っていたので、嫌な感じはしたが2試合目はコートにもボールにも慣れていて流れはぼくに来ていた。61で勝利して決勝戦へと駒を進めることが出来た。

決勝戦の相手は今年から65歳、昨年60歳で優勝していた選手、フォアのショットに力強さがあり16で負けていた。60歳で連覇する力を十分持ちながら65歳にエントリーした彼に終了後コメントしておいた。60歳に65歳以上の人が何人も出ているのにどうして?

009.jpg-1

パリマスターズ1000、四回戦で錦織はフェデラーに4646で敗退する。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:15 | コメントをどうぞ

パリマスター3回戦錦織アンダーソン下してフェデラー戦

金曜日 晴れ

昼からコートへ。1番コートでサービスの練習。右手のサービスは期待したほど打てず、とりあえずはコントロールをつけること。利き腕でのサービスも明日の試合に向けて練習する。徐々に良くなっているけど完治するまでは時間がかかりそう。明日の試合は運動公園CDで15時からとなっていた。Sさんとストローク20分、ワンセットダブルスし終えて、N氏とストローク少々が今日内容だが、戻ると思った以上に体の疲れを感じていた。心配。

002.jpg-1

ATP1000パリマスターが行われている。錦織は二回戦でマナリノに75 64で勝利するも厳しい内容だった。三回戦はウイーンの大会、決勝での9連敗という汚名をもらって敗れていたアンダーソンだった。心配していたが64 64でマナリノ戦より楽に思えた。

問題は明日早朝行われるフェデラー戦、フェデラーはフォニーニを問題にせず勝ち上がっていた。ドロー表によるとフェデラーの次はジョコビッチとなる公算大。二人を敗れば優勝は見えてくる。上の山は1シードのナダルが欠場しており、圭が上の山におればとそんな意味で残念なのだ。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:25 | コメントをどうぞ

今日は久しぶりの仲間とシングルスを楽しむ

水曜日 曇り

今日は終日曇り空でうすら寒い。

昨日メールが届いていた。「再入会うれしいです明日10時から練習いかがですか」練習が途絶えてから1年はゆうにすぎていた。「体力衰えシングルスやる気力沸かず暫く休みでお願いします。・・」。それまでずっとシングルスの練習相手をして頂きぼくを応援してくれている一人だった。

10時からの約束だったが2人とも早くコートに来ていたので2番コートで早速練習をはじめた。久しぶりのシングルスはお互いに言い訳をしながらのなつかしい始まりだった。1回目はぼくが勝ち、2回目は完璧に負けていた。楽しんだ再会シングルスはドローで終わりめでたしめでたし。

今週の土曜日、県のシングルス大会がある。
まだサービスも思い切り打てる状況でなく練習相手をお願いした女性や仲間におたおたして不安はつのっていたが、サービスは少しずつ打てるようになっていた。今日の練習は、ぼくを思いやっての彼のメールだったのかなと思ったりもした。

大事に育てていたつもりのサボテンがどういうことか下部から折れ曲がっているのを見つけてびっくり、日差しの方へ傾いて行くことはあったが、それが折れ曲がるまで行くとはまさかのできごとであった。元の状態にして反対側に紐で引っ張ったが、修復する回復力はあるのだろうか。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:02 | コメントをどうぞ

ウイーンの大会 決勝 錦織 アンダーソンに屈す 

月曜日 晴れ

11月から再入会、今日から11月というので朝から出かけた。朝早くから練習している二人組に期待したがコートに姿は見えなかった。

Mさんにさそわれてレッスンコートでストローク30分余、それから昼までサービスの練習。壁で右手でのサービスの練習を8,9,10と三か月やって来た。筋力のない右腕、やりすぎると腕を痛めないかと心配しつつ、初心者はサービスが難しいに違いないと実感しながら、羽子板で羽を打つようなところから始めた。この齢、利き腕のサービスよしんば肩が回復しても元のようにはならないだろう。

右腕でのサービス、何とか3来年の月までに何とか打てるようにないたいという思いがある。羽子板打ちがある程度できるようになってから、利き腕の素振りをして、その軌道を参考にして右腕での素振りをくり返し、少しづつ羽子板打ちを卒業していった。
コートで何度か打ったことはあるが、本格的に練習するのはこれが初めて、強弱や距離感や方向性など不安定要素がいっぱいあるので安定するまでにはかなりの時間がかかると思う。

ウイーンの大会決勝戦は昨日行われたが、ぼくは見損じていた。今朝パソコンで確認すると「決勝戦 錦織9連敗の悪夢」とあった。対アンダーソン結果は36 67

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:20 | コメントをどうぞ