諦めかけたが食い付きウイナーへ

金曜日 曇り 晴れ 曇り

朝7時出かける。相鉄線に乗り横浜駅で乗換、JR根岸線で根岸で下車、駅前からバスで15分ほどで本牧公園テニスコートへ到着する。9時試合開始には、あまり余裕はなかった。
しばらく夏の日差しは遠のいていたのに、今日は朝から日差しがまぶしい。

セミファイナルの相手は独特のスライスを多用する選手でミスも多くて51までいったが、そこからもたもたして53、相手のペースになりかけて慌てたが、サービスを何とかキープして64で勝利したものの54になっていればと、思ったりもした。

少し時間を取って11時からファイナルを同じコートでやりましょう、と本部の女性は組合せ用紙を見つめながらつげた。短時間で終わったつもりだが、夏の日差しに汗は吹き出ていた。シャワー室で着替えていると数人の終えた選手がやってきた。ぼくの所属にくまもととあるので、はるばるくまもとからとの質問や選手の名前を尋ねられて、なごやかに話が盛り上がっていた。

11時過ぎに同じ3番コートに入る。ファイナルの相手は2シードの選手と思いきや、ノーマークの選手HR氏、あぶない選手だと思った、そしてその通りの展開が待っていた。

相手のサービスから始まり、当たりそこない等で運良く何となくブレーク、さい先いいぞと案ずるよりと思いながらコートチェンジしたがそれから4ゲーム連取されていた。

上手だった、こなれたテニスで相手の嫌なところへボールを打ってくる。甘いボールにはミスなく決めてきた。どうしょうもないと諦めの気持ちが浮かんでいた。

優勝して最後の望みをかけるつもりだったが、隠れた選手が関東にはごまんといそうな気がして、弱気になっている自分がいた。ワンセットマッチ、セカンドはない、ばん回の余地は見いだせない。このままいきそうだった。

コートチェンジする時、1 度も使わなかった三本目のラケットを握っていた。どうせ負けるならこのラケットにかけてみよう。ぼくの方から見えなかったスコアボードに目をやると25かなと思っていると14となっていた。

そこでぼくはサービスキープして24 ブレーク34、そしてキープして44と振り出しに戻り、そこでまたブレークして54。なんとぼくのサービングフォーマッチにたどりついていた。ぼくはいつもの練習のサービスをと考えて、平常心でいたつもり。相手は徹底的につないできた。さすがだと感心しているとストレートで落としていた。
55から互いにキープキープで66タイブレーク。

ここで52くらいでリードして勝利が近ずいたかに思えたが、相手の信じられないねばりと走りで気がつけば56と相手にマッチポイントが来ていた。

動揺したがそこをしのぎ66、コートチェンジして76とぼくにマッチがくるも77、そして87とまたもぼくにマッチポイントが来ていた。数回のラリーで浅いボールをネット際に落とすとベースライン近くにいた相手はボールに追いつくことができなかった。

スリーセットマッチにも感じた長い長い試合に終止符がうたれた。固い握手を交わし、お互いの健闘をたたえあった。遠方から来られているからとも言った。同じ年齢だと分かると又固い握手。まさに久しぶりの優勝、最後まで諦めないことをあらためて教わっていた。
彼は来週からの関西選手権にも出かけるという。

IMG_6143

・杉田祐一マスターズ初8強へ

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:43 | コメントをどうぞ

雨上り大会ようやく   錦織今期休場を発表 

木曜日 曇り 曇り 曇り

関東地方は八月くらいから雨模様が続いているという。月曜日に羽田空港に着いてからも同じ状況。火曜日の12時から初戦というので出かけた。確かに午前中は曇りでコートに着いてからも、何とか持ちそうだと安心していると、12時過ぎたころから降りだした小雨は止む気配なくてとうとう中止となってしまった。本降りの中、コロ付の大きなバッグにカバーを被せて傘をさして、ごろごろと引っ張りバス停に向かった。
水曜日は完全な傘マークの予報、中止だろうと電話をすると、まだ水の溜まっていないコートあるのでという。やる気なのだ、10時に間に合うように準備していると携帯が鳴る。中止の連絡だった。

今日木曜日は曇りで終始しそうな予報にほっとしていた。試合は短縮されてエイトゲームからノーアドのワンセット、ぼくの場合は今日が初戦で2回戦、火曜日午後降雨で中止となった試合はその続きからエイトゲーム。明日は同じくワンセットで準決勝と決勝を行うという。

今日から会場が異なった。横浜駅経由は同じで所要時間はほぼ同じだった。試合日程五日間で明日は最終日、それまでに何とか終わらせたい、主催者の苦労もわからぬでわない。

今日は勝たせてもらった。明日も楽しみながらがんばろう。

・錦織、年内全大会欠場と発表

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:52 | コメントをどうぞ

ズベレフ フェデラーをのりこえ優勝 ロジャーズカップ

月曜日 曇り

空港に行く前、録画を早回ししてズべレフvsフェデラーの決勝戦を確認して空港へ向かう。
ズベレフはストレートでフェデラーに勝利していた。

世代交代が訪れようとしている。全米でそれが鮮明に証明されそうな気がする。マレーが出てこず、ワウリンカ、ジョコビッチが怪我等で年内は休むという。それに伴うように若手が着実に育っていると思う。この変遷を見とどけていきたい。

全米プロゴルフ選手権最終日、そこには苦悩する松山がいた。メジャー大会での優勝を悲願としていたが、その壁、プレッシャーは世人の想像をはるかに越えていたのだ。目に涙。

羽田に着陸すると外は雨が降っていた。横浜駅まで京急電車で行き、西口からバスで試合会場まで下見に行く。駅前に見えるバスターミナルへは地上からは探索しても歩道は見当たらない。尋ねると地下からだという。エスカレータで地下へ降りるとそこはショッピングセンター、行先別に長い階段が沢山あるのだ。ローラ付きの重いバッグを引揚げるのはヤバイ、説明書きをよく見るとエレベーターが用意されていた。

一発で行先のターミナルへと上がることができていた。ビルの谷間をしばらく行くと15分程度で道路の交わった三ツ沢公園テニスコート近くのバス停にたどり着くことができた。ここしばらく雨曇りの予報が続いており、どうなることやら、明日は昼から初戦の2回戦だ。バス停からコートを確認できたので孫娘宅へ向かう。

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:23 | コメントをどうぞ

ロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール) ファイナルへ

日曜日 晴れ

世界陸上、ロジャーズ・カップ、ゴルフの全米プロに甲子園の高校野球とチャンネルを切り替えるのが忙しい日々が続く。
ロジャーズカップで若手のヒーローとおぼしき選手が現れた。準決勝で快進撃している二十歳のズベレスを苦しめたのは若干18歳、地元のデニス・シャポバロフ。デルポトロ、ナダルを破っての快進撃に注目がそそがれていた。

全米での活躍を注視したい。決勝の舞台に上がったのはフェデラーとズベレフ。ズベレフがフェデラーに負けた試合は見たことがある。確か芝生のコートだった気がする。若手の快進撃を止めるのはレゼンドフェデラーか、それともズベレフがリベンジして世代交代の礎となることが出来るか、注目の一戦が明朝放映がある。

ぼくは明日上京するので見ることはできない。両親が旅行に出かけるという孫娘の見張り番。調べると横浜ベテランFの大会が丁度あると分かりエントリーしていた。グレード最下位のFの大会だがぼくと同程度のランキングの選手が結構いる。このポイントが大事な選手が出ていると推測したがぼくもその一人。

横浜の大会には前もエントリーしたことがある。しかし体調不良でデフォしたくやしい思い出がある。今回はどうなるかな、楽しみながらがんばろう。

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:23 | コメントをどうぞ

モントリオール1000 圭、モンフィスに借りを返される

木曜日 晴れ

結果を知らされたモントリオール(1000)の大会、 錦織vsモンフィス戦を夜テレビで見る。今まで大接戦を錦織が最後の最後に勝利してきた記憶がある。

錦織が負けたとコートで仲間から知らされなかったら、この内容でなんで、圭が負けるはずはないと、仲間がぼくに勘違いして言ったのかなと思うくらい、圭の勝利の方程式のシーンは何度もあったのだ。

セットオールでのファイナルでもタイブレークで62とリード、ここで負けるはずはない、いや負けたんだとジトウジモンしながら見ていたらモンフィスの大逆転を許していた。

悔やまれる初戦敗退。前回準優勝していたというから、トップテン陥落も現実味を帯びてきたが、シード選手の敗退が続いているからどうなることやら。(アイパッドで)

大阪なおみ、ランキング1位プリスコバにセットオールに持ち込みファイナルで棄権したというが、着実に階段を上っている。

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:28 | コメントをどうぞ

ゴルフ 松山英樹 余裕の優勝

月曜日 台風一過 真夏の空に戻る

wowowで松山の米国での試合を見ていた数日前、終盤追い上げて首位に肉薄したが、今朝の新聞一面トップに「松山米ツアー5勝」大見出しでアップされていたのでびっくり。テレビ番組をチェックすると夕方NHKのBSでダイジェストを用意してくれていた。

それにしても世界のトッププレヤーと渡り合って、そしてこじ開けての優勝に拍手を送りたい。賞金ナンバーワンという、ランキングも1位じゃないかなー。

・20歳ズベレフ 今季4勝目
・錦織もお手上げ 「BIG4」の後は怪物ズベレフの時代が到来するのか
・錦織に激闘の末敗れたヤングが差別発言被害 ショックの波紋は世界に拡大
・松山の「なんてタッチだ!」な神技イーグルに大絶賛「ヒデキはNO1の座に相応しい」

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:22 | コメントをどうぞ

ズベレフに付け入るすきなし 

日曜日 曇り  台風五号九州をかすめて四国方面へ?

終日風強し、外に出てみると上空でごうごうと不気味な音が鳴り渡り台風の予兆を感ぜざるを得なかった。

シティ・オープン(500)はライブで朝からBSで中継されていると、おそまきながら分かった。朝八時からの相手はズベレフだった。勝っても負けても絵になる格好いい若手のズベレフには注視していたけれど、今まで錦織との対戦はないと知らされた。初戦なのだ。

急成長の二十歳のズベレフ、今年もう三勝を上げていると言うし、いつのまにかと言いたいが三勝もあげればランキング8位も不思議ではない。4位5位のところで頑張っていた圭、もたもたしている間にトップテンのギリギリのところに辛うじてとどまっている。

上げ潮のズベレフといまいちの圭だが、圭の意地が見たいとテレビの前に座っていた。だが前日のポール戦と同じように、若手の勢いに翻弄されていた。36 46で敗退。

ジョコビッチとワウリンカが全米も含め今季の試合に出ないという。フェデラーのように、不死鳥のように再起できるか、それとも若手の台頭著しい中で、流されてゆくのだろうか。

740x418_zverev

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint









カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:49 | コメントをどうぞ

圭 薄氷を履むが如し Best4へ シティオープン

土曜日 晴れ 曇り

迷走台風は九州に接近の気配あり。風強くなる。

シティオープン、クオーターファイナル。
圭は地元のランキング225位若干20歳のトミー、ポールに大苦戦。鋭いサービスに圭に勝るとも劣らないストロークで圭を震撼させ、ファースト36で落とすとセカンドもブレークを許す苦しい展開が続いた。終盤マッチポイントを取られて万事休すと思える場面もあったがなんとかしのいで45、ブレークして55、そしてタイブレーク、03と先行されてヤバイと思ったが勝利を意識したか決めきれずに66 10 8で圭はファイナルの扉をこじ開けていた。

九死に一生のセカンドを得た圭、ファイナルは今度は先にブレークして、それを守り抜き64でセミファイナルへと駒を進めた。

ポールを見ていて引退したビッグサーバーのロデックを思い出していた。再来をおもわせるような、手ごわい選手がアメリカに誕生するのか、今後を注視して行こう。

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint









カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:23 | コメントをどうぞ

シティ・オープン 三回戦で圭、デルポトロに勝利

金曜日晴れ

迷走する台風接近の影響で風が少し暑さをやわらげている。平々凡々の日々。一週間の早いこと、二週間の早いことひと月の早いこと、こうして年輪のスピードが速まっている。

錦織の試合があっていると知り、いつもの民放BSの番組をチェックすると今日の午後からあるのだ。ワシントンDCで行われていたシティ・オープン三回戦での対デルポトロ戦、願ってもないタイミングだった。
ハードコートに強いと言う圭はショットも動きも良くて、デルポトロを苦しめていた。64 75で圭は勝利していたが、セカンド出始めワンブレークしてそのまま行くのかと、席を外すと55になって何とか75で勝利したが、いつものつめの甘さを感じていた。

デルポトロは錦織圭と同世代だ。圭はプロデビューしての翌年の全米で、当時ランキング4位のフェレールと対戦して5セットの死闘をせいして勝利、喜びを爆発させた記憶も新しい。次はベスト8をかけてのデルポトロ戦だった。
勢いに乗ってライバルを破ってくれると期待したがストレートで敗れていてガッカリした記憶がある。
それからは圭はデルポトロの敵でなかった。彼はトップテンにいたに違いない。

そしてし翌年二十歳のデルポトロは、全米の決勝戦でフェデラーを破ってグランドスラム優勝者の金字塔を打ち立てたが、それから手首等を痛めて低迷すること久しい、ようやくテレビ画面に姿を見せはじめて間もないと思う。

幾とせの間に選手の浮き沈みを見続けてきたことか。

安倍首相が内閣改造して人心一新して8秒間頭をさげたこと、テレビのコメンテーターらはさすがに初めてのできごとと驚きは隠さなかったが、それを突っ込む人は少なかったに見えた。塩を送ったかに思えた。

総理大臣の権力をこの頃実感していたが、ほんとうに代わってほしいのは誰なのか分かっていないのは悲しい。身から出たさびです。

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint









カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:09 | コメントをどうぞ

灼熱の夏来たり    福岡県ベテラン又も惨敗

金曜日 晴れ

先週末の福岡ベテラン秋大会でM氏に今年三連敗を喫し、がっくりときていた。しばらく手もつかず休みたいと思っていたが、気を取り直してPCにむかっている。冷静になって思うに彼は実力者であり、ある面では当たり前のことなのだ。

気候がよくても勝てないのにあの炎天下では、努力していたつもりの足も息も上がり動かなくなっていたに違いない。
出だし3ゲーム取って、ようやく接戦に持ち込めるかと期待していたがそれから全部取られて36そして16のどうしょうもない結果に打ちのめされていた。少しでも苦しめるところまで行けばそれなりに納得したかもしれない。

優勝すれば全日本ベレラン予選の切符手に入るかもとエントリーしていたらM氏もそれを狙ってエントリーしていた。そうとは思いながらも、エントリーしていないならチャンスがあると、よしんばエントリーしていても、と考えていたが勝負の世界は甘くない。

水曜日、F氏と2回目の練習をした。暑かった。彼は夏の甲子園の終わった翌日から行われる関西選手権にエントリーしているという。体調は戻っていると感じ、健闘を期待している。ぼくも70歳の初め2回ほど夜行バスで行った思い出がある。もう炎天下の関西選手権に行くことはないだろう。

パンチ

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint









カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:32 | コメントをどうぞ