東レ大会 1シードウオズニアキ初戦敗退 ジョルジュに

木曜日 雨 雨

土砂降り道路が冠水、地下道も冠水とテレビ報道あり。

東レの2回戦を終日観戦。グランドスラムの試合は女子の放映は少ないし、あってもトップ選手の放映だけなので女子の選手をじっくり見る機会は少ない。東レパンパシフィック大会は女子の大会で、ほとんどを試合はを見せてくれるので、こんな選手もいてこんなに強いんだと感心させら手た選手が何人かいた。

その一人、ジョルジュも初めて見る選手。一回戦で土居美咲を完璧に封じていた。イタリアの26歳35位の選手。168cm54kのスリムな体から力強いなサービスとストロークで、すきあらば攻撃、なくても攻撃のテニスでこんなアグレッシブな選手を見るのも初めてだった。

彼女の2回戦は誰だと、ドローを見ると1シードのウオズニアキの初戦となっていた。これはヤバイ試合になると思っていたが、現実となって今日の東レの大会は終了していた。

ファースト、初戦でもあったか、練習していたとはいへコートや会場の雰囲気、相手のアグレッシブなテニスなどに、持ち味のねばりのテニスをくりだす前に、勝負をつけられていた。ファースト26で落すもセカンドになると世界ランキング2位、この大会の1シードのウオズニアキはさすがに黙ってはいなかった。ストロークに工夫をして相手のミスを誘い彼女のペースになっていた。
セカンド62でとりファイナルへ突入、ウオズニアキの流れは続きキープしてブレークして20とリードをして勝利の方程式になったかと思ったがすぐにブレークされ21 22 32。ファーストの勢いを取り戻していたジョルジュのショットはウオズニアキを追いつめ40ラブで33とキープして追いつき、勢いに乗って1540ブレークして34。35。ジョルジュのサービスフォーアマッチを迎えた。サービス二本でラブ30、打合いで2ポイントを取りゲームセット。東レ大会二連覇して乗り込んだ今大会1シードの栄光は初戦で無残に打ち砕かれていた。

さて三回戦、大坂なおみは準々決勝でストリコバには負けることは考えられない。30余歳のストリコバ、昨日のシングルスファイナルを戦い、あとダブルスも戦って勝利していた。
ジョルジュもアザレンカに負けることは考えられない。出産現役復帰してまだ本調子には程遠い気がする。とすれば準決勝でジョルジュと対戦することになるだろう、間違いなく。なおみとジョルジュの試合をぜひ見たい。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:04 | コメントをどうぞ

秋の気配あり敬老の日  東レ大会はじまる

火曜日 晴れ

秋の気配濃厚なれど日中はあつし。昨日は敬老の日、人ごとのように考えていたところ昼過ぎにピンポーンと音がする。玄関を開けようとすると、なんと夏休みに来ていた孫三人の笑顔がとび込んできたのでびっくり仰天していた。

何処かに遊びに行って、その気になったのだろうか、遠路やって来たのだ。そして夕方帰って行った。はやてのごとく。

東レの大会が東京立川で今日から開幕。昭和の森テニスコートへ試合に行くとき、立川で乗り換えたか、その近辺を通った記憶っがあり、すこし親近感あり。

昨日の一回戦WC出場していた土居と日比野は敗退。土居はイタリアのジョルジュ(26歳35位)キレのあるサービスとショットに完敗。

日比野はチビルコバ(29歳30位)にファースト16落とすも互角に打ち合ったセカンド75で取りファイナルへ。ブレークできそうで出来ず、逆にブレークされて、最後はサービスも落として36で敗退。

日比野菜緒は力強いサービスとショットを持っているが、良いところまで行ってなかなか勝てないでいる。ジャパンウイメンズの2回戦で1シードのジャン・シューアイにファースト46、セカンドはタイブレークまで行くが惜しくも67(4)で負けていた。

もし、チビルコバに勝っていれば大阪なおみと対戦が出来るはずだった。くやしかったに違いない。

本日、奈良くるみVSアザレンカ戦が行われた。セレナと同じく子供を産んでの再登場ときいた。ランキングは60台くらいのようだ。全米もそうそうに敗退していた記憶がある、30歳に近いベテランが近頃男女とも活躍しているので、奈良にとって厳しい試合だと予想しながら見ていた。ファーストは46で奈良が落としていた。セカンドは31でワンブレークしていた。期待したがすぐに返されて32 55と接戦に持ち込んだが健闘むなしく57で敗退。タイブレークに行くチャンスがあったが、アザレンカに踏ん張られてやられていた。

米国若手のトップ選手の一人昨年の全米覇者、ステーイブンがクロアチアのベキッチに敗退する。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:26 | コメントをどうぞ

ジャパンウイメンズテニス大会の決勝戦

日曜日 晴れ

午前中ハナミズキの枝を最終姿に切る。

広島で行われていたジャパンウイメンズテニス大会、雨で何度も中断していた。今日が単複の決勝戦だったが、優勝したシェイ・スーウェイは昨日準々決勝と準決勝行っていた。

台湾の32歳、ランキング40位。彼女のグランドスラムでの活躍にぼくは勇気づけられていた。左右両手打ちで、スライス、ドロップショットを駆使し、粘り強いショットでグランドスラム優勝者をほんろうしてやっつけたことを何度も見ている。一二年前初めて見たときは驚きを隠せなかった。こんなテニスであんな強い選手に通用するのだと、あっけにとられていた。ウエアーはじみーな格好で東南アジアの百姓の娘さんが、がんばっているんだと勝手に想像していたが、知らないだけで実績があり稼いでいる選手だったようだ。

彼女の決勝の相手はアメリカのアマンダ・アニシモア若干17歳の選手、予選を勝ち抜き本戦も順調に勝ち上がって決勝に駒を進めていたが、こんな大会の決勝戦は初めてと声を弾ませていた。

スーウェイは前回の対戦でひどい負け方をしていたらしく、弱気の会見をしていたが、きするものを秘めているようにもみえた。

ファースト、アニシモアに2ゲーム目にブレークチャンスが来るも、それを逸すると、スーウェイのペース、彼女の変幻自在なテニで、相手のリズムをおかしくしたのか、アニシモアは首をかしげながら、得意のストロークショットのミスが目立ち始めて自滅していた。62 62。32歳のスーウェイが将来性のある17歳を貫録で一蹴していた。

20180916hozumi

その前にダブルスの決勝戦が行われていた。・穂積組、加藤/二宮破りV

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:01 | コメントをどうぞ

全日本ベレランドロー発表あるもドロー数減の説明なし

土曜日 晴れ

9月も中旬の候となりにけり。まだ暑さは残るが眩しく感じる暑さは遠のいた。朝夕はぐんと涼しくなる。そういえばセプテンバーソングあったなーと頭をよぎった。メロデーは口ずさめた、月は流れ・・・とか出たがその後は分らない。セプテンバーノベンバーとかで終わっていたのかな。何となくの物悲しさを思わせる。

今年の全日本ベテランのドロー数、要項を見て驚いた。一部がぐんと減らされていたのだ。75歳は32→24 80歳は16→8 予選が2回戦から1回戦。変更した事情を要項に説明があれば親切なのに一切要項になかったのは残念。

ぼくは全く該当するランキングでなかったが、昨年の要項を念頭に入れて全日本出場を狙っていた選手はあまたいたはずだから。

さて、レッスンに出かけた木曜日、クラブハウス外の縁台で久しぶりの男性の横に座った。ドイツにでかけいると聞いていた人で会話をしたかった。高級なツーリング用の自転車で時々コートに乗って来ていたが、それを持っていくような話をいつか聞いたことを想い出していた。年に一二回長期にコートから消える。どこか旅をしているらしいのだ。ドイツには今回も出かけていたようなので目的を尋ねると、自転車で旅をするという。欧州は自転車専用の道が整備されているらしく、津々浦々まで行けるのだろう、テレビでそんな夫婦を取材した番組は見たことはある。自転車道のわきには適宜に宿泊設備もあるという。

今回はひと月滞在したと言うのでびっくりした。そんなに長く滞在できるのは旅慣れていないとできないし、彼の生き方に考えさせられた。残された人生をどう生きるか、それぞれがそれなりに考えているのだろうか。なるようにしかならない、ながらに生きているぼくがいる。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:26 | コメントをどうぞ

リハビリを兼て久しぶり熊壮会に参戦

金曜日 曇り 曇り

起きて外を見ると雨が降っている。これで今日の熊壮会は中止だなと、ほっとしていたが、いつもの中止の連絡がない。連絡員宅に電話すると本人は会場に向かいましたと言う。PCで雲の動きを見て納得し出かけた。運動公園CDコート。

松Bに陥落してから半年以上欠席していた。左片腕回復の兆しがあり、その度合いを確かめたくで出ることにした。まだサービスは本格的に打てないが、それでも何とか通用するのではと考えていたが厳しかった。
1試合目26で負け。
2試合目は16勝利。相手のペアーとこちらのペアーの影響は大きい。ぼくのアンダーサービスやゆるいサービスで、肝心のキープの確立がぐんと下がっているのが一番の弱点だった。
残りの2試合は4646で結果は1勝3敗、サービスが元のように打てれば、かなわぬことがよぎっていた。
しかし、久しぶり仲間と和気藹々に、楽しい時間を過ごすことが出来た。

 015.jpg-1

018.jpg-1

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:50 | コメントをどうぞ

ハナミズキ剪定 コートへ 大坂なおみ凱旋帰国一夜にして別人

木曜日 晴れ

今日はハナミズキを思いきって切った。上にのびようのびようとしているから、手が追えなくなるのだ。このよわいだ、切りすぎたくらいで丁度いいようだ。

残り7回のレッスンカードの三枚目を使う。ハナミズキの剪定、剪定といっても、径が4,5センチもある上の方にある枝を切るのは大変、小さな鋸がついている竿を目いっぱい伸ばしてゴシゴシと痛い肩に痛みを感じながら、根気強く腕の疲れを辛抱してがんばって切ったが、途中で終わりにした。残りは後日、時間は十二分にある。

シャワーを浴びてからクラブに電話、レッスンいつもの13時をお願いすると14時30分が空いていますと言うのでお願いした。

出かけてみると生徒はぼく一人というのでびっくり。何年か前同じような状況でシングルスみたいなことをやり、ふくらはぎを痛めた嫌な思い出が浮かんできた。

壁打ちでようよう生計を立てている身、一日千歩を目指しているが、二三か月まともにテニスはやっていないのだ。その辺だけを注意して90分、それなりの練習をさせてもらって終えることが出来た。クラブハウスで一息入れているとお姉さんから声がかかる。ぼくは休会中の身というのを知ってか知らずか、知っているはずなのに。でぼくは良いですよと返事。その時は明日の熊壮会のことは念頭になかった。レンタル7番コートでお姉さんたちにぼくはミックスで対戦するもたじたじと土俵際に追い詰められ、30分もかからず負けていた。60分のレンタルコート、まだ30分残っている。相手に勝ち逃げされ一人入れ替わり対戦するもみじめに敗退。疲れが残っただけで終わっていた。明日の熊壮会無事に終えるかどうか問題だ。

大坂なおみ凱旋帰国、朝4時半ごろ羽田に着いたらしいが、すごい人だかりだったとテレビは放映。9時半から記者会見。

来週から、らしいトーレの大会はどうなることやら?

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:17 | コメントをどうぞ

サザンカ剪定してコートへ なおみ効果でブーム再び

火曜日 晴れ

午前中山茶花の剪定、木が大きくなり毎年選定に一苦労している。1800の脚立を利用して倍の高さはあろうとする剪定は棄権が伴うが今年も何とか、こんなもんかで終えた。

2時からO氏がレンタルしておいてくれた7番コートでダブルスワンセットと残りをストロークの練習で終えた。試合なんか出れる状態ではないということ、確認する練習でもあった。

昨日は2回目のレッスンを受ける。レッスンの具合で、佐賀のグラスコートベテランをどうするか判断しようと思っていたが、きれいさっぱりとあきらめることにした。昨日が締切日、23時59分までにネットで申し込めばoKのはずだった。試合までは一月半はあるのでそれまでは、サービス打てるようになるかもしれないとか、淡い期待をしていたが、無理無理無理をするなという声が聞こえてきた。しかし、75歳代の仲間との最後の大会、そういう意味もあって、最後まで躊躇していたのだった。

大坂なおみのグランドスラム優勝で、錦織効果も下火になっているテニス界、めらめらと炎を上げて再び燃え上がらんか。

imageimage

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:05 | コメントをどうぞ

全米オープン 男子決勝戦 ジョコビッチに凱歌

月曜日 晴れ

今朝も携帯アラームで5時に起きる。ぼくはデルポトロ、ナダル戦を見てデルポトロがウイナーの可能性が高いと信じていた。

だが蓋が空き二人のテニスをじっくり観察すると、今のジョコビッチには誰もかなわないと思わずにはいられなかった。ジョコビッチは食物アレルギーで食事を改善している映像を随分前に見た。内容は忘れたがそこから立ち直って行った。そしていまや、ひじの故障から立ち直って全盛時代に近い活躍をしている。

身長188センチcmもありながら体重は75キロのスリムな体だから、あの守りのテニスとすきあらば攻撃に転じるテニスが生まれているのだ。そしてショットの精度の高さは一番だと言っても過言でない。デルポトロが得意のフォアの強打とサーブで決勝まで勝ち上がってきたが、ジョコにはそれが通用しなかった。

・ファースト 34でデルポトロのサービス、ジョコビッチは精度を上げ仕掛けてブレーク35。ジョコキープして36。

・セカンド デルポトロジュースを何度も繰り返して何とかキープ。10 11。ジョコブレークして12 13。客席の見たことのある盛りを過ぎた女性の映像に見覚えがあった。「クレイマー、クレイマー」ホフマンと共演したメリル・ストリープだと調べて分かった。デルポトロ何とかキープして23。ここでデルポトロの表情が変わっていた。このままではやられると必死の攻撃に転じて大喝采のブレーク33。43。

ジョコのサービス、8回のジュース3回のブレークチャンスをデルポトロは逸して44、20分近くも戦っていた。44 54 55 65 66でタイブレークに突入。「半分、青い」が始まりチャンネル切り替え、15分間ののち戻すとデルポトロは負けていてセットカウント02となって3セットに突入していた。

・三セット目 ジョコからのサービス、ジョコにブレークされていたようだ。デルポトロはブレークして23 33セカンドのような推移を踏んでいた。ジョコキープ34 ブレークして35そうして4030とジョコビッチはチャンピオンシップポイントを迎えてきちっと取りきって優勝した。あの動き、懐の深さ、何でも拾い捲ろうとする執念と実現、ナダルを追い落とすのは時間の問題となるだろう。

ベンチに座り込むとデルポトロは泣いていた。9年前若干21歳でフェデラーを破って優勝した思い出の全米、手首の故障を克服して、やっと二度目のチャンスが訪れていた。きするものがあったに違いない。

20180909 Juan Martin Del Potro v Novak Djokovic - Day 14

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:34 | コメントをどうぞ

大坂なおみ選手 全米グランドスラムでセレナを圧倒して初優勝

日曜日 雨

四時に携帯アラーム。テレビを入れると5時から全米女子決勝戦とあった。

試合の前にあんなセレモニーあるのは全米オープンだけのような気がした。選手は花束を手にし、後ろからバッグを持ったボールボーイが従う。これは外の大会にもあったなあ。その前には有名なボーカルが国歌を歌いあげ、コート一面が星条旗を携えた兵士によってゆっくりとおおわれてゆく。

ファースト、なおみの攻撃と守りでセレナは追いつめられていた。セレナのサービスで始まる。なおみは3ゲーム目にブレーク21、5ゲームにブレーク41 51 52 62でファーストを取る。

セレナはファースト落としても相手の球になれたセカンドからピッチを上げてファイナルに持ち込み、逃げきる試合を何度か見たことがある。準決勝キーズとの試合もファーストと62で取るもセカンドになるとキーズは調子を上げていた。なおみは1ゲーム目のブレークを守り、あとはキープキープで行くもブレークされそうな場面を何度も逃げ切り54、サービングセットを最後はサービスで止めを刺していたが、よくど耐えたとなおみの成長が窺える内容だった。

セカンドのセレナは獲物を狙うようになおみをにらみつけていた。12からサービスブレークされて13とセレナの流れに、キープされれば14、さすれば完全にセレナペース、ファイナル覚悟しなければならない。しかし、ここで踏ん張りなおみはブレークして23に戻す、セレナは陣営に救いの眼差しを向けていたが、いきなりラケットをコートに叩きつけていた。セレナの焦りが浮かび上がっていた。
ラケットは哀れにひん曲がり、助けを求めていた。こんなことをして良い結果を出した選手は思いだせない。なおみがぐんと優位になったとぼくは正直思った。

ベンチへ戻ると主審がアンパイヤ席から身を乗りだしてセレナに何かいっていた。コーチ陣からのアドバイスとラケット破損で1ポイントなおみが優位で試合が始まろうとしていた。なおみのサービスは15 00から始まるのだ。セレナは牙をむき出し抗議するも、あきらめた。なおみはサービスをなんなくキープして33。そしてブレークして43。セレナはベンチに戻ると主審をにらみつけて食い下がる。そこで暴言があったのだ。主審がマイクで何か言っていた。

コートポジションに付いた二人はそれが何を意味するか分からなかったのだ、スコアボードが43から53となおみにはタナボタで1ゲーム加算されていた。二人は慌てて主審のもとへ駆け寄った。主審は説明していたようだが、セレナはコーチ陣の方に首を向けて苦笑いしたが、苦笑いで済む問題ではないとセレナは気がついたのか、主審に噛みついていた。レフリーを呼んでくれと叫んでいたようだ。二人の男女があたふたと駆けつけてきた。セレナは目をつり上げ機関銃のようにまくし立てていた。レフリーは審判に事情を尋ねていたが、セレナの主張は空に終わったらしく強気から涙顔に変わっていた。最後にはルールなら従うわとかいったらしく、ベンチを後にした。

憮然としてポジションに付くが観衆のざわめきは収まらない。セレナは手を上げてそれを征して、試合は再開された。

53セレナはなんなくキープして54、興奮渦巻いていた満員の会場のセレナファンはほっとしたはず、そしてなおみのサービスアンドチャンピオンシップのゲームが始まった。

一ポイント目はセレナが取ったがあとはなおみが4015からサービスで決めて優勝した。

表彰式が始まるとなおみはブーイングに耐えかねてサンバイダーを深くかぶり涙を見せまいとしたが、大粒の涙は頬を伝わっていた。セレナはなおみは立派なチャンピオンです。もうブーイングは止めましょうと観衆に呼びかけると少し収まっていた。

司会者がなおみに質問を投げかけると、質問とは違う話があります。みんながセレナを応援していたことは分っています。こんな終わり方をしてすみません。そして隣にいたセレナにプレイしてくれてありがとうとお礼を言った。

異様な雰囲気のセレモニー、ちじこまって涙目で固まっていたなおみのスピーチに会場の雰囲気は祝福の雰囲気は変わっていった。ハイチの国旗を掲げ応援する集団が映し出された。父親の出身地、彼はライブで試合は見れないと会場には来ていないとなおみは言った。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:14 | コメントをどうぞ

全米オープン コートを去る圭の落胆の姿 察する・・・・・

土曜日 雨

曇りから強い雨が午後に降る。

朝からの男子シングルス準決勝残り二試合。

ナダル、デルポトロ戦はファースト壮烈な打ち合いでタイブレーク。デルポトロが取り、セカンドに入るとナダルが左ひざを気にし出して、テーピングをしてもらいコートに立つも、ファーストのようには動けなくなりセカンド26で落すと、棄権した。

次の錦織圭とジョコビッチ戦、36 46 26と良いところの見せ場もなくストレートで負けていた。なんでなんで、どうしどうしてと思う間に負けていた。データーを解析する専任コーチを雇ったというジョコビッチ、その辺も影響しているのだろうか、なにせミスが多いのでこれでは勝てるはずはないと感じた。

明日は大坂なおみとセレナの決勝戦が行われる。セレナもデーターを駆使して、なおみの弱点を研究していることだろう。あんかんとしていれば思うつぼになるかもしれない。

だけど、失うものは何もないのが大坂なおみの強みだ。キーズ戦のように戦えが、セレナをおたおた慌てるに違いない。

・スキアボーネ引退「新しい夢」

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 19:45 | コメントをどうぞ