2007年11月のアーカイブ

月曜日 雨

終日小雨。
この時期、中村藍子森田あゆみの左右ダブルハンドの二人が、日本のトップ選手で活躍しており、ダブルハンドを期待して注視していた。中村は日本での大きな大会で、フランスの同じく左右両手打ちのバルトリと決勝を戦い惜しくも敗れたが、あの試合で優勝していれば、大きく羽ばたいていたかもしれない。その時初めて見たバルトリ、世界にはこんな選手がいるのだと記憶に残った試合でもあった。

その後のバルトリの活躍はグランドスラムで決勝まで行き、そして二回目の決勝戦では優勝を飾っていた。
ものすごく努力研究していたのはテニスの内容の変遷で感じていた。サービスも変わっていたし、ショットとはライジングで一発か二発で決めるパターンを研究しているように見えた。とにかく攻撃的なテニスを持ち味としていた。

彼女は優勝を果すとのまもなく引退したが、自分の限度を理解していた気がする。今では全仏のコートでインタビュしている、変身しで着飾ったインタビューハは良く観察すると彼女だった。闘志むき出しの選手が、につかぬ笑顔を振りまいていたのに少しだけ拍子抜けしないでもなかった。

中村の後を引き継ぐかのように森田がグランドスラムに出るようになっていったが、ぼくの期待するところまではいかずに、いつのまにか消えて行った。怪我が原因だったようだ。

・2007年11月02日 孫のきりんちゃん
・2007年11月06日 Uさんの退院 & ローンコート説明会
・2007年11月14日 べテランJOPランキング速報(2007/11
・2007年11月17日 中村藍子の優勝
・2007年11月25日 高森田楽&さだまさしコンサート
・2007年11月26日 新年のご挨拶を
・2007年11月30日 娘と孫の幸せ

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:39 | コメントをどうぞ

2007年10月のアーカイブ

日曜日 曇り

今朝は9時半にOK氏と約束してコートに出かけた。一番コートでOM氏が二人で練習しておりぼくに気が付くと手を振った。二人だとコートに入りやすい。そんなわけで4試合ダブルスを楽しんだ。2勝2敗。ウイクデート違って上手な人が多くて練習になる。

・2007年10月01日 ブログを開いて
・2007年10月02日 両手うちの中村、森田選手
・2007年10月03日 全日本ローンコートベテランテニス選手権
・2007年10月11日 T氏に勝つ
・2007年10月15日 Uさんのお見舞いに
・2007年10月20日 地元新聞に
・2007年10月23日 アメリカからのメール
・2007年10月24日 もう一年過ぎたのか

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:35 | コメントをどうぞ

節目の齢にあたってこし方のブログを振り返ってみよう

金曜日 晴れ

今日は10時頃からハンズマン、ドンキ、さんさんの湯の売店に出かけた。売店には野菜類、根菜類が安く売られていた。温泉を覗くと温泉とトレーニング室込みで70歳以上550円とあった。温泉は宝の湯を遠のいてからしばらく行っていない。車で10分、宝の湯は20分かかっていた。寒くなったらここを考えよう。

昼飯を済ませて東バイパスのみやはらへ、干し柿用の柿はさんさんの売店にはもうなくて、みやはらには新しく入荷していた。3袋買って、コートへ行きいつものパターンの練習、右手のサービス、左右両手打ちは近頃グリップを替えての練習、すぐ上手なプロのマネをしたがるぼくの悪い癖です。

ブログは2007年初めて今年は2018年、三日坊主が三日坊主に終わらなかったのはそれなりの確かな事由がある。

・2007年09月06日 とまどいながらも
・2007年09月07日 福岡県ベテランテニス秋大会
・2007年09月08日 二回戦は
・2007年09月09日 ホームグランドは
・2007年09月10日 月曜日は
・2007年09月14日 JOPの実力

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:42 | コメントをどうぞ

つれづれのひび

木曜日 晴れ

午前中、暖かな日差しのある日は窓辺に座り本を読んだり、パソコンの前に座ったりして過ごし、昼からままチャリでコートへということを繰り返すこの頃。

肩のインナーマッスルを痛めてから、かぼそい腕が益々かぼそく、しわもびっくりするほど目についたりしてよわいをもあるのかなあと考えたりする。なにせ二の腕の筋肉が衰えているのは確かのようだ。

11月初めに行われた佐賀のグラスコート選手権には、肩の具合で出なかったが、80歳は成立せず、75歳の内容も例年に比べれば乏しかった。なぜだろう。

こんな時昔のブログを見るとなつかしく勇気づけられることがある。

2017年11月27日     2014.11月 アーカイブ 月曜日 晴れ 晴れ

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:26 | コメントをどうぞ

75歳代のJOPランキングを振り返る

月曜日 曇り

吊るし柿が柔らかくなって食べごろなった。あーちゃんはあまり干しあがる前にと冷蔵庫直し込んだ。種も少なくおいしかった。

JOPランキングを覗くと80余位となっている。これで来年は80に挑戦する、丁度いいのかもしれないと過去を振り返って思った。6年前からのランキングを調べてみて。

・2013年 74歳 104位

・2014年 75 7位

・2015年 76 38位

・2016年 77 58位

・2017年 78 58位

・2018年 79 80余位

来年が2014年に該当する。それ以上のランキングを目指したい。

九州場所、若干22歳の貴景勝の優勝はいろんな意味で勇気を与えてくれた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:40 | コメントをどうぞ

小さな「から揚げ屋」発見     日産リバイバルプラン

水曜日 曇り

瀕死状態の日産自動車をよみがえらせたゴーン会長が逮捕されたのはショックだった。ワンマンになると大や小を問わず、こんなことは起きるようだ。公認会計士らがいたのに、適切な意見具申ができなかったのだろう。

テニスコートへの往復、ままチャリに替えてから大きな道路を少し走ってから住宅街に右折して左右に何度も曲り車の通りの少ない道を斜めに目的地に向かっている。通うほどままチャリには安全で快適とわかる。

先日びっくりすることがあった。住宅街の人通りが少ない一角に普通の住宅の道に面したところを小さく改造して「から揚げ屋」のカンパンが突然上がったのだ。こんなところで大丈夫?

夏ごろ、家の近くの借家の一階のシャッターが開いて果物屋さんがオープンした。女性が一人二人でやっていて、何日間は珍しげに人影もあったが、気が付くとシャッターが閉ざされてもう開くことはなかった。

そんなことがなければよいがと、ぼくは帰り道立ち寄り2回から揚げをかった。見た目も普通のから揚げと異なりそしてやわらかくておいしかった。長続きしてほしいなあと思う。

IMG_20181122_0001

2000年1月31日  朝礼

さて皆さんカルロスゴーンという名前に記憶がありますか、日産自動車の再建請負人といえば思いだす人もいるでしょう。
カルロス・ゴーン氏は提携先のルノーから最高執行責任者として派遣されてきました。そして日産リバイバルプランが発表されたとき、その衝撃的な内容は 続きを読む

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:18 | コメントをどうぞ

11月 くま壮会

月曜日 曇り

11月例会は運動公園ABコートで行われた。参加者106名(男性75、女性31)で今月から松Bから松Aへとなんとか戻ることが出来た。結果は2勝2敗15人中13位、安心していると松Bへ陥落する可能性が含まれていた。
公園の紅葉は今が盛り、戻るとあーちゃんオカリナの練習している、邪魔をしないようにホームコートへ、熊壮会のおかげでコートは閑古鳥、軽くサービスでも練習しょうとコートに入ると、男女三人何かを言いながら近づいてきた。そしてコートの中へ、ぼくは叫んだ。断りもなく土足でふくめんしてコートに入らないでください。

・ツアーファイナル決勝戦、ズベレフVSジョコビッチ戦は深夜行われて、録画していたので朝飯をほうばりながら早送りで結果を知った。

ファースト64でズベレフ。サービス、ストロークが今大会で一番良い出来、ミスがなくジョコビッチに付け入るすきを与えなかった。セカンドはズベレフいきなりブレークを許すもすぐにブレーク11そしてそこで又もブレイク21、打ち合いのさなかジョコビッチは一瞬後ろ向きでしゃがみ込み疲れが見て取れた。その姿を見逃してはいなかったはず、キープして3132424353ジョコビッチのサービス、ズベレフブレイクして63で優勝していた。ベテランと若手、新旧交代を鮮明にする試合だったと、来年の今頃語られているかもしれない。

4 (four)

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:27 | コメントをどうぞ

ツアーファイナル 決勝戦はジョコビッチVS.ズベレフ

日曜日 曇り

今日もコートへ9時頃から出かけてみた。T氏のお付き合いのつもりでいたが、1試合終わって用事があるらしく帰って行ったのので、ぼくはその後に入り一試合楽しむ。それから2番コートでO氏らと一試合して帰り、一息入れて市長選挙に近くの小学校へ出かけた。
体育館で候補者の欄にマルイはんを押して投票箱へ、講堂から出ると運動場を一周しながら周囲を見渡して帰った。孫娘が小学校へ入学した時出かけてみた。校門からすぐ左へ行った教室の外に名前が張り出されていて、名前を捜していたこともなつかしい。1年生の運動会で写真を必死で映していた。子ども3人もこの小学校を卒業したのだが記憶がほとんど薄らいでいる。

ツアーファイナル、準決勝2試合
・フェデラーVSズベレフ 57 67で21歳の若者がフェデラーを力で倒した。

ジョコビッチVSアンダーソン 62 62 蛇ににらまれたカエルのよう金縛りにかかったように、圭との対戦のようにはいかなかった。

ツアーファイナル決勝戦はベテラン対若者となった。ベテランが若者をいなして勝つか、若者が力でベレランをねじ伏せることが出来るか? 結果次第で来年を占うことが出来るかもしれない。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:49 | コメントをどうぞ

錦織 ティームに敗退 フェデラー アンダーソンに怒りの勝利

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:25 | コメントをどうぞ

‘It Wasn’t My Day’圭0616の屈辱アンダーソン

水曜日 晴れ

秋も深まりつつあり、テニスに行くのに衣類の調整が難しい季節。今のぼくはままチャリでコートへ行く。あーちゃんが乗らなくなったと知り合いから譲り受けたままチャリ。あーちゃんもほとんど乗らず、空気は抜けて雨ざらしで朽ちつつあった。

年代物のままチャリだが作りはしっかりとしている。スポークはアルミで錆が目立つのはチェーンのカバーに錆が見えるだけ、カバーをはずして錆びていたチェーンに油をたっぷりとさしペダルの軽くして、タイヤの虫ゴムを取り替えて空気を入れるとパンクではなかった。夜のライトは駄目だと思っていたが、タイヤに接触させてこいでみるとまだ立派に機能していた。

前と後ろに大きながごがついていて、前には水とボールを入れて、後ろの籠にはリックが丁度入った。ぼくはリックを背負わずにすみ、代わりにペダルを3倍くらい早くこいで、ふらつくハンドルをコントロールして通いだしている。

ツアーファイナル、圭のアンダーソン戦。圭はどうした事かあまりにもミスが多かったね。いつもきまっていたストレートのショットはことごとくアウト。不調を象徴しているようなプレーだった。

ファースト06、普通セカンドになれば、球にも慣れて少しはむつれるのが普通なのに、セカンドも05から16の完敗。32歳のアンダーソンは会見で謙虚ながら闘志を表にだしていた。圭とは先だってのパリ大会で4646で負けてはいたが、その前の2大会では勝利していた。パリでの敗因を分析していたに違いない。

32歳ともなれば普通の選手はアップアップしながら転戦している選手があまたなのだが、アンダーソンはますます磨きがかかっているのだ。昨年全米でナダルに敗れ準優勝、今年ウインブルドンでジョコビッチ敗れ準決勝。今度こそと、ひそかに優勝を狙っているに違いない。

最後の望みはアンダーソンがフェデラーを破ってほしいと願うのみ、圭が決勝トーナメントに行ける人頼みの残された道。

大相撲、九州場所一人横綱稀勢の里、4連敗とは、今日から大相撲は見ないことにしている。胸が痛むのだ。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:55 | コメントをどうぞ