世界が注目錦織vs.ティーム戦

日曜日 晴れ

肩の具合はかなり良い、サービスの素振りで痛みはないがボールをヒットすると痛みがでそう。
昼からコートに出かけて壁打ち1時間、試合の誘いを断りながら軽く打ち続ける。サービスの練習は触るだけで強打は出来ずに終わる。

夜、フランス紙でトップ人気の試合が錦織VSチームだったとwowow画面でダバディー氏が新聞を広げて解説していた。

世界注目の対戦にわくわくしながら始まるのを待っていた。

片手バックハンド選手が近頃テレビに登場するようになった。強い選手が増えたということ。チームもその一人、音楽の都という印象のあるオーストリアの選手、最初はオーストラリアの選手かと思った。

全てがフルショットと思えるくらいガンガンと強烈スピンボールをガンガンと打ち込んでくる。サービスも同じく。
そして錦織はそれに対応できなくて16 06と期待したテニスファンを裏切る内容で展開していた。シモンとのあのストロークはどこへ行ったのか、シモンも厳しいボールを打っていたと思っていたから、打ち合いでは負けないであろうと過信していたが、上には上がいたのだと思うしかなかった。

ぼくはソファーでずり落ちそうな姿勢で眠りかかって見ていた。半分寝ていたに違いない。3セット目は接戦で進んでいるのを確認していたが、ストレート負けには違いあるまい、気が付くと試合は終わり解説者が圭をかばうコメントをしていた。

結果をヤフーで調べると75 46と中盤以降は頑張ったスコアーで少しだけ救われていた。日本選手は二週目を待たずにシングルスは消え去っていた。

月曜日 晴れ

朝練は三人、いつもの二人は開門時には到着しているようす。ぼくは少し遅れれ到着。

こんな感じで試合になるのかという内容のストークが何とかできた。隣のコート一人サービスの練習してみたが、痛みを避けて振る為か威力なし。サービスを受けてもらってストロークの練習を少しして引き上げた。

お姉さんたちとダブルスワンセット、危なかった、明日は試合なので自信付けさせてとお願いしていたので、何とか勝たせてもらっていた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:02 | コメントをどうぞ

九州選手権を考える

土曜日 晴れ

5時に眼が覚めた。朝起きの練習、来週火曜日の1回戦は9時半NB、勝てば翌日NB9時となっていた。6時の高速バスに乗るには余裕を持って1時間前におきようと思う。

しかし床の中でいろんなことがよぎっていた。昨日の朝練ですっかり自信を失くす。先週のFK氏らとのシングルスでは弱いなりに何とか打てていたサービス、昨日のちょっとした練習に痛みを恐れていた。
ストロークの練習でも手首が痛くなったり、肩が回転するとき痛くて強く打てず、最後の砦だと思っていた鍼治療も効果は現れてなかった。

棄権するという選択も、ふと思い浮かんだ。チャンスのあるドローだと思い詰め過ぎた自分がいた。半年前から、そのうちその内と完治しそうで完治しないのだ。そう思いついたら楽になった。

昨日朝練が終わってからたぐち整形に車を走らせていた。ようやく到着すると今日は1時30分で受付終わりですと言う。診察カードをチェックすると土曜日も開業していた。8時半より受付とある。
今朝8時に出て8時半少し前に着くと駐車場はほぼ満車、玄関先には人影、受付まで並んでいた。ほぼ30人余人。二時間弱待って通された診察室、二言三言、エコーを見ながら注射して終わり、五分かかっただろうか。忙しいのはわかってるけど、、、。

痛い方にぐっと動かして見たのだが痛みは一瞬にして消えていた。嘘のように痛みはなくなり、クリニックを後にして、時間がたつにつれて、違和感は少しずつ復活していた。しかし緩和されているには間違いなかった。

月曜日朝練が出来れば、その時結論をだそう。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:53 | コメントをどうぞ

全仏3回戦 なおみ敗れて圭一人となる

金曜日曇り

朝練参加するもストローク、サービスまともに打てず、おまけに手首もおかしい。昨日たまらず鍼灸に行ったがはかばかしくなし、ペットボトルにお湯を入れて患部を温めると効果があると鍼師が教えてくれたので、戻るとホッカイロを肩に張り付けて過ごす。

全仏三回戦、大坂なおみvs.宿敵キーズ(米)戦。ファースト、なおみは相手の正確なストロークに対応できずに16で落としていた。知る限りキーズとは確か三回目の対戦、1回目は九分九厘勝ったと思えしが逆転を許して泣いていた。2回目も負けていたと思う。そして3回目の対戦のはず。

セカンドも序盤にブレークされて、力の差を感ぜざるを得ないと思っていたが終盤ブレークして互角の戦いに持ち込めていた。44となって流れが変わるかと膝を乗りだしていたがサービスキープできず45、ほぼ諦めていると、何とキーズのサービングセットをブレークしてタイブレークへと持ち込んだ。ファイナルへの道開くブレークだったのだとよぎる。
タイブレークは勢いに乗って出だしはリードで進み、行けるかと願ったが後半追いつかれ追い越されてダブルフォールトで幕となった。

セカンドはミスのなかったキーズにミスが出始めたのはなぜ、疲れ、それともなおみのボールの威力があったのかはわからない。タイブレークの終盤キーズの正確なショットが戻ったいて、それに対応できずキャリアの差を感じていた。キーズのコーチ、元女子テニスを牛耳るダベンポートが見守っていた。16 67(79)。ベスト16には届かなかった。

6def60769495e4dc93f392468c98ac2803319156_20180601_rg_ng_0483_web

錦織VS.シモン戦。63 61 63。シモンと打ち合いストローク差を見せつけていた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:56 | コメントをどうぞ

全仏2回戦 圭地元のペールに土をつける

木曜日 雨 曇り

深夜1時30分頃ようやく決着がついていた、錦織vs.ペール戦。遅れて10時過ぎに始まった因縁の戦いに注目が集まっていた。

2015年全米で負けジャパンオープンでも負けていた。同じフランスの選手ツオンガなどに比較するとニヒルな雰囲気でガンガンと攻めてくる。特にバックは独特のスイングの強打をほこる。うかつに甘いボールがバックに行くと大変な目にあう。

怪我からの復帰戦、戦歴を重ねて徐々に上向き、モナコのモンテカルロ1000では並み居る強豪を下してナダルとの決勝戦、王者には負けはしたが強くなっている姿を確認して楽しみにしていた。

問題は課題の圭の5セットに耐える体力に不安は残るが全仏が試金石なると思う。

ファーストは無難に63で取り順調な船出だと胸をなで下ろしていたがセカンドからペールの猛攻が待っていた。26 46とセットカウント21となって、ペールは何時ものように乗りに乗っていた。どこからでも出てくるドロップショットが面白いように決まり、圭のセカンドサービスを一発で仕留めだして観衆は乗りにのる。

会場はフランスのパリ、決まれば両手で観衆あおるしぐに沸き立ちウエーブが始まったりして尋常の雰囲気ではなかった。ペールにおちょくられ、やりたい放題でやられたのだ。

4セット目、そんな雰囲気でも圭は冷静だった。ペールは同じペースで行けるだろうと安易に考えていたかもしれない。調子に乗り、圭の力を軽んじていたかもしれない。26で圭は取り、勝敗をファイナルへとつないだのだ。

ファイナル5セット目流れを持続して圭のリードで進んでいたが32でサービスをブレークされて33になると会場は興奮のるつぼとかしていた。

こんな時ペールが乗ったりするとサービス4本で決めたりする選手だが、ペールも圭から走らされて疲れが見て取れた。食い下がるペールにストロークの差を見せつけ、左右に振り回してブレークして43 53。54となりそうな場面をキープして64で取り、3回戦へと駒を進めた。

a3d6961e962df019000075788af0903e3a65e961_kei-nishikori

三回戦は又もフランスのシモンという。紳士然としたストローカプレーヤー、この試合も観衆をバックにしたシモン、だが最後には圭が勝つと信じる。二人は初対戦という、目が離せないど。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:19 | コメントをどうぞ

全仏二回戦 なおみVS.ディアス

水曜日 曇り

三日目の朝練、肩の具合はかばかしくなし。ストロークの練習をしていたら又も手首が痛くなって止めてハウスの軒下で休んでいた。手首のサポーターをはずして着替えている時、手首の痛みはサポーターの締め過ぎかもしないと、サポーターを緩めてサービスの練習を軽くすると、肩のいつもの痛みはあったが手首はなかった。やれやれと練習に戻ったが、肩はどうなるんだろうと考えた。

全仏二回戦、大坂なおみvs.ディアス 6475となおみがパワーで押し切ったがディアスも力を出し切ったと思われる内容だった。

DeCnq5JX0AIxKng

パワーヒッターのなおみ、ミスもあったがエースもここぞといわんばかりにあった。あれが今のなおみのテニスであろう、のにインタビューでもう少しやり方を変えれば楽に勝てたのにとか伊達は言っていたが、それは言うべきではなかろうと、思った。実績のある伊達と言えども二人のテニスは内容は全然異なるからだ。

対戦したディアス選手、昨年のジャパンウイメンズオープン決勝戦で加藤未唯を破って優勝していた。グランドスラムのダブルス活躍していた加藤未唯が予選から勝ち上がり目を離せず見入っていた。

伊達公子の引退試合の大会でもあって注目を集めたが、伊達は1ゲームも取れずに引退の印籠を渡されていた。そのとき強い選手がいるんだと感心していたのがアフガニスタンのディアス。奈良クルミも出場して大坂なおみを破りそして中国の選手に負けていた。今日のテレビからの情報でランキング30位台まで行った選手だと聞いて納得していた。

10時になるが錦織圭の試合が始まらないので、今日はここらで終わろうか。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:32 | コメントをどうぞ

全仏降雨 コートに傘を  

火曜日 曇り

今日で二日目、朝から三人でストロークを中心とした練習を昼ごろまでやる。ストロークの下手なのがようやく分った。今は肩が痛みサービスはまともにできないが、ストロークは何とか最小限に努めている。今日は利き腕の手首に痛が出た。きつく締めつけたけど、終わった後にまた痛んだ。

九州選手権で仲間65歳代の二人は明後日31日(木)から1ランドが始まる。ぼくは6.5日(火)に1ランド、肩にテーピングをして頑張るつもり。
昨日から肩サポートをしている。肩をアイシングしていると、自分は肩サポータをしていると言う仲間がいたので、さっそく取り寄せていた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:09 | コメントをどうぞ

全仏二日目残るは錦織と大坂なおみの二人⁇

月曜日曇り 雨

全仏、西岡vsベルダスコは錦織戦が終わってから録画して見る。西岡セット12から22と挽回してファイナルへ突入する。ベルダスコののハードヒットに31で終わる雰囲気だったが、22になるとベルダスコは疲労困憊のてい著しく、ファイナル西岡は3041とリードして逆転勝利かと、その粘り腰に感服して見ていると、そこから西岡の足に異変、治療受けるもかいふくには至らず、モタモタしていたベルダスコに勢いがでて55までねばったがそこまで、57とけんとう虚しく破れ去った。

朝からコートへ行き、いつも二人でガンガン打ち合っている仲間の仲間入りさせてもらった。ストロークの練習にしばらくお邪魔させてもらおう。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:19 | コメントをどうぞ

全仏 奈良敗れ 圭リードだが300位に苦戦

日曜日 晴れ

夕方6時からwowowで全仏でライブ、奈良vsストリコバ(チェコ32歳)613646。

ファースト、奈良はのびのびと成長したテニスを見せていた。相手はいらつきミスを重ねる。相相手のランキングは20台、90台の奈良の方が上に見えたファーストは61で奈良取る。

セカンドになるとストリコバは持ち味を発揮しだしたのか、ドロップやネットに出てポイントを重ねていく。ファイナルへ行くとヤバイと思っていたが、ワンブレークを返すことが出来ず36て落としてファイナルへ。先にワンブレークされる。奈良にも最大のブレークチャンスは訪れていたが、最後にはランキングの差を感じていた。46。

その後同じコートで錦織圭と推薦出場フランス22才304位のジヤンビエとが対戦する。
只今試合は進行中、ファースト76セカンド64。想像以上に手強い相手、強打と鋭いサービスに圭は苦戦を強いられている。3セット目22で進行している。64で錦織初戦突破。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:53 | コメントをどうぞ

全仏明日開幕  空港でのできごと

土曜日 雨 曇り 晴れ

明日から全仏がw0w0wで見られる。錦織圭は久しぶりの5セットの大会に臨んでコメントをしているようだ。一回戦は地元の推薦出場者、危険をはらんでいるが、そこを乗り越えれば、普段の圭に戻るのでは。

明日から2週間、とりあえず2週目まで頑張ってくれれば納得いくだろう。本人も見る方も。

今日は朝からしとしとの雨、沖縄は梅雨入りだとか。

空港着4時半というので迎えに行く。孫の最後の運動会、見に行けば良かったと出発の朝胸騒ぎ、テレビで紹介される東京の街並みを二人でとか頭にかすめたりしたが、遅すぎるとあきらめて過ごした1週間。

あーちゃんの知り合いが小ぶりの竹の子持ってきてくれて困惑、直ぐ料理しないとあくが溜まると言われて、知り合いに上げようかとか迷っていたが、パソコンのレピシて挑戦した。「おつまみ 土佐煮」が一週間の収穫の一つだった。

ニット帽にラフな格好で退出口で待っていたとき、ぼくに声をかけているらしい男性がいた、人違いかな周りを見るもぼくをみつめている。髪を染め中年のこんな人は知らないと思いながらも記憶をたどる。自分から名乗ったので思いだしていた。垢抜けした働き盛りの男に見えた。東京からの仕事の帰りらしい。

あれから10年近く、ぼくはすっかり変貌していると自負していたのに、あの人ごみの中でぼくを見出してくれたのには、胸の中に暖かいものが流れていた。

会社のバンドでも一緒にやった仲だった。おとなしげで物足りなさを少し感じていたが、すっかり成長した姿があった。彼らが頑張っているのなら会社も生き残って行くのだろう。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:02 | コメントをどうぞ

だだをこねてみたが・・さー大変   K氏とS 

金曜日 曇り 晴れ

昨日テニスから戻るとメールが入っていた。やっぱしK氏からだった。前回から二週間約束の週だったのだ。昨日F氏とやったばかりだが、絶対条件はないので断ることに躊躇していた。あいては期待していたに違いないからだ。ホームコートに電話するとレンタルコート午後に予約できた。

昨日戻るとソファーでぐったりしてそれからそこで仮眠した。疲れが取れにくくなっていると、よわいをおぼえるこのごろ。

でも朝になるとやるぞという気持ちに変わっていた。午前中は家の雑事と読書をして昼を早めに済ませてコートへ出かける。バック両手打ちの迷いとサービスの出来具合を確認したかったが、両方とも不満足しているとK氏がやって来た。

互角の出だしだったが中盤ブレークを許して36くらいで取られていた。セカンドは諦めていたぼくがリードで進み、54くらいでネットに近づいて来て腰などを痛めたと言う。そんなそぶりは全く見せなかったので、驚いたがホットしていた。体力勝をするとは思いもしなかった。時間があまっても2セット終わったら3セットやタイブレークはご法度ですよと、コートチェンジするごとに念を押してやっていたからだ。

二日間レンチャンでシングルスは出来そうだと確認が出来たのは良かった。九州選手権では3回戦の第一シードのところまでは行きたい。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:59 | コメントをどうぞ