カテゴリー別アーカイブ: 日記

久しぶりシングルスの練習 F氏と

水曜日 晴れ

梅雨明け宣言は?

先日の年齢別ダブルス大会の会場でF氏がめずらしく参加しており、挨拶を交わした。そのおりシングルスの練習をどうですかと提案があった。練習相手に困っているぼくには願ってもない話で二つ返事でお願いしていた。

その日が今日だった。ぼくのホームコートに誘って久しぶりのお手合わせだった。ぼくがJOPに挑戦始めたころ、あつかましくも電話してシングルスの練習をお願いしたら、快く了解してくれた。浜線のコートで二三かいお願いしたが、元デ杯選手、jopでも上位ランキングで活躍しており、練習相手にしては物足りなかったに違いない。

ここ二三年は体調を崩しながらも出場して成績は低迷していたが、ようやく回復しているようだ。ショットにキレがあり、練習をお願いした当時がよみがえっていた。オタオタしながらも久しぶり良い練習が出来た。よかった。

P1000222

P1000221.jpg-1

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint









カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:10 | コメントをどうぞ

ウイン男子決勝戦 チリッチの目に涙

月曜日 海の日とかで三連休最後の日晴れ 乙女座

三日間とも夏日、暑さに負けまいと毎日コートで頑張っていたら、あやうく脱水状態になりかけていた。くわばらくわばら。暑さに弱い体質はどうしょうもない。

ウインブルドンフィナーレの一つ、男子シングルス決勝が昨夜行われた。雌雄を決する大舞台、大接戦を期待していたがフェデラーのワンサイドで決着した。ガッカリした。足の豆だけのせいではないと思う。チリッチに勝つには積極的に攻めるしかないと会見で述べていたが、最後まで手を緩めずそれを実行していた。さすがフェデラー。

・不運チリッチ 涙の理由とは

・準Vチリッチ「全力尽くした」

男子は往年の名選手といわしめたく、世代の移り変わりを予感していたがとんでもはっぷん、ナダル、フェデラーが復活して時代をさかのぼろうとしているではないか、残り半年の戦いでその辺が鮮明になっていくかもしれない。注視して行こう。

b_cilic_1128_160717_jm

b_federer_1117_160717_jm

b_federer_1143_160717_bq

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint









カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:36 | コメントをどうぞ

ウイン 女子決勝戦 ビーナスvsムグルッサ

土曜日 晴れ

テレビの前でひと寝入りして目がさめると、ちょうどその時間になっていた。ビーナスサービスキープから始まった。ムグルッサも余裕のキープで11。大熱戦になりそうだ。ビーナスキープして21。

今回からムグルッサのコーチが変わっていた。前々回といかつい顔の男のコーチさだったが、今回は女性のコーチが座っていた。

ムグルッサブレークされる危機を乗り切り22。ビーナス三回ダブルフォールとするもキープ31。
ムグルッサキープ33。両者ともサービス好調ビーナス44からキープして54。ムグルッサ1540からなんとかキープ55。ムグルッサ長いラリーを制してブレーク56。アイパッドに打ち込みながら見ている。

ムグルッサ何とか粘りキープしてファーストものにする。57。

セカンド、ムグルッサポイントのサービスをチャレンジしてブレーク、01と先行、そして02。

またもブレークして03となる。必死の粘りのビーナスをふり切りキープ04。そしてまたもブレーキして05、ムグルッサのサービングセット訪れる。
40ラブから4030、ベースラインのボールをチャレンジして成功、06として優勝を飾った。

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint









カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:34 | コメントをどうぞ

シニアの年齢別ダブルス、飛び入り参加

13日木曜日 晴れ

梅雨末期久しぶりの晴天、新緑眩しい運動公園での大会に飛び入り参加。先日の豪雨で大会中止となったらしく先日携帯が鳴っていた。

不参加者が出たらしく、良かったらと言う。K壮会も中止、ぼくとしても悪くはなかった。シングルスの大会が近付くのに練習相手、実践相手にことかいていた。

パートナーはF氏と聞いて予感はしていた。
男子140歳代は8組参加、二つのグループに別れてそれぞれ3試合、1位どうしが対戦して優勝を決める。62 60 62くらいで1位となり、決勝戦は隣県からの参加者で、初めての人、けっこう上手だったが63で何とか逃げ切っていた。ジリジリと真夏を思させる日ざし、シングルスの炎天下を思っていた。

他に120歳のミックスD、女子130,140D,男子は140,150Dで行われて、参加チームは30組。

ウインブルドン、男子ベスト4はワンシードのマレーが負けたとBコートの会話の中で耳にして驚いた。その試合は戻って録画で確認、フェデラーはラオニッチに圧勝、ジョコビッチは途中リタイアーでベルディヒに、そしてチリッチとミュラーはミュラーがファーストを取ったところから、テレビの前で12時まで眠っていた。

ぼくの情報はそこまで、明朝耳をふさいでテレビの前に座ろう。

001

005

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 01:25 | コメントをどうぞ

全英 男子ベスト8 女子ベスト4出そろう

水曜日曇り 曇り

朝ドラ「ひよっこ」が終わると昨夜の録画をみる。コンタvsハレプ。6シード英国ナンバーワンと思えしコンタが記憶に残ったのは今年の全豪2回戦で大阪なおみと対戦した時、その丁寧なテニスがすごく印象に残り注視していた。2シードのハレプは今年の全仏ファイナルで悲願のグランドスラム優勝あと一歩まで行ったのに、若干はたちのオスタペンコの負け元のテニスに最後にはあたりまくられ、涙をのんでいた。

地元のコンタには強い見方が会場に溢れはしたが、テニスに一段と磨きが窺えた。ファーストは67(2)で落とすもセカンドは又もタイブレークで76(5)で取りファイナルへと突入、だんだんとストロークがハレプを上回り始め、じりじりとハレプは追いめファイナル64で取ったコンタに凱歌があがっていた。

次に注目したムグルッサvsクズネッソバ。7シードのクズネッソバは三十路にあると思えしが頑張っている。14シードのムグルッサは二十歳の頃グランドスラムでウイナーとなり、その後しばらく期待に反したが、今回ウインでの試合を見て、そのストローク等が優勝したときの再現に思えた。23歳という。一番いい年代かもしれない。

強烈なサーブストロークで一方的に63 64で押し切っていた。

003

005.jpg-1

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint









カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:00 | コメントをどうぞ

ウイン エイト決めから名勝負あり

火曜日 曇り

昨日の録画を見ているとムグルッサVSケルバーがセカンドから戦っていた。
ファースト落としていたムグルッサであったがショットは昨年の全仏優勝を思わせて膝をのりだして見入っていた。

昨年の全仏セレナを破ってグランドスラム初優勝を飾って、ぼくは期待をしていたが、その後は低迷、あのすばらしいショットは影を潜めて早々とコートを去っていたように記憶するのだが、今回は違っていた。

セカンドを取りファイナルも攻めまくって、粘りのムグルッサは46 64 64でNO1ケルバーを突き放した。

b_muguruza_1019_100717_jm

b_kerber_1018_100717_jm

ナダルvsミュラー戦、ナダル負けることはあるまいと思っていら、負けたらしいのだ。画面ではファイナルセットが行われていた。ミュラーが2セット先行してナダルが2セットばん回、ファイナルセット5セット目が行われていた。互いにキープして66まで行く、タイブレークになると思っていると、そのまま進んでいる。ファイナルセットからはタイブレークなしなんだと気が付いた。従来の2セット連取しなければえんえんと続く。
彼らの試合も5時間近く続いて63 64 36 46 15 13で予想もしなかったミュラーが勝利していた。

b_muller_595_100717_bs

b_muller_1232_100717_bs

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint









カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:09 | コメントをどうぞ

日本勢は姿を消し、色あせたウインブルドン

土曜日雨 雨 曇り 曇り 晴れ 晴れ

一昨夜、二回戦の杉田vsマナリノ戦、杉田セット21とリードして、4セット目マナリノは如何にも体力の限界と言わんばかりにコートにねっころがったり滑って転んだりしていた。ボールボーイに接触して審判からおしかりを受けてフィフテーンのペナルティを受けたりして腐っていたが、自分のテニスは見失わず接戦の末タイブレークになった。そこで、豪雨のためにテレビが映らず、映りだしたら5セット目が始まっていた。タイブレークを落したらしい杉田の様子がおかしくミスを連発、マナリノはそれを見逃さずもっと丁寧につないで杉田を左右に振っていた。

5セット戦うのは初めてであろうと思われる杉田は、3セットマッチであれば今回も勝利していたところだ。が5セットマッチを戦う厳しさを噛みしめたことだろう。26で落してマナリノにアンタルヤオープンのリベンジを食らっていた。16 75 64 67(2) 26

その景色が錦織vsバウディスタアグー戦にも感じられた。

ファースト46で落してセカンドのタイブレークを67(3)と落したのが痛かった。アグーには勢いが感じられたが圭にはそれがなかった。マシーンのようなアグーのショットを何とか打ち返すのが精一杯の場面が多く見られた。次のセットを何とかもぎ取りセットカウント12。アグーは滑って転んだり、浅いボールを追いかけて転んだりしてダメージを受けたように見せかけたが、再生画面をよく見るとしっかりと受け身が出来ていた。うれしがらせただけで終わって板。

後のない4セット目に先にブレークして「よし」と思ったがすぐにブレークを許して、終盤にもブレークされてサービングフォーセットでアグーは雄叫びを上げていた。
46 67(3) 63 36

b_agut_1404_070717_bq

b_nishikori_1403_070717_bq

唯一残された三回戦の期待を背負った大阪なおみVSビーナス戦、ナンバーワンコートで百戦錬磨のビーナスに挑んだ堂々のなおみに場内の注目がそそがれていた。サービスエースや強打でビーナスを追いつめてターブレーク。そこでも30とリードして期待を持たせたが、それからのビーナスの反撃になすすべもなかった。67(3) 36

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint









カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:55 | コメントをどうぞ

ウイン 圭 バウデスタアグートに苦戦中 そして 完敗

金曜日 雨

錦織圭vsバウデスタアグート戦、危険な対戦だと思っていたら、その通りになってしまって残念無念。今までの対戦では圭が有利だったと記憶にある。しかしこのごろの圭の戦いぶりなどを勘案すれば、キチッとしたフォームで鋭いスイング、マシーンのような正確なショットを繰り出し、そして俊敏な動きでボールに食らいついて行く姿にアグートに感じていた。

ファースト46で落としセカンドはタイブレークまでなんとかたどり着くも37で落としてセットカウント02となった。ipadより

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:43 | コメントをどうぞ

ウイン 錦織圭、大阪なおみ二回戦勝ち抜く

木曜日 終日雨あめ

北九州に豪雨のつめ跡、惨状は悲惨そのもの、朝倉市のテレビの映像は熊本地震を思い起こした。

結局、錦織vsスタコースキー戦は64 67 61 76で圭の勝利。大阪なおみvsストロコバ、61 06 64の激戦でなおみ征する。

今夜のメインイベント、杉田祐一vsマナリノ戦が行なわれている。マナリノはトルコで行われた250の大会、杉田と決勝を戦った選手。ファースト、杉田は持ち味を生かせず、ミスを連発16で落とす。セカンドも前半は相手のペースで進んでいたが、後半で開き直ったかのように、思い切りに良いショットが決まりだして、逆転でセカンドを75取ると自分のテニスを取り戻して、続く3セットも64でものにした。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:38 | コメントをどうぞ

杉田祐一 聖地でグランドスラム初勝利

水曜日 曇り

昨日の全英の成績、日本勢は1勝3敗。相手はダブルスパートナーのクレイン選手だったそうです。76 63 60

夜9時から錦織vsスタコースキ戦が始まった。ファースト錦織が取るもセカンドはタイブレークを落としてセットカウント11、サンセットに突入している。スタコースキーは予選三回戦を勝ち抜き、3回戦目は伊藤竜馬選手にファイナル5セットを戦い抜いて本戦出場を果たしている。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:18 | コメントをどうぞ