カテゴリー別アーカイブ: 日記

孫らと南阿蘇で遊ぶ

火曜日 晴れ 晴れ 晴れ

台風15号九州を南から縦断するというが、今日は何とか夏日和で過ごせた。

南阿蘇へ行こうという。昨年も行ったけど、孫が4人揃ったのが違う。ぼくに似通ってきたおんぼろ車が久しぶりに役立った。何とか7人ぎゅうぎゅう詰めに詰め込んで9時に出発。阿蘇大橋などが阿蘇地震で崩落してから2年目。南阿蘇へ行く道は山越えの道以外は閉ざされて孤立していたが、必死の修復が行われたに違いない。阿蘇大橋の下方にあった隘路と思われていた道と橋が開通していた。ぼくたちはその年の3月、橋を渡ったところにあった小さな展望台に車を止めて、周囲を散策した。が、その面影は見当たらなかった。新らしい橋を作ろうとしているクレーンか、倒壊した橋の少し下に目についた。工事の傷跡が痛々しく、とどまるところもなく通り過ぎて行った。まずは白川水源へ、40分かかったな。今年は100円払って水源のもとに入る。ひしゃくに湧水を汲んで腹いっぱい二ハイ飲み干したが、いくらでも腹に収まりそうな気がした。

それから月まわり公園まで足をのばす。根子岳が真正面に眺望できて、景観熊本100選で1位に選ばれたのは納得いく。ロングホールを四つ五つ横に並べた広さ。中ほどに山羊を沢山囲っているくらいで、あとは何もない。いや!端っこにゴーカートがはしっていた。真夏の炎天下日影がない。奥まったところに木陰を見つけてまっしぐら、弁当を食べて孫等には、はい、ご自由に遊んでくださいと放った。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:10 | 1件のコメント

ロジャーズカップ ナダル貫録の優勝

月曜日 晴れ 晴れ

今日は昼からりりちゃんと長男が里帰り、孫四人久しぶりに再会して嬉しそうで賑やかになる。年長の孫娘もう一人集まれば孫全員だが、なかなかかなわない。夜散歩に出かけると夜空はすっきりと見えたので、もどるとみんなで屋上に行き、涼しい風の中、夜空を観察、流れ星一回見えただけ。昨日は八景水谷 水の科学館で遊ぶ。

眠れずに5時前起きてテレビの前に座ると、運よく5時からロジャーズカップの決勝戦が始まった。もしここでチチパスが優勝すれば世代交代の大きな節目になると期待していたが、ナダルはそれを許さなかった。インタビューでは警戒を隠さなかったがいざ蓋を開けてみれば、ファーストは62で一方的終わり期待を裏切っていた。ナダルの強烈なフォアーのスピンボールにミスを重ねてどうすることも出来なかった。今年になってからであろうか一度対戦して一個か二個のストレートでやられていたらしいのだ。

セカンドも先にブレークを許して進んでいたが、ナダルは準決勝で深夜に及びそしての決勝戦で疲れを隠せなかった。54とリードしてサービングフォーセットをナダルは迎えていたが、初めてブレークされて55そしてタイブレークに突入、接戦だったが終盤、チチパスはフォアーの決め球を2本ミスして万事休していた。6276でナダルウイナーとなる。1000の大会の優勝回数はナダルがナンバーワンで更新していた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:46 | コメントをどうぞ

ロジャーズカップでのチチパスは何者

日曜日 晴れ

チチパス、名前は聞いたことはあったが試合は見たことがない。1000の大会だからNHKのBSで放映するだろうと思って、番組表チェクしたが分らない。ズベレスをチチパスが破ったと耳にしたが観るのは諦めていた。

昨日、ユーチューブだと気が付き、ロジャーカップとリモコンのマイクに向かって、物申すと出て来た!ズベレスとチチパスの早送りの対戦、映像は悪いがもんくは言えない。ファーストはズベレスが取りセカンドもズベレスのペースで54、サービングセットの場面を逸すると混とんとし出してセカンドを落とし、そしてファイナルも落としていたズベレス。

朝方NHKBS、全米ゴルフでもと入れてみると、何とロジャーズカップを放映している、ファイナルの終盤アンダーソンが54でリードで、チチパスのサービス、アンダーソンにマッチポイントが来ていたがしぶとくねばり55からタイブレークとなり、終盤チチパスがマッチポイントをダブルフォールトして並ぶ。お互いにマッチポイントは来たが最後には若者に凱歌があがった。764667。

その後しばらくしてから放映されたナダルVSハチャノフ戦、ファーストはタイブレークまで行ったがセカンドはナダルのペースでストレートでナダルは決勝戦へ進んだ。

トップテンの選手四人(チーム、ジョコビッチ、ズベレス、アンダーソン)をごぼう抜きにしてチチパス決勝戦へ進みナダルと対戦する。19歳で明日の決勝戦が誕生日だという。ランキング27位、193センチ、83キロで母国はギリシャ。片手バックハンドで受けも攻撃も果敢にやって行く。明日のナンバーワンナダル戦が彼の将来を占う試金石となるに違いない。ニューゼネレーションが次々と誕生しているようだが、生き残るのは果して誰だろう。

2018 French Open - Previews

Citi Open- Day 7

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:30 | コメントをどうぞ

夏の夜空の大三角形 小学4年の星の勉強

晴れ  金曜日

暑い日々は続き甲子園では青春の戦いが行われている。あの真摯さには胸打たれる。

夏の夜空の大三角形、小学4年の孫娘の宿題に星の観察があり、それを家が屋でやることで早めに来ることが出来たらしい。屋上に上がると見えるだろうと思っていたが甘かった。街中よりかい離していると考えていたが、いろんな光が星の観察の邪魔をしていた。

子どもの頃、もらい風呂をして帰るとき夜空を見上げると満点の星が見えていた。ひしゃく星や天の川は手に取るように見えたが、屋上からはそれが見えなかった。たいがい目をこらして観ていたがだめ、天の川をまたいているらしい夏の大三角形の星は何となくあれかなという感じだった。一時間後の星の位置を観察するのだ。孫にはぼくらには見えない星が見えると言う。視力の差を実感していた。

疎遠になっているテニス仲間の訃報があった。還暦祝いを一緒にやった仲間では初めてのこと。一番最初にぼくがやってもらい最後に祝ったのはぼくと十歳違いの仲間だった。そう言えば十年間に7、8人の還暦祝いをやったことになる。

ぼくから二十年近い歳月が流れて大台は目前にある。謙虚に生きて行こう。よくなければ一切足り、求るありて万事窮す。

津川雅彦の訃報もあった。妻の朝丘雪路がなくなったとき、鼻にチュウブを入れてえらくやつれて記者会見していたのがつい先ごろのこと、あとを追ったということになる。

ぼくは津川のファンでもないが、彼がデビューするときの印象が鮮やかにあるのだ。北九州の戸畑にしばらくいたとき、街の中心部の真新しい図書館があり通っていた。置いてあった朝日か毎日かのグラビアを手にすると一面を使った津川の写真が載っていた。真新しいスーツを身につけた好青年が胸を張って遠くに目線があった。まぶしかった、ぼくはどうしょうもなく惨めだったに違いない。それが津川雅彦だった。直後に日活で活躍、石原裕次郎には先を越されたが兄の長門祐二と共に活躍をした。好き勝手なことをしてつらぬいた生涯だったに違いない。

それ以来訪れていない戸畑の街は大変貌しているだろうきっと。まだ空き地が目につき、図書館のすぐ側には古ぼけたテニスコートが1面、中年のおっさんが硬式テニスを遊んでいて、うらやましく通り過ごしていた遠い昔の思い出。戸畑の提灯山笠の祭は今も続いている。あれからいく歳月が流れたのだろう。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:38 | 2件のコメント

夏の甲子園 東海大星翔念願果せず初戦敗退

水曜日 晴れ

猛暑は継続している。夏の甲子園、地元東海大星翔の35年ぶりとかいう初戦突破を期待して今日を楽しみにしていた。3回まで31とリードしていて、念願果せるかと思ったが4回の満塁ホームラン、3点と1点のホームラン、計3本のホームランで8点とホームランでやられ3対9で大垣日大に敗れて甲子園を去る。

ロジャーズカップ(カナダATP1000)は初戦が行われていて、日本勢は錦織をはじめ西岡、杉田と敗れ去っていた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:41 | コメントをどうぞ

シティ・オープン ズベレス二連覇達成

月曜日 晴れ

猛暑酷暑は続く中甲子園は昨日幕開けして熱戦が続いている。本日の最終試合、一番北からの出場校旭川大は九回裏に追いついて4対4で延長戦になる。今大会初めての延長戦、旭川にチャンスがあると思ったが結果を見ると佐久長聖が逃げ切っていた。いい試合だった。

21歳のズベレス一段と成長している。2メータ近い長身から鞭打つようなサービス、ストロークに一段と磨きがかかっている。決勝戦ではオーストラリアのこれもまた伸び盛りの19歳をストレートで下していた。

孫三姉妹遊びに来る。4年生の星の観察に付き合うがちんぷんかんぷんで大変だ。ここでは星は良く見えないのだ。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:50 | コメントをどうぞ

シティ・オープン(500)準々決勝ズベレスに苦杯

土曜日 曇り 晴れ

八月になって四日目、晴が続いて日本列島は鉄板焼きの状況。日大に続いてボクシング界にも波及、偉い人には忖度しくまる。それが日常茶飯事なんだけど行きすぎると、尊大になり天下を取った気分になりがち。日本をつかさどる処が、見本を見せているからいたしかたなし、表に出たものは氷山の一角にすぎないに違いない。

因果応報は忘れたころにやってくるから、人生慢心しないことだ。

ワシントンDCで開催中のシティ・オープン(500)錦織圭は7シードで出場して

・2回戦から。そこで一回戦で復活をはかるワウリンカを激戦の上勝ち上がってきたというアメリカのヤングにストレート勝ち、ワウリンカ戦でのダメージを感じる内容。

・3回戦はカナダ19歳のシャポバロフ、圭は1敗していたがデビューそうそうの彼に勢いがあったとき、いまは一進一退と感じる。ファーストはタイブレークで圭が取りセカンドは63でリベンジを果す。圭は手首の治療で復活してからサービスを変えていた。一歩足を引いていたのをフェデラーのようにベースラインから両足を屈伸して打っていた。サービスでもボールを一球一球ボールボーイから受け取りサービスしている。

・準々決勝は1シード、ランキング3位のA・ズベレスだった。ズベレスとは1勝1敗とぼくの記憶にある。最初に対戦した時、ストレートで一方的に敗れていた。若手の旗頭と思えしズベレスには勢いがあった。シャポバロフと同じように。2回目の対戦はモンテカルロ(モナコ)オープン、赤土のコートは、風光明媚な海岸の風景を眼下に納めていた。1000の大会優勝のない圭が復帰後準決勝のコートに立っていたのだ。ズベレフは自信満々に見たし、圭も眩しく感じていたに違いない。ファースト36で落すもセカンドはセカンドは63で取り勝敗はファイナルに持ち越されて、圭は64でリベンジを果していた。

1勝1敗の二人だが、お互いに意地があっただろう。圭のサービス、ストロークは安定していたが、ズベレフもランキング3位の力をいかんなく発揮して好試合が展開された。ストロークと動きは圭がまさっておりワンブレーク63で圭、セカンドはズベレスがギアを上げたのか、圭の動きがファーストより劣り16で落すとファイナルも相手のペース、ツーブレイクを許しそれまでと思えたが最後の抵抗して25からワンブレークして35簡単にキープして45と迫ったが、ズベレスはサービングフォーセットをきっちりと決めて46でとどめを刺した。

photo
 

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 12:26 | コメントをどうぞ

ぼくのハイライト東北ベテランテニス選手権

火曜日 曇り 晴れ 雨

台風は本州のどてっぱらに直撃かと思えしが三重に上陸して中国地方へと南下の迷走に異変を感じるが九州を駆け下ったかと思うとそこでウロウロ、火星の影響か?

JOPの大会は今から秋口まで目白押し用意されているが、エントリー済ませておかなければ今ではもう間に合わない。1,2年前まではベテラン全日本に出るにはどうすべきか、六月くらいから頭をめぐらしていたが、今年は左腕肩を痛めて夢も消えかかっている。左肩重症だ、サービスは無理かもしれない。

多分夢で終わりそうだ。10余年頑張って来ての終末が訪れてきている気がする。そんな弱気な自分が入る。

かねと暇があるとすれば、なくても気概のあるものは挑戦するだろうし、している人たちもあまたいる。今のぼくは、もろもろの大会のドローをパソコンで覗き選手の活躍をうらやむしかない。

JOP-TENNIS.COMを開けば大会情報も載っている。開催期間中の大会、まもなく開催の大会、最近終了した大会等。まもなくの大会を開くと東北ベテランテニス選手権が目についた。なつかしさのあまり開いてみるとびっくり、現ランキング1,2位の選手が1シード2シードのドローが目に入ったからだ。ぼくは75歳になる年に挑戦していた。あの辺ぴなところへなぜかぼくは行ったのだ。ブログを振り返ればわかるかもしれない。

・2014年08月02日 全日本ベテランに向け 夏の陣はじまる
・2014年08月06日 喜怒哀楽の終日(東北ベテラン)
・2014年08月07日 山形の昨日と今日
・2014年08月08日 新たな出会いそして(東北ベテラン)
・2014年08月09日 ついにその日が
・2014年08月10日 台風に向かっての帰還
・2014年08月11日 東北ベテランを終えて

東北ベテランテニス選手権大会の優勝がぼくのJOP挑戦のハイライトなる気がする。東北は交通アクセスが不便なのかそんなに強い選手はエントリーしていないというイメージがあった。実際会場に行って試合をして思うことが多々あった。そんなこともあって強い選手は来ないのかなと思ったりもした。

ぼくのときは1シードは9位2シードは10位、だった。30位くらいだったぼくは4シードとなっていた。今年は34ドローで強い選手が沢山エントリーしていたのだ。

グレイドCの大会で優勝するには、ぼくの実力では無理だと理解していた。それが幸運に恵まれて優勝してしまったのだ。8月の初旬だった。朝一番の高速バスで福岡空港へ行き、仙台行きの飛行機に搭乗、空の旅は快適だったことを覚えている。山形市行きの鈍行列車は山道の曲がった線路を警笛を鳴らし鳴らして突き進む。トンネルに入るとヘッドライトが点いているか不明、真っ暗闇を突き進んでいて怖かった。会場の運動公園を下見するため無人駅に降りたった。線路をまたぐ通路を引っ張り上げるコロ付バックの重かったこと。外は真夏の炎天下、タクシーに乗ればいいものを辛抱して歩きはじめた。上着を脱ぎズボンを脱ぎ日傘をさして歩く、遠かった。会場を確認してもう駅までは戻りたくないとバス停を捜した。近くのバス停で運よく運よくテニス仲間となるK氏と遭遇したのが一つ目の幸運だった。

山形市へ行く路線を熟知している彼に同行をお願いした。彼はぼくより一つ下でドロー上でぼくの名前を見ていたらしくぼくもそうだった。バスの中で会話していると分かり、親近感がわいていると、ホテルも同じという奇遇に、はるばるへんぴなところにやって来たという後悔は薄らいでいた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:52 | コメントをどうぞ

地元に震度4の地震 肩の状況一喜一憂どうなることか

水曜日 晴れ 晴れ

遅い朝食を一人で取っているとぐらっと床から椅子に来て身構えたが、一度だけで収まる。震度3くらいかと思ったが、テレビで益城、御船などで震度4とあった。熊本地震で一番の被害地区にまたかと思った。まさか忘れかけたころにやってくるのじゃあるまいに。

昨日いつもの夕、かごボールで練習、まずはワンバンドのボールを反対の手だけで打つ練習、数うちゃあたるで、力は入らないが打てるようになっている。両手で何球か打ってみると痛みを感じたのですぐにやめた。昨日まではマズマズだったのにと思いながら。お姉さんたちとダブルスを一回対戦して15となすすべもなく負けて戻る。

ソファーでうたた寝をしてからベットへ行き、上向きに寝ていると利き腕が痛み出した。今までとは違う痛みで耐えられず飛び起き、テレビをつけて、ユーチュブを呼び出し「肩が痛い」と叫ぶとズラリと出てきた。その一つにバスタオルなどを丸めて痛い肩の下に敷いて寝るといいと言うから、痛み止めを一個飲んで実行すると何とか朝を迎えることが出来た。

今日もいつものパターンで最後にミックスをやってもらったが56で負けていた。少しは良くなっていたと思えし肩、どうなっているか分からなくなっている。8月は休会するので左腕を観察しながら過ごして行こう。

IMG_20180718_0002
(アカデミーテニスクラブ時代のなつかしい写真)

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:23 | コメントをどうぞ

夏の甲子園 県代表 東海大星翔 関脇御嶽海優勝

日曜日 晴れ 晴れ 晴れ 晴れ

まさに猛暑、酷暑の日々、台風も去ってしまい風もなし、熱帯夜が続くのか。冷房の嫌いなぼくは特別なことががない限り、2階の寝室の窓を精一杯開けて寝る。それでもだめなら扇風機を軽く回してひと夏を過ごしている。さて、今年は?

夏の甲子園の県予選、決勝戦を昨日じっくりテレビ観戦した。東海大星翔VS熊本工業、2回、東海の左腕、利き腕に打球を受けた時は、投手交代かと思えるほど時間がかかった。次は俺だと言わんばかりに4名ほどピッチングの練習を始めたが、テーピングを施してマウンドに戻ってきたときは、長くは持たないだろう失敗策ではと見ていたが、後続を断ちチェンジして13。31とリードしたj久方ぶりだが実績のある熊工優位かと思った。

3回の表に4番のスリーラン等で4点を上げ35と逆転すると東海の投手は生き返っていた。監督の試合後の談話、利き腕に打球を受けてスイッチが入ったとあったが、まさにその通りで、1点差に追いつかれたが、すぐさま2点の差に戻して最後は64で東海大星翔は優勝をもぎ取っていた。35年ぶりの優勝とか、甲子園でまずは1勝を目指して頑張ってほしい。3,4番に強打者が入るし、左利きの癖のあるピッチャーが甲子園でどこまで通用するのか見てみた。

今は夕方コートへ出かけるので、相撲は見ていない。土曜日に関脇の御嶽海が優勝を決めていたが、二人の横綱が休場して栃ノ心が本命かなと推察していた。御嶽梅は御嶽山が噴火して大参事がおきていた頃のデビューだっと記憶している。地元の関取のはず追悼の意味においても頑張ってほしいと当時思っていたことを想い出していた。戦国時代の様相の大相撲、頑張ればだれでもチャンスはありそうだ。

何時も時間準備をしていると、突如すごい音が聞こえた。何の音かと身構えて見回すと雨音だと分かった。頼まれていたごとが現実に起きていたので、急いで二階へ駆け上がり窓を閉めた。

コートにたどり着くと外のコートは1面使っているだけ、3番コートでかごボールで練習して久しぶりのO氏のダブルス終わるのを待っていた。

もう最後ですと言っていた彼を激励して女子ダブルに挑戦、負けを覚悟していたが、案ずるよりであった。サービスを除けが少しだけ、よくなっているのかな?

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:45 | コメントをどうぞ