カテゴリー別アーカイブ: 日記

2018年8月 アーカイブ

土曜日 晴れ

昨日は隣県の義姉美容院へ二人で髪を切りに出かけた。もう車で行くことはほとんどない。博多の森への試合はバスのみ、だけど年一回は小さな郵便局を開いている従弟の様子をうかがうためと年賀状を手に入れるため、ぼくと同じ老いた車で出かける。今回は後ろで束ねているぼくの髪は持てあますほど伸びたていた。

夕食が合わるとあーちゃんがめずらしく腰が痛いと目の前で言う。こんなことはほとんどないので、ぼくも慌てた。ぼくの出来ること、あーちゃんがどこからか捜しだしてくれていた、温熱バイブレータを腰にあててしばらくしてやると楽になったと早々と床についた、初めてのこと。
ぼくも寝ようと思って携帯を手にするとメールが入っていた。娘からで振り込んでいますとあった。

・「今日は二人であやちゃんのところへ、髪切りに行きました。今気が付きました。ありがとうございました。あーちゃんは腰が痛いと寝てしまいました。伝えておきます。」
・「早めに伝えればayaちゃんにも渡せたのに、残念もうやだ〜 (悲しい顔) あーちゃん大丈夫かな。パパは今日は九大で明日一番に帰るそうです。」
・「九大とは福岡のことかな?あーちゃんのことは明朝メールします。miちゃんayaちゃんそれぞれ老いのみちを生きています。」
「そう、九大移転して遠くになっちゃったらしいから場所はどこかわからないけど。じいちゃんが一番老いてないのでは冷や汗 (顔) 元気だし」
・「かもしれない、今のところは。来年には八十になるから終活を意識して考えます。では、おやすみなさい。」
・「お片付けとかね決定 (OK)、はーい、おやすみなさい」
・「昨夜背中に温熱バイブレータしてやりましたが、今朝は元気です。歩こう会に行くとのこと。大丈夫のようです。」
・「よかったわーい (嬉しい顔)

雲仙は何度もゴルフなどで行ったことはあったが、その頃はまさかテニスで行くとは考えもしなかった。昔はそれなり権威のあったテニスコートだったかもしれないが、コートは5面くらいしかなかったし、全盛期の面影を追って何とか継続しているとしか思えなかった。2回行ったと思う。JOPのポインもつかないし、思ったほど魅力はなかった。熊谷杯と同じくここでも優勝のチャンスを逃して、ほんとうに情けなかった。

初めて参加した中国選手権は山口県の維新公園だった。顔見知りは誰もいなくて、孤独だったが駐車場で声をかけてくれたのがその後も親しくしていただいたX氏だった。2回戦は福岡で2回ほど負けていた選手で、手も足もでなくて負けていた。やるせなかった。

・2008年08月02日 セミ採り
・2008年08月04日 雲仙国際テニストーナメント
・2008年08月05日 体力負けで準優勝
・2008年08月06日 孫どうし初対面
・2008年08月08日 41回目T氏との対戦
・2008年08月11日 セミ捕りと川原遊び
・2008年08月20日 中国選手権65初戦勝利
・2008年08月21日 壁は厚し
・2008年08月25日 動画でチェック
・2008年08月26日 孫、泳ぎの練習
・2008年08月30日 バルトリ(フランス)4回戦へ


プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:19 | コメントをどうぞ

2008年7月のアーカイブと仲間のドイツ旅行報告

水曜日 曇り

昼からコートへ。女性を交えてでのダブルス3試合楽しむ。帰ろうとしていると、受け付けの女性が大きなビニール袋を差し出す、なんですかというと彼からだというので理解できた。取りだしてみると、ドイツ自転車旅行の報告がアルバム形式で繊細に写真を交えて分厚く作られているのに驚き見入っていた。
時々かっこいい自転車でコートに来ていたが、それを持って旅だったのだ。 6月の終わりから1カ月間ドイツ周辺の国を回っている。凄いの一言、何度も外国旅行をしているらしい。

さて、赤土の王者と言われていたナダル、ウインブルドンで芝の王者と言われていたフェデラーを破った記憶にのこる年だった。ぼくといえばナダルにあこがれて練習の日々だったが1回戦敗退ばかりが続いてもがいていた。
福岡ベレラン1回戦敗退、そしてはるか遠くまで車で出かけての徳島、四国選手権も1回戦で敗れてどんどこだった。

・2008年07月06日 ナダルに栄冠を
・2008年07月07日 決着の瞬間 白々と夜が明けていた(ウインブルドン)
・2008年07月09日 四国選手権エントリー
・2008年07月11日 今日も一回戦敗退(福岡ベテラン)
・2008年07月21日 かっちゃんの結婚
・2008年07月27日 K壮月例会(バンダナ教わる)
・2008年07月30日 四国選手権又も1回戦敗退

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:44 | コメントをどうぞ

TAKESHITAコーチの最後のレッスン

水曜日 曇り 晴れ 風強い

ホームコートの経営者が変わってから、大阪からコーチ陣らが派遣されてきている。その一人が16日でやめると張り紙が出されていた。噂によるとコーチ業をを止めて、全く違う仕事をするらしい、ということにも関心を集めているようであった。

先週2番コートで練習していたらコーチが辞めるので今日はレッスンに参加しますと、後から来たIK氏が言うので、どうどどうど行っていらっしゃいというと、レッスンのはじまる10時までお願いしますと言うのでストロークをしていると、気が変わったらしく、来週が最後のレッスンなので来週レッスンに、ということで二人で練習に精を出した。

彼がその気ならぼくもそのレッスンに付き合おうと、帰り際受付で空の有無を確認して申し込んでいた。今朝、レッスンが始まる10時ギリギリに受付に行くと様子がおかしい。彼は何時も空いているので朝来てから申し込んでいたようで、今朝にはもう空はなかったのだ。一緒に最後のレッスンを受けようと思っていただけに、拍子抜けしていた。
今日は2面を使って10名のレッスン生で満杯になっていたのだった。女性ファンが集ったのだ。
最後の90分、まじめな生徒になって、みんなと楽しんだ。

40過ぎから第二の人生、頑張ってほしい。まじめで熱心だからきっと道は開かれていくだろう。

009.jpg-2

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:34 | コメントをどうぞ

2018年6月 アーカイブ

火曜日 雨 終日小雨

早いものでもう12月半ばになろうとしている。今年は終活年賀状を出そう。もうそれなりのよわいになろうとしている。

さて、2008年の6月、九州選手権もさんざんだった。まだ雲をつかむ思いの2年目、両手打ちもぎくしゃくしていたが、T氏シングルスの練習を続けていたし、それなりに出来る、いや出来ているはずだと考えていたが、すべてにまだ甘かったのだ。九州毎日、九州選手権とも初戦敗退。仲間の応援をして試合の駆け引きなどを勉強しょうと考えていた時代だった。70歳代で仲間のFR氏は単で優勝して、KAT氏と組んだ複でも優勝していた。ぼくにとって二人はまさに高嶺の華と感じていた。仲間の女子選手も頑張っていたし、同県の選手は10名ほどエントリーしていた。はなれ離れになった孫娘の、突然のメールに応えてやれなかったのが、たまらなく悔しかった。

・2008年06月01日 S叔母さんの見舞い
・2008年06月02日 みなとみらいへ遊ぶ
・2008年06月13日 九州選手権もまた一回戦敗退(孫からの励ましのメールに・・・)
・2008年06月15日 九州テニス選手権 応援へ
・2008年06月16日 九州選手権が終わりうつろの状態
・2008年06月20日 ナダルモデルのシャツ 父の日
・2008年06月22日 快進撃の裏に秘めた復帰への覚悟

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:09 | コメントをどうぞ

2008年5月 アーカイブ

月曜日 曇り 晴れ

牟田口恵美は今はどうしているのだろうかと気になった。いつか宮崎の熊谷杯に行ったとき、プロの女子大会も行われていてドローに牟田口の名前を見つけて試合を観戦した記憶がある。単複出ていたが成績は芳しくなかった記憶がある。ネットで調べた。
ブログには「牟田口恵美 元プロテニスプレイヤー/現慶應義塾大学環境情報学部在学/テニス指導者/旅行/食事/料理
4歳からテニスを始め、ジュニア時代は2年間グランドスラムジュニアを中心として転戦、17歳にプロ転向。20歳に現役引退後、慶應義塾大学環境情報学部入学。卒業後も幅広くテニスに関わっていく。
このブログでは、大好きな旅行や食事の記録、そしてテニス活動について緩く楽しく記録する。」
14歳の牟田口が対戦したレベッカ・マリノは28歳になりランキング38位まで行き現在は190位でまだ現役のようだ。

・2008年05月02日 伊達公子、中村藍子を負かす
・2008年05月04日 一枚のはがき(永平寺)
・2008年05月06日 海を渡った小さなテニス選手・牟田口恵美
・2008年05月18日 今朝の地元の新聞、米村選手の記事
・2008年05月19日 関東選手権にエントリー
・2008年05月23日 おのぼりさんの初日
・2008年05月24日 孫の運動会と関東選手権テニス会場の下見
・2008年05月25日 楽しかった一日、ありがとう
・2008年05月26日 関東選手権65歳S初戦危うく
・2008年05月27日 元デ杯選手との対戦
・2008年05月28日 鎌倉ー北鎌倉散策
・2008年05月29日 元同僚の訃報

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:01 | コメントをどうぞ

2008年4月 アーカイブ

日曜日 曇り 晴れ

この頃は県内の試合によく出ていたのだ。博多の森での九州毎日は残念な結果で終わっていたが、その後行われた県テニス選手権には45歳代と50歳代にエントリしていた。45では2回戦で敗退していたが50では3回戦で先月行われた県シングルス選手権60歳決勝で敗れたF氏と対戦して、接戦で勝利していた。決勝ではKN氏に逆転で敗れていた。ブログを見ながら当時のことがなつかしく鮮やかに蘇っていた。

・2008年04月01日 花見の宴
・2008年04月04日 孫からの手紙
・2008年04月05日 ショックとふがいなさでいっぱいです(九州毎日テニス選手権)
・2008年04月11日 一心行の大さくら満開
・2008年04月16日「赤毛のアン」
・2008年04月17日 日本シニアテニス連盟九州オープン熊本大会
・2008年04月20日 両手打ちの苦悩(長男の孫娘に逢いに行く)
・2008年04月27日 大津のつつじ見物
・2008年04月29日 K県テニス選手権大会50S準優勝

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:34 | コメントをどうぞ

2008年3月のアーカイブ

土曜日 曇り 晴れ

テラス窓辺の日ざしが暖かい。そばのソファーに座り「日本歴史シリーズ」に目を通している。外の明るさがあると拡大鏡なしでも読めるのが良い。昭和42年に発行とある。22巻、多分分割で購入したのだと思う。「王朝貴族」を流し読みしている。

「いづれの御時にか、女御・更衣あまたさぶらひ給ひけるなかに、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり。 」高校の教科書でさわりだけ習ったが、あとは知らない。世界に誇る大長編の諸説だとはなんども耳にしているが、読んだことはない。男と女の恋物語に興味はわかなかったが、今回あらすじだけは理解した。しばらくは歴史を紐解いてみようと思う。

2時過ぎにコートへ、壁打ちをして帰ろうと思っていたが、ダブルス2試合、ストロークの練習も出来て満足して帰る。

・2008年03月01日 孫と遊ぶ
・2008年03月11日 錦織圭とジェームズ・ブレークとの決勝戦WOWOW
・2008年03月14日 春休みが来ると二人は遠くへ
・2008年03月16日 ハウステンボス 長崎バイオパーク
・2008年03月24日 熊谷杯
・2008年03月25日 ゆらいでいる自分
・2008年03月27日 娘と孫の門出

熊谷杯は次男が宮崎で働いていたこともあり、何度か行ったが負け戦ばかりでいい思い出は少ない。ダブルスで一回優勝したのが全てで、そのときパートナーは翌年から70歳になるから良かったと喜んでくれたのが印象に残っている。今思えば負けてばかし、でもちゃんと反省していたから、向上心は旺盛だったのだ。
それに比べて今も、負けてばかしなのに反省の弁は少なすぎると反省している。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:49 | コメントをどうぞ

2008年2月 ブログアーカイブ

金曜日 曇り

日本列島上空に真冬の寒気団が押し寄せているという。夜には山地では積雪のあるかもともいう。
冬らしくない小春日和から一気に寒波が襲うようだ。

今朝のテニスまでは普通に寒さで後で風が少し出ていた。9時半に約束していたHR氏と普段は三名になるところを二人で練習する。ぼくが7月から3か月間、肩を痛めて休会している間に今度は彼が肩を痛めて病院通い、サービスは今日現在打っていない。年老いてガンガン打つのは良くないと、ぼくの経験から心配してコメントしたことがあるけど、心配した結果になっていた。
そろそろサービスも打ってみようかなとと言っていたので、かなり回復はしているようだ。ぼくも痛みを抱えながらやっているので人ごとではないのだが。

当時、やっぱり錦織圭がブレークを破って初優勝した出来事がハイライトといえよう。デルレービーチ国際選手権、250の大会。当時ランキング4位だったと思うブレークにファイナルで勝利する。錦織圭は前年17歳でプロ宣言、12月に誕生日を迎えて18歳となっていた。十代でプロ宣言して、大丈夫なのかと思っていたが早々と優勝したので日本中がどよめいていた。神様のような存在のフェデラーからお祝いの電話がかかってくるかもしれないと、胸をときめかしていた圭。世界に扉を開いてくれた瞬間だったのだ。
その年の全米で当時4位のフェレールと対戦、5セットを戦い抜いて最後に勝利したのは圧巻だった。コートサイドの両親に駆け寄り優勝したかのように、喜びをあらわにしていたのを思いだす。

県室内選手権、以前は県の体育館で行われていたが、いつのまにかパークドームも室内ということなのか、変子になっていた。ここで初めてFM氏と対戦してベーグルで負けてその強さを実感していた。10年前のできごと、現在70歳代となった彼は全日本ベレランのダブルスで優勝していたし、シングルスでの優勝も視野に入れているはずだ。

・2008年02月02日 久しぶり家族(子供たち)が集う
・2008年02月07日 21回の対戦は
・2008年02月09日 思うことは日本テニス界にも
・2008年02月10日 K県室内テニス選手権大会
・2008年02月17日 思い出づくり 
・2008年02月18日 錦織選手の優勝の記事が地元紙の夕刊一面トップ
・2008年02月19日 ベテランJOPランキング速報(2008/02/15付)
・2008年02月28日 孫娘の学習発表会

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:37 | コメントをどうぞ

2008年1月のアーカイブ

木曜日 曇り 小雨

雨が降るかと思ったら難しい空模様。外に出てみると雲は少し高くほとんど降っていないことが分かり、コートへ出かけた。屋内の3面は賑わっていたが外は1面だけしか人影なし。じっくり水を含んだ2番コートで一人で昼ごろまで練習する。

あの頃、初売りのショッピングセンターで自転車を購入した。1万円で鉄の部分が多かったので重くて錆がまもなく出始めた。屋外に保管していたので朽ちるのも早かったがそれでも18段変速だったし、活躍してくれた。
ぼくがマッサージのモデルを務めた彼女はテニスの勉強で渡米して、知り合った男性と結婚、イタリアへ行っていたという。里帰りして整体の勉強をしていた彼女は戻ってから、それを活かすことが出来たのだろうか。指折り数えれば十余年、3人の子供も大きくし成長しているはずだ。異国の空でどう過ごしているのだろう。

森田あゆみ、中村藍子、森上亜希子に杉山愛選手がまだ活躍していた時代だ。

・2008年01月01日 初売り
・2008年01月03日 wowow契約
・2008年01月07日 自転車で温泉まで挑戦
・2008年01月12日 整体のモデルとは
・2008年01月13日 孫の高熱が心配
・2008年01月15日 全豪テニスはじまる
・2008年01月20日 プリンセス プリンセス 「M」
・2008年01月26日 決勝トーナメント進出ならず、残念
・2008年01月28日 クラブ対抗に向けての練習(20歳のジョビッチ全豪初優勝)

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:09 | コメントをどうぞ

2007年12月のアーカイブ

水曜日 曇り

9時半ごろコートへ、I氏と練習、一息入れて女性にダブルスをお願いしたら、壁打ちしているようにねばられて、根負けして負けてしまった。46。

あの頃はKテニスクラブの過渡期だった。会員に補償金を返却して新しいクラブを作り直すということで進められていた。クラブハウスは解体されて段差のあったクレーコートは段差のない更地にされた。

ぼくにとってはJOP挑戦の1年目、T氏という練習相手を得て、毎週一回練習試合を必死に頑張っていた。
JOPの30位あたりにいた彼との差はどうしょうもなく大きかった。

とりあえず福岡の大会には怖さ知らずにほぼエントリーして、ここでも負けばかりで五里霧中の中にいた。

・2007年12月04日 クリスマスツリー
・2007年12月06日 T氏との対戦の結果は
・2007年12月09日 シニア忘年テニス かんぽの宿
・2007年12月17日 神風連資料館へ
・2007年12月21日 賀状の案を
・2007年12月25日 フィンランドから
・2007年12月29日 今年の総括一弾
・2007年12月31日 本大会出場への方法

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:35 | コメントをどうぞ