カテゴリー別アーカイブ: 日記

体調ままならず 終日家で過ごす

土曜日 曇り

負けたのは正解だった、頑張って勝っていたら翌日は1シード、頑張って体調もっと悪くしていたに違いないと思うとぞっとする。2012.5月初めから6月にかけて、こんな状態から端を発して長引いたのを思いだしていた。

ぼくの場合、病は喉の痛みから始まり、悪くすると咳が出始め体がだるくなり、だんだんと悪化する。

今回はウインブルドン、深夜の2時3時まで数日間眠らずにしていたりなどで、疲れがたまっていたのかもしれない。

終日咳は止まらずだが、少し回復に向かっている。しかし油断大敵。結果次第では8月末の中国選手権を考えようと思っていたが、これでやめる決心がついた。

肩も痛いし、右手の親指の腱鞘炎で両手打ち、サービスも、ままならぬ状態に陥っている。しばらくは治療に専念するべきだろうとようやく悟った。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:01 | コメントをどうぞ

試合途中で握手するとそこでゲームセットって、ほんと?

金曜日 曇り

やはりぼくの体調は悪かったのだ。だんだんと喉が痛くなり、小さな咳も少しづつ大きくなり今朝になると声も少ししわがれ声になっていた。ちょっとおかしいので掛りつけの医院へ行き薬をもらう。

昨日博多の森でのこと。1,2,3番コートの横の道を下りてくる同世代の選手に出くわす。久しぶりに顔を合わせたので挨拶して試合のことを話していた。彼はぼくがチェックするほとんどの大会のドローに名前があり、羨望の眼差しで見つめていた選手の一人。

彼が突然変なことを言い出したので目をこらして聞き入った。大接戦で1セット終わって、素晴らしい内容だったので感激して相手と握手を交わしたそうだ。ローピングアンパイヤーがそれをめざとく見ていたのだろうか。握手を交わしたらそこでゲームセットですと言われて、それで自分は負けましたと言うのだ。タイブレークを67で彼は落としていた。

そんなことあるのと、帰ってきて今思う。レフリーを呼んで、事情を話して納得のいく説明を受けたのだろうかと。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:30 | コメントをどうぞ

福岡ベテラン初戦敗退 

木曜日 曇り 雨

台風接近とかで、いつ降ってもおかしくな灰色の雲が知ら一面垂れ込めていた。パラパラは降っていたが15時過ぎまでは降雨はほとんどなかった。蒸し暑かったけど風もなくテニス日和と言えたかもしれない。

バスを降りてクラブハウスの前まで来ると、見かけた顔の笑顔が目についた。そうだ彼も出ていたんだと思いだしていた。受付を済まして出てきたようだった。8番コートだという、まだ時間は十分あったけど彼はそちらに向かった。

初めてだから確かめておきたかったんだろう。ぼくは急いで準備をして急ぎ足で123,456、789と斜め三段にに別れている一番下のコート、8番コートへ出かけた。顔見知りの女性のローピングアンパイヤーがいたので、彼は初めてですのでとお願いして、参考になりそうなことを助言して2番コートへ戻った。

2番コートでは、ほぼ定刻に始まった。ファーストはこちらのペースでものにしたが、セカンドになると入らないサービスに嫌気がさし、動きも悪くなり戦意喪失状態になり取られていた。ファイナル、スーパータイブレークも相手のペースで5  10で敗退となった。こんなサービスではどうにもならない。体調も良くないのだと判明していた。

Y市から来たTさんに久しぶりあった。空港の上空で着陸できるか不安があったといい、日程が異なる旦那は明日来るという。話の中で父親が最近亡くなったと言う。尋ねるとぼくと同世代のお父さん。元気にしていたのに急に亡くなったらしく、その声は小さかった。肩が痛いなんて大したことでないですよ、と彼女は言ったのには背筋が伸びる思いがした。父親を亡くした彼女の励ましの声にも思えた。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:40 | コメントをどうぞ

久しぶりシングルスの練習

水曜日 曇り 雨 晴れ

曇り予報、昼からI氏とシングルスのお願いしていたので、約束の時間に出かけると雨が降りだした。諦めようかと思うほど降りだしていたがコートが白くなる前に止んでいた。

福岡ベテラン、エントリーはしたものの、何とか打てるようになっていたサービスが打てなくなり、どうしょうかと迷っていたが、右でのサービスとセカンドはアンダーサービスで、負け元どこまで通用するか試そうと考え行くことにした。

左肩の痛みはスイングのときもチクチクと発生する。まだ何とか我慢できるが、前回まではなかった気がするのだ。出ると決めた以上は泣きごとを行っても仕方がない。楽しんでこよう。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:48 | コメントをどうぞ

ウイン決勝戦 大接戦の末ジョコビッチに勝利の女神

月曜日 晴れ  海の日

久しぶりの炎天が訪れたが、長くはなさそう。

今回も決着を見届けなければ寝られないだろうと3時半過ぎまでうとうとしながら、テニスの歴史に残りそうな戦いを見届けていた。なにせ長い長い戦いだった。

じっくり見たのはセット22からのファイナルセット。ジョコビッチ32からブレークして42となって、ジョコビッチに戦況は傾いたかと思えしもすぐにブレークされて43、互いにキープして66となったがファイナルセットはタイブレークなしで2セット連取しなければならない。

77からフェデラーはブレークして78、サービングフォーセットを迎えたフェデラー、サーティラブとリードしてフェデラーに凱歌があがるかとかたずをのむとフェデラーらしくないミスを重ねてジュース、そしてブレークを許して88 99 1010 1111 ここでもフェデラーは2度のアドバンテージを落して12 11 1212ここから全英はタイブレークとなっていた。
タイブレークはジョコビッチ先行して42 43 53 63としてジョコビッチが輝くウイナーとなっていた。

ジュニアー16歳の望月新太郎、優勝。

3506358525001_6058993528001_6058997717001-vs

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:51 | コメントをどうぞ

ウイン 決勝戦ハレプ セレナに圧勝してウイナーへ

土曜日 雨

本格的にな梅雨が訪れている。

セレナは準決勝でストリコバに圧勝して強さを見せつけたように思えたが、ハレプには厳しいだろうと思っていた。なぜならストリコバのショットはセレナの打ちごろのボールだった。まだボールに追いつくことも出来たし、返球されたセレナのショットはそこそこの威力があって、それを何とか返球しても次にはセレナの餌食になっていた。

怒りをあらわにせず、冷静にプレーしているときのセレナは強い、しかしなにせんあの体で左右に振られれば長続きは無理だ。それは決勝のハレプ戦に現れていた。

ハレプは一段と強くなっていた。サービスもストロークも小細工。四回戦でアメリカの少女ガウスと戦う。勝ち上がるごとに少女はビッグマウスになり、優勝うんぬんとか言い出していた。確かに上手だったが、パワーや小細工ではまだまだと感じていたが、対戦相手は評判に押されてガウスに敗退する戦いもあった気がした。パレプもそんな気持ちで戦ったのだろうが、戦ううちにガウフを見抜き6363で力の差を見せつけていた。

ハレプは、セレナを6262、56分で危なげなく勝利して、グランドスラム2勝目をあげて、輝いていた。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:14 | コメントをどうぞ

ウイン 男女決勝戦決まる   上腕二頭筋長頭腱    

土曜日 雨

昨日は朝から街のどまん中に位置している、K整形外科病院へ重い腰をあげていた。車は最初からパスして熊本駅まで行き、環状線のバスに乗り近くで下りるとの案内に、それで行こうか思ったが、Google地図でチェックするとJR新水前寺駅で下車、市電に乗換え二つ目の交通局前で降りて500メーター位歩くと行けそうだと分かった。家を出て40分ほどで大きな病院の小さな入口にいた。ここかと心配しながら入って行くと左手に奥行きのある病院らしき広間が目についた。

仲間の一人、顔を見かけないと思っていたら、肩の腱が断裂で手術の有無を検討しているらしいとコートで先日耳にした。ぼくも以前MRIで検査を受けたが、MRIをやり直したり、後ろ頭で結んでいる髪が痛くてたまらず、体を動かさだるを得なかったことなども気になり、映像はどうかと不安な気持ちでいたが、断裂はしていないようだとフィルムを前にしての説明はあった。しかし納得いくような丁寧な説明はなされぬまま終わっていた。
それからはユーチュブの動画で肩のインナーマッスルのリハビリなどを見たりして自分なりにケアをしていた。しかし少し良くなると、サービスを打ち過ぎたりして元の木阿弥を繰り返していたっていた。

福岡ベレランを控えて又も肩を痛めて、きき腕でサービスすれば、最悪になりそうな予感がして迷っていたが、この診察の結果で結論を出そうと考えていた。オープンの9時半前には十分に到着していたが、この先生は丁寧に見ますので時間がかかりますよと問診の女性は言う。診察は昼からになった。仲間のK氏と鉢合わせて時間は過ごせたが。

物静かで穏やかな先生だった。名前は一緒ですねという。歳(さい)でとしおですね。一瞬打ちとけた空気が流れた。ぼくの両手を持って力を入れさせ、断裂はないと思います。断裂があればこうはなりません。こうやるとここが痛いでしょう。ぼくの肩の右わきを押さえると思った以上に痛かった。専門とはいえつぼを良く心得ている。「上腕二頭筋長頭腱」に原因があるようです、と初めて聞くような言葉を耳にした。棘上筋や棘下筋類ではなかった。思いもしないことば、いままで思い描いていたところと違うに原因が潜んでいたようだ。そう言われれば納得いく症状があることに気が付いていた。

MRIを撮っているのなら、その病院から借りてきてください。こちらで一筆書きますので、レントゲンも一緒に撮っているでしょうから、そこでまた検討しましょう。少しだけ先生を信頼しょうという気持ちなっていた.

ウインブルドン、準決勝フェデラーVSナダル戦、熾烈な戦いに目を離せず決着のついた朝の3時半過ぎまでテレビの前に寝転んでいた。二人の死力を尽くしたと思える戦いに、言葉が見つからない。ナダルお疲れさん、あなたは赤土の王者で、フェデラーは芝の王者ということを再確認した。芝を自負していただけあったフェデラーは言葉にしたことを実行した。

スペインのアグートに2連敗していたというジョコビッチ、苦戦するかと思えたがグランドスラムでの経験豊かなジョコビッチは、気負って攻めてくるアグートをストレートで下していた。
ジョコビッチをハードコートの王者と位置付けるならば、優勝はフェデラーが最短距離にいるとしておこう。

本日行われる女子の決勝戦、セレナVSハレブ戦はどちらに転ぶのだろうか。ハレプ優位と思いたい。

b_halep_swilliams_1542_190712

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:31 | コメントをどうぞ

ウインQファイ 錦織死力尽くすも フェデラーに力尽く

木曜日 曇り

朝方豪雨が感じられたが、起きるとやんでおり厚い雲。シニア年齢別テニスは予定通り運動公園で行われた。パートナーはJOP70単複トップテンのF氏、150歳代では誰と組んでも優勝する選手からメールが入っていた。以前何かの理由で断っていたので、ここで断るの失礼だと、ねんりんパートナーに断って出ることにしていた。

その後に又も肩を痛めてサービスが打てなくったが、黙っていた。何とかサービスを入れれば何とかなるはずだと、会場で彼に事情を話すとアンダーでいいんじゃないと笑顔だった。予定通り3連勝でビールをゲットして、久しぶりゆっくりといろんな話ができて楽しく過ごすことが出来た。

深夜に始まった圭のフェデラー戦、圭の出だし好調でファーストワンブレークをキープしてファースト取り、もしかしたらと姿勢を正してテレビと向いあっていたが、セカンドに入るとフェデラーにアグレッシブに変貌しており、圭に襲いかかってきた。

圭も負けじと抵抗して中盤まで互角行くのだが最後にブレークされるパターン。本当に強い選手の手法だが、久しぶり自分の力を出し切り抵抗せんとする姿、全力でフェデラーに立ち向かい、彼の良さを幾度も垣間見せてくれた。いかんせん、サービスの差が如何ともしがたかった。何とかキープして行く圭と思い通りにサービスをコントロールして容易にキープして行くフェデラー、圭にブレークチャンスはおとずれず、セット13で惜しくも敗れ去る。

ベスト4には3強が予定通りに勝ち上がり、一つの枠にバグティスタ アグートが首を出したのは出藍の誉、だがジョコビッチにはどこまで抵抗できるか、楽しみ。

芝の王者と自負するフェデラーと赤土の王者ナダル、どちらが決勝の舞台を踏みことが出来るか、目を離せない。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:14 | コメントをどうぞ

錦織 遂にフェデラー戦へ チャン不在の陣営いかに?

火曜日 曇り 雨 曇り

昼から免許の高齢者講習へ、終わって外へ出ると土砂降りの雨、夕立と判断、チャリだったのでしばらく止むのを待つ。3時に帰宅して慌ててコートへ。女性陣とダブルス一つと、右腕でのサービスの練習最後まで。

午前の二時頃まで、圭とククシュキンの戦いを寝ぶりかぶって見ていたが、セット21とリードしたところでベットに倒れ込んだ。朝方、セット22になってファイナル圭が勝利したとベットで頭によぎるものがあったので起きる。

録画を見ると接戦をセット31で圭が勝利していた。ククシュキンもストローカーで、激しい打ち合いをしていたが、バックの精度で圭がまさっていたと思う。63366364。

012013

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:32 | コメントをどうぞ

ウイン 男女B16出揃い今日は休み

日曜日 曇り 晴れ

チャリで出かけようかと思案したが歩く。スロージョギングで20分、行きは良いが帰りは疲れてほぼ歩き。目標の一万歩は十分に達成することはできるが、いつまで続くかが問題。

コート到着3時頃、けっこうコートは空いている。一人で一面占有して遊ぶ時間は今日も十分にあった。帰る前に女性陣とダブルス一つ。サービスは右で。いつも2時間余でコートを後にする。

ゴルフ、石川遼が久々に優勝していたね。あの喜びの表現は分る気がした。長い長いトンネルをくぐり抜けることが出来たのかな。彼が活躍しないと日本の男子ゴルフ界は斜陽産業に陥るかもしれない。彼がトップにいるからと昨日はテレビ観戦、最終日はお決まりで、ダメだろうと注視しなかった。

ウインブルドン、B16出揃う。上の山にはジョコビッチだけしかいない。
下の山にナダル、錦織、フェデラーがいる。三強(ジョコビッチ、ナダル、フェデラー)の安定した勝ち上がりは十年ほど前と変わらない、近年。

順当にいけば圭はB8でフェデラーと戦うことになるだろう。今のフェデラーに勝つことは容易ではない。フェデラーでも今のナダルには勝てないだろう。とすれば決勝の舞台に立つのはジョコビッチとナダルと推測する。

女子は見当もつかないが、もしバーティが優勝すればしばらくトップを維持しそうだ。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:11 | コメントをどうぞ