春の甲子園 秀岳館初戦逃げきる6-5 花咲徳栄

水曜日 曇り うすら寒し

久しぶりI氏とシングルス、体調は万全でないと思っていたが、完全に復帰されていた。ぼくは利き腕左手の甲が腱鞘炎のように痛んで、ラケットを思い切り振れず体も重く、彼のパワーと機敏な動きに圧倒されどおしだった。完全に負け試合だった。多分福岡でもこんな試合をするのだろうなと思いながら2セット勉強させてもらった。

昼、水曜日はサラダバー100円という焼く肉店へG夫妻と出かけて、積もる話を楽しんだ。

帰宅すると、しばらくして地元秀岳館と花咲徳栄の試合がはじまった。01から一気に5点入れて51と逆転、1点ずつ追加して62、4点差このまま逃げ切るかと思いきや終盤3点入れられ65と肉薄され、そこでエースピッチャーにバトンタッチ、背番号1番がマウンドを守りきった。かっこいい幕切れだった。

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint







 




カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:11 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">