隣り町 陸橋の橋げたでの壁打ち遊び

月曜日晴れ

炎天下が続いている。8月ほぼ一週間で終わる。

ホームコートを休会してほぼ一か月、孫たちが来ていた2週間は休んでそれ以外は、橋げたの壁打ちに通っている。バイパスから運動公園へと、白川をまたいで長く急こう配の陸橋は随分前に造られていて、その橋げたは立派な分厚いコンクリートの板状で橋を支えている。だからそれを利用して壁打ちやバスケットなどいろいろと遊べるようにしている。

肩の回復は遅々として、老いた体ではもう回復は駄目じゃないだろうかと悲観もよぎりながら、利き腕は休ませて反対の腕で初心者まがいの壁打ちにいそしんでいる。

ここでの壁打ちをすみかのようにして来る人も多いと仲間から耳にしていた。まさにその通りで、三々五々とやって来ている。コートも仲間で自主的に整備されているのには感心。多くて三人で壁で遊び、そこがだめなら他の壁でも遊ぶことが出来る。

真夏の炎天下でありながらそこは、天井は道路で日陰であり、そばに大きな河が流れているせいか風もある。身障者になったぼくは病み付きになりそうだ。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:47 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">