わかやまねんりんピック 顛末記

11月9日晴れ 晴れ

箕面観光ホテルを早朝7時過ぎに出発、2時間かけて開会式場の紀三井寺公園陸上競技場へ向かった。日本晴れの申し分ない一日だった。

IMG_20191113_0001

14時半から和歌山県立体育館で合同開始式(ゲートボール、テニス、卓球)。重複するようにも思えたが、選手の高齢者等の表彰の為やむえざるセレモニーなのだろう。おかげで宿舎休暇村紀州加太に着いたのは夕方になっていた。急傾斜をぐるぐるとバスは登っていたが、まさかあんな小高い山の頂上にあるとは分らなかった。

風呂場の露天から眺望する湾内の景色は島々が場バランスよく点在して、深呼吸して感嘆した。絶景の夕日、夜空の月の光に照らされた湾内は神秘的なものだった。

11月10日 日曜日晴れ

ねんりん本番の試合が10日(日)11日(月)と行われた。朝6時45分バスで出発。和歌山市立つつじが丘テニスコートまで15分。山と海で囲まれた和歌山県の大会テニスコートは、小高い丘の上、そこには出来立てと思えし真新しいテニスコート。小高い場所にはこれまた立派なアーチ状の建物の中に4面の室内コート、屋外に4面、近くにあるクラブハウスからエレベーターで降りるとそこには12面のテニスコートが広がっていて、合計20面のコートが用意されていた。
7時50分から10分間の練習は室内コート横の13番コート。8時半より1試合目が行われた。相手は宮城県。
一つのグループは4つ(宮城県、熊本市、徳島県、東京都B)でリーグ戦各3試合を行うのだ。

相手は宮城県70歳代のぼくたちが第一試合、4ゲーム先取の33タイブレークで行われる。31とリードして行けると思ったのが大間違い。それからぼくのミスがあったりで33タイブレーク。流れは相手にあり、26で万事休すから56まで追い上げたが、ぼくのリターンがベースラインを割って57初戦敗退。残すは60歳代の女子と60歳代の男子の2試合。

055.jpg-1

60歳代の男女が2勝上げてくれて21で宮城県に勝利。2試合目は東京都B、東京は強いというイメージがあり、又もぼくたちが落として、つづく60の女性も落として02。男性60が頑張り結果は12で負ける。
最後の徳島県との対戦は隣の14番コートへ移動して行われた。そこでもぼくたち70は負けて、つづく男女60にプレッシャーをかけていた。ここも60男子が勝ち、12で敗れる。

明日は決勝トーナメントは4位か?

11月11日月曜日晴れ

決勝戦トーナメントは4位グループと思っていたら3位グループとなっていた。本音は4位グループを期待していたのだが。

昨日とほぼ同じパターンで宮﨑県との初戦は8時半から始まった。
宮﨑県には負けられないと、気合を入れていたのだがぼくたち70は又も敗退で通算4連敗。女子も頑張るも負け、60男子も逆転で負けて03。トーナメントも初戦敗退という汚名をいただいていた。

熊本県が始まりそうだというので応援に行く。エレベーターで下のコートへと行くと、強風の上のコートと比べると比較的穏やかな風に思えた。熊本県も善戦したが3連敗で初戦敗退する。

早く終わったので午後はわかやまねんりん、おもてなしのバスで観光に出かけた。淡嶋神社と深山砲台跡へ。

088<
(淡嶋神社 鳥居の中から遠方、丘の上に見えるのが休暇村紀州加太)

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:47 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">