月別アーカイブ: 2023年12月

打ち納め

今年の打ち納めはシングルス1試合目に足を挫いて捻挫、その後はサンドバッグと化しズタボロで納めました。

捻挫とはなんたる不覚…

たかが片足が駄目でももう少し打てると思ってたんだけどなぁ(休め)

ろくにバランスも取れず凡ミスの連続、迷惑かけるし相手にならんしで終わってしまった。

捻挫3日目の今日も全然回復の気配が無いので、今年の年末は家で安静にしてます・・・

昔、市民大会の準々決勝で脚攣った時は、後もう少しってトコまでいけたんだけどなぁ、もう遠い昔の事なんだなぁ。

 

今年のテニスは、春のダブルスを予選全敗で敗退、夏の団体戦を予選全敗で敗退でした。

スコアもどっちも0-6,1-6とかで、信じられん。

大会に顔を出す度に惨劇を引き起こしとる。

ホントくっそ真面目にプレーしてこれだったんスよ。

最近、ここ数年、ドヤ顔で打って凡ミス、そんな事ばかりで自分のプレーをまるで何も把握できていない。

自分がどう打っているのか、どう動いているのか手応えもなく、ただ淡々とミスって終わるだけ。

なんでこんな上手くいかないんだろうな~やっぱ試合に出なくなったのとテニスの量週1回に減らしてるからかな~

何事も準備、経験、それらを欠いて良いプレーをしようだなんて虫が良すぎる訳で。

相応の備えができない以上、目標を達成する日はもう来ないと思う。

市民大会に出てくる面々のスピード感ある動きに追随できるイメージが全く沸かない。

もう自分のパフォーマンスは上がらない。

自由気ままにテニスばっかできてた頃なら・・・!とか思ったりもするけど、やっぱ人って段々とそうはいかなくなってくるのね・・・

改めて、みんな凄いなぁと思う。

市民大会って場所によっては一般の部で年齢別の歳の人が上位に勝ち進む事も多々あるけど、自分には同じ事できないなと。

そういう中身のあるテニスを身に着ける事ができなかった。

ただただテニスに不誠実な向き合い方しかできないまま、ヤングな時代を終えてしまった・・・。

これからはもう今までの生活環境とは異なりテニスの割合は減っていく。

俺はこの先どうやってくのか、モチベーションが無きゃやる気は出ない、入賞して賞状を貰う、中学時代にソフトテニス部へ転部した日から今日までそれだけがコートに立つモチベーションだった・・・って、15年経っても未だに目標に届いてねえ!(爆)

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 18:39 | 29件のコメント

張り納め

strin

 

今年は縁あってストリンガーのアルバイトをするようになりまして、ぼちぼちと活動しておりました。

大学生以来なので9年振りぐらいのバイト、、、感想としては、予想以上に~~~緊張した日々だった(笑)

いやはや、大学生の頃はいったいどんな気持ちでバイトしてたんだ?ってぐらいプレッシャー・・・思ったよりストリンギングが難しく感じて。

自分の家で自分の張るのは良いんスけどねぇ。

30のおっさんがいきなりエネルギッシュ溢れる新環境に!ってのも中々勇気いるし、

あとめっちゃ思ってるのが…

最近のラケットってなんか張り難くなってない?

普段日頃メジャーなラケットに触れてないせいか?

正確に言うと張り方がやけに指定されるというか、自由度が無いっていうか。

10年前辺り、自分がバイトってた頃だと初代ピュアアエロなんかが代表的だよね。

空気抵抗減らす為にストリングがフレームから出ないようなグロメットになってたんだけど、出た頃は張り方間違えてストリングが露出してる!って話が多発してたよね。

あれほど極端ではないけど、最近のラケットのグロメットって幅が場所によって狭かったり、激浅ウーファーっぽい溝が用意されてたり、謎の模様があったり、ってのが多数派に思える。

どれも張り慣れてないラケットしか無いとはいえ、こんなに張りで悩んだ記憶は学生の頃には無かったはずなんだよなぁ。

昔は特に何も考えずに張ってたのか!?笑

 

ラケットもそうだけどストリングも…最近の流行は滑るナイロン?

トアルソンのバイロジXX、ゴーセンのラクシア、ヨネックスのレクシス、、、

バイロジXXが出た時はナイロンの新時代だと思ったけど、滑るマルチがこんなにも出てくると、怖いのが張り中に滑る事だよね。

30代のおっさんは失敗しちゃわないかどうかビクビクしちゃうね。

本職からすればこの程度の悩みなんてお茶の子さいさいなのかねぇ。

ただラケット、ストリング両面で張り辛さはやっぱり上がってるんじゃないですかね。

いや、O3出始めとかジグザとかの頃とか、なんならラケットが折れ易いって言われてた時代の方が難易度高いのかも?

 

とまあ、思った以上の戦いとなったストリンガーのアルバイトの1年、たぶん来年もお呼び頂ける?

これからどうなっていくか、色々変わっていく年頃ではありますが、本職以外でこういう活躍の場があるのは刺激的。

この勢いで張り人!JRSA!・・・なんて事はありえないでしょうが笑、来年もまた面白い事ができたら良いなと思ってます。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 18:32 | 7件のコメント

DONNAY:フォーミュラ ヘキサ

IMG_20231027_233824IMG_20231022_203117

 

 

とうとう外れてしまったか!?箍ッ!!

ファントム100Gとフォーミュラ100着弾!

これ以降無駄遣いは止めようと思ってます!!!

グラファイトはなんやかんやで自分が一番好きなラケットだし、フォーミュラはめっちゃ柔らかく、かつフレーム内部にウレタンフォーム充填してる黄金スペックって聞いてね!

やっぱ世の中にはあるよね、気になってるけど打たなくても別に死にやしねーなぁ…ってラケットと、必ず打たなきゃならないラケットの2通りが!

でも先に来たファンGの時点で自己最高評価を叩き出したので、フォーミュラ何で買ったねん…ってなってます。

でも気になるスペックですよねフォーミュラ。

日本未展開のドネーはボックスフレームのプロワンと、黄金スペックのフォーミュラ、あとめちゃくちゃ柔らかくしたオールウッド…みたいな感じであるようですが、今のところ全部に共通してるのが柔らかさとフォーム充填。

ボックスはともかくとして黄金スペックには珍しいですよね。

元々昔のラケットは充填されてるの多かったらしいですけど、今では充填してる事が売りにされていたりで…

調べた感じだとグラファイトも初期は入ってたらしいですね、ファンGはエンドキャップ外したら空洞でした・・・でもプリンスはビーストだと入ってたりするらしいですね。

それがグリップ部だけなのか、フレーム全周に入ってるのか、なぜそれを一切語らないのか…

てな事が頭に過ぎってですねぇ、高クオリティの打球感のラケット欲しいなぁ〜(超抽象的)って思ってフォーミュラ。

しかも27mm厚のラウンドフレームがRA値56〜55ですよ。

DAHCORで特注した翡翠より柔らかいし、ウッド並にしなるって言われたウイルソンの初代クラッシュと同格の柔らかさじゃないですか。

これがな〜んで話題になってないのかね〜って、日本で展開されてないしそりゃねって話か。

 

 

ただ、勢いで注文した後に気づいた点がありまして・・・talk tennis見るとなんだかドネーの評判悪い?

そういや注文した後追跡番号貰えなかったし・・・

これはやっちまったか?

ドネーって有名だからちゃんとしていない可能性なんて考慮してなかったんだけど・・・

サイトのアピールに釣られて勢いで注文・・・ってDAHCORでもやっちゃったけど、ふふふ、って感じだねぇ。

でもまー冒頭の写真の通り、無事に届きました。

ストリング張り上げ済みは海外らしいノリ。

そして嬉しい誤算なのが最初からステンシルシートが付いてる!

最近の僕のトレンドとしてはまたステンシルブーム来ております故。

あとこのフォーミュラのスロートに100周年ロゴがあるんですけど、これが格好良くてっていうのも購入したポイント。

ホントはドネーの現行機種はオクタコアっていうんですけど、このロゴの為だけに一個前のヘキサコアを頼んじゃいました。

見た目でラケット買う事は無いでしょなんて僕は思ってるのですが・・・まあ、このラケットは性能面でまず惹かれてるから・・・。

 

 

そんでさあ自分のガットを張ろうって思ったのですが、talk tennis見ていて引っ掛かったのがこの書き込み

フォーミュラとは別のラケットだけど張ってる最中に折れたって書き込み・・・

いや断面図もめっちゃ興味ありますけど、怖いのは折れる方よ。

ドネーのサイトを見るとなになに?Tie Mains 8T. Start Cross 8H. Tie Cross 5T.・・・だって?

張る方向が指定されていて、間違っていると折れる可能性が出てくる、というか実例が出てる・・・。

正直今まで張ってる最中に硬式のラケットを折った記憶は無いけど、確かに噂では変形し易いとか折れ易いとか言われるラケットも過去にはあったようだし、張り始めの位置を指定しているメーカーもある、それにRA値が60を切るドネーだと折れ易くても不思議ではない・・・。

で、8Hとか5Tって、H=ヘッドT=スロートだと思うんだけど、でもあの掲示板の書き込みのブラウザ翻訳だとH=ハンドル、T=トップって書いてて???

なーんでどっちとも取れる頭文字で指示を出すかなぁ・・・いや海外だと決まり切ってるんだろうけど。

って一瞬混乱したけど、まあHとTの訳は前者でしょって事で張っちゃったけど、今更見返すと、折れちゃってる書き込みのラケットはプロワン16×19、ドネーのサイトを見るとStart Cross 7T・・・それだとスロート側からスタートなのに折れてるじゃん?わかんなくなってきた・・・

というか、張り済みでやってきたフォーミュラは1本張りで、6つ穴の1本張りの場合だとクロスはスロート側から張るからメーカーの指示通りにならないし・・・・・・・・・いや、H=ヘッドで合ってる、と、僕は思います・・・たぶん(爆)

 

 

 

 

IMG_20231028_080813

 

 

あとあと、張る前に例によってライズテニスサービスさんにスペック調整して貰ったんですが。

今のドネーのラケットってユニボディって造り方をしていてウレタン成型ではなく一体成型。

ダイレクトに快適な打球感が伝わるように・・・的な理由みたいですが、このタイプだとスペック調整は難しそう。

一応なんか穴があってゴムっぽい物が入っているので、これがバランサー代わり?

300gのラケットのグリップをレザーにして310gに調整、って思ってたらスイングウェイトに割と差が・・・難しいねぇラケット選びって。

 

 

 

 

IMG_20231105_194001

 

 

そうこうして315g / 312mm / SW280となったフォーミュラに、プロフォーカス1.25mmをたしか42ポンド?ぐらいでストリンギング。

そっスねぇ、ここしばらくはデビルスピン&ポリジナモス→デビルスピン単張りみたいな感じだったんだけど、これからはプロフォーカスにしようかなと思ってます。

多角形のポリじゃないとマトモにボールが入らないって思ってずっとデビルスピン使ってましたが、丸ポリで自分の技量で入れるのが今の自分のトレンドですかねぇ(謎)

何よりプロフォーカスはポリグランデですからね、最高のラケットには最高のポリを、みたいな(謎)

個人的にはポリジナモスだとマイルド過ぎ推進力強過ぎなのでフォーミュラの打球感を堪能し難いかなって。

シャープで喰い付く感じ、撓みの感じるプロフォーカスだけど、おや?

ヒッティングすると思ったより硬い?

エスマッハとかグリンタで38ポンドからの黄金スペだから42ポンドにしたのが良くなかった?

ステンシル塗ってるのも良くなかったり?

プロフォーカスの撓みもそうだけど、ラケット自体の感触も硬い?

そもそも黄金スペックぐらいの厚みのラケットで撓るやつって基本的には見当たらない。

少し薄くなってウイルソンのクラッシュがラウンド形状でめっちゃ撓るフィーリングだけど、フォーミュラはそれを感じない?

数値上はクラッシュに迫るレベルのはず・・・

撓りが感じ難いのがラウンド形状だからか、黄金スペックだからか、はたまたフォームが充填されているからか。

よく考えたら自分、フォーム充填のラケットって使った経験が無いかもしれない・・・

フレームの中に何か詰まってたらそりゃ強度はありそうだけど。

それか、シンプルに自分の力が落ちてる・・・ってコト!?

 

グリップ部がウレタンじゃない&レザーグリップってのもあってなおさらダイレクトな感じに仕上がってるけど、嫌な硬さではない。

嫌な硬さの例を出すとピュアアエロ(2016辺りのやつ)かなぁ、飛びとスピン最強って思ったけど、腕痛めそうって一番思ったラケットでもある。

そうか、RA値が高いラケットってこういう感じなんだ・・・みたいな。

他に使ってた事のある黄金スペックだとエスマッハツアー(初代)はストリングホールが大きくてストリングの撓みの方が気になって、スロートも硬過ぎないタイプなので腕にダメージが!って感覚は少なかった。

 

てな訳でフォーミュラは・・・硬めの感覚だけど嫌な硬さじゃない・・・ってこのフレーズ、もしかしてオレ色んなラケットやストリングに乱用してる???

まあハッキリとした打球感で、そこら中のラケットによくある空洞感とか雑味とか鈍さとか、そういう気になるモノは無い、こういうのを良い打球感って言ったりするのかな?

打球”感”って感じ方は人それぞれだろってところだけど。

マイルド過ぎると打った感覚が分かり難い、硬いと弾きが速くてすぐボールが飛んでっちゃう。

弾きって点だと、フォーミュラに撓りを感じ難いと言いつつも、そんな制御できない弾きって感じでもない。

一応ちゃんと数値上の柔らかさはあるって事なのかな。

ボールの乗りは感じられてるのか・・・?自分の能力不足の方が疑いが強いなぁ・・・。

27mm厚の反発力を警戒し過ぎてハードヒットできていなかったのか。

 

で、そう、このラケットは黄金スペックだけどやや飛ばないって評価もネットで見たけど、飛びに関しては前評判の割には特に不満なし。

自分はフツーに黄金スペックの感覚でボールを飛ばせた・・・42ポンドでユルユルならそりゃ飛ぶか。

ただ27mmなのはやや気になるかな。

大体の黄金スペックは26mm厚の中で1mm太いのは珍しいタイプ。

厚過ぎるラケットはやっぱ操作性がね・・・たった1mmだけど、ピュアドラ系の感覚でいくと更に違和感があるかな、振る感覚と、打つ時の感覚に・・・まーしかし1mmは些細な点でしょう。

クラッシュ並のRA値+フォーム充填の黄金スペックは比類なきスペック、パワー・コントロール・打球感全て欲しい人にはやはり無視できない存在だと思います。

自分もファンG買ってなかったらしばらくコレの打球感で楽しんでいたと思うんスけどね~ファンGめっちゃ気に入っちゃってねぇ・・・

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 21:14 | 229件のコメント