月別アーカイブ: 2021年8月

(no title)

この前ワクチンのセカンドサーブ。

2回目の副作用めっちゃヤバいと聞いてて身構えてたけど、翌日に38度出たぐらいで倦怠感や頭痛は無し。

頭痛なら昨日のテニス後にありましたが・・・(笑)

熱も解熱剤飲んですぐ引いたので仕事もフツーに行けましたし、翌々日も発熱無く、何事もなく、えっ?こんな軽いの・・・?って感じ。

ちょっと逆に不安になるわね。

まさか異物混入していたやつで効果が落ちてる、とか・・・ないか。

でも噂によると3回目打つかも?って話もあるらしいじゃん。

3回目にもなったらいよいよ副作用の地獄が来るか・・・?

どーなるんだ?ワクチンもっと受けるのか?異物混入でしばらく摂取進まなくなるのか?若者のワクチン接種への意識低いから蔓延してるのか?あっ、でも渋谷での若者向けの摂取会は大盛況らしいっスね~しっちゃかめっちゃかっスねぇ・・・

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 16:10 | 8件のコメント

(no title)

やーやー皆さん、今年のお盆休みは雨ばっかでしたねー、ただでさえどこにも行けねえってご時勢なのにテニスの予定もことごとく潰れましたねはい。

そんで9月の秋の市民大会もですねー、選抜ダブルスとシングルスが早速中止。

まー、そりゃそうでしょうね。

春はできたんだけどねぇ、これはもう残りの秋のダブルスも絶っっっっっっっっっっっ対中止だろうな。

絶っっっっっっっっっっっっっっっっっつ対コロナ収まらんでしょ10月も。

という訳で20代最後のテニスはもう幕引きかね。欲しかったねえ入賞。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:39 | 45件のコメント

DAHCORでラケットをオーダーメイド

まあ日本だって世界の大会では中々見ないとしてもブリヂストンとかミズノとか、トアルソンだってラケットを初めとして製品を展開しているじゃないですか。

なので日本に入ってきていない海外のブランドも数多にあるとはいえ。

ちょっと前にツイッターで話題になってたのがDAHCOR(ダコール)。

オーダーメイドのラケットを作れるって事で複数のフレームから選んで、重さとかカラーリングを選べる・・・

こういうオーダーメイド方式って他にはアンジェルとか、トミックが一時期使ってたZUSとか・・・有名ではないにしろ、やってるブランド以外とあるんですね。

古くはボスワースもあるね。

でも作れるラケットの形ってやっぱ決まってて、大体薄ラケ気味かピュアドラ気味か。

そしてフェイスサイズとかストリングパターンもド定番のタイプ・・・

決められるのは重さやバランスぐらいで、フレームの形状とかフェイスサイズ、フレーム厚、ストリングパターンやRA値は決められた物を選択・・・まあそりゃそうですけど

 

 

 

dah2

 

ダコールもBYO(Build Your Own)なるサービスで、色んなカラーをページ上で事前にデザインできて、それは凄いなあと思うんですよ。

なんか虎柄とかあるし。

でもラケットの種類がなぁ・・・

なんて思ってたのですが、

ぼんやりページを眺めてると、なんかこんな記載があったんですよ

 

 

 

dah1

 

・・・自分は英語全然できないのですぐにはピンと来なかったんですけど、翻訳して読んでみたら

「あなた自身のラケット型を生産するための排他的なサービス」

「90インチから115インチのヘッドサイズに開発」

・・・んん?

このFROM SCRATCH TO MATCHなるサービス、ダコールのトップページにあるBYOとは別で、こっちでもラケットの発注ができる?

しかも90インチから115インチって?

BYOで作れるダコールのラケットは4種類、97インチor98インチの薄いボックスフレームと、100インチor102インチのやや中厚のラウンドフレーム、のはず・・・

もしや決まったフレーム以外のラケット、自分の希望するスペックを作れる・・・?

1000€なる価格も気になりますが、まあそれは置いといてページを進んでみると

 

 

 

dah3

 

えー、まずヘッドサイズを選択式じゃなくて手入力で入れるんですか?

でその次が・・・メインストリングスとクロスストリングス?

ストリングパターンを決めれるの!?

良いんですか?16x16とかやっちゃって良いんですか!?

重さ、バランスポイントときて・・・その次はRA値も?

どの項目も手入力じゃあないですか、制限とか無いんですか。

・・・ マジすか、ぼくのかんがえたさいきょうのラケット作れちゃうって事じゃないですか?

どういう事かとページを読んでいると、

「テニス業界で初めて、長年のテニスラケットの研究で得られた知識を活用して、レイアップの制限がほとんどない独自のフレームを開発し、独自のラケットエンジニアになることができます。」

「FROM SCRATCH TO MATCHは、オールラウンドなラケットサイエンスに関する深い知識を持っているが、細部に至るまでラケットを製造するための極端なカスタマイズにアクセスできなかった真のテニス狂信者のために設計されました。」

 

・・・そりゃテニス狂信者が喜ぶでしょ、こんなサービスあったら・・・。

重さ関係のスペックだけでなく、フェイスサイズ、ストリングパターン、RA値まで自分で決められる・・・

そしてサイトの入力項目にはフレーム厚や形状についてはありませんでしたが、補足情報を付け足す欄もある。

これはもう自分の要望をドシドシ入れて良いって事ですよね!?

 

いや、僕は今使っているエスマッハプロはようやっとると思ってますよ?

何故か最近は市販品ばかり使ってますけどプロストックだって買い集めて、ラケットに関してはもうやりたい放題・・・

 

IMG_20210207_222544

 

今でさえ部屋の中のラケット棚は容量オーバー、そこら中にラケットが転がっていてこれ以上増やすのはヤバいなあって思ってるんですよ・・・?

 

でも、スペックもデザインも思うがままのラケットなんて言われたら・・・ロマンじゃないですか、それはもう・・・!

という事で・・・今・・・注文してダコールさんとラケットを打ち合わせしているのだ・・・(爆)

気になるお値段は2本で1000ユーロ・・・大体13万円也・・・

ちなみに注文段階で前金として100ユーロの支払い。(これは打ち合わせして要望するラケットが作れないと分かった場合に返金。)

ラケットに13万・・・かつてない投資だぁ・・・

と、流石の僕も躊躇はしたんですよ。

でもですよ・・・何でも自由に決めれるラケットって言われたら・・・今買わなくても絶対いつかしら買う事になると思うんですよ・・・という事で(笑)

 

 

 

 

lck1

 

そ、それに、スーパーカブなら新車で23万6500円ですし

それと比べたらダコールのラケットは2本で13万、1本分は6万5000円・・・カブより安いし(錯乱)

(まあ僕のカブ中古ですけど あとリトル)

そう考えると・・・いけるかなって・・・

 

何でもかんでもスペックを決めていい、まるで夢のようなオーダーシステム・・・って事で今はダコールとスペックの刷り合わせをしているところですが、はたしてこの自由なシステムが今後広まって人気になるかと言うと・・・

もしかしたらそう上手くいかないのでは、なんて自分は思ってたりする。

ロマンではありますが、決められるスペックが自由というのは案外選択が難しいような気もする。

いざ好きなスペックにして良いよ!と言われると、どんなラケットが自分にとっての最高なんだ・・・?って思わなくもない。

市場に出回っているラケットってどれも大体良い出来ですし・・・

それに自分 は自分が使った事のある物、知っている事しか知らない。

自分の未知の部分には自分だけでは気付く事ができない。

そういった一ユーザーの未知の部分をフォローできるのが数多の製品を取り扱うテニスショップであり、テニスの知識と技量を持つテニスコーチであり。

そして、王道として根付いたラケットから奇想天外なラケットまで生み出してきた歴史あるテニスメーカー達であり。

それらの存在を飛び越えて一ユーザーがラケットの何もかもを決めて、コートで握る。

そこにベストな選択は、はたして存在しえるのだろうか。

まさしくテニス狂の為に用意された選択肢と言える。

(当然、ラケットのスペックについてはダコールと相談して決める流れなので、何もかも自分で決めてねって事にはならない。

ダコールのラケットの選択肢には、4種類のフレームから選んでスペックとカラーを決めるBYO、フレームの形を選ばず、アンケートに答えてダコールにスペックを決めて貰うRACKET MATCHといったサービスもある。)

そして自由にスペックを決められるサービスと言えば・・・プリンスのサヴァラン、というラケットが昔あったらしいですが、とうの昔にそのサービスは終わっていて。

となると、オーダーメイドラケットというのは・・・便利そうに見えて難しいのかなぁ、と思う。

あと、市場で販売されているラケットに憧れや愛着を持って選ぶ人達だって多い。

プロスタッフやグラファイト、ピュアドラやアエロといった歴史ある名器達と10年、20年!?と寄り添ってきた歴戦の猛者達も少なくないはず。

 

はたしてこのメイドイン・ポルトガルの超自由なオーダーメイドラケットが市場に根付くのか・・・まあ、根付く根付かないに関わらず僕は試さずにはいられませんでしたって事で(笑)

現在ダコールと理想のラケットをすり合わせ中・・・

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 17:16 | コメントをどうぞ

ワタ練

Screenshot_2020-01-07-18-37-56

 

2年ぐらい前に練習ご一緒させて頂いたな~・・・と思ってたら去年の1月の話だった川上航コーチ。

それから川上コーチは元公務員ワタルTennis channelとしてYouTuberになったり、テニスオフやテニスベアでワタ練なる練習会を開催していたり。(公式ホームページもある!)

で、今日休みをとっていたクレー、最近テニスサボり気味だな・・・とか、どうにかテニスのレベルを上げたい・・・と思っていたので、ワタ練に参加してきました。

ワタ練は大和でやってくれているので、海老名から近くてイイネ!(ぇ

ただちょっと不安だったのが、以前やった時・・・ひたすら球出しで打ちまくり走りまくり、普段ろくなテニスをしていない自分だと身体がズタボロに・・・

ワタ練の説明を見ると「かなり疲れます」とか「参加条件:2時間動き続けられる方」とか、これきっと前に一緒にやった時みたいにハードなんだろうな~明日仕事だし疲れを残したくないな~

なんて思いながらも、でもテニスオフやテニスベアに門戸開けて色んな人からの参加を募集してるって事はあの時よりはマイルドになってるでしょ!

という可能性に賭けていざ参加だ!

で、めっちゃハードでした(笑)

いや~ヤバいと思いましたね!

まあ我々ってこの酷暑の中やってるし最近毎度毎度テニスでヤバい状態になってるだろ!って言われたら、はい、なってますけど(笑)

めっちゃ打ちまくって走りまくった・・・30歳近くなると、身体が限界だって叫びが直感で判るねぇ・・・ワタルさんの方が年上ですけどね。

でもおそらくワタルコーチはこの運動強度の練習をずっと続けている訳で、となるとスタミナ面の時点からしてとんでもない化物じゃんか。

それと自分自身に思ったのが、準備が足らん・・・彼らの水準を満たすには・・・

ワタルコーチが出る川崎や横浜の市民大会ともなるとそりゃ人口が多い分いろんな人が出てくるので、魑魅魍魎が跋扈する危険地帯。

そういうレベルで勝ちに行くならば、やはりこれぐらいハードに動いて見せなきゃ化物相手に対等になれない、それは分かる、けど、悔しい事に今の段階の自分だと死んじゃうなあ・・・(笑)

というか横浜とかじゃなくても、どこの市民大会も大体コーチとか体育会とかジュニアとか、そういう経験を積んだ人は出てくるよね。

自分より優れた経験を持つ相手が出てくる事をズルいと思うのか、対等未満である事を恥じるべきなのか、恥じる感性があるのならせめて一泡吹かせる為の準備もできないものなのか。

気後ればかりしてしまう自分では、入賞する事は永遠に無いだろうな~と思っている。

なのでこういう練習会は一回出てあー久々にしごかれた、満足!じゃなくて、継続して出ないと駄目な訳で、

気持ち的にはしごかれたくないなぁと思ってますが(爆)、そもそもハードさに追随できるよう体力増やして、また行かないとって思っています。(休みが取れたらだけど・・・)

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:10 | コメントをどうぞ