カテゴリー別アーカイブ: サービス

イベント後のサーブ指導

昨日、2月12日の東戸塚松原テニススクール

祭日の月曜だったので、イベント日

昼間は女子ダブルスとジュニア男子のダブルス大会。

女子ダブルスの後、少し時間が空いたので

参加者にサーブのコツを伝授

希望者のみということだったが

10名以上の方が参加された。

swsrm4

内容はここのところ何度も書いている

サーブの原点の実行

写真のように右前にトスを上げる

打点よりも40cmくらい高めにトスを上げ

振り子のテンポで

ユウックリと長いスウィングを

ほとんどの方が楽にスピードアップ

あっという間の上達を果たした。

 

ところが

2,3人の方がスピードアップしない。

せっかく高めに上げたトスを

低くなるまで待ってから急いで振っている。

高いところから振りはじめるようにアドバイス。

イメージをしっかり持ってもらってから

もう一度

面白いようにサーブが伸びていく。

 

前から、ラケットを上げていく

swsry2

上腕と顔の間を離すようにすると

「肩の持ちが30年は違いますよ」

といういつもの話も実感していただいた。

 

この後グリップを薄くしてスライスサーブに発展

「斜めのラケット面をまっすぐぶっついて」

というわかりにくい話を受け入れてもらい

切れのいい、鋭角に決まるスライスサーブが

そして

安全に振り切るスライスセカンドサーブも打ってもらい

主催者発表だが

大好評のうちに講習を終えることができた。 テニス

 

ほぼ全員のサーブを改善してしまった

自分でも満足のレッスンだった。 ひよこ

 

 

カテゴリー: イベント, サービス | 投稿者松原コーチ 10:40 | コメントをどうぞ

サーブの原点の次

ウェスタングリップでのフラットサーブが原点

単純に腕の前後の動きのみの次のサーブは

イースタングリップでのフラットサーブ

ちょっとだけの進歩のように見えるが

ここに

ほぼすべての要素が入ってくる。

だから、逆に

ウェスタンでの移動距離の大きさが

しっかり身に付いていてほしいのだ。

さて、イースタングリップサーブ。

swsrm4

インパクトは

swsry5

打球方向を向くが

構えは少し横向き

swsry1

トスを上げながら

swsry2

ラケットを後ろに垂らしていき

swsry3

一番垂れた時には

swsry4

上体がかなり前向きになっていく

だから

上体が前向きに回転していく要素が入っている。

それと面が打球方向に向いていないことに注目

つまりこれから

前腕の回内が必要ということ。

打球方向に面が向いていると

ラケットヘッドを大きく落とせない。

そして

しっかり前向きでインパクト

swsry5

上体の前向きの動きも止まって

フィニッシュ

swsry6

ナイスサーブ

さて

ウェスタンの腕の前後動のみに比べて

 

1,上体の前への回転

2,前腕の回内

 

2つも要素が増えたわけだ。

大した違いじゃないと思うなかれ

上体の回転はボール投げのできる少年なら簡単にできることだが

前腕の回内は決定的に重要で

これがないとスウィングの長さが取れない。

コンチネンタルグリップでの回内量に比べれば

ほんの少しなので

上級者やコーチから見れば無視できるほどなのだが

運動経験の少ない初級者にとっては

とてつもないハードルなのだ。

swsry4

だから

ウェスタンでしっかり振り込んでおいてほしいということ。

スウィング長さを感じておいてほしいということ。

wsry3

そして

このハードルがクリアーできれば

次のステップ

コンチネンタルでのスライスサーブは

イースタンフラットができるなら

その、ほんのちょっと先の出来事なのだ。 テニス

 

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 17:55 | コメントをどうぞ

サーブの原点2

サーブの一番簡単な形

それはウェスタングリップのサーブ

wsrm1

終始

打球方向を向いたまま

wsry1

ラケットを前から上げ

後ろに垂らし

wsry3

面の向きを感じながら

そのまま振り出す

wsry4

手首の形もそのまま

wsry5

内旋も回内も

上体の回転すら使わない。

動かす要素が少ないので

運動経験が少ない人

小学生低学年でもできる。

動かす要素が少ないのに

スウィング幅がそれなりに取れること

面の向きが感じ取りやすいことが最大のメリット。

ココから始めないと

ネットを超すだけで苦労する人

コントロールがまるでない人が出てくる。

逆に

ココから始めて

スウィング幅を感じ

面の向きを感じさせることができれば

テニス仲間に引き込むことができる。

ココを楽にこなせるようになれば

次のイースタングリップ

上体の回転

内旋、回内を使った本格風サーブに進むことが可能になる。

ココを楽にこなせないうちに次に進むと

一生サーブが苦手な人が出来上がるかもしれない。

ウェスタングリップの単純前後動きスウィングは

サーブの原点なのだ。  テニス

wsrm2

そうそう

運動能力の高い小学生に

ウェスタンサーブを何年も長くやらせ続けると

回内を使ってリバースサーブになっていることがある。

リバースとは

野球でいう、シュートボール。

回内で面が右を向いてしまうことによる結果なのだ。

上手に身体を使える子には早めに薄いグリップを教えるといい鴨。 ひよこ

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 17:52 | コメントは受け付けていません。

サーブの原点は

サーブで細かいテクニックがいろいろと言われるが

一番大切なことはスウィング幅

ラケットヘッドが一番下に垂れ下がること。

CIMG3336

ココから振り上げられて

CIMG3337

打点に達するのだけれど

スウィングのベースは振り子のテンポにある。

metronorm

だから

テンポが同じなら

振り子の振幅が最大の時に

最高スピードが出る。

 

サーブの初めてとして

バシッとぶったたけることが重要

そしてその時

振り子のテンポをベースとしたサーブは

面の向きも正確になる。

パワーとコントロールを合わせ持つ

一流サーブの原石となる。

 

それができてから

面の向きがどう

打点がどう

回転は

という話に進めばいい。 テニス

 

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 16:20 | コメントは受け付けていません。

トップスピンをかけるほど・・2

スピンを多くかけようとしているのに

ラインの内側に納まってくれないのはスピンサーブも一緒。

試合でダブルフォールトを回避すべく

スピンをいっぱいかけようとする

どうしてもサービスラインの20cm向こうに弾着。

こすり上げ量が多いほど

飛び出し角度がさらに上を向いてしまうからだ。

こんな人が

昨日のシングルスイベントでも何人かいた。

さてどうする?

まず考えるべきは面の向きをより下に向けること。

CIMG3337

ボールの斜め上を打つのだ

そのためには

構えで面を内向きにして

肘を曲げ

腕に少し力を入れ

固めてておくのがプロの常識。

rao1801srtos

そして

内旋回内を使い

腕を引っ張り込む。

CIMG3338

こすり上げる意識が強すぎてはいけない。

そして

腕に力を入れないと

内旋回内が上手く使えない。

下に向かってスピンサーブを打ち下ろすように。

相手コートに自分の力で捩じ込むのだ。テニス

 

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 17:55 | コメントは受け付けていません。

サーブの膝はゆっくりと

サーブで

全身を使ってパワフルに打ちたいため

膝をすごい勢いで伸ばそうとする人がいるが

これは無駄な努力に終わる。

 

下半身の運動量が腕に伝わっていくには

都合のいいテンポがある。

そのテンポは

下半身が終わってから上半身の動きに伝わる。

そのタイミングが合わないと

むしろ、下半身を使わな方がまだまし。

 

伝わるためのテンポのためには

トスを上げ膝が曲がったところから

CIMG3330

ゆっくりと膝を伸ばしながら

ラケットヘッドがゆっくり降りていき

CIMG3335

膝が伸びきったところで

ラケットヘッドが一番下まで垂れる。

CIMG3336

急いで膝を伸ばすと

ここまではラケットが垂れる暇がない。

だからスウィング幅が取れず

情けないサーブになる。

いいサーブは

軽くジャンプして

膝が伸び切り

下半身の動きが止まったところで

CIMG3337

一気に腕が振り出される。

そして内旋を使い

腕力で一気に振り切られる。

CIMG3338

身体の動きは上下には飛び上がることで止まり

前後には

背筋を固める力の反動で

右足を後ろに蹴上げることだ上体の倒れと回転を止める。

最後の2枚の身体の向きをよく堪能してほしい。

膝はゆっくり伸ばすのだ。

federsupin1604

ロジャーも楽勝で余裕があるから

ゆったりとサーブしているのではない。

あれが一番いいサーブを打つテンポだからなのだ。テニス

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 19:23 | コメントは受け付けていません。

アドコートからのスライスサーブ

スライスサーブは左に切れていくもの。

だから

ジュースコートから打つのを得意にしている人が多い。

そして

アドコートでは打ちにくいと思っている人が多い。

なぜだろうか?

これはサーブが飛んでいく方向から見た絵。

CIMG5002

つまり

サーブはこちらに向かって飛んでくる。

で、よくあることなのだが

アドコートへ行くと

CIMG5005

アドコートのサービスボックス、打球方向から見た絵だが

かなりジュースコートに比べ、身体の向きがオープン。

これでは

スライスサーブでこちらに打つのはかなり苦しい。

それならどうするかというと

 

その構えはこんな感じ。

CIMG5006

そう

先ほどのジュースコートサーブの

打球方向から見た絵とほぼ同じ。

ラインの向きだけが変わっている。

こうすればこちらに

アドコートに向かってスライスサーブを打つことができるのだ。

 

なぜこんな事が起こるのかというと

大多数のスライスサーバーが

打つ方向ではなく

ベースラインに対して同じ角度で構えているから。

 

これからは

ベースラインに対してではなく

打球方向に対し、スタンスを取り

打球方向に対し、身体の向きを決め

打球方向に対し、同じ角度からトスを上げよう。 テニス

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 18:04 | コメントは受け付けていません。

右側にトスを上げる

「右上にサーブのトスを上げると肩の持ちが30年違いますよ」

というのが最近の松原コーチの口癖。

そう

サーブでは顔の右側にトスを上げるのがよい。

0022

打点はそんなに高くなくていい

というより

むしろ低めでいいから肘は必ず曲げること。

一番の理由は

肩を痛めないこと。

ひじを痛めないこと。

顔のそばに上腕が来ると肩を痛めやすい。

肘が伸びきるとテニスエルボーに・・・

それと

痛めない理由でもあるが

右ひじの位置が両肩を結んだ線の延長に来ると

内旋が効き力強いサーブになる。

でも

プロは頭の右じゃなく上で打つ!!

いつも「プロの技術に基本が」という松原コーチの教えは?

tssr5b

ちゃんと両肩を結んだ延長上に右肘が

プロは上体を曲げることでこれを実現しているのだ。

こうすればパワーと、肩の無事と、高い打点とがすべて実現する。

しかも

時速200kmのサーブには高い打点も必要になる。

でも

そこまで速くないのなら

0022

これで充分スピードも出るし

スライスサーブは大谷翔平のようスイーパーのようにに鋭く曲がるし。

しかも

肩も腰も、30年は持つ。 テニス

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 16:18 | コメントは受け付けていません。

イタバネ君 デビュー

東戸塚松原テニススクール

入り口を入ると、左側にフロントのカウンターが

P1010653

今月から飾ったクリスマスツリー越しに

写真撮るねと言ったとたん

女性はいなくなり、男どもだけ3人が取り残された。

えっ、2人だけじゃんと思いきや

P1010648

カウンター上に、「イタバネ君」 登場

この子、実はスジガネ君のお兄さん。

サーブの動きを

3つの動作だけで描き切るために制作したもの。

わたしが制作した、スジガネ君兄弟たちの元祖なのだ。

それを昔々、テニスジャーナルの取材中に記者、前島さんに見せ

雑誌に載せるために依頼され、6体制作したのが弟の「スジガネ君」たち

fv3imp

この子はフォアのスライスとボレーの専門家

「スジガネ君 FV」

 

さて、イタバネ君、スピンサーブの技前

P1010649

外旋、回外しきったところから

内旋、回内、しながら振り上げ

P1010650

インパクト

さらに内旋、回内して

P1010651

なかなかに見事なショットでしょう。

彼に会って、握手し

腕の動かし方を教えてもらえば、サーブの上達は間違いない。 テニス

松原コーチや真家コーチ、石川コーチも待っています。

P1010652

ぜひ、東戸塚松原テニススクールにおいでください。 クリスマス

 

 

カテゴリー: サービス, 新東戸塚松原TS | 投稿者松原コーチ 17:12 | コメントは受け付けていません。

トスを20cm高く

最近、東戸塚松原テニススクールで

レッスンを見ていて

サーブのトスを 「もう20㎝高く上げましょう」

というセリフを

毎日のように呟いている。

CIMG3330

ココからゆっくりと時間をかけ

長い距離、ラケットを振る。

ついついスピードが出ちゃう。

打った後の皆さんの笑顔を見せたい。

 

これなんだかわかるかな?

metronorm

メトロノーム  アナログ式

曲のテンポを教えてくれる機械

要するに上向きについた振り子だ。

長さと重心までの距離で、固有のテンポが決まる。

重心までの距離が長ければゆっくりになる。

ラケットを縦に上下動すれば

サーブのスウィング、固有テンポを感じ取ることができる。

cimg5522

cimg5521

cimg5520

そのテンポに逆らわないように振れば

誰でも素晴らしいスピードのサーブが打てる

そのための時間を得るために

「トスをもう20cm高く上げましょう」  テニス

 

 

カテゴリー: サービス, 新東戸塚松原TS | 投稿者松原コーチ 17:25 | コメントは受け付けていません。