老いなき世界

かなり以前になりますがこのブログでも紹介した「寿命1000年 長命科学の最先端」という本がありました。老年学研究者でケンブリッジ大学教授のオーブリー・デ・グレイによる老化とその克服についての理論をジョナサン・ワイナーというジャーナリストがインタビューから得た話しをもとにまとめ上げたものでした。

内容はとても興味深く参考にるもので夢中で読んだのですが、どうしたら老化を克服するかについて素人にはよく理解できない説明や記述が多く、具体的にどうすれば良いのかについてのアドバイスなどはほとんどありません。

それでもこの書から「老化は克服可能なもので人は1000年もの長寿を得ることが出来る!」という主張に勇気づけられました。

そして最近またそうした長寿についての新しい本が出版されて書店で山積みされているのを発見して直ちに買って読んでみました。

そのタイトルは「ライフスパン 老いなき世界」というもので、この本はデビッド・A・シンクレアというハーバード大学医学大学院で遺伝学教授として終身在職権を得ている世界的に有名な科学者本人が書き下ろしています。

世界最先端の長命科学研究をしているその人自身がユーモアやセンスあふれる筆致でどうしたら長生き、しかも元気に長寿を迎えることが出来るのかを具体的アドバイスも含めてきっちりと著述されているところが素晴らしい一冊です。

この本と以前から最新の老年学研究によって明らかにされた健康元気に長生きする秘訣について紹介したいと思います。

まず一つは食事のカロリーを抑えること、それは一回ずつを減らすだけでなく一日に三度も食べずに二回とか出来るならば一度だけにすべきということ。

低カロリーと定期的断食が良いということで、私はもうかれこれ10年近く前から昼食をやめていてしっかりこれは実践済みです。その結果はまだ1000年も生きていないのでわかりませんがいま現在の状態としては体脂肪が7%台程度を特に空腹を我慢することもなく維持できています。

二つめは動物性タンパク質の摂取を控えるということです。身体には必須アミノ酸と呼ばれるものが必要なのだけどそれは大量の肉類を食べなくても必要量は確保できるからお腹いっぱいに焼肉とかトンカツを食べるのは良くないってことです。

三つめは寒さに身をさらすことを厭うな!ってことです。今日の肌寒さくらいでもうエアコン暖房を使い始めるようではいけません。それは夏の暑さに対しても同様でつまり身体の恒常機能を働かさないでいると劣化して自分で自らの身体を良好に若々しく保つ能力が損なわれていくというわけです。

そして四つめ、これはテニス365ブログの読者の皆さんならばおそらくクリアできていると思います。それは適度に運動するということでテニスをプレーするのは理想的な長寿に貢献するスポーツというわけです。

興味がある方はこの本を買って読んでみてください、ただし傍らにポテトチップスとか甘いお菓子とかそんなものをつまみながらではいけません。何かを食べるということはそれを身体は化学的に処理しなくてはならずその際に若さを保つ酵素の無駄使いという事態を招くわけです。

髪の毛を黒く保つためのカタラーゼ酵素なんてのも年を取るとどんどん減っていく、ただでさえ少なくなったその酵素をジャンクフードを食べてその処理で浪費してしまう。その結果どんどん頭は白くなっていくというのがわかりやすい避けられる老化現象の縮図なんですね。

ちなみに白髪を誘発してしまう二大食品をお教えしましょうか?

それは卵の白身とコーヒーです!

でも食べたらダメというわけではありませんからご安心を。

卵の白身については加熱すれば阻害因子が激減するので大丈夫だそうです。

そしてコーヒーは食品用の炭を使ってその有害な過酸化水素を除去すればオッケー!

私もそうやって卵もコーヒーも食べて飲んでいます。

それで白髪はどうなのかって?

還暦からもうすぐ2年ほどになり同世代の友人や知り合いと較べると少ないのではないかと自分では思っていますが全くゼロではありません。

老化は自然現象などではなく病気なのだとシンクレア博士が主張するとおりなのだと思える事例の一つです。

S__5177359 (2)

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 15:10 | コメントをどうぞ

冬場もテニスする前にしっかり水分補給しておきましょう!

空気が乾燥していて早くも指先にひび割れが生じていますが、レッスンが終わる度にアルコールで手先を消毒するのも影響しているようです。

親指とか中指、薬指にパックリと亀裂傷が入るとラケットを握る際にけっこう痛みを感じてボールを打つのに支障をきたすので厄介です。ドラッグストアで保湿クリームを買って頻繁に塗布していますがいちど切れてしまうと中々もと通りにならないものです。

そんな指先になる原因はもう一つあって、それは最近ようやくボールを思い切り打っても大丈夫になって少しずつですが練習しているのです。わずかな時間ですがしっかりしたボールを他のコーチに打って貰って今の私にはそこそこハードヒットラリーです。

気を遣って打ってくれているにも関わらずたまに、いや頻繁にセンターオフヒットするので指先への衝撃や摩擦も増してしまうというわけです。こないだはそんな風に何度もガシャって打った所為かほんと久しぶりにストリングが切れてしまいました。

打っている最中にストリングを切ったのはいったいいつ以来だったか?というほど記憶がなくてもしかしたら三年ぶりくらいかも?!

指先もストリングもやはり乾燥すると切れやすくなるもので、この時期は通常よりもそういうことが起こりやすいのでしょう。その程度の切れるならばどうということもないのですが、これが筋断裂とか腱の断裂となると大変なことになります。

皮膚の表面が乾燥して切れやすくなっているということはその内部の筋肉や腱組織内部でも同様に乾燥して断裂しやすい状態に陥っています。そして気温が低くなるとあまり水分の補給をしなくなるのでさらに身体のなかはカラカラになってしまう。

そんな乾燥した筋繊維や腱繊維は弾力性が損なわれているのでいつもならば免れることが出来る突発的な伸張運動で容易に断裂を起こしてしまいます。

いわゆる肉離れとかひどい場合はアキレス腱を切るという深刻な傷害を招くリスクが高いので、寒くて喉があまり渇いていなくても運動の1時間以上に十分に水分を補給して筋肉と腱にも潤いを与えておかなくてはいけません。

どうぞ皆様、この乾燥した時期に筋肉や腱をブチっとやらないようにくれぐれもご注意くださいませ!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 18:07 | コメントをどうぞ

新しい出会いに喜びと感謝、そして期待かな

ブログを一年以上も書かないでいるあいだに信じられないほどいろいろな事、それは良い事と悪いことが交互に怒濤のように押し寄せて来たと言っても過言ではないほどでした。

あまり悪いことは思い出したくないので良い事について少し書いてみましょう。

まず何よりもこの一年少しのあいだになんと孫が二人も生まれました!

長男と次男にそれぞれ男の子が8ヶ月違いの同学年となる私にとっての孫たちです。

このコロナの所為であまり頻繁に会うことが叶わずとても残念ですが、会えた時はもう可愛くて堪りません。

孫の可愛さは格別だと聞いていましたが確かにもう爺さんはその笑顔にメロメロです。

でも長男の息子は会う度に私の顔を見るなり大泣きして馴れるまでに時間がかかり、もう帰る頃になってようやく笑ってくれるという状態。

次男の息子はこないだまで泣かなかったのについ最近にやって来た時はやはり私の顔を見て泣き出してしまい、やはり人見知りが始まっているみたいでした。

二人とももう少し成長したらそんなこともなくなって私のことを「お爺ちゃん!」と慕ってくれるんじゃないかと期待しています。

孫の話になると止まらなくなりそうなのでこれくらいにして、もう一つのとても良いことは新しい職場です。

それは武蔵野ドームテニススクールという杉並区の高井戸駅の近くにあるとても綺麗なインドアコートのスクールで、この11月でちょうどお世話になりはじめてから丸一年が経ちました。

ここはとても広々とした大型のドーム型インドアコートが横に三面ほど並んでいて、冷暖房も完備されていて夏の暑さも冬の寒さも無縁で一年中とても快適にプレーが出来るテニスプレイヤーの楽園のようなところです。

素晴らしいのはテニスコート設備だけでなくここに働く人々が皆さんとても良い方たちで、ここでテニスコーチを続けることが出来て私はとても幸せだなと感謝したい気持ちでいっぱいになります。

それはこの武蔵野ドームテニススクールについてだけではありません。

もうかれこれお世話になって二十年になる自由が丘インターナショナルテニスカレッジというもう一つのテニスプレーヤーの楽園にいるスタッフの皆さんにも本当に心から感謝の念を感じています。

この二つのテニススクールの皆様にはいつも良くして戴いています、本当にありがとうございます。

ブログを読んでくださる皆様にもぜひこの素晴らしいテニスプレーヤーの楽園へお越し頂いて快適なプレー環境を試してみてください。

今日はそんな楽園で楽しくテニス練習していたら何ヶ月ぶりかでストリングが切れました。しかし、その切れた位置があまりにもセンターから外れていて少しショックです。

次はど真ん中が切れるようにもう少ししっかり練習しなくてはと思います。

ちなみに今のラケットはプリンスの新しいファントムグラファイト100を使っています。肘の痛みも完治して久しぶりのグラファイトにまた戻れて実に気持ち良くボールが打てます!

まぁ速いボールを打たれると半分くらいはまだセンターオフヒットしていますけどね  :14 失礼しました:

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 00:14 | コメントをどうぞ

なんと今年はじめての投稿となってしまいました。

ずいぶん長いことこのブログを書いていないなと思いつつ、まったく更新する機会も気力もきっかけもなく一年半強が過ぎていました。

昨年は還暦を迎えてその記念に某ヨーロッパの都市へ旅行したのですがまずその準備に追われはじめて忙しくなったのが発端で、そこから続いて初孫の誕生、第二の母であった叔母の逝去、台風19号による洪水で自宅が床上浸水被害、実の母が心臓病で危篤になるもペースメーカー手術で奇跡の生還、お世話に為りっぱなしの偉大な伯父の逝去と枚挙に暇がない有様でした。

そして何よりも詳しくは書けない事情がありますが長年に渡って努めていたテニススクールを退職して、新しいスクールという職場環境の一大変化によってブログどころかそれまでの生活習慣を一変させなくてはならない事態に陥りました。

さらに環境が変わったとはいえ40年近いキャリアを持つテニスコーチ稼業ならば戸惑うこともなくスムースに馴染めるから良いのですが、その他に以前からやってみたかったのとこれからのことを考えて思い切って飛び込んでみた新しい仕事に慣れるのに多大な労力を要してしまいました。

その新しい仕事というのは進学塾の講師なのですがテニスコーチという経験があったので教える内容はまったく違っても、テニスを上達させるノウハウは学習面でも十分に応用できるのではないかという目論みは見事に当たりました。

おかげで今はその新しい講師の仕事を楽しんで取り組めています。

還暦を迎える男性の場合それは厄年の本厄にあたるそうなのですが、正に私の昨年はそんな還暦=本厄イヤーそのものでした。

それがやっと終わるかと思った今年はなんとこのコロナ渦によって世界が大パニックとなり今に至っているわけですが、ようやくワクチンが開発されつつあるとの報道もあってもうすぐ収束してくれるのではないかと期待が持てます。

そんな少しばかりの安堵感を覚えたことがきっかけなのか突然にこのブログのことを思い出してそろそろ再開しなくてはという気持ちが芽生えたというわけです。

以前の「気ままなコーチのテニスショップ」というタイトルはもはやショップをやる見込みも気持ちもなくなってしまったので変えることにしました。

新しいタイトルのこのブログをまたどうぞ宜しくお願い申しあげます。

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 14:20 | コメントをどうぞ

元カノは重い

こないだまで花粉症が今年は軽くなったのか?とぬか喜びしていたら、今日は雨模様だというのに鼻水が止まらずものすごく不快な状態です。

鼻をいくらかんでもすぐにまた鼻水が流れ出てきてキリがなく、そして洗い物でゴム手袋してティッシュを掴めないような時に限ってそれはさらに悪化することに腹が立ちます。

それと外出してポケットティッシュを使い果たしたり忘れていたりする時も、なぜなのか鼻水の出具合に拍車がかかる。

それでもうティッシュを身近にたっぷりと準備していつでもサッと鼻が拭えるようにしておくとどういうわけだか止まるのが不思議です。

そんな花粉症が最悪ピークを迎えていますが、肘の痛みはさらに良好化して日曜日はかなり重くて小さいラケットを使ってサービスはもうセーブすることなく思い切り打ってみたけどその後に肘の痛みが悪化することはありませんでした。

そしてストロークでは未だこの重さにアジャスト出来ておらずあまり良いボールが打てないのですが、サービスに関してはもはやこれしかないでしょ!って感じです。

やはりボールに威力と勢いをつけるにはそれなりの重量があるラケットをフルスイングすることが必要なのかなとあらためて思いました。

軽いラケットでけっこうしっかりと打っても相手からなんなく返されてしまうのに、重いモデルを使うと少し手加減して打っているにも関わらず相手がとても打ちづらそうにしているのがわかります。

やはりここはまだ思いきって重め、小さめ、薄めのラケットへと回帰すべきでしょうか?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 19:31 | コメントをどうぞ

ワンタッチで付け替え可能な網状ストリングフェース?!

こないだフェースが小さくてフレームが薄くて、重いラケットを打ったらとても良い感触だったことで、もうすっかりラケットを元に戻す気持ちに傾いてしまいました。

それでそんなタイプのラケットをカタログやネットで物色していたのだけど、あることに気がつきました。

それはプリンス、ウィルソン、ヘッドにはそれぞれグラファイト、プロスタッフ、プレステージという長く続くフラッグシップモデルシリーズがあり、私はそのグラファイトとプロスタッフにはとても馴染みがあります。

でもヘッドのプレステージだけはもしかしたら2~3回くらいしか打ったことがないかもしれないのです。

いや、この歳になると記憶が実に曖昧になってしまってそんな中でヘッドのプレステージは確か購入した記憶はなく実際に屋根裏にも存在していないはずです。

打ったことがあるのは誰かが使っていたプレステージを少し試しに打たせてもらった程度だったかなと思います。

そのときにすごく良かったという印象が残っていないところを考えると、あれだけの名品プレステージでも私には合っていなかったのか?

しかし、いまや市販モデルでフェースサイズ95インチというとごく限られたものしかなくてその一つがプレステージなので何かとても打ってみたい気持ちに駆られます。

でも一つ気になるのは、プレステージというとフレーム全体をカバードグロメットというストリングホールを覆うようになっている構造が実に張り替えを厄介にしていたこと。

今のモデルでもあのカバードグロメットタイプのままなのでしょうか?

ヘッドはなんであんな構造にしたのでしょうね?

張り替えも厄介だったけど古いストリングを取り除く作業から既に面倒くさいラケットで、あんなのを3本も4本も持ち込まれると本当に迷惑って思っちゃいました。

古いストリングの取り外しを一発で出来て、張り替えもすごく簡単で楽なラケット。

そろそろそんな画期的なラケットが登場してくれる頃ではないかな?

ラケットフェースの形に合わせて最初から面状に編まれたものをフレームにカチッと取り付けるだけで使えて、面圧も取り付け前に調整することが可能で劣化したらその面状のものを簡単に取り外して新しいものとワンタッチで付け替えるだけ!

そんなのが出来たら本当に便利なんですが、ストリンガーはいらなくなりますね。

まぁそれも時代の流れだから仕方ないことです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 00:19 | コメントをどうぞ

故平野三樹先生を偲ぶ会

テニスコーチの資格にはいくつか種類があって、我々のようなテニススクールに所属しているコーチは日本スポーツ協会、日本テニス協会、そして日本プロテニス協会のそれぞれが認定している資格のどれか、もしくは複数を持っています。

以前はこれらに加えて外国のテニス団体が認定する資格などもあって、テニスコーチ資格が乱立していましたが最近は先ほどの3団体資格に集約しつつあるようです。

私が認定登録している資格はこの中の日本スポーツ協会認定プロテニス上級教師と日本プロテニス協会認定プロフェッショナル2というものです。

元々は日本プロテニス協会認定の資格だけを持っていたのですが、それに加えてかつての文部省認定テニス教師という資格が創設されてプロコーチ資格を持つ者は数回の講習を受けて同資格を取得することが奨励され、私もその「テニス教師」資格を併せ持つようになりました。

これらの資格を得るためにそうした事前に講習を受ける必要があって、最初の日本プロテニス協会資格を受験するために軽井沢のゆうすげ温泉という所で2泊3日の合宿に参加してプロテニスコーチの心得や知識を学び、コート上でプロコーチとして身につけるべき体を合理的に使っての打球方法を実践練習しました。

そのときに我々をご指導くださったのはテニス専門誌「テニスジャーナル」誌上で「テニスの王道」シリーズを執筆なさっていた故平野三樹先生でした。

平野プロが講習のなかで見せてくださったコンチネンタルからフルウエスタングリップそれぞれで打つ、フラット、スライス、トップスピンの各ショットの見事な打ち分けには参加していたプロコーチの卵たちだった我々は思わず歓声を上げたものでした。

日本プロテニス協会のいわば技術顧問であった平野先生には、その後のアップテストでも、さらにテニス教師資格認定の技術講習会でもお世話になりました。

こんなことを言うと甚だ失礼だとの誹りを覚悟して書きますが、やや小柄な体躯の平野先生がまるで魔法のような鮮やかさでテニスボールを打ち出す様子は、どこかあの「スターウォーズのヨーダ」を思い浮かべてしまいました。

そんなプロテニス協会のジェダイマスター、平野三樹先生は一昨年に他界されてしまいました。

その「故平野三樹先生を偲ぶ会」を先生ととても親しくなさっており、また私も先ほど書いた軽井沢合宿やアップテストでお世話になったプロテニスコーチの大先輩でいらっしゃる澤田誠さんがお世話役をかってくださり6月に執り行うこととなりました。

期日は6月16日の日曜日、午後6時からで場所は品川駅付近のレストランにて立食形式で会費はおよそ5~7千円くらいを予定しているとのことです。

詳細については参加を申し込まれた方に後日おしらせとなります。

参加して頂ける方は下記リンク先にて登録をお願いします。

https://att.alohapc.jp/events/attendee/af83611bce

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 13:36 | コメントをどうぞ

至福の片手打ちバックハンド!

先ほどFBに投稿された動画でワウリンカの片手打ちバックハンドストロークの名場面集みたいなのを見ました。

対戦者はジョコビッチ、マレー、デルポトロ、錦織などトップランカーばかりでしたが、その強者たちから目の覚めるようなシングルハンドのノータッチエースショットを連発していました。

一時は世界レベルでのテニス競技からシングルハンドのバックハンドストロークは絶滅するのではと言われていたこともあり、そもそも指導するコーチで片手打ちの名手などほとんどゼロという状態でした。

そんな中で「神の手を持つ男」フェデラーがオーソドックスかつ正統派の片手打ちバックハンドの華麗な妙技を魅せるたった一人のいわばテニス界の絶滅危惧種だったわけです。

私がテニスを始めた頃の憧れはケン・ローズウォール選手という誰にも打てない独特で美しいフォームから放たれる芸術的な片手打ちバックハンドの名手でした。

そのバックハンドが打てるようになりたいというのが最大の目標で、試合に勝つとか負けるとかよりとにかくローズウォールのようにバックが打ちたいということで頭がいっぱいでした。

その後しばらくするとジミー・コナーズが現れて、とてもアグレッシブなプレーとネット上をわずか数センチくらいで矢のように飛び越えるダブルハンドのバックハンドストロークが素晴らしかった。

それでほんの一時は私もそのコナーズのダブルハンドを真似してみましたが、まったく上手くいかず壁打ちで半日ほど練習したら腰を痛めてしまいダブルハンドは腰痛持ちには向いていないと諦めました。

後年にトレーシー・オースチンが長年のダブルハンドストロークによって脊椎部の疲労骨折をしていたというニュースがあり、やはりダブルハンドは気をつけないと腰をやられるんだと知り、ジミー・コナーズの真似を早々に断念した自らの先見の明に自画自賛しちゃいました。

またシングルハンドのバックを打つ選手が増えている最近のテニス界には、少しホッとしますね。

ダブルハンドももちろん良いですけど、片手打ちバックのあの気持ちよく打てたときの爽快感はテニスする喜びを最も大きく感じる瞬間ではないかと私には思えます。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 19:01 | コメントをどうぞ

ラケットはやはり重くて小さくて薄いのが良い!って思う

長いこと悩まされてきた右肘の痛みから今度こそ解放されつつあるように思えます。

それで今日は肘の保護を考えて今まで使っていた、軽く大きく柔らかいラケットを置いてデモラケットの中から重くて小さくて堅いモデルを選んで使ってみました。

今まで使っていたのは280グラム、選んでみたものは315グラムなので35グラムも重い。

でもずっとそういうタイプのラケットを使っていたので、やはりその感触はとても心地よくて(やはりこれだよなぁ!)って気になりました。

でもそのあとで練習するときもそれを使ってみたのだけど、打ち合いを続けるとなるとさすがに35グラム差は腕と肘に堪えると思って同じモデルの290グラムというのに変えてみました。

これがまたものすごく良くて、もうこれしかないんじゃないのか?!っていう感じでした。

ボールの軌道が低く抑えられて安定して打ち続けられる、そして相手の反応から推して今までよりもボールの威力もアップしていると考えられる。

ならばもうこれに変えれば良いのでは?って気になりましたが、もう少し他のも打ってみていろいろと検討してみようと思います。

でも肘の痛みがなくなってフォアハンドがしっかりと打てて、なんかテニスがものすごく楽しい!

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 01:08 | コメントをどうぞ

肘の痛みよこのまま眠っていてくれ!

こないだ雨の日に転んでから最近は晴れていて滑る恐れはない時でも、しっかり手すりに掴まっていないと転げ落ちそうな気がして怖いと思うようになりました。

まぁそのうちにまた忘れて二段飛ばしして駆け上がったり走り降りたりするようになるかもしれませんが、今のところはとても慎重に階段の上り下りをしています。

その一方でコートではけっこう走り回って飛び跳ねながらテニスしています。

肘が治ってきて腰の痛みもなくなって思い切り動き回ってプレーできる喜びを感じます。

このまま肘の痛みが再発しないでくれたなら、ようやく試合参戦に復帰です!

そうなると今すぐに取り組まないといけないことは、ストリング設定の見直しです。

なにせ肘の保護を考えて30ボンド前後にしていましたからね、だいぶこれに慣れて打てるようになったとはいえこのまま試合に臨むのは無理です。

でも元のセッティングに戻すのはもはやNGで、以前に使っていたポリエステルで張るのはやめた方が良いだろうと考えています。

そうするとストリングを何にして何ポンドで張り上げるのか?

肘の再発防止の観点からはストリングはナチュラルが望ましくて、テンションは40くらいでしょうか。

しかし、ナチュラルでテンションの模索をはかるのはややコストが嵩みます。

40ポンドが合わないからといってすぐに切ってしまうのはあまりにももったいない。

なのでテンションの適正値を検討するにはもっと安いストリングで打ってみて、3~4回くらい張って切ってを繰り返しながらベストテンションを導き出すわけです。

それによって得たテンションでナチュラルを張り上げれば、まったく同じにはならないですがそんなすぐに切らないと全然つかえないなんてことはないです。

とりあえずそうやってベストなストリングテンションを探って、ちょうど良いラケットコンディションを得たら練習していきます。

東京オープンのエントリーはまだ大丈夫だったかな?

でも黒いマスクしてのプレーは許されるようになったのかな?気になります。

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 16:39 | コメントをどうぞ