もうすっかりNo future?

いったいいつから書いていなかったか思い出せない、秋の初め頃までだったか、夏くらいだったかな?まさか春だったか、まぁいずれにしろたいへんなご無沙汰です。

もうすっかり年末モードに入っている気配濃厚で寒さも一段とひどくなりつつある今日この頃ですが、私はあいかわらず肘が痛くて一向に良くならない。

一時的にもう完治目前かと思われたのに、それで調子に乗って練習し過ぎてまた傷めるという悪循環から脱しきれずにこのまま年を越しそう、っていうか間違いなく年内に治る見込みはほぼ無し。

肘が痛いから最近は全くギターの練習もやらずにいるので左手の指先がまたツルツルに戻っていて、弦を押さえると痛くて嫌になってますますサボる状態です。

もしもテニスを仕事にしていなかったらテニスもそんな感じでサボってしまって、もう全然まったくボールがラケットに当たらないなんて事になっているんじゃないかと思う。

だけど、そんな肘が痛くて好きなことも避けているというのに何故か最近は家のメンテナンスに精を出しているんです。

トイレの掃除とか風呂の掃除、そしてトイレのウォシュレット交換に洗面所の鏡交換なんてこともやっています。

以前はそういう家の仕事はカミさん任せでそれこそ掃除機をかけたこともないし、風呂もトイレも掃除なんか絶対にやらなかった。

それが何故この頃はやるようになったのか?

年取って何をしなくてはいけないのかという優先事項が変化したということかな。

若い頃は休みや空き時間にはどこかへ出かけたり自分の趣味や楽しみのためにやりたいことが山ほどあって、それこそ時間がいくらあっても足りない気がしていた。

テニスの練習、ランニング、筋トレ、スイミング、試合参戦とテニスとその為のトレーニングに関することだけでも多くの時間が必要だった。

その他にもやりたいことで余暇時間は埋め尽くされていたのだけど、それが今はテニスに関しても練習するのは週に1回で時間もごくわずか、ランニングは膝を痛めて休止中、スイミングは手間がかかるからやめてしまい、筋トレは続けているけどやはり週に1日で時間も減った。

そしてそれらをやらなくなった時間を家のメンテナンスや家事労働に費やすように変化してきたというわけです。

まぁそうなったのも多分に肘の痛みの所為でもあるかもしれないけど、確かに年を取るとこういう風になって来るものなのかなと思います。

そんなことを妻に話すと「いや、世間のお父さんはもっと以前から家の仕事もちゃんとしているわよ!」って言われてしまった。

そうなのかな?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 01:12 | コメントをどうぞ

マスコミの大阪なおみフィーバー、一過性では困ります

日本のメディアにおいて、テニスの報道は扱いが他のスポーツに比して不当に低い印象があると予てから幾ばくかの憤りを感じていましたが最近の大阪選手のマスコミからの過熱ぶりには逆に何か複雑な心境になります。

もっと以前からテニスをマスコミ各社が応援して盛り立てて来てくれていたならば良いのですが、錦織選手などの活躍の扱いはしてくれていたものの「あれっ、これだけなの?(他競技の)○○の選手はあの程度の戦績とかプレーでもあんなに大きく長く取り上げられているのに・・・」と感じたテニスファンは大勢いらっしゃるのではないかと思います。

そんなテニスに冷たかった日本のマスコミ業界もさすがに全米オープンシングルス優勝ということの偉大さには無視するわけにはいかなかったのか、それともこれは扱えば視聴率や購読者数が伸びると算段したのか?

まぁいずれにしろ毎日々、我らがテニスの話題で新聞やテレビがこぞって報道していることは正直いってとても嬉しいことです。

これを機会にぜひテニス界全体についての取材をどんどん進めて頂き、これから世界へ出て行く伸び盛りの若手選手達について国をあげての応援が繰り広げられるようになってもらいたいものです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 15:53 | コメントをどうぞ

ツイストのその後

プリンスのツイストパワーをスクール会員の皆さんに試してもらいました。

バックハンドの飛びが劇的に向上するという感想が聞けるかと思ったのですが、意外にも「フォアハンドが気持ち良く打てます!」という声が多かったのがちょっと不思議です。

このツイストパワーで最もそのバックハンドがパワーアップされたように感じるのは、スライスで打った時なのではないかなと僕は思いました。

肘がまだ痛い所為もあってしっかりとバックハンドストロークでフラットやスピンが打てないからなのかも知れませんが、スライスでの飛びがより少ない力とスイングで楽に鋭く飛んでいくと思います。

もしそれが一番に顕著に効能を感じられることなのだとしたら、話をしたスクールの方も言ってらしたけど「スライスショットをちゃんと打てないとバックの良さがわかりにくいのかも?」ってことなのでしょうか。

だからしっかりと打てるし打球感もわかりやすいフォアハンドでの良さのみ理解してもらえる、ということなのかな?

あとはサービスでやはりスライスを打つと秀逸になるとこないだも書いたと思いますが、それは皆さんが納得して頂けたようですし実際に打ったボールがいつもの2割か3割り増しで曲がって角度がすごいというのは評価できることだと思います。

まぁ百聞は一見に、いや百聞は一打にしかずと言いますからどうぞどこかでツイストパワーを借りて実際にご自身で打ってみてください。

気に入って戴ける方には「これ買います!」って即買いを決めてくださる方がいるのは事実ですからね、違いがわかる方から売れ出して今に「なんだかあまり良くわかんないけど・・・とにかく良さそうだから買おう」っていう流れになっていくかと思われます。

まぁ何はともあれ、「ものは試し」でございます!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 16:26 | コメントをどうぞ

テレビ選びはラケット選びよりハードなのか?

一昨日まで台湾に旅行していましたがその間に全米オープンがかなり進展していました。

実は旅行に行ってしまって試合が観られなかっただけでなく、リビングにあるWOWOWが受信できるテレビが全米オープン直前にまさかの故障となってしまったのです。

映画を観ていたら突然に画面が白くなり、最初はその映画の演出効果としてそうなっているのかと思っていたらいつまで経ってもそのままなので壊れたと気づきました。

全米オープンのために速攻で買い換えと思ったのですが、旅行に出かけてしまうので機種の選定とか買うための準備時間もないし買ったとしても受け取り日が設定できない。

というわけで未だに画面が真っ白でせっかく錦織や大阪なおみが活躍しているというのにその勇士が拝めずで残念無念です。

オンデマンドのアーカイブで見られますが画面が小さいのと結果がわかっている試合の観戦はいまいち興が乗りません。

早いところ機種を選んで買いたいところですが、昨今の薄型テレビのモデル数の豊富さには全く戸惑います。

これはどうやって選んでいけば良いのだろうか?

まずサイズ、そして予算、それからメーカーで選ぶか、それとも機能にするか?

4Kとか倍速、直下型LEDにHDR???なんなんだよそれ?

今はネットでいろいろな情報が簡単にわかるのでそれが理解できるのであれば便利ですが、そうでなければ混乱と迷走の元になるだけです。

これでももっと若い頃はそうしたハイテク機能とか新しいシステムについての興味も関心も高く、そうした事についての知識も豊富だったものでした。

だけどこの頃はスマフォのアプリとか機能とか全くよくわかっておらず、もう高齢者用の簡単スマートフォンとかが簡単に扱えて良いんじゃないか?とさえ思える日々です。

でもそんなこと言っているとどんどん頭が劣化して脳から老化してしまう?!

ここは頑張って最新機能満載のコストパフォーマンスの高い薄型テレビをなんとしてでも早く選んで購入するしかありません。

忙しいだろうけど結婚してもう家にはいない息子たちのどちらかに手伝ってもらえば、すぐに決められる・・・はず。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 17:22 | コメントをどうぞ

暑くて思考がものぐさになる

一昨日の強風が大気のチリや不純物を吹き飛ばしてくれたのか、昨日も今日も真夏の抜けるような青空がとても鮮やかに感じられました。

しかし、その日差しの強さも尋常ではないという感じでした。

ほんの少し直射日光を受けただけでも、(うわっ、なんかいつもより太陽が地球に近づいてしまったような熱波を浴びてるみたい?!)と思いました。

そして実際に気温は39度を記録したらしく、もうすぐ8月が終わるとはとても思えません。

まぁ夏好きには未だ射るような熱い太陽がギラギラと輝いているのは喜ばしいことですが、家でさすがにエアコンを使うのでその消費電力がものすごいんじゃないのかと言うことが気になります。

それと基本的に洗濯は自分のものは自らが洗うことにしていますので、この夏の洗濯回数と一回ごとの量の多さにいささか辟易しています。

洗うのは洗濯機がやってくれるから良いとしてもそれを干すのと、取り込んでたたんで整理してしまうのが頻繁すぎて面倒くさい。

暑いせいか行動が億劫になってそうした洗濯物をたたんで仕舞うなんて作業はいちばん敬遠しがちです。

それで気がつくとリビングのソファの上に2週間分くらいの洗濯して乾いて取り込んだものがうずたかく積み上げられたままになっています。

これでも最近のテニスウェアは即乾素材が当たり前なので昔ならば1レッスンごとに着替えないととても続けていられなかったのが、今は連続したレッスンの合間にわざわざ着替える必要はなくなりました。

それでも今年の夏は乾くそばから汗で濡れてしまうという感じで、着替えざるを得ない。

だから、あっという間に洗濯物が増えていくわけです。

でもそんなに洗濯してとりこんだものをソファに放置しておいて着替えが足りなくならないのか?

レッスンに必要なウェアを最近はそのソファに置いてある洗濯済み衣類の山から取り出して持っていくので、ある一定量よりはその放置衣類の山は増えないしわざわざタンスやクロゼットに仕舞う手間が省けて一石二鳥と好循環しちゃっています。

さらにものぐさの発想としては、汗で汚れたウェアを着たまま他に溜まった洗濯物と一緒に浴室に入ると、入浴したりシャワーを浴びながら洗濯も出来ちゃうようなシステムは実現できないものだろうかということ。

浴室乾燥機なんてありますから、浴室に全自動衣類洗濯機能付きバスタブとかシャワーがあったら素晴らしいんだけど。

孫のその子供、つまり曾孫の世代くらいには実現できているかな?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 21:43 | コメントをどうぞ

調子に乗りすぎるのはマズイかも

いったいどうしてまたこんなに肘が痛くなってしまったのだろうか?

とこのところかなり痛む右肘に悩まされながらテニスしていますが、プレーしはじめると少し痛みが和らぐ気がします。

それはきっと脳内の天然麻薬、ベータエンドルフィンによる沈痛作用の効果なんだろうと思います。

マラソンランナーが毎日かなり走って知らないうちに脚のどこかを疲労骨折して、走り始めるともの凄く痛みを感じるのにしばらく走っていると痛みが軽くなるということがあるのと一緒なのかも。

つまり中途半端な痛さだとドーパミンもエンドルフィンも分泌されないけど、耐えられないほど酷い痛みになるとそれらの天然麻薬成分が放出されて楽になるということでしょうか。

まぁこれが度を超すと痛み好き、いわゆるマゾヒズムと呼ばれる病的な状態になりかねないので注意です、って言うのは冗談ですが痛くないからと平気で打ち続けたら肘の腱がさらに深刻なダメージを負ってついには使えなくなってしまいます。

トッププロ選手が肘を手術しなくては二度とテニスできないなんて状態までになってしまうのはそういうことなんだろうなと思います。

まぁ普通は痛みがあれば無理することはないでしょうが、この脳内天然麻薬の分泌能力にはかなりの個人差があるようなので自分でドーパミンとかエンドルフィンが大量に出まくりやすいタイプだと自覚している方は要注意です。

どういう人がそういうタイプかわかりやすく言うと・・・

お調子者とか喜怒哀楽の激しい人かな?!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 14:32 | コメントをどうぞ

ツイスト効果はサービスでどうなのか?

今日はせっかくプリンスのツイストパワーをたっぷり試し打ちしようと思ったのですが、肘がものすごく痛くて思うようには打てませんでした。

それでも感じたことは、やはりバックハンドでスライスを打つとボールの伸びが良くなるという印象は大きかったです。

バックハンドでロングボレーをしたときにもとてもしっかりとした当たりで実に気持ち良く飛んでくれます。

そして今日はサービスでも何本か打ってみたのですが、サービスでもスライスのキレが上がっているように感じられました。

少ない力でかなり良いボールを打ち出せる!

というのが今日もまたあらためて感じられたことです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 17:06 | コメントをどうぞ

年取って体があちこち痛むのは長生きの証拠!なのだけど・・・

テニスエルボーの痛む原因である筋肉と腱の部分がいつの間にか移動していたという話は先日に書きましたが、それはもはやハッキリと明確にわかってきました。

右肘の内側にある関節部分の出っ張ったところを指で圧すと痛むのだけど、その部分が今までは下側つまり前腕に近いところだったのに今は上腕側である上半分くらいに変わっているのです。

そして上腕三頭筋と肘関節を繋ぐ腱を圧迫するとさらに痛みがひどくなり、完全に上腕三頭筋付随の腱が炎症して痛みの原因となっていると素人でも判断できます。

それで考えられることは今までの前腕付随の腱がほぼ完治したのに、新たに上腕側の腱鞘炎であるテニスエルボーを発症してしまったわけなので、完治するまでにおよそどんなに短くとも3ヶ月以上はかかるだろうということです。

左右の肩の痛み、右肘外上顆性の前腕部腱鞘炎テニスエルボー、そして右膝の側副靱帯損傷とあちこちに痛みが飛び火するように起こって来てそれがようやくすべて完治しつつあった。

なのに今度はまた別の新たな場所が炎症を起こして痛みを発している。

人にはこうした炎症を起こしやすいタイプとそうでないタイプ、そしてその中間タイプの大きくわけて3つのタイプがあるらしいです。

炎症を起こしやすいタイプは実は体内にウィルスとか細菌が侵入しても即座に攻撃して身体を守る能力が高くその結果、比較的に長生きすることが多いそうです。

しかし、その反面で高齢になると自らの脳内でもその炎症しやすい能力が仇となって脳細胞を攻撃し破壊してしまうことが起こり、それがアルツハイマーの原因の一つらしいです。

そしてそうしたタイプが持つ遺伝子はApoE4と呼ばれるものであることもわかってきているらしく、この遺伝子を両親から二つ受け継いでいると認知症になる確率がおそろしく高くなることも判明しているということです。

今はそうした遺伝子の検査は簡単にできるので将来の認知症リスクがどれくらいかを知って、早い段階で対策をうてば発症を抑えたり進行を遅らせることが可能らしいです。

いつまでもなかなか完治しない炎症して痛む右肘をさすりながら、その検査を受けてみようかどうしようか思い悩みます。

治療法が確立されつつあるのだから怖がることはないのでしょうが・・・

「あなたはApoE4が2つ揃っています!」と言われるのはやはりショックが大き過ぎる!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 15:01 | コメントをどうぞ

大型のツイストパワー旋風が発生中!かも?

プリンスの新しいラケットは大好評のようで、お客様の注文が入ったので取引しているメーカー代理店に電話したら完売で次回の入荷は9月末になるそうです。

しかし、少しあとで連絡が来て何とか1本だけならば確保できたので送りますと言ってくれました。

今の段階ではまだ実際に打ってみてから買っているという方よりも、とりあえず凄そうだからものは試しに買ってみようというチャレンジ精神旺盛な方がお買い上げになっていると思います。

実際に先ほどの注文されたお客様も試打したわけではなく、私の説明を聞いて頂いた上で「それはぜひ手に入れたい!」となったわけです。

今まででしたら良いラケットだなと思っても「まずはご自身で試してみてから購入するかどうかを判断してください」とアドバイスするのが基本でした。

でも今回のツイストパワーはバックハンドでもっと威力のあるボールを打ちたい、と願うプレーヤーには絶対にお勧めして間違いないなと確信が持てます。

だから敢えて試し打ちなしのいわば「ぶっつけ本番」的に自信をもって販売させて頂けるものと思います。

しかし、今の時点でヒット商品ということはこの先に誰かが買ったこのニューラケットを借りて打ってみて衝撃を受けて、即、注文というパターンが続出すると思われます。

既に品薄のお店が多いのかもしれませんが、まだ手に入れられるのならば迷わず買われた方が良いのではないでしょうか?

爆発的に売れ出して在庫切れが続いて、「手に入るのは年内中は難しい」なんて事態になることも大いにあり得るかも?

煽るようなこと書いて申し訳ないですけど、バックハンドのストロークもボレーも1ランクか2ランクアップさせたいというプレーヤーは今すぐに注文すべきですね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 17:17 | コメントをどうぞ

前腕をたてれば上腕が泣く

お盆休みの間に肘を休めることが出来て痛みがかなり取れてきたと喜んでいたのに、昨晩にテニスしたら少ししかプレーしていないのに今朝は肘が猛烈にまた痛くなっていました。

何故なのか?

ちゃんとドクターエルボーも付けてやったのに、しかも少ししか打っていないのにどうしてなのか考えてみました。

私なりの想像ですが、以前までのテニスエルボーの痛みは前腕部が原因で起きていた。

それはフォアハンドストロークとかボレーで使う部分で、その前腕の筋収縮をドクターエルボーで抑えて肘関節との接合部にある腱の負担を減じることによって回復していくわけです。

実際にそのメカニズムでストロークやボレーを打っても痛みが減っていたわけです。

では何故それが昨晩は機能しなかったのか?

たぶんその部分ではきちんと機能していたのだと思いますが、久しぶりに打つので少しいつもより強めにドクターエルボーを締め付けてしまったのが良くなかったのだと考えられます。

その状態でサービスを打つと、サービスでメインとなる上腕三頭筋にかかる負荷が前腕部の動きを制限している分だけ過大なものとなる。

それで今までの前腕部側の腱炎症による肘関節の痛みが、上腕三頭筋側の腱へと移行してしまったのではないかと思われます。

実際に肘周りのの腱を押してみると、これまで痛かった前腕側ではほとんど痛みがないのに上腕三頭筋に繋がる腱を押すとものすごく痛みを感じます。

となるとこれからはストロークとボレーはオッケーだけど、サービスとスマッシュを気をつけて打たないとまたテニスエルボー悪化へと進む恐れがあるわけで要注意ですね。

あとドクターエルボーを前腕ではなく上腕に付けるべきかなと思いますが、それも締め付け具合に気をつけないと治りつつある前腕の負担が増してしまう。

前腕と上腕の間で痛みのシーソーゲームなんて絶対に勘弁してもらいたいものです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者fresco 17:01 | コメントをどうぞ