フランスの魔術師、左右両手打ちのサントロ

月曜日晴れ

この季節三寒四温とはいわないが、そんな日々が続いている。今日は新しいコーチ(fujita)のレッスンを受ける。レッスン生3名、シャツを2枚着替えて90分のレッスンを終えると疲れがどっと出ていた。

クラブハウスの外のベンチに座りこみ、帰ろうかどうしょうかと3番コートの男女対決の好ゲームをゆったりと観戦していた。風もまく暖かい日ざしがぼくを温めてくれていたし、トレーニングの疲労なのか、体を動かしたくなかった。

wowowでテニス国際大会「Coca-Cola INTERNATIONAL PREMIER TENNIS LEAGUE(コカ・コーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)」(通称IPTL)が放映されている。

その中にファブリス・サントロ選手を見出して、その試合を目を皿のようにして見入っていた。彼も左右両手打ちでだが、テレビではほとんど見ることが出来なかった。どこまで勝ち上がる実力がないのだと、そのトリッキーな両手打ちに少しがっかりしたことは事実だった。

2010年全豪オープン1回戦でマリン・チリッチに敗れた試合を最後に現役を引退したのだが、引退したときの評価が高くて、そのキャリアを知らないぼくは首をかしげていた。

今回の大会で彼のシングルスを3回ほどみて、さもありなんと納得することができた。まさかのフォアの両手打ちが徹底してのスライスで勝負、バックの両手打ちがドライブボールなのだ。
”強打を武器とせず、トリッキーな配球で相手を翻弄するプレイスタイルから『フレンチマジシャン(フランスの魔術師)』の異名を持つ。”というのだ。

007








 



カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:30 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">