Ever tried Ever failed.No matter.

水曜日 晴れ 曇り

陽気に誘われ早く出かけると、しばらく休むとメールのあったI氏の車のノーズが駐車場で目についた。あれーと思っていると車から出てきた、軽くストロークならできますと言う。先週もそんな状態でシングルス頑張ったのが良くなかった違いない。で今日はストロークででけで済ませたが、きつそうに見えたし実際そうであった。帰ろうとしたけど女性二人を誘ってダブル1セット楽しむ。

隣2番コートのK氏達もいつもならシングルスををガンガンやっているのに、今日はストロークなどの練習だけで終わっていた。K氏はアキレスけんを痛めていたのでシングルスは止めていたのだ。
それなら僕にもチャンスがあるねと言ったら怪訝な顔のK氏、そしてシングルスをやろうと言うので、チャンス到来と勇んでいた。サービスと動きに自信がなかったはずなのに蓋を開けてみると、昨日のw氏と同じパターンで手も足も出ないでいた。06 26で今日も完敗でがっくり。

x氏がタイミングよく現れた渡りに船、ぼくに自信を付けさせてくれと懇願した。「俺に負けたらどうするんね」と彼は言ったがまさにその通り、ストロークの上手になっている彼とは接戦を最後にもぎ取るというパターンを何度か記憶にある。期待に応えてくれて、いつものように最後に喜ばせてくれた。すこしほっとする。

Ever tried Ever failed.No matter.
(やることなすこと、何もうまくいかなかったとしても、気にすることはない)
Try Again.Fail againn.Fail better.
(またやって、また失敗すればよい。前よりも上手に失敗すればよい)

最後の仕上げのダブルスはsさんと組み男子ダブルスに挑戦するもぼくが足を引っ張りブーイングで敗退。

「今日はシングルス勝つチャンスだよ」Sさんは口を尖らした。「昨日だったか私がかちましたよね。」ふりかえればそうだった。あの時は過去最高の2万4千歩記録していた。言い訳はいくらでもあるが、上記の言葉を胸に秘め行くしかない。

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint







 




カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:24 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">