錦織圭の復帰戦、暖かく見守って行こう

水曜日 曇り

外気温度は零度、車の中でも手袋が欲しくなる、そんな寒さだ。

今日もズボン二枚はいてコートへ出かけた。頭には赤い分厚い毛糸の帽子をかぶり、完璧に防寒をしていた。

F氏とのシングルスの練習、試合前の練習はボールが弾まず、体も動かずまともなボールを打つことが出来ず、練習にならなかった。

今日は63 76だったかな勝たしてもらった。今まで力で負けていたが、2週
続けて際どく勝たせてもらっていた。サービスは肩にテーピングを貼り付け、痛くならない程度のサービスでやったが何とか通用していた。これも勝因の一つかもしれない。

・錦織 圭復帰第二戦

下部大会のRBCテニスチャンピオンシップス・ オブ・ダラス(アメリカ/ダラス)で復帰第一戦と同じ選手、ノビコフ(米214位24才)と一回戦対戦。復帰戦はファイナルで負けたが今回は6363と危なげなく勝利した。

2010年、腕を痛めていた錦織は、現在と同じ状況で過ごしていた。

・2010.2.22(ブログより)
右ひじのけがのため昨年3月以降、実戦から離れている男子テニスの錦織圭(日本)(ソニー)のマネジメント会社は19日、米フロリダ州で22日から行われるデルレービーチ国際選手権で復帰することを公式サイトで明らかにした。
 同選手権は錦織が2年前にツアー初優勝した大会で、主催者推薦での出場になる。
・2010.01.13(ブログより)
錦織は全豪出場見送り 右ひじのけがのため
 右ひじのけがのため、昨年3月の米国での大会を最後に長期欠場している男子テニスの錦織圭は12日、自身の公式ブログで四大大会初戦の全豪オープン(18日開幕)へのエントリーを見送ったことを明らかにした。

 錦織は現在、米フロリダ州で復帰に向けて練習を行っており、今月下旬にホノルルで開催される下部ツアー大会で復帰を検討しているという。
・・・・・・・・・・・・tennis365.net
・2010年04月23日(ブログより)
男子テニスの錦織圭のマネジメント会社は23日、四大大会第2戦で5月23日開幕の全仏オープンにエントリーしたことを明らかにした。
 右ひじのけがから2月に復帰した錦織は、最新の世界ランキングで799位。現在はプロテクトランキングという公傷制度を使い、106位でエントリーした。

男子テニスツアーの下部大会であるタラハシー・チャレンジャー(アメリカ/フロリダ、賞金総額5万ドル、ハード)は22日、シングルス準々決勝4試合を行い、錦織圭がベスト4進出を目指したが、第4シードのR・ジネプリ(アメリカ)に2-6, 4-6のストレートで敗退、ベスト8で姿を消すこととなった。

1回戦で第5シードのJ・レヴィン(アメリカ)、2回戦では伊藤竜馬(日本)にそれぞれフルセットで勝利していた錦織であったが、元世界ランク15位の実力者であるジネプリの前に敗れた。
・・・・・・tennis365.net yori
・2010.5.17(ブログより)
錦織が2週連続でタイトル獲得◇サラソタ・チャンレンジャー
男子テニスツアーの下部大会であるサラソタ・チャンレンジャー(アメリカ/フロリダ、賞金総額5万ドル、クレー)は15日、シングルス決勝が行われ、錦織圭(日本)が第4シードのB・ダブル(アルゼンチン)を2-6, 6-3, 6-4の逆転で破り、2週連続となるタイトル獲得を達成した。

今年の2月に肘の怪我から復帰した錦織は、復帰初戦となったデルレイビーチ選手権では1回戦敗退に終わっていたが、その後はツアー下部大会であるチャンレジャー大会を転戦、ベスト8に2大会連続で進出すると、先週行われたサバナ・チャンレンジャーでは復帰後初タイトルを獲得していた。
・・・・・・・・
tennis365 net yori

錦織、2010年のグランドスラムの成績
・全仏    2回戦ジョコビッチにセット03敗退 (ナダル優勝)
・全英(w) 1回戦ナダルにセット03敗退    (ナダル優勝)
・全米(Q) 2回戦チリッチにファイナルで勝利 (ナダル優勝)
       3回戦モンタネス戦でRET
さて、今年圭はどんな復帰をはたすか見守って行こう。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:40 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">