錦織 モンテカルロ1000も初戦敗退 心配

水曜日 晴れ  風強くなる

水曜日いつものとなったI氏と9時からシングルス、10時からは彼はレッスン。そしてレッスンの終わった11時半からは、打ち合わせていたねんりんピック予選会の練習を行った。I,TvsO,S戦。6ゲーム先取で接戦の末1勝1敗で終わり、ファイナルは本戦のある次の日曜に持ち越された。

モナコのモンテカルロ1000の大会、昨日からNHKBSで観戦、昨日の1回戦カナダの18歳アリアシムvsロンデーロ(アルゼンチンの若者)戦はアリアシムが7576の接戦の末勝利。

今日の2回戦、錦織圭初戦の相手がフランスのエルベールと分かった時は嫌な予感がした。圭は2勝しているらしいが、直近の試合では接戦だったと記憶していた。

ダブルスでの活躍は知っていたが、この頃ではシングルスでもよく名前を耳にしている。188cmの長身からチリッチのように体をのけ反らせて厳しいサービスを打ちこんでいた。

ファースト圭はラブフォーテイというブレークチャンス、イージなバックボレー、両手打ちで決めたかと思ったらネット。そしてキープされ、試合を通して象徴するようなシーンだったのだ。ブレークチャンスは何度かあったがことごとく失敗、55からブレークされて57でファーストを失う。セカンド、圭はブレークチャンスもあったが、ファーストサービスに阻まれ、なんとかキープしながら44まで何とかサービスキープで進んだが45からブレークされて、あっさりと初戦敗退となっていた。

1000の大会続けて初戦敗退に拍子抜け気分になっていた。圭のサービスはそこそこでストロークで勝負するテニスの圭にとって、今日のエルベール戦はサービスもストロークも相手が徐々に良くなっていたから、始末が悪かった。

今日のような戦いぶりでは、赤土の全仏までの戦い、試練が予想される。初心に戻り、打ち合いでは負けないというテニスにならなければ、勝ち抜くのは厳しいと予想される。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:31 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">