心揺さぶることに決別 もう先は見えている

6日 金曜日 曇り 北日本雪らしい 影響で寒し

きっぱり決別して、楽しく生きてゆこう。先はそう遠くはあるまい。

kawabataujiに電話してみた。税理士事務所、もうやめていると女の子、考えてみればあれから十余年、年上だったからさもありなんと、年月の速さに今更ながらと首をかしげてみた。どちら様ですか、不審に感じた女の子が言う、元お世話になっていた会社の○○です。元気にしているようだったので、ぼくから電話があったとお伝え願えませんか。

あまり期待はしていなかったが、しばらくして携帯にかかってきた。聞き覚えのある声、顧問税理士として長い付き合いだった。

午後ローンへ、ホームコートへは行っていますかと誰かが言うので、今の僕にはここしかありませんと叫ぶと、一瞬えーっという表情が流れた。それを僕はかってに歓迎してくれているように感じていた。


カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 02:24 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">