・ねがはくは花の下にて春死なん

金曜日 晴れ

さくらの花が散り始めた。こんなときふと西行を思い起こす。

・もろともに我をも具してちりね花うき世をいとふ心ある身ぞ

どうか花よ、散るときは自分をも一緒に連れていって散ってくれ。自分はこの憂き世を厭い、逃れたいと思っている。

・うき世にはとぞめおかじと春風のちらすは花を惜しむなりけり

春風が惜しげもなく桜の花を散らしてしまうのは、花を惜しむがあ余り、花をこの世の憂さにいつまでもさらしておくまいとするからだ。

・ねがはくは花の下にて春死なんそのきさらぎのもち月の頃

この世で自分は生涯花を愛した人間だから、死ぬならどうか桜の花の咲く下で死にたいものだ、釈迦が入滅された二月十五日頃に。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











昨日、ローンからの帰り道久しぶりサンサンの湯に車を飛ばす、客は予想以上に少なかった。帰り売店でラッキョウ2キロ購入して帰る。

ラッキョウ酢は近くのスーパーでと思ったが、まだ早すぎたのか売っていなかった、今朝一番にサンフラワー出かけた。二本三キロ余をリックに入れてのチャリは、思った以上に重い。やばいと感じながらなんとか橋げたの壁打ちに到着。1時間サービスの練習。

出来不出来の差が多すぎる。どうすべきか、迷うばかり、もどりテレビのYouTubeでスライスサービスと叫んでいた。


カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:43 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">