作成者別アーカイブ: ていちゃん

ていちゃん

ていちゃん の紹介

60歳代半ばエルボーで打てなくなり、左右ダブルハンドに変えてベテランJOPに挑戦中。

いつのまにか疲労困憊の体に

水曜日 晴れ

しばらく天気はよさそうだ。昨日昼からコートへ出かけたが、左側の太ももから腰あたりに違和感がコートに立つと出てきて、首をかしげていた。腰ベルトをして庭仕事、ひわの木を切ったりしたが、それなりに注意していたつもりでいた。

ダブルスワンセットしていると段々ひどくなってきたので、そうそうに引き上げた。

今日は午前中4千歩ほど歩いて、昼からコートへ。駐車場でX氏が挨拶かたがた話しかけてきた。今来たのですかと問うと、帰ろうとしていたが、ぼくを見かけて話しかけてきたのだ。午前中仲間とのシングルスで、すっきりしないものがあったらしい。

ストロークなら付き合ってもいいですよと言うと、笑顔でお願いしますと言う。次男の大学テニスの先輩ということで、どこかであった時は気さくにしてくれていて、春さきになってこのクラブへ入会していることを知っていた。
ぼくよりずっと若く、フラット気味の鋭いショットを武器にしてのテニスを遠くから見ていたが、不慣れなのかシングルでは苦戦しているようだった。攻められたバックはスライスでつなぎ、フォアーに回り込んでのショットは威力があったが、納得いく結果は得られてなかったと推察した。

1番コートで練習する。、ぼくはまともなストロークは出来てなく、彼の期待には応えてなかったに違いない。ぼくの体は昨日に比べればましだったが、それでもよたよたしていた。

終わってから、しばらく休みダブルスをワンセットやったけれど、昨日よりひどいダブルスになっていた。左肩腕はしかたないにしても、体力はそこそこ維持していたつもりだったので、困惑していた。まだ日は高かったが、すぐに帰途に着いたところ、昔通っていた整骨院が渋滞で止まった目の前に気が付き、ハンドルをとっさに切って駐車場に乗り入れていた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:51 | コメントをどうぞ

ついに赤土の王者蘇る ATPローマ大会ナダル優勝 

月曜日 曇り 雨

強風は止んだが、天気は不安定。午前中ビワの木をバッサリと切った。成長著しい樹だから遠慮なく、来年は駄目でも再来年は実をつけるだろう。あまりの大胆さにあーちゃん厳しい目、キンカンは自分が切ると言い出した。キンカンもバッサリ切っていいとネットで見ていたが、遠慮することにした。近くで又解体が始まる。

昼からコートへ行き、ストロークを30分ほどすると雨が降りだした。今の体調からすれば良かったかもしれない。

昨夜行われたATP1000ローマ大会の決勝戦を朝、録画で見る。ナダルVSジョコビッチ。

ナダル、準決勝チチパス戦と同じように強烈にスピンのかかったショットは健在で、ジョコビッチに襲い掛かった。ファーストは何とベーグルの屈辱をNO1ジョコビッチは味わっていた。

セカンドになると意地をかけてジョコビッチの巻き返しが始まるかに見えたがたが互角の内容でジョコビッチはやっとこさのキープ、ナダルは余裕のキープで内容には差が見受けられた。33でジョコビッチサービス、ラブフォーテイで最大の危機が訪れていた。ブレークされれば43 53とナダル勝利の方程式で決着がつくかと思われたが、ジョコは意地をかけて踏んばりキープすると流れが変わっていた。34 44 46でジョコはセカンドをものにしてNO1の意地を見せてくれた。

ファイナル、ナダルの攻勢はファーストの再現、41とツーブレークされるとジョコはさばさばした表情に見えた。最後の反撃を試みるも通用せず62でナダルが勝利していた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 17:56 | コメントをどうぞ

ATP1000ローマ大会 準決勝三十路に凱歌

日曜日 雨 曇り

今日も終日風強し。屋久島は50年一度の豪雨とか、動画で見ると何処か見覚えのある山の中は鉄砲水が川を氾濫させたりで、まともに歩ける状況には思えない惨状が映っていた。

あの縄文杉がまだ囲いされる少し前に登ったことがある。宮之浦岳から山小屋で一泊して縄文杉の方へ下りて、長い線路を沿いに歩いて帰ったことを思いだす。

ローマ大会の準決勝

・ナダルVSチチパス戦、ナダルはマドリードのリベンジ6364ではたす。ナダルは強烈なスピンに磨きをかけ、チチパスに襲い掛かっていた。

・もう一つの準決勝、ジョコビッチVSシュワルツマン戦、ファーストシュワルツマンは36で落すも、セカンドになると本領を発揮し出して、打ち合いで2度のブレークをしたが、さすがのジョコビッチに返されてタイブレークに突入した。強気で攻めたシュワルツマンが72でとり、ファイナルへと突入、序盤は互角だったが、試合巧者のジョコビッチがゲームの流れを支配して63で取り636763でジョコビッチが決勝へと進んだ。

久しぶりにナダルとジョコビッチの決勝戦が見られる。観衆を釘付けにする好試合が展開されるに違いない。今夜行われるのだ。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:58 | コメントをどうぞ

ローマ1000 西岡 錦織を一蹴したシュワルツマンB4へ

土曜日 雨

K壮会は2か月連続中止かな。ぼくは肩が痛かったりして欠席の通知をしていたが、今日も終日強い風が吹いていた。
ゴーヤーの苗が風に打たれて心配している。テニスコートへ出かけるのは3時過ぎが多く、肩の負担を減らそうと考えているのだが、この程度ならと考えサービスするのだが、あとで肩の負担を感じて、どうすべきか迷うこの頃。

今日気が付くと近くの空家に重機が入っていた。また一軒分更地になる。ぼくの家の周りは急速に変化をとげつつある。世代交代の波が足もとまでやって来ているのだ。

ATP1000ローマ大会、一回戦で予選を勝ち抜いての西岡はシュワルツマンにストレートで敗れていた。

圭は二回戦から登場して、またもアメリカ若手フリッツと対戦したが、バックを攻められミスを山積みしたフリッツ、ストレートでコートを去って行った。

3回戦は雨で中止、試合を見ることは出来なかったが、ファイナルを戦い圭が準々決勝を、シュワルツマンと戦った。アルゼンチンの選手で、小柄で圭と同じテニススタイルだが、圭の負けた記憶はなかったので、西岡のリベンジをしてくれるだろうと少し楽観視して、横になり寝ぶりかぶって見ていると、圭も良いショットを打っていたが、相手はそれ以上の粘りで対応して、ポイントを奪れていた。ファースト落としたのは記憶していたがセカンドは気がついたら試合は終わっていた。圭に一矢報いたいというシュワルツマンの執念が実っていた。64 62。

今夜準決勝にが行われる。ベルダスコを破ったナダル、デルポトロを破ったジョコビッチ、圭を破ったシュワルツマン、フェデラーの棄権で勝ち上がったチチパスの4名。

組合せはシュワルツマンVSジョコビッチ チチパスVSナダル

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:46 | コメントをどうぞ

NO1ジョコビッチは強かった

月曜日 晴れ

土日二日間、ゴーヤー植えとセメントで家まわりの補修をしたのはいいが、今朝起きて右側の背中に痛みが発生、足腰もいたんでいたが腰ベルトしてケアをしていたので、軽くて済んでいたが、予想しなかった背中の痛みで、しばらく無理は出来ないと観念した。

マドリードの大会、決勝戦ジョコビッチVSツチパス戦は6364でジョコビッチが貫録の優勝をなしていた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:52 | コメントをどうぞ

赤土の王者ナダルにかげり 新旧交代はようやく

日曜日 晴れ

暫く天気はよさそう。今日はいつかやろうと買っていた500グラム砂入りセメントで、ブロック塀まわりや、掃除する道路際のへこみや亀裂に水でといて流し込んで行った。

膝を落して腰を曲げての動作は、足腰に負担をかけていた。2時間が精一杯、セメントは100グラムほど残っていたが、残されたのは地震でひび割れていたらしい、隣とのブロックのコーナ部、良く観察するとかなりの隙間、残されたセメントでは無理だと思い、体もきつくなるし次回に持ち越すことにした。

マドリード1000の大会、準決勝2試合が深夜から早朝行われていた。フェデラーを破ったチームとジョコビッチの試合は大接戦を演じていた。肝心な場面でのチームのミスで7575でジョコビッチが決勝へ。

次に行われたツチパスとナダルの試合。ツチパスが64 26 63でナダルのお株を奪っていた。

決勝戦は若手の勇の一人ツチパスと王者三十路ジョコビッチの対戦と決まった。ツチパスがフェデラー、ナダル、そしてジョコビッチを破れば、テニスの新旧交代は今年中に起きるかもしれない。

・ナダルに初勝利「大きな意味」

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:52 | コメントをどうぞ

グリーンカーテンを期待してゴーヤを植える

土曜日 晴れ

昨日ゴーヤの苗と土と買ってきておいたので、朝からテラスの前の庭に、スコップで大きな穴を四つ掘って取り掛かった。一昨年にも同じ場所にゴーヤを植えていたはずなのに、コンクリ―のかけら小石が次から次と出てきてびっくり、前のときは穴が小さかったのかなと考えていた。

その年は根キリ虫か何かにやられて、これから実をつけようとするころから、次々と枯れてしまい、収穫はほとんどなし、日陰の役目もほとんどはたさずしまいだった。

昨年はプランターだったら、枯れることはないだろうと思い、プランターを3個買って土も買って育てたが、ほとんど実をつけず、成長もせずに終わってガッカリしていた。原因分らずしまい。

以前は庭上に植えて、グリーンカーテンが出来てゴーヤの収穫も結構あったのにと、庭に大きな穴を掘っていた。底に石灰を少し撒いて、昨年買っていた土と今年のゴーヤ専用の土とを交互に入れて、育成ポットのまま乗せ周りを土で埋める、地面と平行になるように、じょうろで水をかけ午前中の作業は終わりにする。

夕方、育成ポットを抜き取り、ポットをはずして、抜き取った苗を穴にそっと入れると終わり。苗の周りに土を寄せて水をやり日よけを作り、今年の夏を思っていた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:48 | コメントをどうぞ

錦織1000の道はるか 大坂もベンチッチに苦杯

金曜日 晴れ

昼からコートへ。昨日右手でサービスの練習をしたらそこそこ入ってくれたが、今日は全然ダメだった。右肩に疲労が残っていたかもしれないが、それにしてもさんだんだった。

利き腕でのサービスで肩にかなり負担がかかり、肩の奥に痛みを感じながらやっていたが、この辺でしばらく休ませるべきだと感じた。それで又、右腕でのサービスを考え始めている。

昨夜遅くにマドリード1000の圭の試合が行われた。相手はバブリンカ。零時を過ぎて寝ぶりかぶって見ていたが、圭が負けたのを確認して、今朝録画を見る。ファースト、いきなり圭はブレークされて、返すことが出来ずに36で落す。セカンドお互い譲らずタイブレークに突入。ミニブレークを許して進んでいたが返して44としたが、次のサービスで浅いチャンスボールと思えしをネット際に落そうとして、ラインを割り45とミニブレークを又も許す。これが全てだったとぼくは感じた。

何処かの大会でもそんなことをして負けたのが記憶にある。その再現だった。ファイナルへと突入すれば、勝負はどちらに転んだか分からない。

格下のフォニーニがモンテカルロ1000の大会を征した。圭にもそろそろ1000のチャンス到来してもと見ていたが、ダブルスにも出てとは無理だったと思う。バブリンカとは互いに譲らず好ゲームを展開していた。圭も頑張っていたが、五歳年上のバブリンカの方に勝負に対しての貪欲さを感じていた。離婚して若い奥さんをもらったことだし、意気込みが違うのだ。

バブリンカの腕には刻まれている。Ever tried Ever Failed, No Matter. Try Again Fail again,Fail Better(やることなすこと、何もうまくいかったとしても、気にすることはない。またやって、また失敗すればよい。前よりも上手に失敗すればよい)

スペイン、地元のフェレールが引退する。そのセレモニーがあったようだ。フェレールと圭とは少なからず因縁がある。18歳、デビューした年の全米、当時4位のフェレールと負けそうな試合をファイナルに繋げて奇跡的に勝利を挙げた感動を思いだす。10年余の歳月が過ぎている、歳月人を待たずか。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:38 | コメントをどうぞ

マドリード1000 錦織初戦苦戦するも  大坂3回戦勝利

水曜日 晴れ

いつもの水曜日、早朝からI氏と練習ワンセットお願いしたが、泣き言をつぶやいていた彼に手も足も出ず負けてしまっていた。いざ試合になると予測は良いし甘いボールには厳しいショットとなって帰ってくる。

昨日は、左肩腕痛とあって昼からコートへ出かける。かるくダブルスワンセット、1万歩には程遠かったので籠ボールでサービスやショットの練習して、まずまずかなと思っていたが、今日は散々だった。負けたいいわけではないが、直りそうで治らない肩の痛み。九州選手権が近づいているというに、昨年と同じパターンを繰り返しそうな予感がしている。

今日は九州選手権の初戦と思ってやっていたが、ぜんぜんはダメだった。相手は良く動いたいたし、ぼくはすべてによたよたしていたのではなかろうか。左肩のせいだけではなさそうだ。今日はI氏の日だったとプロのように前向きに考えることしょう。

明日のシニアの大会、雨天で1週間延ばすと夜電話があった時はほっとした。

マドリード1000の大会、圭は予選上がりのデリエン(25歳109位ボリビア)にファーストいきなりブレークして52となったので楽勝かと安堵していたら、それから相手は牙をむいて体当たりしてきた。思い切りの良いショットとサービスが決まりだすと、圭はスピードについて行けずに、ファイナルを覚悟をして見ていた。55から何とか75とファースト取る。セカンドも押され気味ながら又も55そして75と経験の差が出た感があった。

デリエンは1回戦でフランスのシモンに勝利していたのだ。マシンのようにショットをくりだすシモンに勝っていたのだから、さもありなんと初めて聞く南米ボリビアの選手の攻撃的な戦いに、今からの活躍を思った。

大坂なおみの1回戦チビルコバ、2回戦ソルエス・トモル戦はユーチューブで見る。3回戦は33位のベラルーシのサスノビッチ戦で62 63で勝利してベスト8に進んだという。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:09 | コメントをどうぞ

子どもの日 動物園へ

日曜日 晴れ

昼ごろから孫らを電車と市電に乗せて動植物園を遊ぶ。日曜日の子どもの日、最高の人出とおぼえた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint











カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:52 | コメントをどうぞ