バルセロナ・オープン、錦織選手ベスト4へ

土曜日晴れ
体のダメージは大きくコート行く元気は全くなかった。家で体を休めようと思っていたが、ぼくの居場所の後ろにある二枚引きのテラスまどの内側に障子がある。日に焼けその上ポロポロ破れていたが、その前にの天井に届く書棚を置いてあるので、通りから見ればわかる場所だったが無関心を装っていた。

障子を張り替えようと思い立った、きのうは壁面塗装で疲れ果て今日は障子の張り替えだ。

外側からサッシを外せば障子は外せると、たかをくっていたが大きなサッシの窓ガラスはぼくの力ではピクリとも動かない、腰を痛めたら大変だと思い、心配していた書棚を動かさないと外せないと分かった。

書棚の本を畳の部屋におろすひと仕事をして書棚を動かし、何とか障子を外した。水で拭きながら障子紙をようやく剥がして、チャリで百円ショップへ出かけたが障子紙は長さは180センチしか置いてなかった。足を延ばして「光の森」まで出かけて尋ねると障子紙は置いていませんとつれない返事。

昼食を終えて「ハンズマン」へ出かけようかとしていると、あーちゃんが家にあったという障子紙を持ってきた。900*7000とある。十分たる寸法だった。850*2000近くある障子、持て余しぎみだったが、食卓の椅子4脚を利用して障子を載せ、パソコンの教えのようにやると腰は痛くなったが何とか我が家用の辛抱できる限度で仕上げることができた。書棚に本を戻したりあと片付けをしていると一日仕事になっていたが、気になっていたことを終えてほっとした。だが、体調悪しき前兆の鼻水が出始めた。

バルセロナ・オープン、錦織選手は宿敵チリッチを破りベスト4に進出した。準決勝は26歳のがルビス(ラトビア)ランキング23位のかっこいい選手
相手は9シード、フェレールを負かした選手を破っているので予断は許さないが、しかし今の錦織の敵ではあるまい。

・錦織が準決勝進出、バルセロナ・オープン

・テニス、世界1位のナダルが敗退 バルセロナOP

・ていちゃん 2ちゃんねるの記事をまとめたブログです。









 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:33 | コメントをどうぞ

日曜大工 壁面塗装

金曜日晴れ

朝食を終えて外へ出て見ると穏やかな初夏の陽気、垣根の赤目は古い葉っぱが毎日のように落葉して、朝の掃除の一つになっている。入れ替わりに花みずきの花が舞い散る。これは飛散するので面倒だ。

陽気に誘われて建物の外壁の塗装を思い立った。家の裏側を昨年ためしに下から伸びちじみするローラハケで塗ったが、まあまあの出来栄えだった。残りを塗るのはかなり厄介、まず屋上の手製の手すりを取り払い、命綱をつけて身を乗り出してローラハケで塗るが、力も入りにくくて、塗りむらができ、しんぼう強くそれでも懸命に手を動かし、何とか頑張った。

屋上からいっぱいいっぱいのところまで塗ると今度は地上から踏み台やはしごを使って塗り残しを塗っていった。段取りに2時間、伸ばすと2メートル近いローラハケで2時間、終わったのは13時を回っていた。首は痛いし、体は金縛りのように固まっていた。

昼飯を終え一息入れると、今日は車でコートへ出かけた。サービスの練習してワンセットダブルスを終えると、シャワーを浴びて整体へと思いめぐらし帰ろうとクラブハウスへ入ると、うまそうな人が壁打ちを終えて、こちらへ向かってくる、お世話になっている整形外科医院の先生だった。

相手になるような人は誰もいない。ぼくは疲労困憊の体でシングルスを2セットお付き合いした。
パワフルな軟式上がりのテニスには、元気でも太刀打ちは無理なのに、それでも頑張って2626と健闘した。

001
(コートへの道すがらで)









 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:49 | コメントをどうぞ

錦織のバルセロナ・オープン

木曜日晴れ

10時から久しぶりにN夫妻と練習すること2時間、左手首が痛くなりだした。か細い手首に心配していたが、問題はなかった。フォアーの両手打ち、バックスイングに迷いがあり、無理をして強打の練習が災いした可能性がある。 
用心用心、ジョコビッチも手首を痛めフェデラー戦に敗れて休養しているが、回復は順調だとのこと。
バルセロナ・オープンのホームページを開いてドローを探していると、錦織vsアンドレイ・ゴルベウ(60位)対戦のライブスコアが流れていた。

002.jpg-1

錦織のバルセロナ・オープン3回戦、今現在(4.24日20:10)ファーストは60、セカンドは03から13 23 24 34となっている。34でジュースを何度も何度も繰り返してこのゲームをもぎ取り44とする。これでまた錦織の流れになった。44からは危なげなく試合を進めた様子。20:30分64で錦織の勝利。

004.jpg-1

これでベスト8に進出、次に対戦するのは5シードのロブレドvs12シードのチリッチの勝者。
どちらが上がってきてもよういではないが、現在の錦織の敵ではあるまい。

ていちゃん2ちゃんねるの記事をまとめたブログです。

・バルセロナ・オープンドロー









 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:14 | コメントをどうぞ

バルセロナ・オープン錦織圭の活躍を注視

水曜日曇り 晴れ 曇り

昨日から孫娘二人遊びに来ていたので家の中は運動会の広場のようす、今日夕方ニコニコしながら二男の運転する車で帰って行った。
何時もの水曜日I氏とのテニス、月曜日の大腸検査の影響もあって元気がない。今日は無理かなと思っていたが、何とかセットカウント11で引かけることができた。が、もう完全に追いつかれている。

これからの予定は5月下旬の関東の大会、6月初旬の九州選手権、それが終わってまた関東のEの大会を予定している。
ぼくの実力を試す機会としょう。









 

・ATP(男子ツアー) 2014.04.22 錦織圭が4年連続3回戦進出 [バルセロナ・オープン・バンコサバデル]
・【将棋】名人戦七番勝負 挑戦者の羽生善治三冠が森内俊之名人に2連勝

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:49 | コメントをどうぞ

野良猫親子の引越し

火曜日晴れ

昼前コートへ、籠ボールで練習。両手打ちのバックフォアーがいつまでたっても迷っているのに苛立った。
あとで男子ダブルス2試合楽しんだ。バブリンカのサービスを手本にしたサービスも良かったり悪かったり、進歩しているのかどうかわからない。チャンスの75と言われているのに自信は遠のいている。

野良猫の親子が昨日巣を引き払って何処かに行ったらしい。親猫の後を追って子猫がついて行ったのを、庭の手入れをしていたあーちゃんが見ていた。これ以上のながいは危険だとさっちしたのだろうか。

子猫がいると分かったころから、年老いた大きなびっこの茶色の猫がをときどき庭先で見かけた。遠くから見ているだけで近づこうとはしなかったが、たしか昨日か一昨日、物置の下のはいり口の隙間を覗きこんでいたが、何もなくすごすごと姿を消した。

006
(に三日前、物置の陰からカメラだけを出して、回転式ビューで撮った最後の一枚)

まだヨチヨチ歩きの子どもを連れださねばならないことがあったのだろうか。無関心を装ったつもりだったし、危害を加える行動はなにもしていない。ときどき親猫と出くわしたが、身構える親猫によしよしとか言ってすぐに方向転換したりしていた。

4匹の子どもの餌さがしに、乳を出すために、うろつきまわっている親猫の真剣なまなざしを見ていると、遠い昔のできごと、おふくろのことがあざやかに蘇ってきていた。親不孝な子猫であった。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:22 | コメントをどうぞ

ついにバブリンカの時代きたれり そは美し・・・・・

月曜日曇り 雨

今日葉は大腸の検査日であった。昨日から食事制限したりして気をつかっての試合会場だったと、言い訳にしておこう。昨夜はおかゆに具のない味噌汁、与えられた下剤を500ccの水で溶かして飲んだ。常用している便秘薬は遠慮した。

それがまさに遠慮だった。朝8時から昨夜溶かして作って冷蔵していた2Lの溶液を90分間で飲むこととある。
パソコンを前にしてちびちびと飲み始めた。2Lでも3Lでものめと言われれば苦にならないで飲むと思うが、問題は期待どうり出るか否かが問題。一緒に用意されていた飴玉2個を口にふくみ90分かけて難なく飲み干した。

しばらくして便意をもよおし、2回ほどトイレに行ったが、飲んだものがそのまま出ている感じがした。
それから2回ほどトイレにいったが、期待したほどではなかった。1時半から2時半までに来てくれとあった、昼過ぎたけれど4回目以降はほとんど便意をもよおさない。これでは検査も駄目だろうと思って電話すると、すぐに来てくださいとのことだった。

いろいろ会話を交わし浣腸もしたが期待したものはでなかった。ぼくは検査は遠慮しますという意味のことを言うと看護婦は先生に相談にするといって姿を消した。せっかく準備したのだから、そしてダメならという返事が返ってきた。検査を継続してもらうことにした、それには胃の検査も含まれていた。

これだから大腸の検査は気乗りはしなかった。前回から3年目を経過していた。便秘があるので今回やむをえずおもいたった。

大きな診察台に横たわり、点滴用の管から液体を注ぐと意識が薄れだした。前回に比べると、その中で格闘していた。
両方の検査が終わって運搬用のベッドに横たわっていた。いろいろあったようだが終わっていた。口の中にドロドロしたものがあって吐き出したかった。大丈夫ですかと看護婦の声がした。大丈夫ですと言ってベッドから降りるとふらつき看護婦が手を添えてくれた。ロッカーまで案内してくれ、着替えてから主治医の部屋へと行った。
胃の炎症が見受けられる。よく噛んで食べるように、大腸の奥の方は調べられなかったが、他は問題はないとのこと。

診断結果は前回とあまり違いはなさそうに思えた。

__ ↓クリックhere____ ↓クリック _____↓クリック_______↓クリックhelp









 

・ATP(男子ツアー) 2014.04.21 ソニー・オープン以来の復帰戦となる錦織圭は第4シードで出場 [バルセロナ・オープン・バンコサバデル]
・ATP(男子ツアー) 2014.04.21 バブリンカがフェデラーを破り、今季3度目の優勝 [モンテカルロ・ロレックス・マスターズ]
・WTA(女子ツアー) 2014.04.21 17歳のベキッチがチブルコバを破ってツアー初優勝 [BMWマレーシア・オープン]









 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:27 | コメントをどうぞ

K県テニス選手権大会 65W

日曜日曇り 雨

ベテランのダブルスは今日もパークドームで行われた。ねんりんピックの予選は雨で中止になったと聞き、こんな時はドームのありがたさがわかる。

65歳も3組の出場で、それぞれ2試合戦って勝者を決める。二番目にいたぼくたちが1番目と対戦した。調子が出ず序盤は先行されたが、中盤追いつき、いけるかと思っていたがぼくが足を引っ張り55から3ゲーム連取され58で敗退。

二試合目の3番との対戦は83で勝ち、勝者を決める1番目と3番目の戦い、序盤は3番が41とリード、三すくみでぼくたちにもチャンスありと見守っていた。終盤3番目は2回のマッチゲームをマッチできずに88、とうとうタイブレークとなってしまった。1番目は執念の頑張りで2勝あげて優勝した。それにしてもぼくの不出来で負けたことが悔やまれた。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 16:51 | コメントをどうぞ

K県テニス選手権70S

土曜日晴れ 曇り

昨日に引き続き今日もパークドームへと車で向かった。試合は11時10分とあったが、tuchiya夫妻の試合応援のため9時半には到着した。

001

しばらくして細君の試合が反対側の10番コートで始まっていると彼から聞いた。本部近くで個人レッスンコーチをしているetou氏と、ほんとうに久しぶりの参加に歓迎の立ち話をしている間のできごとだった。

急ぎ足で10番コートへと回ってみると23だったが内容は押されていた。コートチェンジをするとスコアーは25と変わって、負けを覚悟して応援していると、ボールをつなぎだし自分からのミスが減り、逆に決めようとする相手にミスが目立ち始めた。それから流れが一気に変わってしまった。

サービスをキープして35にすると、落ち着いたプレーに変わっていった。はやく決着をつけたい相手に焦りのいろが濃厚になっていった。そしてついに75と大逆転したのだった。

戻ってみると3番コートで彼が戦っていた。8ゲームマッチ、72とリードしていたから安心してみて見ていると、細君とは逆の状況の展開が始まった。

相手は戦術を変えてネットへ出てボレーを使い始め、それが上手だった。サービスライン当たりから一発で決めるボレーを何度も放っていた。ついには78と逆転されて、これまでかとみていると何とか88タイブレークへと持ち込んだ。

そこでもコートチェンジを2回する接戦で66からサービス一本キープして76、相手のサービスを一本もぎ取り86でかろうじて勝者となっていた。はるばる関東から飛来、まずは1勝づつあげたのが、うれしかった。

11時を過ぎるころ、几帳面なI氏の顔を見ないので、おかしいなと思っていると向こう側端っこの4番コートへ入っていると、誰かが教えてくれた。

I氏は一個で勝利して、ぼくは敗者にベーグルで勝って、いよいよI氏と優勝かけての対戦となった。

まさに骨肉の争いに近いといっても過言ではあるまい。この1年くらい週一シングルスを戦っている。お互い手の内は透明で、勝ったり負けたりで競ってやってきている。そしてこの頃ぼくの方が分が悪いのだ。彼は自分に合ったラケットやガットのテンション等にたどり着いているようにみえる。

ストロークは安定して長身を生かしたサービス、ふところの深いフォアーには翻弄されっぱなしでいる。

サービス4本練習してI氏のサービスから始まった。いきなりブレークできたのは幸先良かったが、それからは大熱戦が展開された。すぐにブレークされて11 そして22と振り出しに戻り、33、キープされて34。

この辺ではヤバイと正直思っていた。思い切りのいいノータッチのショートストロークを2本かっこよく決められて動揺していた。どこに打ったらいいのかと分からなくなっていた。

コートチェンジのときラケットを旧モデルのすこしかたく張ったラケットを手にしていた。気分転換だ。

落とせばほぼ敗着のサービスだったが、思い切り行ったのが良かったのか44となんとかしのいでいた。それから1球1球必死の攻防が続いて何とかブレークして54。

ついにサービスフォーセットにたどり着いた、が、いつもここから失敗している。案の定0 30と55が頭にきょらいした。しかしそこから相手のミスをさそって64、なんとかやっと勝つことができた。両手が上にあがっていた。そしてお互い笑顔で固い握手をかわした。

__ ↓クリックhere____ ↓クリック _____↓クリック_______↓クリックhelp









 

・ATP(男子ツアー) 2014.04.19 ダニエル太郎がデ杯選手を連破してベスト8、17歳の中川直樹は予選突破 [サラソタ・チャレンジャー]
・ジョコビッチがフェデラーとの準決勝へ、モンテカルロ・オープン
・フェデラーが準決勝進出、モンテカルロ・オープン
・フェレールがナダルを破り準決勝へ、モンテカルロ・オープン









 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:33 | コメントをどうぞ

K壮会 総会と月例

金曜日雨 曇り

K壮会の総会と月例がパークドームで行われた。
新入会者5名。総会のせいか参加者は多く129名(女41男129)。

松Aは12名。いつものようにスライド方式のダブルス4試合。

今日は初戦がすべてだった。相手は優勝候補ペアーで苦戦が予想されたが、いざ試合が始まるとこちらのペースで序盤中盤と優位に試合を戦っていた。41とリードするかと思われたが32とつめよられ42と一歩リード43 44 54となってぼくにマッチサービスが回って来た。ここでいつもの緊張、マッチポイントが1回あったがねばられて55、6ゲーム先取で相手のサービスとなって惜しくも敗れた。

2試合目は61で勝利したが3試合目は一方的に相手の流れとなってまさかのベーグルでやられた。接戦でもおかしくない相手だと思っていたのに。2敗をきして上位の縁がなくなった4試合目は楽しみながら勝利した。

005.jpg-1

1試合目勝っておれば彼の優勝は危ういところだった。そしてぼくにもチャンスはあったかもしれない。
勝負ってこんなあやがあるから面白い。今日も最後の試合で優勝準優勝が決まったから、終盤になると予断は許されないハラドキの展開となることが多い。

__ ↓クリックhere____ ↓クリック _____↓クリック_______↓クリックhelp









 

・ていちゃん2ちゃんねるの記事をまとめたブログです。

・ATP(男子ツアー) 2014.04.18 ジョコビッチも快勝してベスト8進出 [モンテカルロ・ロレックス・マスターズ]
・ATP(男子ツアー) 2014.04.17 ナダル、フェデラー、バブリンカ、ツォンガなどが8強進出 [モンテカルロ・ロレックス・マスターズ]
・WTA(女子ツアー) 2014.04.17 チブルコバがベスト8に進出 [BMWマレーシア・オープン]









 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:22 | コメントをどうぞ

野良猫の赤ちゃん四匹

金曜日曇り 夕方小雨
昨日、日蔭用のゴーヤの苗を六つ買って早速テラスの前に植え付けた。ミニトマトも二株買って植えた。

明日から三日間テニスの試合がある。明日はK壮会でのダブルス4試合、これを少し心配している。それでなくても疲労が残っている、翌土曜日のK県テニス選手権70歳のシングルスに影響あるかもしれない。日曜日はダブルス2試合だ、勝ち負けは別としていい試合ができれば満足することにしょう。

野良猫の子どもたちの泣き声が物置きの方からきこえたとあーちゃんが言う。物置の下で赤ちゃんを産んだようだ。

猫に遭遇するたびに追いかけまわして、我が家には近寄らせないようにずっとしていた、よりによって我が家の敷地内で生んだのだ。
近寄ってのぞくとガチャッと音を立て親猫が機敏に退散したが、ブロック塀の上で物置に体を隠し首だけ出してぼくを気ぜわしく凝視していた。子供を守ろうとする親のはきが伝わってきた。ぼくたちが嫌っていたのをしっているかのよ
うに。

手のひらにのるような子猫数匹、機敏に身を隠すしぐさをしていた。必死に子育てしている野良猫に危害を加える気持ちはなかった。テレビで見る野生の動物たちの子育てと同じく真剣なのだ。

・ATP(男子ツアー) 2014.04.17 フェデラー、ナダルなど上位勢が無事に3回戦へ [モンテカルロ・ロレックス・マスターズ]
・海外ニュース 2014.04.17 フェデラーが産休? 全仏オープンも含めて欠場する可能性を示唆
・渋谷区から熊本へ! 家賃3分の1で広さ2倍の「町家暮らし」は冒険
・「リタイア前にやるべきだった……」後悔トップ20【2】健康

__ ↓クリックhere____ ↓クリック _____↓クリック_______↓クリックhelp









 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 17:55 | コメントをどうぞ