九州毎日テニス選手権 反省




月曜日晴れ
二人の孫娘たちが転勤でM県からきてまたM県へ明日戻るというので、運動公園高台にある子供らの遊び場に連れて行った。月曜日というのに親子ずれがけっこう遊びに来ていた。子供らの大半はスノーボードを手にして、手ごろな小山の勾配で草スキーを存分に楽しんでいた。緑豊かな長いスロープの専用の滑り場は人工芝が滑らず、閑古鳥が鳴いていた。

ぼくはアクアエリスの空き箱を伸ばして二人の孫に用意して行った。
5歳の孫娘は結構それで楽しんでいたが、3歳の孫は持て余していた。桜はほぼ散って、赤い八重桜が満開で公園の角でひっそり、その下には数人のおばさんたちが陣取り花見をしていた。

(九州朝日テニス選手権の反省)
《75歳代初めての大会、何かが起きることを期待していた、が平凡に幕を閉じた》
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

__ ↓クリックhelp____ ↓クリック _____↓クリック_______ ↓クリックhelp









    









 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:18 | コメントをどうぞ

仲間の試合の応援 博多の森へ




日曜日曇り 風強く冬日

九州毎日選手権最終日の今日、残された男子の決勝戦は70歳と75歳の2試合。
1番コートと2番コートで10時から行われた。

M氏70歳代の戦いぶりをこの目で確かめたいと思い立ち時間に間に合うように、博多の森へと車をとばした。
M氏は2番コートでランキングNO1のsanoshiと対戦していた。03と苦戦ながらも頑張っていたが63くらいで落とすとセカンドに入ってすぐにリタイヤを申し入れていた。

昨日のセミファイナル終わった時点で腰を痛めたと元気がなさそうにしていた。悪いながらも頑張って優勝した彼を見ていたの、期待していたが腰痛は思った以上に悪かったのだ。

昨日はランキング3位のwatanabeshiを破りそして今日、ランキング1位のsanoshiをを破るとなると大変なことをしでかすのだ。試合内容とその瞬間を見たかった。

シーズンは始まったばかり、ここで無理をしてこじらせでもすれば損失ははかりしれない。残念だけど正しい選択だったと言えよう。

70S 75S ファイナルはsugimotoshiVSnarukawashi。
単複2日間戦ったN氏、体の動きにそれがあらわれていた。セカンドを踏ん張って何とか取りファイナルへと突入したが、体力は限界に来ていた。相手に思うように揺さぶられ、S氏得意のドロップショットでとどめを刺された。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

__ ↓クリックhelp____ ↓クリック _____↓クリック_______ ↓クリックhelp









    









 

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:05 | コメントをどうぞ

九州毎日  75ダブルス準優勝

土曜日曇り 雨

昨日ダブルスが終わると車で家へ戻り、また今朝7時半家を出た。例の80円が100円になっていた「いきなりダンゴ屋」でいきなりダンゴ1個と桜餅1個昼の腹ごしらへ用に買う。ぼくの前で買った女性は6000円出していきなりダンゴを両手で持てないくらく買って行ったのにはびっくりした。80円が100円になっても売れるものは売れるんだ。

朝一番9時からの試合、セミファイナルを見るために出発を早めていた。

75ダブルス決勝戦は11時試合開始予定となっていたが、9時からの試合に対戦相手の一人、1シードのNA氏がシングルスSFを戦っているので順調に行っても12時ごろの試合開始とみていた。

博多の森へ着いて、試合中のコートをのぞいて回った。2、3番コートでは70セミファイが行われていた。3番コートでは仲間のmatumura氏が第二シードwatanabe氏と戦っていたが、目を疑いたくなるスコアーになっていた。ファースト61 セカンドも優位に試合を進めて63で倒して明日の決勝へと駒を進めたのにはびっくりした。watanabe氏は昨年の覇者、matumura氏は一昨年の覇者だからびっくりしなくていいかもしれないが、なぜかびっくりした。

中段の4番コートでは1シードのnarukawa氏とぼくが昨日負けたtuchiya氏が対戦していた。ファーストは大接戦を演じていた。オーソドックスで本格派のN氏にTU氏は大根切りという表現がピッタシのフォアのチョップショットで前後にゆさぶり、得意らしいバックで甘いボールをストレートやクロスへと打ち分けていた。とうとうタイブレークに突入、ここでもせっていたが最後にはフォアーの強打を得意とするN氏が逃げ切った。セカンドは51、NA氏のワンサイドかと思いきやそこから45までばん回して、そこで力尽きたが、その執念には見習うものがあった。

おりしも雨が少し強くなりだした。12時過ぎには始まる予定の75ダブルスのファイナル、車で待機していたら携帯が鳴った。本部まで来てほしいという。降雨なので屋内に変更したい相手は了解したがどうですかという、パートナーのkatumata氏に携帯して同意えたが、予定の女子の試合を消化した後だから試合は遅れに遅れた。

屋内コートから屋外の3番コートへ目をやると70歳のダブルスの決勝を戦っていた。やむ気配のない雨の中もくもくと必死で追う姿が影絵のように遠くからうかがえた。息詰まる戦いはファイナルへと突入していた。中断して屋内への変更を打診すればいいのにと思えるほど降雨は激しさを増していた。

(75ダブルス決勝戦)
屋内の1番コートへ入ったのは15時を過ぎていただろうか、いつもも思うのだが確認を忘れている。今大会の目標の一つが1シードnarukawa氏とシングルスだったが、かなわず、ダブルスでの対戦になって興奮を覚えていた。

ファーストから接戦で試合は進んだ。パートナーは昨年の全日本ベテラン覇者だ。55となって57でファーストを落とすもセカンドは64で取り返してファイナルセットと突入した。そこでトラブルが起きた。

セットが変わったらサーバーの順番を変わろうとすると、今まで通りの順番でやってくださいと女性チェヤーアンパイヤにしては強く自信を持っての命令口調で言いだしたので、ルールが変わったのですかの質問には答えず、Kさんあなたからですと言う。
アンパイヤはその試合進行の権限を任されているものと解釈していたので、しぶしぶ従う。
1ゲームを終えてコートチェンジをしていると、今度は相手もサービスの順番を変えると言う。アンパイヤは強い口調でそれは駄目です順番通りSAさんからのサービスですと言うと、相手はそれはおかしいそんなことはない、本部に聞いてくれと言いだした。彼女が本部に無線するとやはり彼女の間違いであった。彼女はぼくたちに平謝り。誤りが分かった時点から正せばいいと、ほかのルールを持ち出して、自分たちはサービスの順番を変えてサービスの体制に入ろうとする。抗議するが、耳を貸そうとしないし、アンパイヤもそれに対して何も言わない、言えないのだ。

せっかくここまで大熱戦でナイスゲームが続いていたのに、ここでひともんちゃく起こして不愉快な思いはしたくないという気持ちが、ぼくたちのペアーにはあったと思う、そのまま試合続行した。ファイナルもブレーク合戦の様相になり、混とんとしていたかに見えたが45で相手のサービス、ブレークできそうで、最後には突き放されて敗れた。

それで負けたとは言わないが大きな要因ではあった。だがそれを含めて勝負に対する執念はぼくたちより相手の方がまさっていた。
57 64 46 で負けはしたが白熱のいい試合だったと二人で会話したことだ。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:33 | コメントをどうぞ

九州毎日75 S3回戦敗退 D決勝へ

金曜日曇り 雨 曇り 雨 強風
三回戦の相手は千葉のTU氏で以前夏の関西で負けている。強風の中耐えてプレイしていると雨が降りだした。降ったり止んだり、風は舞うで最悪のコンディションだった。
ファーストから接戦で75ものにしたが、セカンドは36ファイナルも36で負けてしまった。チャンスはいくらでもあったのに、みずから目を摘んでいっていた。ふがいない負け方であった。

ダブルスSFは1時間半過ぎ経過した13時30分より7番コートで行われた。パートナーのK氏は昨年全日本ベテラン75歳ウイナー、ぼくのランキングもそこそこなので、ぼくたちは6ドローの1シードで1回戦はBYEになっていた。
相手は地元の人で顔なじみのペアー。ぼくたちが各上になるが勝負はやってみないとわからないを実証していた。試合を始めるとそつのない相手のプレーにくらべてぼくらはミスを多発していた。14とリード許していたのだ。心底やばいと感じていた。ぼくがサービスをキープして24になってから相手にもイージミスが出始めて際どくゲームをもぎ取っていくと64でファーストを取ることができた。
セカンドはこちらのペースで進み62と勝利した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









    









カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:14 | コメントをどうぞ

九州毎日75 二回戦

木曜日晴れ 曇り 雨
今日は7番コートの二番目にオーダーされていた。コートでは75才2シードのA氏とTK氏が戦っていた。A氏の圧勝で終わり、ぼくらといれかわった。相手はIW氏、いつか中国選手権で戦って勝っていた。油断してはなかったけど苦戦を強いられた。
1ゲーム目相手のサービスを簡単にブレークしてさい先よさに雑なプレーになっていた気がしている。サービスを落として11になると相手の目付きが変わっていた。それからはおされぱなし気がつけば45でぼくのサービス。たやすくキープして55 65 75と、落としてもおかしくなかったセットをものにできたのは大きかった。

セカンドはA氏の「決めにいってはいけない」というアドバイスをそしゃくしながら戦っていた。無理をして攻めない、チャンスがくるまでがまんする。
かってに解釈して戦ったいると51とリード。
勝利を焦って2ゲーム失うが63で勝つことができた。相手の選手は笑顔でネットに歩を進め、いい試合だったと力強く握手してくれた。
ケイタイより

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:42 | コメントをどうぞ

九州毎日選手権75才

2014040213440001.jpg 2014040210210001.jpg

水曜日〓
8時頃家をでて植木インター9時までに余裕をもって乗り入れたのに、大宰府インター出口料金表示は2200円と目を疑った。いつも1400円くらいだったからだ。
一個80円で安くて大きくて美味しいのでいつも午前中に売り切れるといういきなりだんご、植木インターまでの道すがらにあって、立ち寄ったところ一個100円になっているのにもびっくりしたところだった。

13時より早くはならないという試合は15時半くらいからはじまった。横浜からエントリーしたというD氏に6161で勝つことができた。
それまでの時間は仲間の65才のSFを観戦していた。危なげなく勝利、明日は決勝戦。

ぼくの明日の2回戦は9時からの予定。
携帯より。

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:25 | コメントをどうぞ

デ杯 対チェコ戦チャンスと思えしが?




火曜日晴れ 晴れ

日ざしが厳しい、夏を思わせる陽気となっていた。明日から九州毎日、昼から出かけて籠ボールとY氏相手のサービスとストロークの練習を軽めにして、一息入れる。
それから2時半のレッスンを久しぶりに受けた。メニューにスマッシュの練習を入れてもらい、イメージをインプット。仕上げに行った1ゲームの試合ではサービスが入らなくて、頭が混乱した。レッスンを終えて一人でコートに立ち、サービスを打ってみた。昨日は良かったのに今日は駄目なのだ。その日の体調などが微妙にからんでいるのか、サービスは難しい。

チェコのNO1ベルデヒが賞金稼ぎに専念するとデ杯の代表辞退していた。日本はにんまりしていたのだが、錦織に黄色信号がでて、うろたえている日本。錦織はここで無理をすると賞金稼ぎの足を引っ張ることになるし、ランキングの凋落の懸念もでてくる。苦しいところだ。国の名誉とか何とか言っても、賞金もなしポイントもつかない、勤労奉仕しの世界。余裕のあるプロ選手か下位のプロ選手だけで、もう魅力なくなっているのかもしれない。

・錦織が精密検査 デ杯初4強へ、出場は診断待ち
・電撃発表!錦織、複で出場濃厚の5日デ杯が天覧試合に!!/テニス
・ヒンギスがダブルスで2007年以来の優勝、ソニー・オープン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

__ ↓クリックhelp____ ↓クリック _____↓クリック_______ ↓クリックhelp









    









カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:55 | コメントをどうぞ

ジョコビッチ、ダルを倒しウイナー(ソニー・オープン)




月曜日曇り 晴れ

まさに駆け込み需要の日。近くのスタンドに車がじゅじゅつなぎ。特売日のようだが、考えてみれば特売日と変わりなし。

ナダルが全仏初優勝の時代に使っていた旧きゅうラケットにガットパワジを40とゆるく張ってこの冬使っていた。旧であろうとニューであろうとバボラのアロエプロドライバー、ナダル用でないと似つかわしくないと悟って、ガットRPMブラストで二本目として張り替え、今日コートで使ってみた。2ポンド上げて52で張っていたが、旧と新のラケットでは、ボールをうった時の感触、旧はかたく新しいラケットはまろやかだ。新旧のアロエプロドライバー2本で九州毎日を乗り切ろう。

・ATP(男子ツアー) 2014.03.31 ジョコビッチとナダルのライバル関係は続く [ソニー・オープン]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









    









カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:06 | コメントをどうぞ

敵を知り己を知れば百戦殆うからず

日曜日曇り 曇り

終日雨だとあきらめていると、雲は重く垂れ込めていたが降りそうで降っていなかった。降ってないとわかると体がムズムズ、水曜日が九州毎日の一回戦。

コートへ着くとX氏が一人でいたので練習をお願いする。ストロークとサービスからの打ち合いのあと、シングルスをお願いした。ねんりん方式の4ゲームの戦いは際どく勝たせてもらった。サービスがダメだったのでサービスの練習をひとしきり。ばんざいをした姿勢が少し前向きになっていたらしい、そこを修正すると安定しだした。

X氏ともう一度シングルスをお願いしたが、するとサービスが良くなり、ぼくのペースで試合を展開することができた。水曜日までキープしておきたいサービスだ。

家に戻るとドロー開いて、対戦しそうな選手の戦歴をパソコンでで検索した。昨年の九州選手権、それを怠っていたので、楽観からの初戦敗退の憂き目を見ている。
「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」


・テニスのアニメがテレビ放映されるそうだ。内容次第では、国内でのメジャーデビューもありうる出来事だ。錦織の活躍も大きな追い風となっている。

WTA(女子ツアー) 2014.03.30 セレナが大会最多の7度目の優勝を達成 [ソニー・オープン]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:29 | コメントをどうぞ

錦織 残念だけどいたしかたないか




土曜日曇り 雨 雨

今日から九州毎日が始まった。仲間のH氏は今日からだ、昨日HG氏のシングルスが終わって、一緒に練習した。
調子はよさそうだ、勝ち進めば3回戦で第2シードと対戦する。頑張ってほしい。

今にも降り出しそうな空模様の中コートへ向かうと途中携帯が鳴る、I氏からでシングルスの相手が待っているという。IW氏だった。独特な彼のテニスには分が悪い。バックはフラットでダウンダライン、クロスにと打ち分けてくる。それをつなぐことができずにじりじりと押されていた。26 36と勝てそうな気はしなかっったが、最後にを10ポイントンのタイブレークすると10 2で勝たせてもらった。その後ダブルスの途中降雨強くなり中止した。

ソニー・オープン、セミファイナル2時間前、錦織のリタイヤー決断されたた。会場もさることながら、あちこちから悲鳴が聞こえてきた。
以前は厳しいコメントをブログしてきたが今は考えが変わってきている。今回は足の付け根の故障らしいが、無理をして戦っても故障の身で勝てる相手でないジョコビッチ、4月4日からのチェコとのデ杯のこともあわせて熟慮したのでは推察する。

同じくベルディハが棄権したと聞いて驚いている。準々決勝のデ杯戦、チェコのベルディハが欠場とのことで、日本にとっては千載一遇のチャンスなのだ。対カナダ戦はラオニチの欠場でタナボタ勝利し、チェコ戦ではベルディハなのだ。

錦織とベルディハが棄権、決勝はナダルとジョコビッチに ソニー・オープン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









    









カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:01 | コメントをどうぞ