月別アーカイブ: 2014年10月

フェデラー、上海優勝!

上海のマスターズはフェデラーが優勝しましたね!

決勝は見れませんでしたが3回戦のバティスタ・アグート、準決勝のジョコビッチ戦を見ました。
フェデラーの早い攻めさすがですね!
サーブの制度も素晴らしかったですが要所要所で見せるネットプレイに惚れ惚れしました。
チップアンドチャージ、今となっては死語になったようなプレイは自分にとってのバイブルみたいのもの。
このプレイをもっともっと啓蒙したいと思いました。

同時にバックハンドにアプローチで攻められた時に使っていたスライスのショートアングル(これは錦織圭もこのショットは使っていました)も素晴らしい!
片手バックハンドもまだまだ捨てたもんではないですね!

やはりフェデラーのプレイスタイルは私のバイブルです。
もう一度グランドスラムのタイトル取って欲しいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 00:10 | 6,191件のコメント

ビッグ・ブレーデン氏永眠

アメリカのテニスコーチのパイオニアであるビッグ・ブレーデンさんが亡くなられました。
日本のテニス関係のニュースではまったく報道されず…
トレーシー・オースチンのTwitterを見て私の友人が知らせてくれました。

今から32年前の1982年の冬にロサンゼルスにあるビッグブレーデンテニスカレッジへ2週間ほど行ったことがあります。
同年の夏休みに軽井沢でアメリカからのスタッフが来てキャンプを行いました。
(ビッグ・ブレーデン氏は来ませんでした…)
そのキャンプで行われたトーナメントで私は優勝してその副賞としてアメリカ遠征をいただきました。

その当時はトップスピンが流行り始めておりループスイングをやたらと教わった覚えがあります。
ボレーを暑いグリップで打つように言われた時はびっくりしましたが…

同年の春にニック・ボロテリーのレッスンを桜田倶楽部で受けたこともありどちらかと言うとそちらのほうがアドバイスされたことは覚えているのですが…

どちらにしろ初めてのアメリカ遠征は今となってはとてもいい思い出です。
古いアルバムを探せば当時の写真が出てくるかもです…

ブレーデンさんはちょっと揉め事があり一時期はテニスとは離れてスキー業界にいたようですがまたテニスアカデミーをユタに作り活動していたようです。

ご冥福をおいのりします。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 09:45 | 1,744件のコメント

錦織圭、優勝おめでとう!

あいにくの天気の昨日、レッスンがインドアに変更になり決勝の時間に重なってしまいました。

錦織圭ファンのジュニアも途中経過が気になりライブスコアを合間に見ながら練習。
レッスンを終え自宅に戻るとちょうどマッチポイントでした。

image

それなのにこの表情を見た瞬間思わず私ももらい泣きしてしまいました。

疲れていたのでしょう。
相当なプレッシャーがあったのでしょう。
でもそんな中で優勝、二週連続の快挙を成し遂げました。
本当におめでとうと言いたいです。

一昨年の優勝も確かハセツネに出ていて山の中にいました。
日本にいながらその勝利の瞬間を生で見れなかったのはとても残念ですが、でも嬉しいです。

あっという間に次は上海!
確かに優勝の余韻に浸る暇などありませんが昨晩ぐらいは祝杯あげたのかな?
私も一人で打ち上げをしました(笑)

image

本当に本当におめでとう!

また一皮も二皮もむけましたね!

目指せ世界一!

気づけばラオニッチは3年連続の準優勝…
いつか優勝して欲しいなとも思いました…

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 07:20 | 6,343件のコメント

錦織圭、準決勝へ!

昨日は昼前に仕事を終えて急遽有明へ。
チケットがなかったので広場の大画面で錦織圭対シャルディーの試合を観戦しました。

このシャルディー、私は好きな選手です。
プレイは荒削りでフランス人ぽっくないのですがなんとも言えない雰囲気が…

今年のクレーの大会(すいません、何の大会かは忘れました…)でフェデラーに勝っている大物食いの選手です。

いきなり最初のゲームをブレイクされましたが1セットの終盤から6ゲームは圧巻でした。
体力的なこともあり序盤はセーブしてここぞという時にしっかりとギアをあげる、素晴らしい試合でした。

あと二試合、なんとか頑張って欲しいです。
でも少しやすませてもあげたい…

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 08:04 | 790件のコメント

楽天オープン観戦

昨日はレッスンを夜のみに調整して楽天オープンを観戦してきました。

やはり気になるのは錦織圭の試合!
疲れていないのかな?
故障はないのかな?
ダブルスは出て大丈夫かな?
数々の疑問を抱えながら試合を見ました。
でもそれがあういう事になるとは…

相手のドナルド・ヤングはかつてジュニア時代は錦織圭より強く天才と言われた選手。
まだ今ほどネットが充実していなかった時代でしたが動画を探して当時は見たものでした。
その当時と基本的にテニスは変わらず、歯切れのいいテニスでした。
でもちょっとテンポが早すぎるような…

そんなテニスに落ち着いて対応していた錦織圭。
いくつか危ない場面はありましたが結局ストレート勝ちでした。

ただサービスの精度があまりよくなかったです。
確率も悪くスピードも上がってませんでした。
マドリッドでナダルに勝ちかけた時ほどではないですがあれっ?と思いながら見ていました。

その後会場を後にしレッスンに向かう時にてにす仲間からダブルス棄権の連絡を受けました。

やはり臀部の痛みだったのですね。
今日は大丈夫かな?
なんとか頑張って欲しいけれど無理はして欲しくない…
でも頑張って!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 09:29 | 539件のコメント