カテゴリー別アーカイブ: 未分類

錦織圭、ティエムに敗退、そして準決勝進出ならず…

期待していたティエム戦。
錦織圭はセカンドセットは健闘しましたが一歩及ばず敗退でした。
う〜ん、悔しい悔しい…

フェデラーに勝った時は私自身も大喜びだったのですが、思い出すとこの試合は本調子ではなかったのですね。
そう、フェデラーも本調子ではない…
二試合目での調整がうまくいかなかった錦織はその後も持ち直す事が出来ませんでした。

錦織対策として、ストローク抜群の錦織に対して同じようにストロークで打ち合うのはなかなか勝ち目がない。
みな何か一捻りふたひねりしてきます。
フェデラーはそれをハードヒットで、アンダーソンはビッグサービスで応戦してきました。
そして今日のティエムはいつもよりもっともっと深い球を打っていました。
早い段階での切り返しがなかなかうまくいかない…
ずっとストロークの感覚がずれたままなのでどうしてもリズムが作れない…
そうなると余計にサービスに力が入りファーストサービスの確率が上がらない…
どうにもこうにもうまくいかない感じでした。

ボールやコートに合わなかったというのもあるかもしれませんね…

ただ今シーズンのスタートを考えれば上出来でしょう。
怪我から復帰のスタートがチャレンジャー。
USオープン以降は優勝こそありませんでしたが安定した戦いぶりでした。
もしかしたら体力的なことよりも精神的な疲労がたまっていたのでしょうか?

今シーズンは終わりました。
しっかりと休養して来シーズンこそツアー優勝、マスターズ優勝、グランドスラム優勝を達成して欲しいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 20:22 | コメントは受け付けていません。

錦織圭、アンダーソンに敗退…

ずっと連敗していたフェデラーにツアーファイナルという大舞台で勝利していた錦織圭。
相手は先週に勝利しているアンダーソン。
当然期待も高く、私自身も勝利を信じていました。

ところがところが…
試合は一方的な展開に…
やはりアンダーソンのサービスが良くリターンゲームでなかなかリズムがつかめない。
フェデラー戦でも思ったのですが調子うんぬんよりもコート、もしくはボールに合ってないのか?
本当にミスが早く多かったです。

テニスはゴルフとは違い常に動いているボールを打つ競技。
(サービスのみ違いますが…)
どこかストローク戦でタイミングを掴めば挽回する場面を作れたはずなのですがそれもうまくいきませんでした。

もしかしたらダブルベーグル(私がジュニア時代はだんごだんごと言いましたが…)とも思いましたがさすがにそれは阻止。
と言っても完敗には変わらず、しばらく私も呆然としてしまいました。

ただ救いとしてはこれはトーナメントではないという事。
おそらきそこまで体力は消耗してないはず。
もちろん精神的にはかなり辛いとは思いますが1日の休養でしっかりリカバリーして欲しいです。

今までたくさんの苦しい場面をくぐり抜けてきた選手です。
明日の試合の奮起を期待します!

もちろんアンダーソンが素晴らしいプレイをしていた事も事実。
今週は寝不足が続きますね…

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 13:03 | コメントは受け付けていません。

ツアーファイナルスタート、そして錦織圭勝利!

ツアー最終戦のツアーファイナル。

初日はアンダーソンがティエムに勝利。
そして錦織圭はフェデラーに勝利しました。
早朝のスタートでしたので朝の5時に目覚ましをかけて観戦しました。
コートの影響なのか、ボールの影響なのか2人ともミスが多い展開。
サービスキープがずっと続いた12ゲーム目。
錦織サービスから0-30とピンチを迎えましたが、なんとここでサービス&ボレーでポイント奪取。
タイブレイクになるとのびのびとしたショットが決まり1セット目を先取。

2セット目はブレイクスタートの危ない展開でしたがすぐにブレイクバック。
そしてまたもやブレイクして6-3での勝利でした。

2人とも本調子には見えず、特にフェデラーはいつもよりかなりミスが多かったです。
ただ錦織のサービスやストロークの選択が大事な所でしっかり決まり、その影響か焦りを見せたフェデラーが打ち急いでいるようにも見えました。
珍しく警告も取られてましたし、なんだか錦織に技術的にも精神的にも揺さぶりをかけられていたようにも思えました。

錦織はフェデラーに4年半ぶりの勝利だったのですね。
そんなに勝っていなかったんだと思うと共にこれを機にまたまたさらにパワーアップしそうな予感がします。

ラウンドロビンの初戦での勝利はとても大きいてす。
残り2戦、これまた楽しみですね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 15:32 | コメントは受け付けていません。

カチャノフがパリマスターズを制す

ツアーの最終戦であるパリマスターズ1000。
ツアーファイナルに向けての最後の大会という事で盛り上がっていましたね。
直前てデルポトロとナダルの怪我。
それに絡んでの錦織とイズナーの最終枠の争いは選手でもないのに毎日緊張してしまいました。

最終的には錦織圭は先週の決勝で敗れたアンダーソンにリベンジを果たしベスト8。
この時点でカチャノフに敗退したイズナーを上回る事が出来ました。
残念ながらフェデラーにはまたまた敗退…
9位という事でしたがデルポトロの欠場の発表に合わせ出場が決まりました。

そしてナダルの欠場も決まりイズナーの出場も決まりました。
ナダルに関しては腹筋以外にも足首の怪我が関係していたようです。

どちらにしろ今ベストの状態の8人が揃いました。
と共にフェデラーに競り勝ったジョコビッチに勝ったカチャノフがこのパリマスターズを制しました。
まだグランドスラムでは上位に行ってない若手が優勝というのにはかなりびっくりでしたが、それだけ勢いがあるという事ですね。
カチャノフはツアーファイナルの控え選手となっています。
素晴らしい飛躍です!

どちらにしろ錦織圭がツアーファイナルに出るというのはとても素晴らしいこと。
今期は怪我明けでチャレンジャースタート。
オーストラリアオープンは出ていない。
グランドスラム、マスターズでは優勝していない。
ましてツアーでは一大会も優勝してません。
でもここまで来れたというのは成績か安定していたということ。
来週からの試合がまたまた楽しみです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 13:03 | コメントは受け付けていません。

レッドソックスがワールドシリーズを制す!

大好きなメジャーリーグ。
ここ数年はワシントン・ナショナルズのハーパーにはまってしまいナショナルズを応援していました。
スタートした頃は良かったのですが夏辺りから下降…
地区優勝はおろか、ワイルドカードにも絡めず。

そしてリンスカムがいた頃にはまったサンフランシスコ・ジャイアンツも最下位。
ディビジョンシリーズが始まってからはボストン・レッドソックスを応援していました。
どうも私はチームを応援する事よりも選手を応援する傾向がありようですね…

それはさておき、レッドソックスは強かったですね!
点の取り方のバリエーションが多彩。
ホームランもあるし、繋ぎのヒットで点数を稼ぐ。
誰しもがバッティングセンスがあるので打順があまり関係ないように見えました。

そして投手陣。
左のプライスとセールの踏ん張りがすごかったですね。
どちらかと言うとディビジョンシリーズ、からワールドシリーズまでの短期決戦で結果を出せなかったプライスの頑張りは嬉しかったです。
なかなか締まりのない感があったクローザーのキンブレルも何だかんだしっかりと仕事をしていました。
しかし昨日は予想に反してセールがクローザー。
9回を圧巻の三者連続三振。
見事な投球でした!

いやあ本当に強かったですね、レッドソックス!
おめでとう!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 20:42 | コメントは受け付けていません。

錦織圭、またまた準優勝・・・

オーストリアで行われていたエルステ・バンク・オープン。
残念ながらアンダーソンに競り負けて準優勝でした。
そして決勝9連敗・・・

準々決勝では地元のティエムに完勝。
準決勝のククシュキンにもストレート勝ち。
この分だと決勝もと思っていましたが、そう甘くはなかったですね。

決勝までの対戦相手とまったくタイプが違うのでスタートが大事と思っていました。
1セット目のサービスブレイクが大きかったですね。
アンダーソンのサービスゲームが素晴らしくなかなかレシーブからの突破口を開けず。
逆にアンダーソンは伸び伸びとプレイ。
素晴らしいストロークを打っていました。

う〜ん、またまた決勝での敗退。
悔しいのは本人が1番感じているはず。

今週のパリのマスターズは最後のツアー戦。
ツアーファイナルに向けての最後のチャンス!
悔いのない試合をして欲しいです。

今年のスタートはチャレンジャーで200位台の選手に敗退していたこの錦織圭がいまここまで来ているのです。
すごい事なのです!
最後まで応援したいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 10:25 | コメントは受け付けていません。

最終戦は?

錦織圭と素晴らしい試合をしたフェデラーでしたが、6月のハレの試合に続いてチョリッチに敗退でした。
う〜ん、錦織戦でいろいろと使い果たしてしまったのでしょうか?
それともチョリッチのプレイが素晴らしかったのでしょうか?

そのチョリッチも絶好調ジョコビッチにストレート負け。
太もものテーピングが痛々しかったです。

ここに来てツアーファイナルへの8人の切符が誰に渡るのかがとても気になるところ…

錦織圭は9位に上がってきたというところで残りの2大会どの奮起に期待したいです。

最悪リザーバーとして、9人目の選手としてロンドンにというのもありなのでしょうか?

そんな中ちょっと嫌なニュースが…
ここ数週間あまり体調の良くなかったデルポトロが怪我をしてしまったようです。
膝の皿の骨折のようです。
大丈夫なのか心配ですね…

残りの試合、しっかり注目したいと思います。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 09:50 | コメントは受け付けていません。

錦織圭、フェデラーに敗退

上海マスターズ1000の準々決勝、錦織対フェデラー。
スコアは錦織から4-6.6-7でした。
フェデラーから見ればストレート勝ちですから完勝と見れなくもないのですが非常に内容の濃い試合でした。

実は最初の3ゲームは車の移動中で見てなかったのですが、とても長い時間がかかってましたね。
特に1ゲーム目は10分近くも…
フェデラーは錦織のサービスゲームに自分のサービスゲームのようにリターンを打ち込んでいました。
ラリーを避けとにかく速い展開でポイントを取ることを意識していたのでしょう。

2セット目も最初の錦織のサービスゲームを落としたのが痛かったです。
途中で追い上げはしましたがやはり最初からフェデラーの攻撃的なプレイは終始ぶれない感じでした。
タイブレイクでリードした時もいけるのではという感じがありましたが、勝利の神様はフェデラーに微笑んだ感じでしたね。

とても残念な敗退ではありストレート負けではありましたが、とても内容の濃い試合であったように思います。
37歳にはしてあのプレイをするフェデラーには脱帽といった感じですが、あのような素晴らしい息を飲む展開のラリーは本当に見ていて楽しかったです。

何と言っても今年の前半はまだ試合をしていなかったのです。
そんな状態からここまで戻ってきました。
今後に期待したいです。

残りの2試合頑張って、ツアーファイナルへぜひ出場して欲しいですね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 22:02 | コメントは受け付けていません。

今年のハセツネはリタイア

テニスではなく趣味のトレランの話を…

今年で26回を迎える日本山岳耐久レース、ハセツネに参戦してきました。
今年で8回目の参加となります。
僕自身のトレラン初レースがこのハセツネ。
毎年必ず出ているレースです。
嫁さんと知り合ったのもこのレース。
自分自身での位置付けが高いレースでもあります。

しかししかし、4月のUTMF後あまりお山に行けず。
土日はほとんどレッスン。
平日もほとんどレッスンが入っており今年はハセツネの試走にも行けず。
増えてしまった体重を4キロ減らすことは出来たのですが…

71.5キロの距離に対して制限時間は24時間。
歩いてでも完走出来るレース。
ベストタイムは15時間半ですが昨年は21時間もかかっていました。
なんの根拠もなくまた15時間ぐらいと考えていたのですが今年は大違いでした。

台風25号の影響もあり気温が高い高い…
会場には早めに着き準備はそれなりに万全であったのですがスタート前にすでに暑さに負けていました。

25CC9FD1-990B-432A-AD44-EF23B4B5FF17

一応こんなにニコニコはしていますが、この時すでに軽い熱中症でした。
暑さ対策として水は4.5リットル。
しかしこの重さはやはりとにかく重い…
スタートダッシュも出来ずバテ気味…
なんだか頭が痛い…
今熊神社のトレイルの入り口で栄養補給と思いジェルを取ったのですがなんとここでまさかのリバース。
リバースはこのハセツネでは毎度のことでいつも後半の40キロ以降で起きる事なのですが、なんと今回は3キロ地点で…
この時点で戦意を喪失してしまいました。

山の登り下りはそれなりに動けてはいたのですがもうすでに何も食べれず…
まさに暑さにやられてしまいました。
だましだまし進んだのですが22キロの第1関門の浅間峠にてリタイアでした。

終わってからは悔しくて悔しくてという感じではなくしょうがないという感じ…
ただ少し時間が経ち仲間達の奮闘をFacebookやTwitterで見るとじわじわと悔しさが湧いてきました。

やはり気持ちなのでしょうか?
いや、体調が悪くなったのはしょうがない…
でもなんとか出来たのではないか、そんな気持ちが交差して今このブログを書いています。

プロでもなくトレランはあくまでも趣味。
プロテニスコーチという体を使う仕事が第一。
ここで体に支障を起こすわけにはいきません。
だからリタイア、DNFは素直に受け止めようと思っています。

でもやっぱり悔しい…
やれたんじゃないかと…

ゴールと同時に楽天オープン決勝の錦織圭の敗退を知りました。
メドベデフ相手ならば絶対に勝つだろうと思っていたのにまさかのストレート負け。
その錦織圭の悔しさに比べれば大したことないと自分に言い聞かせています。

動画でその決勝を見ました。
メドベデフがバカ当たり。
錦織圭が硬くなっていたようですね。
勝負の世界は勝ちか負け。
こんな事もあります。
次週の上海は気持ちももっと上がると思いますから頑張って欲しいです。

またまた話は変わりますが、シカゴマラソンにて大迫傑が日本新記録を出しましたね。
今年の東京マラソンでは設楽が日本新記録を出しました。
その時に悔しい気持ちがあったからこそこの記録が出たのだと思います。

自分自身もこの悔しい気持ちを来年に繋げたいと思います。
ハセツネと錦織圭、大迫傑をくらべるのもなんだかおこがましいような気もしますが、スポーツは精神力、気持ちが大切であるという事を自分自身で体験出来ました。

自分の生徒さん達にもこの気持ちを伝えていきたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 05:12 | コメントは受け付けていません。

楽天オープン 初日

楽天オープンの初日、会場に行って観戦してきました。
今年はオリンピックに向けて有明が改装中という事で調布の武蔵野の森総合スポーツプラザが会場になりました。
うん、なんとなく会場の雰囲気はセイコースーパーテニスみたいでしたね〜
(懐かしい…)

いろいろ試合は見ましたがやはり今日の試合は、錦織圭対杉田祐一でしょう。
なんで1回戦で日本人同士が当たってしまうのという嘆きも聞かれましたがドローは全てくじ引き。
こればかりはしょうがないですね。
錦織圭は久しぶりの日本での試合。
杉田祐一にとってはここ最近の不調を振り払う試合。
お互いに違った意味のあるとても重要な試合でした。

BA9884F9-72A0-4542-AE47-5C434861014F

錦織圭は白の錦織らしいウェアで登場。

スタートしてから4ゲーム、なかなかゲームが終わらない。
どちらかと言うと錦織圭が硬い…
日本人対決を変に意識したのは錦織圭だったようです。
どうもコートかボールが合わないのかフォアハンドのミスが多い…
でも段々と切り返しの早さが杉田をうわまった錦織が2セットに入るとペースを掴みました。

E6ACC5A8-5871-47B2-90C9-C9860322F4D2

杉田はやはり腕の調子があまり良くないのか、白いアームカバーを今回も着用。

試合は結局は6-4.6-1のストレート勝ちでした。

お互いに100点の出来ではありませんでしたが、観客は大満足でしょう。
会場は満員でした。

こうなったら、錦織圭地元日本での優勝に期待したいですね!

でもまだまだわからない…
予選を勝ち上がった綿貫祐介は今年の8月に錦織圭に勝った格上のハッセに勝ちました。

12D30A37-C2FA-44B9-8577-98BD46527B62
うん、彼にも期待したいですね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 21:12 | コメントは受け付けていません。