月別アーカイブ: 2018年5月

錦織圭、難敵ペールに逆転勝ち!

3年前のUSオープンと楽天オープンで錦織圭に競り勝ったフランスのペール。
通算対戦成績は錦織圭から3勝2敗ですがあまりにもこの時の敗戦が共にもったいない負け方だったのですんなりといかずこれはかなり競り合うだろうと思っていました、

昨日は生徒さんたちに結婚のお祝いをしていただき帰宅が11時半過ぎ。
3セット目から見ることが出来ました。

ひっぱたくリターンにまず苦労…
セカンドはかなり打ち込まれるのでファーストサーブを更に攻撃的に行かなくてはと思ったのでしょうか?
確率が段々と落ちていく…
得意のバックハンドの展開になかなか持っていけず、逆にペールにはバックハンドの回り込み(このショットを打つ男子選手はなかなかいないです)そしてどうしてそのタイミングでというところでドロップショットを打たれます。地元フランスという事もあり観客を味方にして3セット目も取りセットカウント2-1。
あれ、もしかしたらやばいなあという感じでした。

しかしここから錦織圭は集中力を高めてきました。
動きもよくなりじわじわとペールを突き放す。
5セット目、有利に立った直後にまたブレイクされピンチもありましたが、そこからもペールを突き放しました。

とにかく勝ちたいんだという気持ちが表に出ていて、今までとまは一皮も二皮も向けたような素晴らしいプレイでした。
体力的にも問題がなかったようでどこかを痛いそぶりを見せる事もなかったです。

見ている方としては途中はヒヤヒヤでしたが最後は絶対に勝てるような気がしてたので5セットではありましたが安心して観れました。

次は3回戦。
相手はまたもやフランス人のシモン。
またアウェイの戦いとなるとは思いますが全力でのプレイを期待しています!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 14:07 | 22件のコメント

ローランギャロス開幕!

また寝不足の2週間が始まりました。

本日(月曜日)のレッスンが昼過ぎからだったので徹夜覚悟でテレビ観戦をしてました。

まずは錦織圭。
1回戦の相手は地元フランスのジャンビエ。
ランキングも300位台でチャレンジャーが主戦場の選手。
当然錦織圭からしたら見たこともない選手です。
このジャンビエが素晴らしいテニスを見せてくれました。
素晴らしいというか単純にバカ打ちをしていただけなのですが…
失うものは何もないというのはこういう事なのでしょうか?
本当に気持ちいいくらいにサービス、ストロークを打っていました。
結果的には錦織圭がストレート勝ち。
要所要所をしっかりも閉めたとてもいい試合でした。
久しぶりのグランドスラムで1回戦がストレート勝ち、いい感じですね!

そして次に見た試合は西岡対ベルダスコ。
お互いにレフティのハードヒッター。
しかしならがポイントの獲得パターンは西岡が柔らかい感じでベルダスコは硬い感じ?
対称的なテニスの打ち合いは見ていてとても面白かったです。
4セット目にベルダスコが転倒。
足首をひねったようでここでもうダメかなと思ったのですがここからベルダスコは引かないテニスを展開。
フォアハンドの強打をリスクを覚悟の上に繰り返してました。
振り回されながらもショートクロスは中ロブを使って対抗してましたがリードしていたファイナルセットで足が痙攣。
サーブ打てなくなり動きも鈍くなる…
最終的には全く動けなくなりベルダスコのサービスエースで決着となりました。

とてもとても残念な敗戦…
でもお互いにベストを尽くした試合は見ていてとても気持ちが良かったです。
西岡は今はランキングを落としてはいますが、ここまで戦えるレベルに戻ってきました。
まだ苦労することは多いと思いますが頑張って欲しいです。

そして素晴らしいテニスをしたベルダスコの今後にも期待したいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 17:36 | 34件のコメント

錦織圭、ジョコビッチに屈す…

楽しみにしていた錦織対ジョコビッチ。
夜の11時からと思っていた試合がシャラポワの試合が長引いた事もあり真夜中の2時スタートでした。

そんな眠い中でしたが錦織のテニスは目が覚める勢いのあるテニス。
あっという間に1セットは錦織が制しました。

しかしここからジョコビッチの気持ちの強さから段々と主導権を握り始めました。
2セットはジョコビッチ。

3セットはお互いに意地の張り合い、レシーブのしばきあいがあり一進一退。
どう転ぶかは時の運のような展開でしたが最終的にはジョコビッチに軍配が上がりました。
途中ジャッジでかなり錦織不利な状況があったのも気になりましたが、やはりジョコビッチのここぞでのメンタルの強さは素晴らしかったです!

でも錦織は悔しくて悔しくてたまらないだろうなあと思います。
わたしも悔しいです…
この無念は是非ローランギャロスで晴らして欲しいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 04:08 | 86件のコメント

錦織圭、ディミトロフに勝利!

まだ世界ランキングが上位でない錦織圭にとって、試合の序盤でシード選手と当たるのはしょうがないこと。
錦織圭を含むトップ選手達が皆ケガで苦労している時にスルスルっとランキングを上げてきたディミトロフ。
そのディミトロフとの2回戦はとても素晴らしい試合でした。

意外にも序盤はディミトロフは凡ミスの嵐…
これならば簡単に勝てるのでは?
とそう思いましたが実際はそんな事はなく、ラリーが続くにつれてポイントを取るようになってきました。

正直この試合はどちらに勝ちが転ぶかわからない…
最終的には錦織圭が勝ちました。

どのポイントもとても素晴らしい攻防で見ていて本当に緊迫感がありました。
マスターズ1000の2回戦というにはもったいない試合でした。

錦織圭にとってこの勝利は大きいですね!
勝った瞬間のガッツポーズにその勝ちに対する貪欲さが出ていましたね。

うん、次も行ける!
優勝して欲しいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 19:48 | 33件のコメント

ウルトラトレイルマウントフジ 完走!

4月27日から29日まで、ウルトラトレイルマウントフジ、UTMFという100マイル(168キロ)のトレイルランニングのレースに参加してきました。

6年ぶりの100マイルのレースはとてもとても厳しかったですが、2月末に結婚した奥さんと一緒に参加した今回は45時間13分で何とか完走しました。
制限時間は46時間ですからギリギリですが…

レースが終わり数日経ってはいますが反省も込めて詳しく振り返ってみたいと思います。

【富士山こどもの国】
スタートのこどもの国へはきけさんが手配してくれたUTMF完走バスで移動。
明走会トレラン部の人もいましたが、それ以外は皆速そうな人ばかり…
少しビビる…
会場に着き服部先生、えりこさんと写真撮影。
廣瀬さんとも会いリラックスタイム。
NHKの中尾さんからはインタビューを受ける。
興奮状態で何を話したか覚えてないもののテンションアップ!

【富士こどもの国〜粟倉】
15時にスタート。
基本的にスタートは飛ばさないつもりでゆっくりと。
でも周りのペースが速く焦る…
発汗がすごく苦しくなる…
なんとかウォーターエイドへ。

【粟倉〜富士宮】
魔の送電線へ。
ところがその入り口でプチ渋滞…
その後は流れで走る。
富士宮エイドには焼きそばがなくテンションダウン…
エイドの先でシャツを着替える。

【富士宮〜麓】
さあ、ここから天子山塊へ。
6年前はここはぶち抜き12時間歩いたのを思い出す…
昔エイドだった西富士宮中学校を通り過ぎる。
懐かし〜
さあ、まず最初は天子ケ岳へ!
ところが足がやばい…
登り始めて間もなく左足太ももがピクピク。
このまま無理して動くと攣りそうなので、けえこさんには悪いと思いつつところどころで休む。
結局この状態は熊森山まで続く…
その後は長いロードの下りを経て麓へ?
この時けえこさんが眠い眠いと言い始める…
ただ麓のエイドに入ると地引ファミリーと小林パパが元気に出迎えてくれてテンションアップ。
カップラーメン二杯をむさぼり食べてスタート。

【麓〜本栖湖】
スタートしたもののけえこさんのペースが上がらない…
眠いのか話しかけ、歌いながら進む。
ここでヘッデンがピンチになり慌てて予備バッテリー交換。
しかしこの予備バッテリーがうまく作動しない…
ハンディのみで進む。
ちょうどこの頃、廣瀬さんに会い話しながら進む。
あまり覚えてないのですが、この辺りで右足首をひねってしまう、これがのちのち大変な事に。
ただ足の運びは竜ケ岳の登りもサクサク登る。
本栖湖のエイドは居心地があまりよくなくすぐにスタート。

【本栖湖〜精進湖民宿村】
ダラダラ登りを流れに乗り淡々と進む。
眠さはなかったものの何だか体の調子が悪い。
ジェルを食べた瞬間マーライオン。
持っていたカッパえびせんを試す。
うまい!
むさぼり食べる。
中之倉峠、パノラマ台にて美しい富士山を見て癒される。
樹海を通りエイドへ。

【精進湖民宿村〜勝山】
少し樹海を通りロードへ。
ここで若葉台ホグレルスタッフの三奈さんに会い元気をもらう。
今回からコース上での自動販売機、店舗での利用が可能。
鳴沢風穴手前のお店でソフトクリームを食べて元気倍増。
紅葉台、五湖台を予定通りパスしていざ勝山へ。
しかしこの勝山エイドが遠い…
エイド手前でボグレル仲間の筑紫夫妻に会いまたまた元気をもらう。

【勝山〜忍野】
今回から新しくなったコース。
前日偶然会ったエルブさんにきついコースと言われていたので心して臨む。
浅間神社手前のファミリーマートでまたアイスを食べ元気注入。
その後STYを完走したホグレルスタッフのともくんに会う。
サプライズの応援はとてもとても嬉しい!
その後は見たことあるロードを抜けて謎の別荘地を抜けてトレイルへ。
この先はあまり記憶なく、流れに沿い忍野に到着。

【忍野〜山中湖きらら】
ここから二晩目突入。
川沿いの道、田んぼ沿いの道を抜けてトレイルへ。
ここはけえこさんが眠さと戦っていたので引っ張って進む。
石割山の登りがかなりテクニカルでしたが、なんなく進みきららに到着。
ここで矢崎さんがサプライズで登場。
差し入れを頂きこれまたパワー注入。
エイドを出る前には六花先生の屈伸運動テストを受けてエイドを出る。

【山中湖きらら〜二十曲峠】
ここからはまた新しいコース。
正直このコースをなめてました。
明神山までは難なく行きましたがその先の峠(切通峠、山伏峠)の位置や距離をあまり把握しておらず。
石割山に着けば二十曲峠がすぐなのはわかっていたのですが、その石割山がなかなか現れない…
時計を見ると関門まで1時間。
ここでやっと分岐にたどり着き、焦りまくりながら関門45分前にエイドに到着。

【二十曲峠〜富士吉田】
ここからNHKのカメラマンに会い撮影する事を伝えられる。
よしっと気合いは入ったものの、果たして完走出来るのか不安になる。
夜が明けて朝になったものの、一睡もしてないので睡魔が襲ってる。
何回も白いお城を見て(いわゆる幻覚)妙な興奮状態になる。
杓子山を越えたあたりからなんとなく完走を確信してエイドに到着。

【富士吉田〜大池公園】
エイドで亜門さん、野中くん、突貫さんから喝をいれてもらい、いざ霜山へ。
ゆっくり歩いても大丈夫だと思っていたのでゆっくり登り始める。
ところがこの時間帯の暑さが半端なく寝不足もあり全く体が動かなくなる。
ああ、ハンガーノック…
なんとか山頂分岐にたどり着き、その後はゆっくりとゴールしました。

山中湖きららあたりから右足首の動きが悪く、ゴール後にシューズを脱ぐと右足が地面につけられない。
いわゆる捻挫です。
胃の中もなんだかいつもと違う感じ。
これが味覚障害?
像の足みたいに腫れた足は今は多少はましになりましたが、まだ自分の足ではないみたいです。

100マイル走ったのですから当たり前ですね!がいいです!
この達成感こそ100マイルですね。

来年も出たいと思いますがUTMB、ウルトラトレイルモンブランにもチャレンジしてみたいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 18:06 | 67件のコメント