月別アーカイブ: 2017年4月

シャラポワの復帰と杉田の活躍!

バルセロナオープンの錦織圭の欠場で今週はテニスの報道も静かになると思いきや、そうではなかったですね。

賛否両論の中、ワイルドカードを得てツアー復帰を果たしたシャラポワ。
1回戦はピンチ、2回戦はマカロワといやらしい相手にしっかりと勝利をおさめました。
もしかしたら優勝するのではという勢いですね。
この人の場合はメンタルでテニスをしているようなものなので、外野の声などは全く気にしていないように思います。
まあ正直全仏オープンにてワイルドカードを与えるというのないとは思いますが…
全米オープンまでには本戦に出れるランキングに到達するのでないかと思います。
やはりそれだけの実力を備えた選手だと思います。
自分の力で這い上がって欲しいです。
と言ってもプロテクトランキングを使えるわけでもないので数少ないワイルドカードで出場した試合を勝つしかないのです。
でもそこまですぐに行きそうですね。

そしてバルセロナの試合でラッキールーザーから準々決勝まで勝ち進んだ杉田祐一。
ロブレド、ガスクェ、カレノ・ブスタとそうそうたる選手に勝っています。
これは本当にすごいですね!
クレーコートで勝つというのが素晴らしい!
もちろん次のティエムにも勝ってもらいたいです!
でも報道があまりされないのが悲しいです…
う〜ん、残念…

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 16:00 | 385件のコメント

Monday 満ちるさんのライブへ!

昨日は六本木のビルボードライブ東京で行われたMonday 満ちるさんのライブに行ってきました。
もう何回行ったか数えられないくらい行っているMonday さんのライブ。
今回はデビュー30周年記念ライブということでした。
という事は僕のファン歴、おっかけ歴も30年なのですね!

ビルボード東京は食事をしながら着席してじっくりと音楽を聴く感じなのですが、ノリノリの私は知っている曲を口ずさみながら楽しんでいました。

最後のほうでしたがMonday さんが僕に気づいてくれてラケットを振る仕草をしてくれました。
これは過去にも何回かあるのですが、本当に嬉しかったです。
ファン歴30年!
街中で偶然見かけて声をかけたところから始まり、ライブ終了後に楽屋に挨拶に行ったこともあります。
なんかいつの間にかMonday さんに覚えられたようなのです!
本当に嬉しいです!

IMG_3961

新しいアルバム、早速購入しました。
しばらく車ではヘビーローテーションになると思います!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 00:07 | 16件のコメント

フェドカップにてのナスターゼ…

先週末はフェデレーションカップの準決勝とプレイオフが世界各地で行われていました。
ベラルーシがスイスに、アメリカがチェコに勝ち決勝に駒を進めました。
ただメンバー的にはトップは出ておらず、正直寂しい感じでした。
案の定、日本ではあまり話題になってなかったですね…

それよりも話題になったのがイギリス対ルーマニアのプレイオフです。
もうみなさんご存知だとは思いますが、ルーマニアの監督であるナスターゼが記者会見と試合中に暴言を吐き大問題になりました。

ナスターゼの現役時代の事を知っている人はどれくらいいるのでしょうか?
私がテニスを始めた今から40年ほど前に世界一だったレジェンドです。
ボルグが初めて優勝したウィンブルドンの決勝(1976年)の相手でした。
とにかくテニスが格好良く、特にバックバンドは惚れ惚れする美しさで本を見ながらフォームを真似ていました。
ただあまり試合態度はよくなく、いつも暴言を吐いていたのをよく覚えています。
今のキリオスみたいな存在でした…

そのナスターゼが初日の第2試合のコンタ対シルステアの戦いで暴言を吐き、ものすごいことになっているとTwitterで見ました。
ただTwitterだけでは実際に何が起こったのかずっと気になっていました。
後ほどYouTube でその動画を見ましたがナスターゼが何を言ったのかはわからず…
セキュリティーと一緒にコートの外に出る姿を見る事が出来ました。
ただ観客もかなり声を上げてエキサイトした応援していたので何だかわからない感じでした。
そんな中でイギリスのコンタが試合中に泣き出してしまいプレイを中段…
挙げ句の果てにコートから立ち去ってしまいました。
しかしルーマニアのシルステアはそんな事は気にせずプレイをし続けようとしていました。
事を収めようとルーマニアのハレップが何か喋っていますが言葉はよく聞き取れず…
再開した試合はコンタがストレート勝ち。
最終的にはルーマニアが3-2で勝ちましたがなんだか後味が悪かったです…

ナスターゼは前日の記者会見でセレナ・ウィリアムズに対しての問題発言をしていたようでした。
う〜ん、悪童とならしていましたがもう70歳。
正直がっかりしました。
母国ルーマニアに勝ってもらいたいという強い気待ちからそのような発言が出たようにも思いますが、やはりひどいですね。
おそらくこれから何らかの処分が下されるでしょうからしっかり反省して欲しいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 07:36 | 7件のコメント

モンテカルロはナダルが優勝

波乱ばかりの大会でしたが、結局ナダルが優勝しました。

マレーを破ったラモス・ビノラス、ジョコビッチに勝ったゴファンと素晴らしいテニスでした。

が、しかしなんでこんなに今年の男子は荒れてるのでしょうか?
ここまで荒れるのも珍しいです…

この流れは世代交代という感じもしないのではないですが、今安定しているのはお休み中のフェデラーと今回優勝のナダルといった感じでしょうか?
これなら世代交代ではないですね…

年初に調子の良かったツォンガ、ディミトロフは苦しんでいますし、ワブリンカ、チリッチは相変わらず…

さあ、ここは得意のバルセロナで錦織圭の爆発だと思っていたら手首が治らず欠場…
圭くんに関しては無理せずに全仏に臨んで欲しいですがどうなのか?

本当にわからない男子テニスですね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 08:33 | 39件のコメント

ラリー&スマッシュ

この時期に必ず行っている埼玉の社会人サークル、ラリー&スマッシュのレッスンに行ってきました。

が、しかし会場を間違える大失態…
いつもの大宮健保に早めに着いて準備をしていたものの誰もいない…
メールを読み返すと埼玉県民健康福祉村だと気付き慌てて車で出発…
本当に失礼しました。

4時間のうち前半はダブルス練習。
後半は個人練習を行いました。

IMG_3934

皆のレベルアップに感動しながらのレッスンでした。

次は暑い夏ですね!
楽しみにしています!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 07:54 | 791件のコメント

大迫傑、ボストンマラソン3位!

東京オリンピックを3年後に控え、スポーツ界はかなり盛り上がりをみせています。

卓球の平野、水泳の池江と若い世代がしっかりと結果を出しているのがとても素晴らしいです。
経験がとても重要と思われるスポーツで、若い時から結果を出すのは本当に素晴らしいです。

しかしながら、過去にオリンピックでメダルも取ったこともあるマラソンは残念ながらここ数年は世界に遅れを取っている感じでした。
経験が非常に重要である競技なのでなかなか若手は育ちにくいという事もあります。
ケニア、エチオピアのアフリカ勢にここ数年は押され気味で日本勢はなかなか結果を出せずにいました。

箱根駅伝、実業団駅伝と中距離に重きをおく選手が多く、なかなかマラソンに本腰を入れて臨む選手はいませんでした。
というか無理だったのだと思います。
正月にあれだけテレビ放送をすれば駅伝重視になるのはしょうがないと思います。

実は箱根駅伝は現地で一度だけ応援をしたことがあります。
今から6年前だったかな?
その時に偶然レースを終えて都内某所でクールダウンをしている大迫傑を見た事があるのです。
その時のキリッとした表情が何故だか忘れられず、その後も彼のことを陰ながら応援していました。
彼はいつか必ずやってくれる、そんな闘志を何故だか感じたのです。

日清食品に入社後も順調に結果を残していました。
しかし2015年に突然退社…
何でと思っていたらアメリカのナイキオレゴンプロジェクトに正式との事。
元々そこで練習をしていたのであまり驚きはなかったのです。
マラソンに標準を絞り世界の強豪達と練習を本格的にしていくということだったようです。
ですから早くマラソンに出て結果を出して欲しいとずっとずっと思っていました。

そんな中でボストンマラソンに出場して3位という結果を出しました。
素晴らしいです!
ボストンマラソンという世界の強豪が集まる大会で見事な結果!
本当に素晴らしいです!

東京オリンピックが楽しみですね!

折しもオリンピックの選考方法が新たになりました。
しっかりと結果を出してオリンピックでのメダルを期待したいと思います!

あっ、関係ないですがボストンマラソン、いつか僕も出てみたいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 08:45 | 1,118件のコメント

デビスカップ、ベスト4出揃う!

日本が敗退しあまり話題になっていなかったデビスカップの2回戦、準々決勝が各地で行われました。

オーストラリア 3-2 アメリカ

オーストラリアのキリオスがどのようなプレイをするか、そしてブライアン兄弟がデビスカップから引退しアメリカのダブルスはどうなるのかに注目していましたが、意外なところで試合は決まりました。
今シーズン好調のアメリカのソックは第1試合に登場。
対するオーストラリアのトンプソンには勝つだろうと思っていましたがなんとトンプソンが勝利。
キリオスはイズナーとクェリーにいかにもキリオスらしいスコアで競り勝ちました。
ダブルスはソックとクェリーでピアースとグラスに競り勝ちました。
最終日のシングルスではソックに変わりクェリーを投入してキリオスに勝利を目論んだアメリカ。
残念でした。
シングルスとダブルスをしっかり分業させて勝利を重ねたオーストラリアの勝利ですね。
なんとなくキリオスがヒューイッット監督の下だとしっかりとテニスをしている感じがありました。
やはり今シーズンのキリオスは勢いがありますね!
でも第1試合のトンプソンの勝利が大きかったですね。
やはり地元で戦ったことが大きかったのでしょう。

ベルギー 3-2 イタリア

ゴファン対フォニーニのエース対決が決め手と思っていましたがフォニーニは怪我で欠場。
何故かデビスカップでは頑張るベテラン、ダルシスの活躍もありベルギーの勝利でした。
ベルギーはダルシス、ゴファンのシングルス。
この2人はダブルスには出ずにしっかりと分業してました。
こちらも地元ベルギーというのが強みですね。

フランス 4-1 イギリス

マレーが出ない時点でフランスの勝利は硬いと思っていましたが…
1回戦の日本戦に出たガスクェとシモンは出場せず、プイユとシャーディを出しました。
えっ、どうしてシャーディなのとも思いましたがしっかりと勝利。
これまた怪我で欠場のエルベールからベネトゥーにパートナーを変えたマウがマレー兄、イングロットに競り勝ちました。
フランスは毎回選手選びに苦労してますがさすがに層が厚いですね!

セルビア 4-1 スペイン

今シーズン不調のジョコビッチがどうなるか?
ナダルはいなかったものの層の厚いスペインがどう立ち向かうかに注目してました。
第1試合のジョコビッチとラモス-ビノラスの試合が鍵と思いましたがしっかりとジョコビッチが勝利。
その波に乗りトロイッキもカレーノ-ブスタに勝利。
その流れでダブルスも勝利しました。
う〜ん、カレーノ-ブスタはデビスカップではあまりいいプレイが出来てないですね…
プレッシャーに弱いのかな?

ということで今回の試合はすべてがホームの勝利でした。
来シーズンから試合方法などに変更の噂があるデビスカップ。
今回もナダル、マレーらのトップ選手の参加がなかったのが残念です…
世界一を決める大会。
私自身もゾーンは違いますがプレイしたことのある思い入れのある大会です。
これからも大会の盛り上がりを期待します!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 10:40 | 127件のコメント

都留文科大学へ

3月28から30日まで、山梨にある都留文科大学テニス部の強化練習にコーチとして招かれて行ってきました。

毎年夏に行われている筑波大学附属駒場中学・高校テニス部の合宿のアシスタントを何名かしてもらっているのですが、その時にいつか練習を見て欲しいという話しになり今回につながりました。

恥ずかしながらあまりこの大学の事は知らなかったのですが、教育界ではかなり有名な大学。
卒業生のほとんどが先生になるようです。
そのためにある教育実習が4年生の時にあるので、部活は3年の夏で引退だそうです。
う〜ん、もったいない…

場所柄都内近郊に行くのも難しく、前日に会場変更が多い春の関東学生は出場しないそうです。
もったいない…
でもこの事情だとしょうがないのかな?

大学テニス部は個人戦がない時は対抗戦などを行う事が多いのですがそれもなかなかないようです。
そんな状態だからこそいろいろな刺激が欲しかったのでしょう。
三日間という短い時間でしたからたくさんのことを吸収しようというエネルギーが溢れていました。

基本練習、コンディシニングトレーニング、ランニングなどの指導を行いました。

IMG_3806

また夏以降、機会があれば練習を見に行きたいと思います!
それまでしっかりと練習をしておいてください!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 22:14 | 1件のコメント