月別アーカイブ: 2016年3月

イラコテニスカレッジ軽井沢ジュニアキャンプ

毎年恒例のイラコテニスカレッジ軽井沢ジュニアキャンプに先週末行ってきました。

標高1000メートルの軽井沢はやはり寒く、インドアコートでも陽が当たらないと凍えるほどでした。
今回の合宿は試合と重なる時期でもあり参加人数は日によってまちまちでしたが、みな元気にコートを駆け回っていました。

image

フットワークと打点の入り方についてかなり細かく指導を行いました。
この合宿のみで激変することはありませんが、普段から意識しなくてはいけないことをしっかりと理解してもらえたと思います。

26日にはサプライズで誕生日パーティーをしていただきました。

image

まったく年を重ねた実感はありません。
でも47歳というのは世間では立派なおじさん。
これからも健康に留意してしっかりと生きていきたいと思います!
もっともっと中身を磨かねば!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 08:44 | 6,153件のコメント

桐蔭学園高校春合宿

河口湖で行われた桐蔭学園高校の春合宿に行ってきました。

今回は連休だったこともありたくさんのOBが参加してくれました。

image

浪人した子もいますが皆大学に進学してます。
そしてほとんどの選手が体育会で頑張ってます。
とても嬉しいです。

私が行った21日はとても寒かったです。
でも皆元気に頑張っていました。

image

春の団体戦を前に、地区トーナメント頑張ってもらいたいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 02:10 | 7,204件のコメント

錦織圭、ナダルに敗退…

朝の4時に目覚ましをかけて早起きして試合を見ました。
インディアンウエールズ、ナダル対錦織圭。
結果としては4-6.3-6のストレート負けでした。

日本時間朝4時スタートということで昨日の疲れはありましたが目覚ましをかけて観戦しました。
スタートは錦織圭が完全に支配。
これは昨年のモントリオールという同じくストレート勝ちかなと思いました。
やはりもったいなかったのは3-1リードの5ゲーム目。
錦織圭のストロークを途中で止めてナダルがチャレンジを要求した時です。
確かに脱ぐナダルのチャレンジアピールはボールを打ち返した後だったので認められないのかと思いましたが残念ながらそれはなし…
そしてナダルのチャレンジは成功しポイントやり直しでナダルがポイントを取り、そのまま流れはナダルの元へ…

こういう場合はもう判定は覆らないのですから気持ちを切り替えて欲しかったです。
なんかその後は自身のなさそうな顔をしなごらのプレイで制裁を欠いてました。
ジョコビッチやマレー、ワブリンカなどはこのような時にラケットを叩き割り気持ちを入れ替えて見違えるプレイをすることがあります。
そこまでしろとはいいませんが気持ちを切り替えて欲しかったです。
とても悔いの残る敗戦でした。

対するナダルはサービスの確率が素晴らしかったです。
そして徐々にパフォーマンスを上げていき最後には素晴らしかいプレイを見せてくれました。
それと比べて最初にスパートをかけて失速した錦織圭はフルマラソンでいつも30きろ過ぎで脚が攣り失速する誰かさんみたいな試合に見えました…
今日の試合はやはりメンタルではないかなあと…

勝ちを期待していた人も多いでしょうから、この敗戦にショックを受けている人もたくさんいると思います。
この敗戦を糧に次に繋げて欲しいです。

苦手な大会でベスト8までこれたことは自身を持っていいはず!

期待しています!
必ず世界一になることを信じています!

関係ないですが昨年準優勝だったヤンコビッチはベスト16でなかなか勝てないラドワンスカに敗退…
ランキング下がっちゃいますね…

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 12:19 | 7,436件のコメント

麗澤中学へ

昨日は麗澤中学の指導へ行ってきました!

午前中は女子!

image

そして午後は男子!

image

女子はスタートから元気いっぱい!
最後まで頑張っていました。

男子はややおとなしめ…
これも最近の傾向なのか?
でも後半は気持ちも盛り上がりパフォーマンスも上がっていました。

次は夏合宿!
楽しみにしています!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 06:22 | 3,328件のコメント

シャラポワのドーピング問題について

twitterをチェックしていたらシャラポワが重要な事を記者会見で話すと出てました。
私も含めほとんどの人達が引退会見と思っていました。
しかしこれがなんと薬物検査の陽性反応が出たとのこと…
びっくりしました。

ドーピングの検査に関してはやり過ぎなのでと思える事もありますがかなり厳しく調べるようですね。
大会中はもちろん突然夜に何の前触れもなく自宅に来る事もあるようです。
私も現役時代に3度ほど調べらた事があります。
全て試合後でしたが緊張してしまい尿が出ずに何度もやり直しした覚えがあります。
試験官の目の前でやるのですからね…
(不正防止のためです…)

話はそれましたがそのシャラポワのドーピング問題、やはり私的には問題ありだと思います。
いくら今まで禁止薬物でなかったとはいえ1月からは禁止になったメルドニウム。
やはりシャラポワ、そして陣営がこの事をしっかりと把握していないとダメですよね。

とても残念な話ですが出場停止の処分は免れないと思います。
う〜ん、本当に残念です…

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 19:34 | 5,929件のコメント

上智大学春合宿

白子で行われていた上智大学春合宿に7日、8日の2日間参加してきました。

新進戦が終わり新年度になると関東学生、夏の関東学生、そしてリーグ戦で一区切りとなります。

残念ながは昨年4部から5部に降格したので今年の目標ふもちろん4部昇格。
そのために団体戦で重要とされるダブルスに特化した練習を行ってきました。

形式練習だとうまく出来るのですが試合形式になるとまだまだ…
簡単なミスが多く基礎練習の重要さを認識させられました。

上位校と違い全国大会などの選手勧誘、推薦入学がない大学です。
ですので春の部員勧誘がとで重要です。
近年はテニス経験者が同好会に流れる傾向があり部員確保に苦労しています。

image

少しでも興味がありましたら上智大学テニス部をよろしくお願いします!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 10:15 | 6,173件のコメント

マレーのしぶとさに錦織圭が屈する

とても楽しみにしていたデビスカップのナンバーワン同士の戦い、マレー対錦織圭の試合はとんでもない試合でした。

最初からお互いに一歩も引かぬがぶり寄りの戦い。
2セットをマレーが連取したものの錦織圭が負けずに奪い返す。

そして5セットはまさかのブレイク合戦…
最後は錦織圭が力尽きた形でした。

試合時間は約5時間。
この5時間の戦いでお互いにプレイの質がまったく落ちていない、これがさすがでした。

マレーの試合態度は相変わらず。
独り言をぶつぶつ言いながらいつもより怒りをあらわにしていました。
でも普通ならば乱れる所で踏ん張れる、怒りをプラスに変えていました。

対する錦織圭は冷静沈着。
時折もっとガッツポーズを見せるもののマレーに比べればやや静かな感じでした。
いわゆるゾーンに入ったプレイ、何本も見れました。

残念ながらこれで日本は入れ替え戦に周ります。
でも昨年優勝のイギリスを苦しめた日本は評価されるでしょう。
また来年もワールドグループで戦えるように、9月の入れ替え戦に期待します!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 03:27 | 1,448件のコメント

ダブルス敗退… マレーは出るも錦織圭は出ず…

デビスカップではとても大切だと言われるダブルス。
たった1ポイントではありますが勝敗を左右するであろう重要な試合であります。

イギリスはやはりメンバー変更してでマレー兄弟へ。
マレー兄は今や世界ランキング2位。
そしてイングロットも32位。
(楽天で見ましたが体の大きいいかにもダブルス屋さんという感じの選手です)
やはり錦織圭にペア変更したとしても勝つ確率は低いと思ったのでしょうね。
それならば最終日のシングルスで錦織圭がマレーに勝つ事を祈り最終シングルスに望みをかける、そんな感じでしょう。

内山、西岡ペアは善戦はしましたがストレート負けでした。
あ〜、もう後がないら崖っぷちなどとニュースには書かれてありますがこれはある意味想定内でしょう。

あっ、でもジョコビッチはダブルス出ましたが敗退してるんですよ…
あのジモニッチと組んでです。
ですから日本にもチャンスがないわけでもなかったのですね。
あっ、カザフスタンはとてもここ最近デビスカップでは強い国です。
その秘密を知りたいです…

話は少しそれました泣いても笑っても今日のマレー対す錦織圭で勝敗の行方は変わります。
今日は寝ないで観戦します!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 07:58 | 2,410件のコメント

デビスカップ、初日は1-1

デビスカップ1回戦対イギリス戦の初日は1-1のタイで終わりました。
前年優勝した国はやりきった感がありその優勝メンバーご参加せずに1回戦敗退というのがここ最近のパターン。
しかしイギリスはほとんどメンバー変わらず。
マレーにシングルスで一勝しないと勝てないわけですからかなり厳しいのは事実です。
となると初日にマレーがどのようなテニスをするのか、そしてそのマレー相手に日本のナンバー2がどれだけマレーを苦しめられるのかが初日の焦点でした。

日本は予想通りダニエル太郎が出場。
しかし緊張からなのか、いろいろな要素がありマレーを苦しめるまでにはいけませんでした。
以前に比べればポジションも上げれるようになりましたし、サービスもかなり速くなりました。
マレー相手に決めたドロップショットは素晴らしかったです。
対するマレーは全豪後初の試合でしたがコンディションは完璧でしたね。
圧巻だったのはセカンドサービスのレシーブ。
ビーナス・ウィリアムズやバルトリがやっていたようなサービスラインのすぐ後ろでのレシーブ。
これには参りましたね…
新たな技になりそうです。

対する錦織圭。
3セット目は眠気との戦いになりしっかり見れませんでしたがエバンスにストレート勝ち。
以前USオープンで不覚な敗退をきっした相手でしたがストレートで勝利でした。
応援にやや集中を乱した感はありましたが王様テニスでした。
なんとなくですがマレーに比べるとまだそこまで本気を出さずに勝った感じでしたね。

さあ、今日のダブルスはどうなるのか?
マレーと錦織圭はダブルスに出るのか、それとも最終日にかけて温存するのか?
イギリスのダブルスはマレー兄とイングノットとランキング上では格上ではありますが先日のチャレンジャーで西岡が準優勝してます。
勢いと若さで頑張ってもらいたいです!

今日も寝れないですね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 09:48 | 7,098件のコメント