日別アーカイブ:

フェドカップにてのナスターゼ…

先週末はフェデレーションカップの準決勝とプレイオフが世界各地で行われていました。
ベラルーシがスイスに、アメリカがチェコに勝ち決勝に駒を進めました。
ただメンバー的にはトップは出ておらず、正直寂しい感じでした。
案の定、日本ではあまり話題になってなかったですね…

それよりも話題になったのがイギリス対ルーマニアのプレイオフです。
もうみなさんご存知だとは思いますが、ルーマニアの監督であるナスターゼが記者会見と試合中に暴言を吐き大問題になりました。

ナスターゼの現役時代の事を知っている人はどれくらいいるのでしょうか?
私がテニスを始めた今から40年ほど前に世界一だったレジェンドです。
ボルグが初めて優勝したウィンブルドンの決勝(1976年)の相手でした。
とにかくテニスが格好良く、特にバックバンドは惚れ惚れする美しさで本を見ながらフォームを真似ていました。
ただあまり試合態度はよくなく、いつも暴言を吐いていたのをよく覚えています。
今のキリオスみたいな存在でした…

そのナスターゼが初日の第2試合のコンタ対シルステアの戦いで暴言を吐き、ものすごいことになっているとTwitterで見ました。
ただTwitterだけでは実際に何が起こったのかずっと気になっていました。
後ほどYouTube でその動画を見ましたがナスターゼが何を言ったのかはわからず…
セキュリティーと一緒にコートの外に出る姿を見る事が出来ました。
ただ観客もかなり声を上げてエキサイトした応援していたので何だかわからない感じでした。
そんな中でイギリスのコンタが試合中に泣き出してしまいプレイを中段…
挙げ句の果てにコートから立ち去ってしまいました。
しかしルーマニアのシルステアはそんな事は気にせずプレイをし続けようとしていました。
事を収めようとルーマニアのハレップが何か喋っていますが言葉はよく聞き取れず…
再開した試合はコンタがストレート勝ち。
最終的にはルーマニアが3-2で勝ちましたがなんだか後味が悪かったです…

ナスターゼは前日の記者会見でセレナ・ウィリアムズに対しての問題発言をしていたようでした。
う〜ん、悪童とならしていましたがもう70歳。
正直がっかりしました。
母国ルーマニアに勝ってもらいたいという強い気待ちからそのような発言が出たようにも思いますが、やはりひどいですね。
おそらくこれから何らかの処分が下されるでしょうからしっかり反省して欲しいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 07:36 | 7件のコメント