カテゴリー別アーカイブ: 未分類

錦織圭、フェデラーに逆転負け…

2週目までの理想的な勝ち上がりを見てほとんど方が錦織圭の勝ちを期待したのではないでしょうか?

スタート直後のフェデラーのサービスゲームを素晴らしいリターンを含めたポイントでブレイクした時は、おっこれは行けるぞ!と思いました。
フェデラーは焦りからスイートスポットを外したストロークミスを重ねていました。
ネットプレイしも成功し6-4で1セットを取りました。

ここからフェデラーの猛反撃が始まりました。
サービス、ストロークなどすべてのショットが超攻撃的になってきました。
あっという間に6-1でフェデラーが2セットを取ります。

その後はフェデラーの展開。
錦織も懸命に食らいつくのですがフェデラーの出来が良すぎました。

そのフェデラーのテニスは全盛期と呼ばれた頃と変わらないテニス。
サービスの調子がいいと楽にサービスゲームをキープ。
レシーブゲームに集中しやすくなりプレッシャーわさらにたくさんかけてくる。
超攻撃テニスが戻ってきた感じでした。

興味深かったのがサービスのコース。
デュースサイトアドサイドもワイドのサービスを多用してました。
サービス後のショット、いわゆる3球目攻撃をしやすくなるサービス。
早めに相手をコートの外に追い出すテニスはさすがでした。

錦織圭が目指すべきテニスはこれですね。
幸いにも以前よりサービスは良くなってます。
2週目まで体力を温存して戦う事が出来てます。
あとはどこも傷めない頑丈な体。
もっともっとトレーニングして必ずグランドスラムのタイトルを取って欲しいです。

まだトップ選手とは少しだけ差があるようにも思いますが今大会で得た自信を残りのハードコート、カーペットコートシーズンにつなげて欲しいです。

サービスが良くなればレシーブが良くなる。
レシーブが良くなればサービスが良くなる。
これは試合の中で鍛えるしかないと思います。

いつまでも錦織圭を応援します!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 18:08 | コメントは受け付けていません。

錦織圭、ベスト8へ!

ミドルサンデーを挟んで2週目に入ったウィンブルドン。
錦織圭は曲者ククシュキンに3-1で勝ち見事ベスト8入りです。

過去の対戦も負けなしということで勝つだろうとは思っていましたがやはりそこはグランドスラム、ウィンブルドンの4回戦です。

ククシュキンのストロークは少し変則的。
フラット気味のフォアハンドにやや逆回転、シュート気味の回転をするバックハンド。
当然芝生との相性はよくボールはいやらしく滑っていました。
そんな癖玉に苦労しながらもよく踏ん張りました。

さあ、次は待ちに待っていたフェデラー戦です!
サービスをしっかり返せば必ずチャンスは生まれる!
期待しています!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 04:21 | コメントは受け付けていません。

錦織圭、ストレート勝ちで3回戦へ!

錦織圭はイギリスの若手ノーリーに6-4.6-4,6-0のストレート勝ちで3回戦に駒を進めました。
またまた昨日は仕事帰りの移動中でテレビ観戦は出来ず…
帰宅後にダイジェストを見ましたが調子がいいですね。
芝生は錦織圭にとっては得意とは言えないサーフェイスです。
クレーコートのようにラリーが続く事を避けてるのかはわかりませんがショートポイントでポイントを積み重ねれているように思います。
ネットプレイもいい感じですね。
なんか今年のコートは例年より遅いみたいですね。
これが功を奏してるのではないでしょうか?

昨日1番楽しみにしていた試合がナダル対キリオス。
過去にここウィンブルドンで番狂わせがあった対決です。
ナダルの強烈なストロークにキリオスが打ち合ったり、タイミングを外したボールを打ったり打たなかったり…
見ていてとてもとても楽しい試合でした。

キリオスという選手は本当のトップ選手と戦うととてつもないパワーを出す選手。
そしてドロップショットやアンダーサービスなどトリッキーなプレイも見せます。
今年のアカプルコではキリオスが大逆転勝ちしてます。

そんな風にはさせないぞという気持ちがナダルの方が優っているように思えました。
結局はセットカウント3-1でナダルの勝利となりました。
またこの二人の戦いは見てみたいです。

今年のウィンブルドンは波乱が多いです。
そん中しっかりと勝ち上がっている錦織圭。
もしかして期待していいのかな?
2週目までにどれくらい体力が残っているか、あと2試合頑張って欲しいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 10:49 | コメントは受け付けていません。

大坂なおみ、敗退

オーストラリアオープン優勝後パッとしない大坂なおみ。
ローランギャロスも3回戦で敗退。
ウィンブルドン前の芝生での試合もあまり勝てず…
しかし過去にウィンブルドンでは二週目には残っていないものの3回戦進出が二度。
優勝は難しいとは思っていましたが二週目には残るのではというのが当初の予想でした。

一回戦の相手は前哨戦で敗退したプティンセバ。
どうしてこのような相手と当たるのかと摩訶不思議に思っていましたがドローは抽選です。
リベンジの大チャンスと思っていました。

一進一退の展開で先に大坂なおみがブレイク。
このまま行くのかと思ったらなんとラブゲームでブレイクされてしまう…
タイブレイクに入りはしましたがなんだかプティンセバの揺さぶりテニスにイライラからミスを重ねる。
途中までは丁寧にスライスを使ったりしながら相手の様子を見ていましたがまたまた一発病が始まる。
無理しての強打がミスにつながり1セットを落とすと2セットもあっさりと落として敗退してしまいました。

芝生はボールにスピードは乗りますがバウンドは低い、
強打が武器の大坂なおみには不利なことはわかっていたはず。
スライスやドロップを混ぜられるとあからさまにイライラとした表情を見せる。
まさに相手の術中にはまった感じでした。

途中までは丁寧にボールを打っていただけに残念です。
わかってはいるものの試合になるとかならパニックに陥っているように思えました。

もう終わってしまったわけですから次に切り替えすしかありません。

強くなったことで相手が研究してきているのは事実。
大坂なおみ本人もテニスを変えていかないといけません。
しばらくは大変だとは思いますがこの苦しい時を乗り越えて欲しいです!

男子も波乱が続出でしたね!
トップを脅かす若殿有望株、ズべレフ、チチパスが敗退してしまいました。
今年の前半好調だったモンフィス、そしてまだスランプから抜け出せないディミトロフも敗退。
ビックリした初日でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 17:46 | コメントは受け付けていません。

杉田、内山が本戦へ!

ウィンブルドンの予選、杉田と内山が予選を勝ち上がりました。

ランキングを落とし今はチャレンジャーを中心に戦っている杉田。
チャレンジャーでもなかなか勝ち星を重ねる事は出来ず苦労していました。
しかし得意の芝生で覚醒!
見事な勝ち上がりでした。

一昨年は最高のシーズンでしたが昨年は本当に苦労してました。
それだけにこの勝ち上がりは本当に自信に繋がると思います。
本戦一回戦はナダルとです。
これまた楽しみですね!

内山はグランドスラム予選チャレンジ15回目での予選突破。
シングルスで戦える事を証明しましたね!
本当におめでとう!

二人の本戦での活躍を楽しみにしています!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 23:37 | コメントは受け付けていません。

短い芝生シーズン、ウィンブルドンへ!

ローランギャロスが終わりローランギャロスロスになっていましたが芝生シーズンがスタート。
そして来週からはウィンブルドンが始まります。
いつもいつも思うのですが、どうしてこんなに芝生シーズンは短いのでしょうか?
クレーから芝生と明らかに違うコートへの変換。
同じヨーロッパでありながらも文化の違うフランスとイギリスという事もあるのか、決してお互いに譲り合う感覚もない。
はっきり言って選手は大変なはずです。
でもそういうところがツアーの面白さなのでしょうか?

先週はマナリノとベレッティーニがそれぞれ優勝。
マナリノは万年準優勝のイメージがありましたがやっと優勝です。
1番芝生が彼のテニスには合っていると思います!

そしてイタリアのベレッティーニ!
圧巻のテニスでした。
芝生に向いているテニスには見えないのですがサービス、ストロークとにかくしっかりしていますね。
私がイメージするイタリアらしい優等生テニス。
ウィンブルドンも楽しみです。

そして今週はフェデラーがハレ優勝!
これで10回目の優勝、本当にすごいです!
恐るべし37歳!

そして37歳と言えばクイーンズの決勝。シモンとロペスのこれまた37歳対決。
ワイルドカード出場のロペスがなんと優勝してしまいました。
しまいましたというのは失礼な言い方かもしれないですがそれだけびっくりの優勝でした。
左利きでボレーもこなす選手はやはり芝生では強いですね。
そしてそのロペスはマレーと組んだダブルスもこれまたワイルドカード出場ながら優勝してしまいました。
手術からの復帰戦のマレーと組むわけですからしてしまいましたという表現でもいいですよね?
とにかくすごい試合でした。

番外編ですが、イタリアのチャレンジャーではランキングを216位まで落としているロブレド、これまた37歳が優勝しています!

なんともびっくりな週末、ベテラン頑張ってますね!
私も元気をもらいました!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 10:44 | コメントは受け付けていません。

ナダル12度目の優勝!

やはりナダルはローランギャロス、ローランギャロスはナダルでしたね。
ファーストゲームから物凄い打ち合い。
こんな打ち合いをこの2人はずっと続ける事が出来るのかそんなことを心配しながら見ていました。

やはりティエムは連戦の疲労が続いていたように思います。

すいません、日曜日のレッスンの疲労があり3セット目は不覚にも寝てしまいました。

ふと目が覚めるとゲームはナダルが支配していました。

これでナダルは12回目の優勝!
12回ですよ!
これは本当に素晴らしい、偉業です!
12回の優勝を明確に憶えていますが常に進化しています。
やはりローランギャロスはナダル以外優勝するのは難しいのでしょうか?
そんな気にもさせられました。

と同時に2年連続準優勝のティエムの来年が楽しみです!
今年はドロー運、スケジュール運に泣かされました。
またまた楽しみです。

ウィンブルドンまでローランギャロスロスですね…

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 09:05 | コメントは受け付けていません。

2日がかりの準決勝はティエムの勝利

前日は見れなかったジョコビッチとティエムの準決勝。

雨天順延となり昨日3セット目から行われました。
やはりこの日も風は強くやりにくそうな環境。
なんだか見ていてジョコビッチに以前の強過ぎて憎たらしいオーラがない…
やはりこの環境にイライラしているのか?

ティエムもサービスゲーム40-15とマッチポイントを握ったものの消極的なミス(迷いながらスライスを打ったように見えました…)で追いつかれましたが最後は引き離しました。

悪条件はお互い様。
ショットクロックで警告を取られたりとメンタルに弱みを見せたジョコビッチ。
いつもはこのような負の状況から驚異的なパワーで盛り返すのですが今回は違いました。

これで2年連続ナダルとティエムの決勝です。
スケジュールは戦ってきた軌跡を見る限りはナダル有利だとは思いますが、ティエムの意地を見たいですね!
壮絶な打ち合いになるのは必須ですね!

翌日(本日)は朝が早かったので女子の決勝は見れませんでした。
パーティ優勝ですね。
一度若い時に燃え尽きてテニスから離れていた選手。
サービス、ボレー、スライスなどに抜群のセンスわ感じるオールラウンダー。
実は芝生向きの選手と思っていましたが、土のコート、ローランギャロスで優勝しました。
ウィンブルドンが楽しみです。
欲を言えば大坂なおみとの決勝を見たいです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 08:49 | コメントは受け付けていません。

ナダル強い!

パリには何十年ぶりかの台風が来ているようです。
昨日のローランギャロスの天候は荒れてましたね。
よくあんな中で文句も言わずに出来たと思います。
本当に嵐のような天気でした。

早いタイミングで打ちたいフェデラーにとっては難しい環境だったでしょうか。
ナダルのしっかりとした構えから来る回転のかかったトップスピンは威力満点でした。
要所要所でフェデラーにチャンスはありましたが、やはりナダルが強かった。
結局ナダルから6-3.6-4.6-2のストレート勝ちでした。

ジョコビッチ対ティエムは雨天順延。
やはりこのこの分だとナダル有利ですね。
やはりナダルとローランギャロスの相性と言うものは他の誰にも立ち入ることができない位置に入っるのでしょう。

やはりナダルの優勝が固いかな?

それに比べると女子の準決勝はやや地味な戦いでした。
大坂なおみやウィリアムスの注目選手が早めに敗退してしまい華やかさが教えたのは事実。
でもテレビで見る限りではありますが観客の少なさにはちょっとがっかり。
男子の試合もそうですがフランスの人は最初から姿を見るのが苦手なのかな?

女子シングルスはパーティの優勝を信じています!
経験不足から来る精神的な不安定さはありますが、バックハンドスライス、ボレーには抜群のセンスを感じます。
期待しています!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 12:48 | コメントは受け付けていません。

錦織圭、体力切れ

やはりという感じでしょうか?
二週目、準々決勝まで勝ち残ってきた錦織圭でしたが体力は残っていませんでした。
スタートの自分のサービスゲームをあっさりと落としてしまう…
ブレイクバックはしたもののまたまたサービスゲームを落としてしまう。
明らかに疲労の顔つきでした。

対するナダルはパワー全開。
インターバルトレーニングをしてきたあとなのかと思えるくらい動きは素晴らしい。
得意のフォアハンドに加えてバックハンドのクロスも炸裂していました。

途中中断もあり挽回を伺いましたがそれはならず…
ナダルから6-1.6-1.6-3というスコア。
ナダルが終始試合をコントロールでしていました。

やはりこの日までの3試合が厳しかったのか、体の動きがイマイチでしたし顔つきにも疲労がうかがえました。
ただそれでも頑張るんだという気持ちも見えました、

今年は全豪オープンまでは好調。
しかしその後スランプに陥りランク下の選手な負ける事が多かったです。
特にサービスとフォアハンドは当たりが安定していませんでした。

そんな状況からグランドスラムの準々決勝までコマを進めました。
遡ると昨年のウィンブルドンからすべて準々決勝まで勝ち残っているのです。
これは素晴らしいことだです。

試合に勝ち進んだ事で自信を深めた事は事実。
これからまだまだ続くシーズン、いい形でいけたらいいな思います。

勝てなかった原因は明らか。
もちろんそのために死にものぐるいで頑張っているはずです。
時代は移り変わり勝てなくなるベテラン選手もいましさらなる新しい若手もやってきます。
そんな中もがきながらも頑張っている錦織圭を見ると本当に勇気をもらえます。

彼の試合の頑張りは私の人生の糧でもあります!
諦めずに、グランドスラム優勝目指してもっともっと頑張って欲しいです。
いつまでも応援しています!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 08:37 | コメントは受け付けていません。