ケルバー対ハンチュコバ戦の誤審

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

全仏オープンの女子シングルス3回戦での第8シードのアンゲリク・ケルバー対第31シードのダニエラ・ハンチュコバの試合で、こんな出来事があったんだって。

それはハンチュコバのサービスゲームで、ハンチュコバがゲームポイントを握ってからアドバンテージ・サイドからサーブを打ってケルバーがリターンしたボールがハンチュコバの足元へ。

ハンチュコバは苦しい体勢ながら返球した瞬間にラインズマンがアウトのコール。ハンチュコバはそのままコートチェンジをしにチェアーへ戻りかかったけど、主審がボールの位置を判断しにベースラインへ。

判定は覆ってインの判定へ。ハンチュコバも仕方がないとまた同じ場所からサーブを打とうとした瞬間、主審のルイーズ・エングゼルさんのコールは「エガリテ」、つまりデュース。そう、ケンバーのポイントと判断されてしまったの。

その時の場面がYouTubeにアップされていたました。下のURLから見れます。

https://www.youtube.com/watch?v=Ip4b4otl-c0

ラインズマンのコールがあると、それが正しいか正しくないかは関係なくプレーはそこで止められてしまうわ。そしてそのポイントが、「リプレー・ザ・ポイント」としてやり直しになる場合と、エースと認定されたり、明らかにそのボールは相手へ返球出来ないと主審が判断した場合に限り相手へポイントが入るわ。

でもこの場合、ハンチュコバはなんとかボールを打って、しかもその打ったボールはケルバーのコートに入っていたけど、ラインズマンのコールがあったから、ケルバーはプレーを当然止めたの。

どう見てもポイントのやり直しのはずが、主審は何とケルバーのポイントにしちゃったから、ハンチュコバはそれは抗議するのは当たり前よね。

このプレーに対して元世界ランク1位のキム・クレイステルスは自身のツイッターで「これを見るのは本当に残念」として、その呟きの後には“フェアプレー”の文字を入れていて、それを見てみぬふりをしたケルバーへの物とも受け止められる呟きをしていたの。

元公式審判員で、数々の試合の主審をしていて、審判を引退後にコメンテーターをしているデヴィッド・メルセル氏も「酷い判断」と、この出来事についてコメントしてました。

メディアでは、主審を審判するものはないのかって、この“誤審”へ批難の声が上がってました。

ケルバーも見てみぬふりをしたりしてフェアプレーじゃなかったって、ちょっと叩かれてましたね。

人間、誰にだって間違いはあるけど、これは明らかにおかしい判断でしたね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:34 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ティプサレビッチの手術&トミック大丈夫?

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

男子テニスの元世界ランク8位で今季は左足の怪我のためにコートに立っていないヤンコ・ティプサレビッチだけど、水曜日にその足の手術を受けていたんだって。

左足の裏(底)に筋膜炎を起こしてツアー離脱を余儀なくされてしまったティプサレビッチは、全仏オープン前の5月18日からドイツはデュッセルドルフで行われたパワー・ホース世界チーム・カップから復帰する予定だったの。それが打ってかわって手術を受ける事になってしまったのよね。

「ちょっと複雑な手術だった(内側に大きなダメージを与える物)。でも手術は上手く行ったよ。」って自身のツイッターで呟いていました。

もちろんまだ復帰の目処は立っていないティプサレビッチだけど、ここ最近はオフコートではとにかく色々な事が起きていたの。

まずは、2010年7月にタレントのビリャーナ・セセビッチさんと結婚したティプサレビッチだけど、最近第1子が誕生してパパになったんだって。そして祖国セルビアに自身のテニス・アカデミーも開校したらしいわ。

プライベートも幸せなティプサレビッチ。早く怪我を治してまたコートに戻って来て欲しいわね。

.
.
.
.
.
.
.

コート外で何かとお騒がせなのがバーナード・トミック。数年前からオーストラリア期待の若手として注目を集めていた彼だけど、このブログでも何度も伝えてるけど、そのオフコートで警察沙汰を起こしたやんちゃぶりや、ATP大会から出入り禁止になったお父さんの事など、何かとお騒がせなのよね。

今回は、と言っても彼は直接関与はしていないらしいんだけど、彼が2月にオーストラリアはゴールドコーストで行われたパーティーに参加したらしいんだけど、どうやらそのパーティーはコカイン使用と未成年者の飲酒で騒ぎになったものだったんだって。

そのパーティーが行われたナイトクラブのオーナーのジェイミー・ピッカリングは1ヶ月前に、コカインを提供した罪で逮捕されているんだって。トミックはそのパーティーに、4人の未成年の少女を連れて行ったらしいわ。

全仏オープンに出場したトミックはシングルス1回戦で第12シードのリシャール・ガスケにストレート負けを喫したけど、その全仏オープンで受けたインタビューでそのパーティーの事を聞かれたトミックは、そんなパーティーだったとは知らなかったって語っていたんだとか。

そしてそのパーティーを取り締まった警察側からは、トミックはコカイン使用には関与していないとの見方を下しているって言われているんだって。

そのクラブは、2012年にトミックが友人と口論になって暴力沙汰をおこして警察を呼ばれたのと同じ場所らしいわ。

今回は警察のお世話にはなりそうもないけど、一歩間違えたらコカイン使用の疑いもかけられかねないからね。もっとコートの上で話題を集められる選手になってもらいたいものね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 12:50 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


クルム伊達選手、惜しかった

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日の全仏オープンには43歳にして現役を続けているクルム伊達公子選手が1回戦に登場しました。

アナスタシア・パブリュチェンコワにフルセットで負けはしたものの、正直な感想を言えば、本人が言うほど出来なくないのでは?って感じてしまいました。

自身のブログでも、しっくり来ないと連日書いてはいたけど、プレーを見る限りそんな風には思いませんでした。意識の問題なのでは?って。

だからだと思うけど、試合中に覇気があまり感じられなかったかな。Pinkyの記憶では、昨日の試合では一度も「カモン!」はなかったし、良いショットを打ってポイントを取っても、すぐに下を向いて次のポイントへ入ってしまう。

かつてセンターコートで足を引きずりながらディナラ・サフィーナに勝った時の気迫と言うか、その時のビデオでも見てもらいたいって思ってしまいました。

全く勝てなくないと言う試合でもなかったけど、若かりし頃のようにただ淡々とプレーをしているだけでは、今の彼女はクレーとか芝とか関係なく、あまり勝てないんじゃないかなって思ってしまうような印象でした。

出るって決めたのなら、もうちょっとがむしゃらにぶつかってってもらいたかった。もちろん最後のゲームも諦めずに戦って、パブリュチェンコワのマッチポイントを何本もしのいではいたけどね。

世界ランク25位の選手相手にまだあそこまで出来るのなら、応援しているファンとしてはもうちょっとチャレンジャー精神でぶつかってってもらいたかったかな。

ま、それでも彼女はウィンブルドンに照準を合わせているはずだから、そこでの爆発に期待しましょう。ウィンブルドンでは「カモン」を連発してくれるに違いないと信じて。

そして大波乱は、女子世界ランク2位の2011年に全仏を制したリー・ナがまさかの初戦敗退を喫してしまいましたね。クリスティーナ・ムラデノビッチの前に敗れてしまいました。

これで今年は、スタン・ワウリンカと共に全豪オープンのチャンピオンが男女とも初戦で姿を消してしまいました。こんな事もあるのね!!!

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の日本人選手の活躍で~っす!

女子では、中国の2万5千ドルのサーキットでは樋口由佳選手が1回戦敗退でした。クロアチアの1万ドルでは、辻佳奈美選手が1回戦敗退でした。エジプトの1万ドルでは、宮崎百合子選手が準優勝を飾りました。トルコの1万ドルでは、宮原未穂希選手が1回戦敗退でした。

国内は軽井沢で2万5千ドルのサーキットが行われて、ベスト8には宮崎優実選手、藤原里華選手、岡田上千晶選手が入りました。ダブルスでは、鮎川&田中ペアーと桑田&宮村ペアーがベランダ4でした。決勝戦では波形&米村ペアーが久見&岡田上ペアーを下して優勝しました。

男子では、ウズベキスタンの5万ドルのチャレンジャー大会では第7シードの関口周一選手が1回戦でした。第4シードの内山靖崇選手がベスト8でした。

スペインの1万ドルのフューチャーズ大会では、岸僚太選手が1回戦敗退でした。斎藤貴史選手はベスト8でした。ダブルスでは森谷&斎藤ペアーがベスト4でした。タイの1万ドルでは、第3シードの竹内研人選手、第4シードの小野沢新選手、予選を勝ち上がった後藤翔太郎選手が1回戦で、鈴木貴男選手が2回戦敗退でした。志賀正人選手はベスト8でした。トルコの1万ドルでは、綿貫祐介選手が1回戦敗退でした。ダブルスではロシア人選手と組んだ綿貫選手がベスト4でした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:12 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


錦織選手、残念&奈良選手、やったね!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日は期待の錦織圭選手が全仏オープンの1回戦に登場したけど、怪我からの準備不足からか本来のプレーが見られず、まさかの初戦敗退となってしまいましたね。

試合の数日前に受けたインタビューでも、怪我の状態はまだ万全ではないって語っていたけど、怪我からプレーの質が下がったと言うよりは、怪我の治療のために十分な練習が出来なかった事の方が影響が大きかったみたいね。

サーブでもダブルフォルトが目立ってたし、あまり効果的なサーブも打てていなかったですよね。これまでの好調だった時は、ここぞと言う時に良いサーブが入っていて、サーブの改善も好調な要因の1つだったけど、昨日はそれも影を潜めていた印象でしたね。

ま、負けてしまった事は仕方がないので、今はウィンブルドンへ向けて、今度はしっかり怪我を治して万全の状態で試合に臨める事を第1に考えて、調整してもらいましょう。幸いな事には、負けてしまったからしばらく時間の余裕も出来るからね。

女子シングルスの1回戦に登場した土居美咲選手はちょっとタフな相手でしたね。

第28シードのアンドレア・ペトコビッチは、ブレーク・シーズンだった2011年には世界ランク9位まで上り詰めたけど、その後は怪我でコートから離れてしまっていたのよね。今はその頃のテニスを取り戻したプレーを披露してましたね。

そして見事勝利を収めたのが奈良くるみ選手。アンナ・タチシュビリにストレート勝利。雨などでスケジュールが変わって、コートが変更になってしまったから、ほとんどプレーを見る事が出来なかったけど、今季ここまでの好調さを発揮してくれましたね。

本人も言っているように、クレーでの戦いかたを習得したようで、きっと自信を持ってプレー出来ているんだと思います。

そして2回戦ではまたしてもイェレーナ・ヤンコビッチとの対戦が濃厚。昨日はシャロン・フィッチマン相手に第1セットこそ5ー7で落としたけど第2セットは5ー1とリードした所で翌日へと順延になりましたね。

もしヤンコビッチと対戦となると、去年のUSオープン、今年の全豪オープンに次いでグランドスラム3大会連続での顔合わせとなります。これも何かの運命かしらね?

そしてたった今、クルム伊達公子選手の試合が終わりました。それはまた明日・・・(笑)

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:55 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ワウリンカ、名前を変更!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

今季最初のグランドスラムで自身初となるグランドスラム優勝を飾ったスタニスラス・ワウリンカだけど、何と彼は公式ネームの変更を希望して、現在行われている全仏オープンから“スタン”・ワウリンカとしてエントリーしているの。

ワウリンカはそれを男子プロテニス協会であるATPに申し入れてATPもそれを了承。ATPの彼の公式プロフィールもスタニスラスからスタンへと変更されているの。

そしてATP側から全仏オープン主催者にもこれが伝えられて、全仏オープンの公式サイトや公式アプリも全てスタン・ワウリンカになってるのよね。

ワウリンカは、全仏オープンがこの新しい名前で臨む初めての大会になるわ。

ワウリンカはこれまでも親しい人や回りからは“スタン”の愛称で呼ばれていて、ワウリンカ自身もアンディ・マレーのように本当のフルネームはアンドリュー・マレーだけど皆からアンディと呼ばれている事から公式ネームもアンディにしているのと同じだって語っていたの。

そして「ドローや記者会見などの席での呼び名をただ単に簡単にしたかっただけさ。ただそれだけの理由なんだ。」って変更の理由をコメントしてました。

それからATPの公式プロフィールを見ていて気付いたんだけど、彼の名前の発音表記によると、彼の名前はワウリンカではなく「ヴァヴィンカ」って発音するみたいね・・・どこの国でも名前って難しいわね!

日本時間の今夜行われる男子シングルス1回戦に登場するワウリンカ。ギイェルモ・ガルシア=ロペスと対戦します。全豪オープンに続いて、グランドスラム2大会連続優勝となるかしらね?

そして今夜は錦織圭選手も登場します。1番コートの第1試合でマーティン・クリザンと対戦します。現地時間午前11時からなので、日本時間の午後6時からとなりますね。

去年は4回戦敗退だったから、何としてもそれ以上の成績を収めて欲しいですね!

そして女子シングルスでは、奈良くるみ選手がアンナ・タチシュビリと、土居美咲選手が第28シードのアンドレア・ペトコビッチとの1回戦に登場しす。

奈良選手は去年は本戦には勝ち上がれませんでした。土居選手も、去年は1回戦敗退だったから、二人とも何とか初戦を突破してポイントを稼ぎたいところよね。

奈良選手は、去年のUSオープン、そして今年の全豪オープンに続いて、グランドスラム3大会連続の3回戦進出もかかってます。期待したいですね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 13:36 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


いよいよ全仏オープン開幕

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

いよいよ今夜から全仏オープンが始まります。まずは男女シングルスからスタートだけど、日本人選手の試合は予定されてませんね。セリーナ・ウィリアムズやロジャー・フェデラーなどが登場しますね!

その男女シングルスのドローだけど、男子では第9シードでエントリーしている錦織圭選手がマーティン・クリザンと対戦。スロバキア共和国出身のクリザンは現在24歳で世界ランクは62位。2013年3月に自己最高位の26位を記録。

昨シーズンは終盤で手首の怪我からツアー離脱しちゃってトップ100圏外でシーズンを終えたの。今季は108位からシーズンを始めたけど、全豪オープンは予選から勝ち上がって3回戦進出。先月行われたドイツのミュンヘン大会では予選を勝ち上がって、2012年のサンクトペテルブルグ以来となる自身2度目のツアー優勝を飾ったの。

ただそれ以降は全仏オープンに照準を合わせて大会には出場していなくて、万全な状態で臨んで来るんじゃないかしら?錦織選手も好調だけど、クリザンも絶頂期くらいのプレーを取り戻しているから、要注意だわ。

女子では奈良くるみ選手がアンナ・タチシュビリと、クルム伊達公子選手が第24シードのアナスタシア・パブリュチェンコワと、土居美咲選手が第28シードのアンドレア・ペトコビッチと対戦します。

それから女子予選に登場した森田あゆみ選手と穂積絵莉選手だけど、いずれも2回戦でストレートで敗退しちゃって、予選に出場した日本人選手はこれで全滅となってしまいました。残念。

それから5月22日にお伝えしたけど、アナベル・メディーナ=ガリゲスだけど、女子シングルス予選2回戦で敗退。それが彼女のシングルスでの現役最後の試合となりました。お疲れ様でした。今後はダブルス・プレーヤーとして世界の舞台で活躍してね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 16:20 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


メディーナ=ガリゲス、最後の大会

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日から全仏オープン女子の予選も始まりましたね。日本からは穂積絵莉選手、森田あゆみ選手、尾崎里紗選手、瀬間詠里花選手、江口実沙選手、日比万葉選手の6選手がエントリーしてますね。

昨日行われた男子予選に登場した杉田祐一選手、ダニエル太郎選手はいずれも敗退。日本人男子で予選に出場した選手は全て初戦敗退と言う結果になりました。残念!

女子では試合が終了した瀬間詠里花選手と、日比万葉選手も敗退でしたね。残りの選手に期待しましょう!

そしてその女子の予選を最後にシングルスでの現役生活に終止符を打つ選手がいます。それは、アナベル・メディーナ=ガリゲス。彼女は今年の7月で32歳になるベテランで、今後もダブルスでは現役を続ける予定でいるんだって。

メディーナ=ガリゲスは2009年5月にシングルスでの自己最高位である16位を記録。そんな彼女が予選1回戦で対戦したのが19歳のジェード・スヴリーン。試合は6ー2、5ー7、6ー3でメディーナ=ガリゲスに軍配が上がりました。

現在は213位にまでランキングを下げてしまっている彼女は「例え予選からの出場になっても、パリにはとても来たかったの。だってこの全仏は私に取って特別な大会だから。」って、2008年と2009年にビルジニア・ルアノ=パスカルとのペアーで全仏女子ダブルスで2連覇しているのよね。

「そしてこれがシングルスとしての最後の大会だと言う事も決めたの。そして今後はダブルスを集中して戦って行くつもりでいるわ。」って語る彼女は、ダブルスでは2008年11月に世界ランク3位を記録して、今季もヤロシュラバ・シュウェドワとのペアーで2回の優勝も飾り今も世界ランク22位にいるの。

そしてシーズン最後に行われるツアー最終戦へのペアーランキングでは、そのシュウェドワとのペアーで7位。今年からシンガポールで開催されるその最終戦は、去年まではダブルスはシーズン獲得ポイントの上位4ペアーしか出場出来なかったけど、今年から8ペアーへと枠が広がった事も、メディーナ=ガリゲスがダブルスではまだやって行こうって思わせた要因でもあるんじゃないかしら?

今年が13回目で、そしてシングルスでは最後の全仏出場のメディーナ=ガリゲス。晴れて本戦入りと行くかしらね?

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 18:30 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


え?ウォズニアキが破局!!!

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

本日2度目の投稿はと言うと、びっくりするニュースが飛び込んで来たのでした。

5月16日のブログでは今年8月の後半の挙式の予定をお伝えし、5月20日のブログではそのプロポーズ秘話をお伝えしたカロリーン・ウォズニアキとプロゴルファーのロリー・マキロイなんだけど、なんとなんと破局を迎えてしまったって報道されてます。

それはマキロイが伝えているの。

「二人に取ってこんなに大切な関係を終わりにするのに、正しいやり方なんてない。問題は僕なんだ。週末に挙式の招待状を準備していたら、この全ての結婚に関して僕はまだ準備が出来ていないと言う事を悟らされたんだ。」

「カロリーンは幸せになるべきだしそうなってくれる事を願っている。これまで一緒に過ごした素晴らしい時間に感謝している。今後は二人の事に関してはどんな状況になってもこれ以上語らないだろう。」

こうしてマキロイはウォズニアキとの交際を終わりにした事を伝えてました。

二人は2011年に知り合ってすぐに意気投合。そして今年のお正月にはプロポーズを承諾した事をツイッターで伝えていたの。そして最近になって、今年の8月に挙式をあげる予定だって伝えられていたのにね。

そのツイッターでも、ほんの2日前まで二人で過ごしている事を呟いていたし、二人のツイッターの公式アカウントは今でも二人で一緒に撮った画像がトップ画像として使われているのに・・・。

ちょっとびっくりしてしまいました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 20:59 | 2件のコメント
▲ページトップへ


ブブカ=ジュニアの復帰

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

昨日から全仏オープンの男子予選が始まりましたね。日本からは添田豪選手、伊藤竜馬選手、杉田祐一選手、守屋宏紀選手、ダニエル太郎選手の5人がエントリーしてますね。

その1回戦に登場した添田、伊藤、守屋の3選手はみんな敗退してしまいました。残る杉田&ダニエル太郎選手に期待しましょう。

そしてその予選に出場しているのがセルゲイ・ブブカ=ジュニア。このブログでもお伝えしましたが、2012年11月にフランスはパリにある友人のマンション3階から転落。大怪我を負ってしまったの。

ブブカ=ジュニアは、偉大なる父のセルゲイ・ブブカの息子として注目を集め、その後は当時世界ランク1位だったヴィクトリア・アザレンカの彼氏として話題が集まるなど、○○のブブカ=ジュニアとしてメディアに登場する事ばかりだったけど、そのアクシデントは奇しくも彼本人を扱うニュースになったのよね。

彼はその事故で足を複数、そして腕やあばら骨も骨折する重傷を負って、最初はテニス選手として復帰する事ばかりか、普通に歩けるかも疑問視されるほどの怪我だったんだって。

「半年間も松葉杖がないと歩く事さえ出来なかった。あの頃は足を普通に使って歩けるようになる事自体が夢のようだった。そして本当に少しずつ前へ進んで行ったんだ。どうやって歩くかをまず覚えて、そしてやっとまたテニスコートに立てるようになったのさ。」って、当時を振り返ってました。

そして「手術の後、ドクターでさえ僕がまたテニスが出来るようになるかさえ分からなかったんだ。」って怪我の大きさを語ってました。

今年の1月から何とか復帰を果たしたブブカ=ジュニアだけど、プロとしての大会の本戦での勝利は4月に行われたトルコでのフューチャーズ大会。それは彼が公式戦で最後の勝利を飾ってから1年半も過ぎていて、失っていた世界ランクも1605位に登場。

でもそれは彼が2011年11月に記録した自己最高位の145位にはほど遠いものなの。でも彼はとても前向きにとらえているわ。

「こうしてまたプロとして復帰出来たこと自体が大きな勝利なんだ。今はこうして復帰出来た事に満足しないようにしたい。かつてより上に行きたい。自分は今27歳。ある意味では子供の頃からの夢を実現するには最後のチャンスになるかも知れない。」って、しっかり現実を受け止めているみたいね。

ブブカ=ジュニアの夢の1つは、テニス界に何らかの形で名を残す事でもあるんじゃないかしら?彼がこれまでのキャリアで最高だと言える時だった3年前のモントリオールでのマスターズ1000大会の予選に出場した時に、彼はファースト・サーブで252キロを記録したんだけど、これは公式記録としては認定されていないけど、同じスピードを出せれば世界最速サーブになっていたの。

「何かの世界記録が持てたらって願っているんだ。」って語るブブカ=ジュニア。お父さんが世界記録保持者として偉大な存在であるから、余計に父親に一歩でも近付きたいって言う気持ちがあるのかも知れないわね。

残念ながら昨日行われた全仏オープン男子予選1回戦では、予選第9シードのペーター・ゴジョウジックの前にストレートで敗退しちゃいました。でもまだ大怪我から復帰したばかり。焦らず徐々に前進して欲しいわね。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

毎週恒例の、先週の日本人の活躍で~っす!!!

女子では、チェコの10万ドルのサーキットでは第8シードの土居美咲選手がベスト8でした。フランスの5万ドルでは、尾崎里紗選手が1回戦敗退でした。

エジプトの1万ドルでは宮崎百合子選手が2回戦敗退でした。予選を勝ち上がった西改 由衣選手がベスト8でした。イタリアの1万ドルでは江藤直子選手が1回戦敗退でした。スウェーデンの1万ドルでは千村夏美選手が1回戦敗退でした。トルコの1万ドルでは宮原未穂希選手が2回戦敗退でした。辻佳奈美選手がベスト8でした。

国内は久留米で5万ドルのサーキットが行われてベスト8に第5シードの今西美晴選手、田中真梨選手、オサカ・ナオミ選手がベスト4には日比野菜緒選手が入りました。第1シードの穂積絵莉選手が準優勝でした。ダブルスでは井上&宮村ペアーと井上&桑田ペアーがベスト4でした。波形&米村ペアーが準優勝でした。

男子では、韓国の7万5千ドルのチャレンジャー大会では、第6シードの伊藤竜馬選手が1回戦で、内山靖崇選手、関口周一選手が2回戦敗退でした。第2シードの添田豪選手は優勝しました。ドイツの3万5千ユーロでは、守屋宏紀選手が1回戦敗退でした。

イスラエルの1万ドルのフューチャーズ大会では、後藤翔太郎選手、予選を勝ち上がった吉川叶選手が1回戦で、河内一真選手が2回戦敗退でした。トルコの1万ドルでは、片山翔選手が1回戦で、江原弘泰選手が2回戦敗退でした。綿貫裕介選手がベスト8でした。

スペインの1万ドルでは予選を勝ち上がった守谷総一郎選手、主催者推薦の岸僚太選手が1回戦で、斉藤貴史選手が2回戦敗退でした。ダブルスでは守谷&斉藤ペアーが優勝しました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 19:04 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ


ウォズニアキのプロポーズ秘話&ジョコビッチの祖国愛

人気blogランキングに参加してます。一日一回クリックお願いしま~っす♪

.

5月16日のブログでお伝えしたけど、カロリーン・ウォズニアキが交際を続けているプロゴルファーのロリー・マキロイと8月の後半に挙式をあげるらしいんだけど、マキロイはウォズニアキに年越しでプロポーズをしようと思ったのに、とんだハプニングに見舞われてしまっていたんだって。

それは去年の12月31日の夜、マキロイは港に浮かんでいる船で、ちょうど日が変わって年が明けた時にロマンチックなプロポーズをしようと計画していたんだって。

「港の船に乗り込んだんだ。それがとんでもない話になってしまった。深夜0時になったらしようと思っていたんだけど、そしたら泥酔した奴が船から海に飛び込んでしまって、それで大騒ぎになってしまったんだ。ちょっとした悪夢だった!」

そして結局マキロイは、その後ホテルへ戻ってからプロポーズをしようとした流れを説明してやっとプロポーズにたどり着いたんだって。

「彼女はイェスって言ってくれた。それが一番大切な事だったんだけどね。」って語ってました。

もちろんシチュエーションも大切かもしれないけど、マキロイが言うように、彼女のイェスがマキロイに取って一番大切なの物だったはずよね。

とりあえずは、おめでとう!

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

先週のイタリアはローマでのマスターズ1000大会で優勝したノヴァーク・ジョコビッチは、優勝スピーチでも語っていたように、この優勝を祖国セルビアで、豪雨によって被害にあった多くの方々へ送ったの。

セルビアは、記録的な豪雨に襲われて、洪水被害が発生。その結果、多数の死者も出てしまい、何千人も家を失う結果になってしまったの。

その被害の具体的な数字は未だにはっきりしないわ。なぜなら、まだ被害が拡大しているから。

ジョコビッチはローマでの優勝奨金である549、000ユーロ(約7、630万円)全てを今回の洪水の被害者へ寄付する事にしたんだって。

「この1週間は自分に取ってとても感情的なものだった。ある一部ではこのローマでの優勝を喜んではいる。なぜならこの大会はテニス界でもとても大きな大会だから。しかし一方では、自分の思いや愛はセルビアにいる人々と共にあるのです。」って、その複雑な思いを語ってました。

日本ではあまり報道されていないけど、セルビアの方では大変な事が起きているのね。一日も早い復興を願っています。そしてジョコビッチが祖国セルビアを思う気持ちの大きさを垣間見れた瞬間でもありました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ピンキー 20:12 | コメントをどうぞ
▲ページトップへ