アカプルコでの決勝戦 錦織負ける要素なし

土曜日晴れ 曇り

久しぶり運動公園ABコートでのK壮会、参加者101名(男75.女26)と三桁の参加者は久しぶりだ。
松Aも15名で熾烈な争いが続いた。商品のビールゲットは今日もかなわなかったが、ハードな4試合一生懸命に楽しんだ。結果は61 06 56 61、出だしは順調で今日はと期待したのだが2試合目06はショックが大きかった。相手のペアは二人とも上手でバランスは取れていたが、ぼくたちペアもそこそこ行けるとコートに立ったが、話に夢中で体はなまっていた。ずるずるなすすべもなく、ぼくのミスが続いていた。終わってみれば06、今日も万事休すであきらめた。3試合目は52のリードからじりじりとばん回されて56の敗退で言うことはなかった。

確かに松Aのレベルは上がった。いやぼくが下がっているという方が正解だ。以前はほぼ毎回ゲットしている時代があった、気の毒に思うくらいに。今はゲット困難になってきたがやりがいは感じている。

メキシコのアカプルコでの大会、錦織圭は予想通りセットカウント21で南アフリカのアンダーソンに勝利して決勝の舞台に立つ。相手はしぶといフェレールだ。フェレールは圭にとって因縁の選手。2008年、プロになったばかりの18歳の圭は全米3回戦でフェレールと対戦した。当時のフェレールはランキング4位だった。そのフェレールをファイナルセットの激戦で圭は勝利して、歓喜の喜びをコートで爆発させた。しかしベスト8をかけて戦った同世代のデルポトロにストレートの完敗。

それから浮き沈みの多い圭にたいして松岡修造は、まだ体が出来上がっていない、3余年すればトップに立てる選手になれると言いきった。自信満々の言葉に少し疑問に感じていた、4年過ぎた22歳の頃の成績も期待を持たせながらも裏切っていた。
それが24歳から開花したのだ、チャン効果は確かにあったとは思うが、修造の予想より2年ほどずれたと思いたい。

フェレールに全米の後リベンジを受けていたと思うが、ここ何試合かは錦織圭が勝利している。
確かにフェレールはしぶといが、もう圭の敵ではなくなっている。フェレールのサービスはいつでもブレークのチャンスがあり、守りではフェレールはに分があるかもしれないが、ここ一発のショットは圭にある、サービスもまさっているので、今のところ負ける要素は見当たらない。

image_show_nishi_finalgk-is-346

ferrer_pase_finalgk-is-346
(フェレール)

◆さらば太平燕の故郷 熊本の中華園閉店、900人殺到








 



カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:34 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">