真夏の甲子園 履正社、星陵を破り優勝

木曜日 曇り

曇りがちのせいか、急に夏の終わりを思わせる。朝も空けるのが遅くなっているのに気が付く。

午前中テニス右手でのサービスの練習。昨日、要領がわかった気がしていたのに同じことをやっているつもりなのに、なかなかうまくいかなかった。テニスは難しい、初心者の苦労が良くわかる。ぼくも初心者なのだ。

昼過ぎに帰途に着き、高校野球決勝戦を見る。決勝戦らしいいい試合だった。2回星陵が1点あげるとその裏、履正社の4番がスリーランホーマを放ち31で逆に履正社がリードで7回、つるべ打ちして2点を上げて同点とする。ツーアウトランナー一塁二塁、バッターボックスに立ったのはツーランを放っていたいた選手だが、変わった投手に抑えられて8回の表、何とか同点になったら自分たちに流れがあると勘違いする。

負けてなるものかと履正社は奮起して、エース星陵のピッチャーをつるべ打ちして取られた2点を取り戻して53となって終わっていた。
昨年は大阪桐蔭、今年も大阪の履正社、大阪は強い選手が集まっている。

来週の月曜日から最後のグランドスラム、全米オープンが始まる。日本からは錦織、西岡、大阪なおみは記憶にあるが、予選を突破した選手はいるのかな。
とりあえず三人の活躍を見守って行こう。


カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:50 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">