日別アーカイブ:

星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン

昨年に引き続き野辺山で行われた星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソンに参加してきました。

ウルトラマラソンの中で林道をや峠越えがあり関門、制限時間も厳しいと言われるレース。
昨年は無念の95キロで時間切れという屈辱を味わったので今年の目標は何としても完走でした。

スタートはゆっくりとキロ6分半ぐらいで。
でもなんだか周りは6分ぐらいで走っている…
みんな大丈夫なのかと思いながらもマイペースで林道トレイルへ。
やはりここは走りにくく、下りになると左足の付け根部分に痛みを感じうまく走れなくなる。
ただ松原湖の芝生の下りになるとその痛みが綺麗に消える。

50キロのエイドで応援していただいた女将さんにとってもらった写真です。

image

少し余裕がありますね。

この先くら走り方が原因なのかと思いながら魔の長いロードを走り出す。
この部分は昼間の1番暑い時間帯。
折り返しがあるので対抗するランナーに会える事でやる気を出せるスポット。
しかしこの時間帯、暑さにやられました。
平坦、もしくは下りは必ず走り登りは歩きを混ぜていきましたがスピードに乗れず苦労しました。

71キロの関門には1時間前に到着。
ここから魔の馬越峠越えが始まる。
ここの登りは80歩歩き40歩走るを繰り返しまあまあのリズムで79キロへ。
ここからの長い下りを飛ばそうと思ったが再び左足の痛みが再発…
がくんとスピードが後半で落ちたくさんの人に抜かれてしまいました。

87キロの最終関門には関門30分前。
ということはゴールまでの13キロで残り2時間。
大丈夫だとは思いながらも走りを入れないと間に合わないとても微妙な時間。
この最後のロードはじわっとした登りがあり走るのはきつく歩きを加えないと前に進まない…
97キロ、残り3キロで制限時間14時間まで残り25分。
ギリギリは嫌なので気合いで走りました。

image

image

やばい、ダメかもしれないと思ったのでゴールの瞬間は嬉しくなり号泣してしまいました。
まああと30分早ければこんなに焦ることもなかったのですが、とりあえず目標としていた完走が出来満足です。

かなり記憶が高く途中からずっと頭が痛かったです。
軽い熱中症でしょう。
毎度の心配事である脚の痙攣は軽くなりかけましたがなんとかクリアでした。

これで野辺山は3勝1敗。
デカフォレストまでまだまだ先が長いですがまた来年も参加したいなと思いました。

う〜ん、こんなにきつい過酷なレースなのに…
やっぱり変態ですね(笑)

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 16:38 | 8,044件のコメント