日別アーカイブ:

杉田惜敗で日本敗退…

杉田対フォニーニのエース対決はフォニーニから3-6.6-1.3-3.7-6.7-5の大接戦でフォニーニが勝ち、イタリアの勝ちとなりました。

私は今日は第2試合の解説の予定でしたが勝負が決まりましたので試合はなし。
出番はありませんでした。

約4時間の試合はDAZNの控え室と会場内を行き来しながら見ていました。

最終的に感じたのはフォニーニはしぶとい!
昨日までシングルス5セット、ダブルス4セットを戦い当然疲れはあるはず。
それでも最後までファイトし続けた体力とメンタルには脱帽でした。
癇癪を起こして荒れる場面も多々ありましたがそれがいわゆるフォニーニのスタイル。
意図的にそのようにしているわけではありませんが、不安定に見える時にいつもの倍以上の素晴らしいプレイを見せてくれました。
深いストローク、振られてもしっかりと返せる体幹。
要所要所でみせた粘りのスライスとネットプレイ。
さすがナダルニクレーコートで勝った選手だなと思いました。
左右に振られた時のプレイぶりにしびれました。

対する杉田も頑張りました。
勝たないと意味がないじゃないかと思い人もたくさんいるとは思いますが、今日の試合は本当にどちらに転ぶかわからない試合。
実際にマッチポイントがあったわけですから…
私も見ていて絶対に勝つと思いました。
終盤は見ていながら鳥肌が立ちなんとも言えない感覚になりました。
杉田祐一に関しては高校卒業直前に数回指導したこととさもあったのでその事を思い出すと本当に彼の成長を感じると共に更なる飛躍を感じさせられました。

どうして勝てなかったの?
あんなメンタルが不安定な選手にどうして勝てなかったの?
と思う人もいると思います。
杉田は頑張りました。
足りなかった事はこれから克服すればいいのです。
世界のトップと十分渡り合える事を日本のテニスファンに見せれたわけです。
年齢は関係ありません、次勝てばいいのです。
なんだかそんな事を予感させてくれる戦いぶりでした。

次は9月の入れ替え戦です。
錦織圭が出るのかはわかりませんがぜひ出て勝利を飾り再びワールドグループての戦いを見せて欲しいと思います。

日本、そしてイタリア、素晴らしい試合をありがとう!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 18:43 | コメントをどうぞ

ダブルスはイタリアが勝利

注目のダブルスは3-1でイタリアの勝利。
スコアはイタリアから7-5.6-7.7-6.7-5。
スコア的にはいかにもダブルス的なスコア。
日本も頑張りましたがさすがグランドスラムチャンピオン(オーストリアオープン)のフォニーニ、ボレリは上手いし強かったです。
シングルスのランキングを落としているボレリ。
あまりフォニーニとダブルスを最近組んで大会に出場していないので私的には日本に十分チャンスがあると思っていました。
しかしこのボレリが絶好調!
サービスはもちろんバックハンドのストレートのリターン、フォアハンドのストロークがずば抜けていました。
前日に5セットを戦いやや疲労の見えるフォニーニを静かにリードしていました。
フォニーニも要所要所にサーブアンドボレーを見せるなど幅の広いプレイを披露。
さすがと思わせる戦いぶりでした。

内山・マクラクランは以前の大阪でのブラジル戦と比べれば自信に溢れたプレイが出来ていました。
何よりマクラクランの存在感は抜きん出ており、さすがオーストリアオープンベスト4と思わせる戦いぶりでした。
しいて言うならやはりコンビネーションでしょうか?
今後の事を考えれば内山・マクラクランとしてツアー参戦を負けてもいいので出続ける事ではないでしょうか?
内山にとっては今後シングルスよりもダブルス主体に戦うというのはかなり決断のいる事だとは思いますが、私はそれくらい頑張ってみてもいいのではないかと思います。
やはりワールドグループで戦うのであれば常に世界のトップと戦っていく状況を作っていく事が一番大事だと思います。
内山くん、頑張ってみたらどうでしょうか?

最終日は杉田対フォニーニ、ダニエル対セッピ。イタリア有利である事は変わりませんが日本の踏ん張りを期待します。

私は今日も解説頑張ります!

56594C6A-4164-4817-8250-95A95C76FD25

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 09:37 | 150件のコメント