メイク・ア・ウィッシュ駅伝

本来ならば今日は栃木の大田原マラソンに出場し昨年のリベンジを果たすところでしたが心臓くんがこういうこと状態ですのでなくなくDNS…
その代わりと言ってはなんですが過去に参加していたメイク・ア・ウィッシュ駅伝に三年振りに参加してきました。

私がランにはまるきっかけとなったこの大会。
今から6年前はたった3.6キロを走っただけなのにバテバテだったのが懐かしいです(笑)

会場に着くと駅伝ではよく見かけるコスプレ軍団を発見。
よく見るとあの有名なダイコン小野さんでしるた。

image

北極マラソンや南極マラソンなどの世界中のあらゆる変態レースに参加しているランナー。
日本でのウルトラマラソンではこのコスプレでしっかり完走しているようです。
今日も会場(日産スタジアム)までは約20キロ走ってきたらしいです。
もちろんこの格好で(笑)
パフォーマンス賞をいただいてました!

さて、レースは3.6キロのコースを6人でタスキを繋ぎます。

image

チーム名はラブアンドピース。
平均年齢がやや高めのチームでした。
私はトップバッターで。
心臓くんには負担をかけないように走り次のランナーにタスキをタッチ。

image

急遽参戦いただいたランナーの活躍もあり混合チーム68チーム中17位の成績でした。

image

仲間で走る駅伝は本当に楽しいです!
来年も出たいなあ…
でもこの日程だと必ず何かしらのマラソンと重なってしまう…
来年は一週間ずらしてくださいね!

ちなみに会場となった日産スタジアム横の公園はとても走りやすかったです!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 20:51 | コメントをどうぞ

あらためて不整脈について

不整脈、私の場合は心房細動ですが過去を振り返るといろいろと思い当たる事があったのでここにここに記してみたいと思います。

9月の手術以来、ランニングをする時は心拍計をつけて走っています。
というかまたつけて走るようになりました。
あっ、もちろんゆっくりですよ!
手術前はいろいろ理由があってつけなくなったのです。
(理由は後ほど…)

普段の心拍数が今は100前後あります。
100と言うと異常な数字ではあるのですが(普通は60から80ぐらいですね!)自分自身ではもう慣れてしまったというのか正直な感じでしょうか?
100と言ってもの早い鼓動ではなく、毎回細かな鼓動が入る感じです。
普通は「トントン」といった感じなのに常に「トントトン」という感じを想像してもらえればと思います。

テニスをしている時やキロ6分半から7分で走ると150から160に上がります。
これは苦しさは感じません。
普通は苦しい感じなのですよね?
慣れてしまったのかな?

ランニングを始めた5年前、ガーミンというメーカーの時計を買いました。
GPS機能が付いて、距離やスピードがわかる便利な時計です。
それに心拍計も着いていたので時々使っていました。
最初は興味深く使っていたのですがある時から使わなくなりました。
大山に仲間と走りに行った時(今から4年半前かな?)きつい登りで心拍数が240をさしていたのです。
そんなわけない、これは心拍計が壊れているのだと思いました。
確かに心臓がバクバクはしているけど240という数字にややびびってしまいそれから怖くなりつけなくなったのです。

このような異常な数値を出すことがその後何回かあったので(富士登山競走の五合目コースに参戦した時もなりました。 ゴールしましたがこれまた死ぬほどつらかったです…)この直後ラン友さんの病院で調べてもらったのですが、やはり普段はそこまで心拍数は上がってなかったのです。

でもおそらくこの頃から(ランニング始めた頃から)少しずつ心臓に負担がきていたのですね。
でももしかしたら選手時代にも心臓がバクバクすることはあったかもしれません。
ただこればかりは本当にわかりません…
フルマラソンは完走は出来るものの、毎回両足の痙攣で思うような走りは出来ず。
でも100キロのウルトラマラソンはゆっくりなので完走は出来る。
ハセツネ(71.5キロのトレイルのレース)もきついけど休めばなんとかなる。
同じく昨年のUTMF(100マイル、160キロのトレイル)もゆっくり行けば完走は出来たのです。

でも今年になってここでついに心臓が言うことをきかなくなった感じです。
今年のハセツネ30では登りの途中で眠くなるし、キタタンでも同じ症状になりました。
この直後に病院へ行き24時間ホルターを付けて心臓をしっかりとしっかりと調べました。
今まではスピードを出した時や山の登りでしか起きなかった心臓バクバクが運動をしていない時にも普通におきるようになっていたのです。

もっと早くに気付いていればなあと何回も思いましたがこればかりはしょうがないです。
でもまたあの痛い手術をまたするかと思うとやはりちょっと憂鬱ではあります。

不整脈は年齢に関係なくおこるようです。
もし不整脈で悩んでいる人がいましたらすぐに病院に行ってください!
早めにわかれば今は手術ではなく薬での治療もあります。
私の経験談でした…

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 23:43 | コメントをどうぞ

デビスカップ、チェコが二連覇!

チェコがセルビアを破りデビスカップ二連覇達成しましたね。
おめでとうございます!

ナンバーワン対決のジョコビッチ対ベルディヒの試合は凄まじかったです。
ベルディヒはセカンドセットはほとんど取りかけていたのに、ラケットを折り(折ったらだめですね…)自分自身を鼓舞したジョコビッチに気合い負けしました。
ジョコビッチはこれはヤバイというピンチで何故あそこまで素晴らしいプレイを出来るのでしょうか?
本当に強いですね!
25連勝らしいです!

image

会場(セルビア)の異常な雰囲気で始まった最終試合。
最初はやりにくそうなステパネックでしたがランキングで勝るラジョビッチ相手に終始落ち着いた試合運びでしたね。
なんかおそるおそる打ってるフォアハンドには自分に似たものを感じますが(笑)積極的にネットに出るプレイは見ていて気持ちいいですね!
いまだにあのウェアは意味不明ですが…

image

昨年に引き続きまた最終試合で勝ち世界一になる、これほど嬉しいことはないですね。

image

ベルディヒとステパネックという二人だけで二連覇というのがすごいです。
なんか二人だけだとチーム力というのはあまり感じませんがこの二人がしっかりとダブルスで勝利を重ねたのが一番の勝因でしょうね。
やはり団体戦はダブルスですね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 03:58 | コメントをどうぞ

ベルダスコ優勝!

ジョコビッチがナダルに競り勝ちましたね!

そして注目していたダブルスですがベルダスコ、マレーロ組がブライアン兄弟に競り勝ち見事に優勝しました。

image

ベルダスコはどちらかと言うとシングルプレイヤーだとは思うのですがダブルスはよく出ています。
以前はフェリシアーノ・ロペスと組んで出ていましたが最近はベテランのマレーロを組んでいました。
でも優勝というのはちょっとビックリです。
でも好きなイケメン選手ですからとても嬉しいです。

さて来年のデビスカップのダブルスはどうなるのでしょうか?
グラノージャルス・ロペス組に変わってベルダスコ・マレーロ組が出場するとまた面白いですね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 09:33 | コメントをどうぞ

フェデラー残念…

ナダルには残念ながら敗退でしたね。

image

今年はスランプなのかそれともこれが実力なのか?
下位選手に対する取りこぼしも増え正直もう引退なのかなとも思っていました。

この最終戦も前週のパリで出場決定。
そんな中でベスト4に進めたわけですから結果的にはいいしめくくりでしょう。

もうそろそろ引退かとは思いますが最後にもう一度グランドスラムのタイトルを取って欲しいですね!

ダブルスですがベルダスコが決勝に残ってます。
あれっ?
ダブルスプレイヤーでしたっけ?
ここまできたら優勝して欲しいですね

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 23:58 | コメントをどうぞ

フェデラー準決勝へ!

時間の関係でなかなか見ることの出来ていない男子のツアーファイナル。

フェデラーがデルポトロに競り勝ち準決勝進出を決めました。

image

ツアーファイナル12年連続というのとすごいですが今年は最後の最後で出場を決めるという冷や冷やもの…

入ったブロックはジョコビッチ、デルポトロ、ガスケと強者揃い。
(世界のトップが出ているのですから皆強いのは当たり前ですね!)
よくこのブロックから勝ち上がりました。

それにしてもデルポトロとはよく当たってますね

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 07:11 | コメントをどうぞ

世代交代

全日本選手権、ネット上での情報のみですが世代交代ですね。

男子の西岡くん、女子の穂積さんは前から期待していた選手でしたが結果が出てきましたね。
と言っても実際見たことがないのが残念です…

今日も明日もレッスンが埋まっていて…
テレビ録画ですね!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 13:35 | コメントをどうぞ

全日本選手権

今週開催されている全日本選手権、盛り上がっているようですね。

賞金が上がりドロー数も増えたこともあり男子はトップ選手がほとんど参加してますね。
女子はWTAの試合が重なってる事がありトップは出てないようです。

私はアマチュア選手だったので(実業団選手で仕事はしてませんでしたが…)あまり賞金などは意識した事がありませんでした。
当時は松岡修造さん以外の選手全員が必ず出ていた大会で純粋に勝ちたいという気持ちを持ち戦ってました。
でも今の賞金ならばプロになってたかな?

会場に行って実際に生で試合を見たいのですが仕事で行けそうにないのが残念です…

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 22:24 | コメントをどうぞ

桐蔭学園高校、四校リーグ

指導している桐蔭学園高校、神奈川県のベスト4に勝ち残り四校リーグというリーグ戦を今日行いました。

春にも県でベスト4に進み関東高校に出場。
全国も少し見えてきただけにこの四校リーグで最低二位なり関東選抜、そして全国選抜へ行くのが目標です。

しかしながらこの四校リーグの壁はまだ厚かったです。
湘南工大付属、法政二高に敗退、慶応湘南には勝ちましたが残念ながら三位でした。
この四校リーグはシングルス3ポイント、ダブルス2ポイントの計5ポイント。
単複重複不可なので選手層の厚さが必要です。
それなりの技術を持つ選手はいるのですが今回は気持ちがまだまだ足りなかったように思いました。

根性とでも言うのでしょうか?
絶対に勝つんだという強い気持ちがまだまだ足りなかったように思います。

来春までもう一度鍛え直します!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 22:56 | コメントをどうぞ

男子最終戦

今週のパリの試合で最終戦の8人が決まりましたね。

マレーの欠場が決まり最後の最後でどうなるかと思いましたがやはり想像していた8人です。

image

来年は錦織圭がここに入れますように!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者佐藤哲哉 08:58 | コメントをどうぞ