カテゴリー別アーカイブ: テニス用品

ついに出ました!

最近のウィルソン、バーンの値下がりは、50%引きは当たり前、55%引き等も出てきて、これは、いよいよ、錦織の新製品が出るのも時間の問題かと思っていました。

そうしたところ、ついに、発表されました。錦織が、2019全豪から使用する、新ラケットが!

しかし、名称が、ウルトラ ツアー CV。え、ウルトラ?と一瞬思いましたが、そのコンセプトを聞くと、

錦織のリクエストは、ボールがバウンドした後に威力があること、さらに、スペックは現在のバーンとほほ同じで、デザイン、色がウルトラとのこと。

ひとつ違うのは、クラシュブルゾーン?という、ラケットとガットの間に特殊な仕様が入り、スイートスポットが3%拡大(95インチなら、98インチ相当)になり、柔らかさも出ると。

現在のバーンの後継ということで、

・バーン95CVは、ウルトラツアー95CVに
・バーン95JCVは、ウルトラツアー95JPCVに、(ジュニア用ではないという意味で、JPにしたと)
そして、・バーン100ツアーCVは、ウルトラツアー100CVになります。

発売は、12月からで、予約販売も始まります。

さて、どうするか?今のバーン100ツアーCVは、今年4月に買ったばかりで、まだ1年たっていません。

それと、後継で、ほぼスペック一緒とはいえ、新製品で、あたらしい機能も加わるので、暫く、評価が出るのを待ってから検討します。

ただ、これで、錦織が全豪優勝でもすれば、即、買いですが!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 07:58 | コメントをどうぞ

元グリを換える時期

先日、久々に元グリを交換しました。

かなり前から、通常のグリップテープがあまり好きではないので、元グリ(リプレースメントグリップ)を交換することにしているのですが。

以前(ガット張機を購入する前)は、3か月毎のスクールのストリングスキャンペーンに合わせ、ガットを張替え、合わせて元グリを巻き換えていました。(元グリは自分で巻き換え)

だいたい、元グリも3か月位で磨耗、滑りが出てきて、ちょうどいいタイミングでした。

で、張り機を購入し、ガットを毎月張り替えていると、元グリの交換時期を忘れてしまうのです。

先日のスクールで、何かグリップが滑るなと感じて見てみると、かなり磨耗していて、帰宅後、巻き替えをしました。

元グリも、自宅に予備を数個、買い置きしているので、こういう時は、助かります。

なお、今後、忘れないように、スマホのカレンダーに元グリ交換日を登録しておきました。

これで、大丈夫かな!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 22:05 | コメントをどうぞ

続・テニス用品購入禁止!

強烈な台風24号が過ぎ去った、10月1日朝、最寄り駅からの電車は動いていましたが、その後の乗り継ぎ電車が動いていないというニュース。

しかし、10月1日は、どうしても、会社へ行かなくてはならず、車で行くことにしました。

そして、玄関を出ると、アクリル板らしきものの破片が散らばっています?

何かと思いながら、カーポートを見ると、屋根の一部が無い!約3分の1が無い!

残り3分の2も、浮き上がったような状態!

そうです、台風の影響で、カーポートの屋根が破損していました。

片付けは後にして、取り急ぎ会社へ向かいましたが、新車購入に加え、カーポート修理という、またまだ出費がかさみます。

テニス用品は、暫くでなく、当分、購入禁止です!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 19:23 | コメントをどうぞ

流石!

大坂選手の全米優勝で、俄然ヨネックスのラケットが注目を浴び、注文殺到と報道されていますが。

そもそも大坂選手がヨネックスのラケットを使用する経緯は、13歳のときに、お母さんがヨネックスの会長に直訴して、スポンサーになってもらったと。

このあたりは、ヨネックスに先見の明があるのかなと。

思えば、私が大学4年の就職活動時では、ヨネックスは、バドミントンではNO1でしたが、テニスでは、カワサキ、フタバヤの次ぐ、国内第三位メーカーだったと記憶しています。

ラケットもアルミ製で、あまりパットしないものでしたが。

その後、今の四角の形状のグラファイトラケットで大ブレーク、今も覚えていますが、東京体育館で、ナブワチロワとキング夫人のダブルスペアが、ヨネッックスのRシリーズを使ったときは、驚愕でした。

ライバル企業でしたが、偵察を兼ね、見に行き、鮮明に覚えています。

カワサキを退職した後、私が使ったラケットは、ヨネックスで、R22です。

r22

このR22は、私の30歳前後の黄金期を支えてくれたラケットで、使いやすく、10年前後使っていました。
もちろん、2本使用で、定期的にガットを張り替えて。

膝故障からの復帰後、もし錦織が出ていなければ、おそらく、ヨネックスを使ったと思いますが。

あと、社名を創業者の米山ではなく、ヨネックスとしたのも流石かなと思っていましたが。

まあ、錦織が現役でいる限り、私はウィルソンですがーーー。

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 21:06 | コメントをどうぞ

そんなに誘惑しないで!

日に日に誘惑の度合いが増しています!

何か?

ラケットです。私の使用しているバーンTOUR100CVが、なんと、50%を切ってきました。

4月に今のラケットを購入した際も、時価のように変動する価格のなかで、50%引きの日に、さらにポイントを使って、54%引き位で購入しました。

それが、最近、まず50%引きになり、さらに、55%引きになりました。

しかし、家の洗濯機故障もあり、ラケットを買う気持ちはぐっと抑えられてきましたが、

なんと、今日見ると、58%引きまで下がりました。

これは、買いなのか?

しかし、こうなると、錦織の次期ラケットが出る前触れではないか?

でも、いいラケットなので、激安で、もう1本購入し、本来の2本持ちにすべきでないのか?

等々、日々、悩んでおります。大台の60%引きになったら、買ってしまうかな?????

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 18:11 | コメントをどうぞ

硬め?

昨年の8月後半にガット張り機を購入したので、ちょうど1年たちました。

この1年で、自分のラケット、そしてテニス仲間の方のラケットの張替えを行い、ある傾向がありました。

それは、張り上げ直後がやや硬いかな?です。

自分のラケットの感覚でも、テニス仲間の方の感想でも共通するのが、張り上げ直後の数回(1~2回、1週間位)は、やや硬く感じるが、その後、ちょうど良くなると。

思えば、今から40年前、カワサキラケットの広報部へ入ったとき、新人は、先輩からガット張りを教わるのですが、厳しく言われたのは、緩くなるな!です。

しっかりと硬く張れて一人前で、下手なレベルでは、緩くなると。

実際、大学生選手のガットを張らせてもらったときに、その選手から、少し緩いですね(もちろん張り上げ直後です)と言われたこともありました。

最初の経験がまだ染み付いているのか、やや硬めになっているのかもしれません。

しかし、ガットは打てば打つほど緩んでいきますので、張り上げ直後がちょうどいいと、その後は、緩むだけともいえます。

今の私の感覚は、張り上げから1週間はやや硬い、その後、1か月半ほどは、ちょうど良い、2か月を過ぎると緩いと感じています。

そのため、大事な試合の1週間前には張替え、最大でも2か月以内には、張り替えることにしています。

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 19:58 | コメントをどうぞ

これは?

現在、開催されている、シティオープン、錦織は順当に勝ち上がっていて、ネットニュースでもかなり出てきています。
(テレビでは、ほとんど出ませんが)

そのなかで、あれ?と思う画像がありました。

まずは、ウエアです。

ユニクロの私が持っているものと似ているのですが、胸のラインが違うので、新製品か?

ただ、ユニクロは選手が着ても、販売しないものがあるので、今回もそれかも。

しかし、もっと驚いたのが、ラケットです。

20180803-00032030-theanswer-000-1-view

なんと、まあ、派手な色合いのラケットを使っているではないですか。

え~?新製品のラケットを使い始めたと調べたところ、ウィルソンから8月に発売される、バーン95CVの色違いです。

WRT741320_s-690x690

まるで、迷彩服のような色合いですが、スペックは同じで、色だけが違うようです。

ちなみに、バーンシリーズでは、ほかに、バーン100SのCVにも同じような色違いが発売のようです。

なお、私が使っている、バーンTOUR100CVには、この色違いは出ないので、私の購入はありません!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 19:33 | 1件のコメント

浮気?

今の私のガットのお気に入りは、テクニファイバーのマルチガット「XR3」です。

私が毎月張替えで、他にもテニス仲間でこのガットを張り替える方がいるので、ロールで購入しています。

最初に購入したロールがすでに無くなりましたので、次のXR3のロールを購入した際、同じ、テクニファイバーのマルチガット「XONEバイフエイズ」が、期間限定の大特価(50%引き)と出ていて、思わず、XR3のロールのほかに、単張りで購入してしまいました。

この「XONEバイフエイズ」、評判は高く、ポリとナチュラルのハイブリッドが主流のプロ選手のなか、以前は、ジョコがこのガットだけで張っていたとのこと。(今は違うそうですが)

ecnifibre_xone_1-300x300

で、使用感ですが、「柔らかい!」。いままで、マルチガットでは、今のXR3のほか、ATG850、NXT、エクセルを使いまいましたが、そのどれよりも、柔らかく感じました。

しかし、評判では、反発力があるとのことでしたが、私が期待していた、「スパン」という反発力ではなく、「ズドン」という反発力でした。

私は、モノのミクロスーパーの「スパン」という反発力が好きでしたが、硬く感じたため、反発力と柔らかさを両立した、XR3にしました。

さらに、「XONEバイフエイズ」の価格が高い。定価では、4000円を超えます。(税込み)

以上から、浮気はやめて、XR3に戻ります。(ロールも買ったし)

xr3

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 19:16 | コメントをどうぞ

記念すべき10番目

昨年8月にガット張り機を購入して1年、その間に、主にサークル仲間の方のガットの張替えのお手伝いもさせていただきました。

一昨日の土曜日のサークル時にも、1本ご依頼を受け、昨日日曜日にお渡ししましたが、いつも作成している領収書のNOを見ると、ちょうど「10」となっていました。

そうです、約40年ぶりに、自分以外の方のガットの張替えを行い、10番目となりました。

この間、自分のラケットは毎月張替えているので、12本張替えていることになり、合計、1年間で、22本の張替えを行いました。

40年前のカワサキラケット時代は、所属が広報部でしたので、ガット張りは、本業の合間に、契約選手の分を行っており、おそらく1年間の本数は、同じ位(20本前後)かと思います。

40年前も手張り式機械でしたので、何か当時を思い出すようです。

以上、記念すべき10番目でした!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 08:48 | コメントをどうぞ

ラケットの性能を決める比率について

テニスラケットが出す性能を、100とした場合、それぞれどの位の比率になるのかなと思うようになりました。

ガット張り機を購入し、約1年たちましたが、この間、何種類かのラケットに、ナイロンモノから、ナイロンマルチ、ポリ、そしてハイブリッドと張り、さらに張り技術も進歩してきたと思います。

その経験での、ストリンガー、レオの評価です。

構成は、ラケット、ガット、張り技術の3構成です。

まずは、やはりラケットが主で、今のバーン100TOUR、その前のスチーム100は、ほとんど変化ありませんが、その前のK-TOUR105は、ラケットにより違い(ソフト感、反発力、スピン等々)を感じました。
比率とすると、50%は超え、60%位かなと思います。

次がガットです。同じスチーム100に、ナイロンマルチとポリを張ったときは、ラケットが別物に感じました。
全体の4分の1は、関係すると思い、25%位かなと。

で、最後が、張り技術で、10%は低く、15%位は占めていると感じました。
同じラケットに、同じガットを、同じテンションで張っても、上手く張れたときと、そうでないときは、表現は難しいのですが、何か、感触が異なります。

以上をまとめると、ラケット:ガット:張り技術=60:25:15というのが、現在のストリンガー、レオの見解です。

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 19:35 | コメントをどうぞ