カテゴリー別アーカイブ: テニス用品

3日で3本!

スクールでは、ストリングスキャンペーンが始まりましたが、ストリンガーレオもキャンペーン状態になりました。

まずは、先週、土曜日のサークル時に仲間からご依頼を受け、サークル後に、張替、翌日日曜日のスクール時にお渡しとなりました。

以前も依頼を受けた方で、ヨネックスでしたが、念のため、スマホでストリングスパターンを撮影し、といいながら、ほとんど写真を見ずに張替えが出来ました。

その日曜日、スクール後は整体ボディケアに行ったのですが、帰りに、サークル仲間から電話があり、別のサークル仲間からも依頼したいとあり、夕方、スクールへ買い物がてらラケットを受け取りに行きましたが、想定外のことがいくつか。

まず、持って来られたラケットが2本。以前、2本同時を受けなかったことがあり、少々迷いましたが、今回は、まあ、なんとかなるだろうと思い、お受けしました。

さらに、ラケットが、ブリジストンで初めてのラケットで、かつ、すでにガットをはずした状態だったため、ストリングスパターンが分かりません。

まあ調べればいいかと思い、早速、張り機メーカーのマニュアルを見、次にホームページも見ましたが、なぜか、ブリジストンがない?

ウィルソン、バボラ、ヘッド、ヨネックス等々は掲載されているのに、なぜかブリジストンだけがない。

どうしようかと思いましたが、ガットの本数は、16×19とラケットに記載されていたので、スマホで撮影していたヨネックスも16×19と思い出し、それを参考にしながら、あとは、ストリンガーレオの感性に任せて、張替えに取り掛かりました。

また、同じストリングスですが、縦と横のテンションを変えるご指定で、私の2本張りには適した(逆に、1本張りでは出来ません)ものでした。

そして、1本は日曜日夜、もう1本は月曜日夜に張替え、無事、2本張替えが完了しました。

結果、3日で3本張替えが出来、最後の1本は、今までの1時間15分からさらに短縮でき、1時間5分で張替えが出来ました。

やはり、本数を重ねないと短縮は出来ないなと思いました。ただ、手張りでは、慣れても1時間を切るのは難しそうですが、いい経験となりました!

以上、ストリンガーレオのキャンペーン状態でした?

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 19:58 | コメントをどうぞ

摩訶不思議な価格?

かつてテニスメーカー勤務のときの話です。

広報部の私は、最低限のテニス用品が会社から支給されましたが、自分の好みの製品は、三割引の社員価格で購入していました。

ところが、営業の同期から、取引先の問屋からもっと安く買えると言われ、話を聞くと、
当時は、メーカー、問屋、テニスショップと製品が流通していて、問屋が仕入れた価格で社員割引をすると、3割5分引きで買えると。

自社製品を他社から購入する方が安く買えるという摩訶不思議な事実がありましたが、結局、私は、利用しませんでした。

今は、流通経路が異なると思いますが、先日、格安でラケットを購入して、思い出した、出来事です!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 18:17 | コメントをどうぞ

新ラケットのスクール内での諸々

5月から使い始めた新ラケットのウィルソン、バーンTOUR100CV、スクールでは、6日が初使用となりました。

burntour100_2

ところが、普段の担当Fコーチが病欠で、代わりに、たまにお世話になるIコーチが代役となっていました。

Iコーチは、私のラケットが代わったこと分からないかと思っていたところ、ラケット代えましたねと言われてしまい、正直に、スクール外で、50%オフで買いましたと言ってしまいました。

さすがに、安いので、偽物ではと疑われましたが、このラケットには、ちゃんとアメアスポーツ(ウィルソンブランド取り扱い会社)の保証書がついていますよ、と言ったところ、それなら本物に間違いないですと言われました。

まあ、打った感触も、試打したバーンTOUR100CVと同じで、前のスチーム100とも同じなので、間違いないことは分かっていましたが。

その後、スクール生仲間の方から、今までのバーン100とは何が違うのですかと聞かれ、スチーム100の後継機と話しましたが、後で考えると、これでは説明になっていませんでしたので、詳しく書くと。

今までのバーン100は、100と100Sがあり、ストリングスパターンが100は16×19、100Sが18×16と違いますが、他は共通で、303グラム、レングス27インチ、フレーム厚23-25-23mmとなっています。

それに比べ、100TOURの方は、フェイスは100インチで一緒ですが、293グラム、レングル27.25インチ、フレーム厚22mm均一となっています。

そして、一番の違いが、PWS(周辺加重機構)がついていることです。

バーンではないですが、PWSの見やすい画像を掲載しますと

pws

フレームの横の出っ張りがPWSで、面ブレを防ぐというものです。

私のラケット選択基準が、ウィルソンの錦織使用シリーズですが、その中でも、このPWSが搭載されているラケットにしています。

テニス復帰後、K-TOUR105、スチーム100、バーンTOUR100CVと3機種使用してきましたが、いずれも、このPWS搭載モデルです。

以上、新ラケットのスクール内での諸々でした!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 20:38 | コメントをどうぞ

新ラケット始動の準備は出来たけれど!

新しいラケット始動のはずが?

当初からテニスの予定がなかった、5月2日、家の用事をしながらも、新しいラケット(ウィルソンのバーンTOUR100CV)のガット張りを行いました。

ガットは、最近のお気に入りのテクニファイバーのXR3(柔らかさと反発力を兼ね備えたナイロンのモノマルチ)で、テンションは夏バージョンの50ポンドです。

burntour

スペックが今までのラケット(スチーム100リミテッド)と同じということは、ストリングスパターンも同じで、事前に調べることなく、スムーズに張替えに着手でき、そして仕上がりも張り上がった段階では、上々です。

あとは、実際に打って確かめたいのですが、当初予定の3日の社労士テニス同好会は、膝痛から欠席することにしたので、お預けです。

インドアなので、天気予報は荒天でしたが、100%テニスが出来ると思っていたのが、天気以外で欠席とは想定してなく、残念。

しかし、膝状態と、3日がハードコートであることを考えると、ここは無理出来ないなと判断しました。
(社労士テニス同好会の皆さん、ごめんなさい!)

3日は、ひたすら、ボルタレン(市販薬、最強の消炎剤)を塗り、ユーチューブで中嶋杯(スクールのコーチ同士の試合)でも見ながら、4日のサークルテニスに備えます!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 07:11 | コメントをどうぞ

あと3回!

あと3回とは、何か?

それは、今の愛機(ウィルソンのスチーム100リミテッド)を、メインラケットと使用する回数です。

4月中のテニスの予定が、28日、29日、30日ですが、天気予報も晴れで(30日はインドアで関係ないですが)、あと3回、使用出来るだろうと。

steam100m

思えば、2014年秋、全米で錦織が準優勝した後、購入し、約3年半、メインラケットとして使用してきました。

私、ラケットメーカーにいた影響からか、結構、使用したラケットに対する愛着が強い方で、メインラケットを切り替える際、一抹の寂しさを感じます。(大袈裟かな?)

5月からは、メインラケットを、ウィルソンのバーンTOUR100CVに変更するので、それまでの使用となります。

まあ、スチーム100リミテッドの後継機が、バーンTOUR100CVで、スペックも同一なので、スムーズに切り替えられると思いますが、この3年半の思い出が、今のスチーム100リミテッドに詰まっています!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 19:59 | コメントをどうぞ

日々精進!

さて、まずは、問題です。

次の画像は、何でしょう?

張り練習

テニスのラケット、レオのラケット、いずれも、50点です。

よく見ると、ラケット面の上部と下部にガットが変な形で結ばれています。

これは、ガット張りの練習です。

張り機を使用してのガット張りは、古いガットを切り、新しいガットを張っていくので、練習というわけにはいきません。

しかし、少しでもガット張りで上達したいと、張り機を使わない練習がないかと考え、思いついたのが、結び目の練習です。

ガット張りには、いくつかのポイントがありますが、そのうちの1つとして、結び目があります。

特に、私は、2本張り(ガットを縦用と横用に切ってから、それぞれ張っていく)のため、結び目は合計4箇所(縦と横を1本で張る1本張りの場合は、2箇所)あり、より重要になります。

そこで、今までのガット張りで余った切れ端をとっておき、毎週(週一ですが)、その結びだけの練習をしています。

ただ、テンションをかけていないので、きちっとは締まりませんが、結びの練習にはなるかなと感じています。

前回の張替えは、自分のラケットで、3月31日でしたが、先日、スクールでそのラケットを見たコーチから、上手くなったとお褒めの言葉ももらいました。

テニスのプレイの技術だけでなく、ガット張り技術も、日々精進です!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 19:55 | コメントをどうぞ

ストリンガー「レオ」のシステムのご案内?

ストリンガー「レオ」のガット張り替えのシステム?が不明確で、分かりにくかったようで、あらためて、ご案内します。

まず、受け取りとお渡しですが、原則、土曜日のお預かりは翌週土曜日お渡し、日曜日のお預かりは翌週日曜日お渡しです。

例外は、祝日がある場合は短縮できますので、その都度、ご相談で。

自分のラケットは月1回張り替えですので、土日に各1本の張り替えで対応させていただきます。(同時に2本や、先にどなたか依頼済の場合は、ご容赦ください。)

費用は、1張1,000円と。

1張に、1時間15分(75分)前後かかります。県の最低賃金は、時給868円で、868円÷60分×75分=1,000円(端数切捨て)という根拠です。(さすが社労士?)

なお、特別サービスとしまして、私が今使用しているガット、XR3(ナイロンモノマルチ、ゲージ1.25)であれば、単張の税込定価、2,808円を、約45%オフの1,500円(端数切捨て)で、ご提供します。

張り代と合わせて、XR3であれば、合計2,500円です。

xr3

*XR3は、中心にシンがあり、その周りを細かく包んでいるので、モノマルチです。柔らかい中にも、反発力もあるというモノとマルチの良いところを合わせたガットと感じています。

なお、ストリンガー、レオがお受けするのは、特定のテニス仲間(私とテニスをしていただいたことがある方)に限らせていただいております。
不特定多数の方を対象にしているわけではありません。(念のため)

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 16:21 | コメントをどうぞ

時価?

時価というと、まず思いつくのは、寿司の高いネタかと思いますが、今回はラケットについてです。

先日、ついに購入した新しいラケット(ウィルソンのバーンTOUR100CV)は、私の購入決定ラインどおり、50%オフ(表示価格は45%オフで、ポイントを加えて、実売価格は52%オフ)でした。

この価格表示が、どうも在庫により日々変動するようで、購入決定前に見たときは、40%オフが、2日後の購入時には45%になっていました。
この間、あと2本という在庫表示もありましたので。

その後、購入した後は、見ていなかったのですが、先ほど見てみると、なんと今度は、25%オフに代わっていました。在庫量も変動して。

これは、在庫を見ながら、価格を決めているのか?まるで時価だなと思いましたが?

いずれにしろ、今のところは、最低価格で購入したようなので、ラッキーでした!

そういえば、今回と別のショップですが、今のラケット(ウィルソンのスチーム100リミテッド)を買うときも、あと1本50%オフで購入しました!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 20:13 | コメントをどうぞ

ショップも私のブログを見ている?

またまたラケット、ウィルソンのバーン最新版、TOUR100CVに関するブログです。

前回のこのラケットに関するブログでは、ついに40%オフまで見つけたと、そして、50%オフになったら買ってしまいそうで、怖いと。

そのブログを書いた後です。

なんと、そのショップの価格が変わっていました。

グリップサイズにより価格が違う表示なのですが、私の使用している、グリップ3が一番安く、何と、45%オフです。

しかし、まだ、50%オフにはなっていません。で、ここで終わるはずが、またまたなんと、そのショップで使えるポイントがあることが分かり、そのポイントを使うと、50%オフ(実際には、税込み定価の52%オフ)で買えることが分かり、しかも、あと2本という表示。

まるで、私のブログを見て、価格調整をしてくれたのか?
(そんなことないですね。でも、凄いタイミングです。)

これは、買わない手はないと、この数カ月悩んでいた購入に決着をつけ、ついに購入してしまいました!

下の写真は、自宅で届いたばかりのラケットを撮影したものです。

burntour100_2

burntour100 1

写真を見ると、ガットが張っていません。

そうです、安さの理由の1つに、フレームのみということがありますが、私にとっては、逆に有り難いことでした。

だいたい、ラケットは、20~30%オフ、ガットおよび張り代込というものが多いです。

ただ、多くが、サービスガットで、ナイロンモノの廉価版なので、結局、切って、すぐ張り替えるので、最初からフレームのみで、その分、安くしてもらった方がいいと。

もう1つが、今のラケット(スチーム100リミテッド)は、3月31日に張り替えたばかりで、4月は今のラケットを使う予定です。

購入したバーンTOUR100CVは、5月GWにガットを張って、5月から使い始めると。

ラケットは、ボールを打たなくても、ガットを張れば、強い張力で張られているガットの影響を、多少ですが、受けますが、フレームのみであれば、それも関係なく、使い始める直前に張ればいいと。

しかし、やはり、新品のラケットは気持ちいいですね。

ガットを張って、使うのが楽しみです、GWを待つ、もう1つの楽しみが出来ました!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 14:00 | コメントをどうぞ

ストリンガー、レオ、繁盛?

ガット張り機を購入してから、自分のラケット以外で張替えを行ったのは、テニスサークルの仲間の方だけでした。

ところが、先日、サークル仲間以外の方から、私のラケットも張り替えてもらえませんか?と言われ、イエスと即答しようとしましたが、その際、同時に2本張替えお願いできますか?とも言われ、思わず、イエスともノーとも言えず、なんとなく、そのままになってしまいました。

手張りの分銅式であること、かつ張替えのポイントになるところ(縦の最初、結び目。横の最初、横と縦のクロスの上下が正しいか、結び目。)は、マニュアルを見ながらなので、張り時間が、だいたい1時間15分というところです。

その関係で、2本というと、2時間半かかり、2本同時ということは、たぶんその方の予備ラケット分も含めてなので、遅れることは許されないのか等々が頭をよぎり、即答できなかったかなと思います。

でも、確実に土日が空いていれば、1本づつ張って、1週間で2本張替出来るのですが、ちょっと躊躇してしまいました。
1週間で1本でしたら、即答でお受けしたのですが。

けっして、ガット張りを宣伝している訳ではないのですが、私のガット張りの話を聞き、問合せいただきました。

う~ん、仕事に、人事、社労士に加え、テニスもプラスしようかな?

元々は、テニス業界で社会人をスタートしましたので、な~んて!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 20:11 | コメントをどうぞ