カテゴリー別アーカイブ: テニス用品

クラッシュを買わない、超個人的な理由

ウィルソンの画期的な新製品のクラッシュ。

clash

もう2回打ちました。
1回目は、スクールのレッスンで80分間、2回目は、ウィルソンの試打イベントで60分間。

感触は、柔らかく使いやすい。特に、私にとっては、サーブでの感触が良かったです。

使用感が良く、コーチの方(複数)をはじめ、買わないのですかと言われましたがーーー。

凄い、個人的事情で買いません。

それは、錦織が使ってないからです。

もう何回もこのブログで記載しましたが、私、40歳で膝故障をおこし、ドクターストップがかかり、テニスを断念しました。

そして、13年間という長い時間が過ぎたとき、錦織が彗星のように現れ、日本人男子では考えられない活躍で、それを見て、もう一度、テニスがしたい、コートに立ちたい、ラケットを振りたいという思いで、当時、錦織使用の、ウィルソンのラケット、K-TOURを購入、スクールから始めて、テニスに復帰できました。

錦織使用ラケットというのが、私がテニスを続けられるジンクスになっています。

錦織使用開始から、1~2年遅れですが、K-TOURの後が、スチーム、そして、バーンと、後を追って使用しています。
(ただし、フェイスは、5インチ大きいモデルです)

今のバーンは使い始めて、まだ半年超なので、次の購入は少し先になりますが、今の状況ですと、錦織使用のウルトラのツアーシリーズの100CVになりそうです。

urutoratual

ただ、錦織がクラッシュを使えば話は別です。

先日のウィルソンのイベントでも、聞いたのですが、残念ながら、錦織がクラッシュを使うのは、今のところないようです。

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 18:54 | 1件のコメント

テニスラケットとビール

テニスラケットとビールとは?

何か関係があるのかというと、もちろん直接的には関係がないのですが、私の20代での大きな出来事です。

1.まずはビールですが、GSSパンサーテニスクラブ時代、テニスが終わると、必ず、同期、後輩とビールを飲みに行っていました。
(まあ、その頃からの飲みすぎがたたり、通風になったのですが)

そして、当時のビールは、キリンのラガービールがNO1で、ビール業界のシェアもキリンが一番で、アサヒは、サッポロの次で、サントリーと同じ位だったかと思います。

その後、いわゆる、アサヒ、スーパードライが発売され、あっという間に、首位逆転、もう、ラガービールをほとんど見なく、飲まなくなりました。

2.次にテニラケットですが、私がテニスを始めた頃は、ウッドのレギュラーサイズ(今思うとスモールサイズ)のラケット主体で、シェアNO1がカワサキ、NO2がフタバヤでした。
そして、その後のデカラケ、グラファイト製のラケットが出て、完全に入れ替わり、上記2社は倒産したと。(こちらは以前も記載しましたが)

実は、この大きな出来事、時期的には、ほぼ同じで、私が20代の頃です。

私は、カワラキラケット倒産前に退職し、人事関係へ転職し、使用ラケットもヨネックスに変わりましたが、飲むビールもまた、キリンラガーからアサヒスーパードライに変わりました。
(飲み屋に置いてあるビールが、どんどん、変わっていきました!)

社会人になってから、数年の出来事でしたが、売れている製品でも永遠ではなく、画期的な製品が出来ると、あっと言う間に入れ替わるのだなと、身をもって実感しました。

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 20:50 | コメントをどうぞ

靴ずれ

私の足は、幅広で、ビジネスシューズもテニスシューズも、幅広の4Eを履いています。

膝を痛めてから、7メートルの高さから生卵を落としても割れないという、パワークッションを使っていますが、最初に買うとき、試し履せずネットで、通常サイズの3Eを買い、使うも痛くて断念、サイズが合う人にあげました。

その後は、4Eをネットで購入、どれもピッタリでした!

今回、コート別にシューズを分けたのですが、オムニコートは、パワークッションの4Eを購入、快適にテニスが出来ています。

カーペットコートはパワークッションの4Eが見当たらず、スクールの貸出シューズと同じものを、試し履き、やはり、通常サイズは痛く、ワンサイズ大きいサイズを購入しました。

カーペットコートには、引っかからず、テニスは問題ないのですが、やはり横が狭く、靴ずれが出来てしまいました!

念のため、パワークッションのメーカーに、カーペットコートの4Eを販売しているか、問い合わせましたが、やはり、無いとの回答でした。

確かに、カーペットコートをメインにテニスをする人口が少なく、さらにその中で、4Eを使う人が少なく、商品化するのは、難しいのかもしれません。

しかし、インドアスクールが増え、カーペットコートも増えているのかなと思うので、どこかのメーカー、販売してくれないかな!

即、買いますので!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 19:46 | コメントをどうぞ

ラケット変遷!

ひょうんな事から、今まで使用してきたラケットを振り返ってみたくなりました。

まず、
GSSパンサー創設の前、学習院大学へ入り、硬式テニスを大学の体育授業とテニススクールで始めることになり、何も分からず、購入したのが、今はない、ヤマハのラケットです。(名称も忘れました。)

次がGSSパンサー時代で、頻繁に、ラケットを代えていました。

・フタバヤのウッド、ウィニングショットとゴールデンショット(ゴールデンショットを2本腕に抱えるのが上級者というイメージがありました。)

・カワサキのウッドのオールマン(福井選手が使用していました。これを使い、カワサキラケット入社にやや繋がったかな?)

・コナーズ使用のT2000(使いにくかった!)

・アサーアッシュ(知っているかな?)使用のヘッドのアルミラケット。

・ウィルソンのウッドのクリスエバートモデル(女性用ですが、使いやすかった)

次は、カワサキラケット時代で、これは、もう自社製品のオールマンとルーラー(グラファイト)でした。

その後、カワサキ退社後暫くして使い始めたのが、ヨネックスのR22で、約10年以上使いました。

・ちょうど、私のテニスの黄金期の30歳代で、2本を交互に長期間使いました。

その後、膝故障の13年のブランクに突入し、復帰後が、錦織ツアー初優勝の影響から、

ウィルソンのK-TOUR105、スチーム99S、スチーム100リミテッド、そして、今使っている、バーンツアー100CVと繋がります。

で、過去一番、良かったと感じているのは、ヨネックスのR22です。

大会での成績も良かったこともありますが、柔らかさ、反発力等々、私にマッチしていて、10年使っても飽きず、もし、膝故障がなければ、さらに長く使っていたかもしれません。

残念ながら、その後、布団たたきに変貌し、引越し時に捨ててしまいました!

今更ながら、取っておけば、良かったな!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 19:16 | 1件のコメント

オムニシューズデビュー

2日のテニスサークル、都合で1時間ほど遅れましたが、参加出来ました。

コート別に専用シューズに方針転換し、早速購入したので、何とか試したいと思っていました。

で、オムニコートでのオムニシューズでのテニス。

いいです。

あまり意識してませんでしたが、オールコートシューズではあった滑りがなく、心なしか動きが良くなったような気がしました。

サークル仲間からも、今日は動きがいいと言われ、ゲームも最終の引き分けを除き、すべて勝利と、たまたま調子が良かっただけかもしれませんが、幸先の良い、オムニシューズデビューでした。

ちなみに、購入したのは、ヨネックスのパワークッションのオムニクレー用です。

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 18:14 | コメントをどうぞ

オールコート用やめました。

私のテニスシューズは、いわゆるオールコート用を履いています。

テニスをするコートは、
毎週土曜日のテニスサークルは、オムニコート。

毎週日曜日のテニススクールは、カーペットコート。

ほぼ毎月の社労士テニス同好会は、ハードコート。

ほかに、対抗戦等で、クレーコートがありますが、数年に1回ですので、ほぼ、上記3種類のコートを一足でカバーするとなると、オールコート用になります。

オールコートであれば、すべてに対応できるのですが、逆に言うと、中途半端でもあります。

オムニであれば、ストップ力が足りず、滑ることになり、カーペットコートでは、ストップ力が強すぎ、引っかかることになります。

ハードコートでもカーペットコートほどではありませんが、やはりストップ力がやや強くなります。

先日、テニス仲間から貴重な提言(カーペットコートではカーペット用シューズが必要)があり、その他のコートも、それに合ったシューズが必要と再認識しました。

シューズが合わないと、動きが悪くなるだけでなく、ケガにもつながり兼ねないと思い、オールコート用をやめることにしました。

早速、カーペット用シューズとオムニ用シューズの2足を購入しました。

ただ、予備を含め、オールコート用シューズが3足もあり、これをどうしようかなと。

普段で使用と、本当の予備にするしかないかな?(予備を用意するのも考えものかな?)

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 20:47 | 3件のコメント

ストリンガーレオのインプレ?

ちょうど、スクールでは、ストリングスキャンペーンが始まりましたので、ストリンガーレオが今まで使用したガットの個人的インプレを記載します。

ガットの素材別に記載します。また、( )内は、税別の定価を記載しておきます。

1.ナイロンモノ
・ミクロスーパー(1800円)、こちらは、一番長く使用しました。心地よい反発力と低価格が魅力。ただ、最後に記載するポリに浮気をし、肘を痛め、その後、このガットに戻しましたが、痛みが続き、使用を止めました。

2.ナイロンマルチ
・エックスワンバイフェイズ(3900円)、使用した中で、一番、柔らかいと感じました。肘や手首を痛めている方には、お勧めです。ただ、私には反発力がやや弱いのと、価格が高いので、一度の使用だけでした。

・エクセル(3300円)、NXT(3300円)、ATG850(2600円)、3つまとめて記載しましたが、各社を代表する、マルチガットです。
柔らかく、適度に反発力もあり、お勧めです。

3.ナイロンモノマルチ
・XR3(2600円)、モノの反発力とマルチの柔らかさを兼ね備えたガットで、現在、私が使用しているものです。
マルチでも反発と柔らかさがあったのですが、決め手は、私が使う、ブロックリターンで、程よく返ってくれることです。
一番のお勧めです。

4.ポリ
・4G(2900円)、錦織が使用していたので、使いましたが、硬くて肘を痛めました。
学生や若い人がグリグリスピンをかけたり、よく切る人には最適ですが、中高齢の方には、少々、きついかなと思います。

以上、参考になれば。

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 08:04 | コメントをどうぞ

ストリンガーレオも始動!

今年の初打ちとなった13日日曜日、ストリンガーレオも始動しました。

スクールでサークル仲間から、今年最初のご注文を受け、帰宅。

ちょうど孫が昼寝(1時間半位)の時間と合い、その間に張り上げました。

張替時間は50分。

ほぼ毎月張替ている自分のラケット、そして2カ月に1回ご注文をいただいている今回のサークル仲間のラケットは、ストリングパターン(縦は7穴と9穴を飛ばすなど)が頭に入っているので、50分で張れます。

その他の方のラケットは、ストリングパターンをノートにメモして、それを見ながら張るので、どうしても1時間以上かかります。

ただ、自分のラケットも、おそらく50分が最速かなと思います。

縦は、20分かからず張れますが、横は、一張づつ上下が間違っていないかを目で確認し、その後、指でなぞり確認していて、横が30分はかかります。

スクールのコーチは、いちいち確認しなくても、感覚で分かるとのことで、この差が10分以上の差となります。

まあ、張っている本数が違うのと、電動と手張りの違いもあるので、妥当な差かなと思いますが。

などなど思いながら、ストリンガーレオも始動しました!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 20:20 | コメントをどうぞ

バーンは残った!

錦織の2019使用ラケットがバーンからウルトラに代わることが発表され、

バーン95CVがウルトラツアー95CVに、
バーン95JCVがウルトラツアー95JPCVに、
そして、私使用のバーン100ツアーCVがウルトラツアー100CVに、移行することになります。

巷では、これで、バーンシリーズはなくなると思われていましたが、

なんと、バーン2019発売というニュースがありました。

調べて見ると、現行バーンには、ウルトラに移行する3バージョンのほかに、もう3バージョンあります。

いわゆるSラケで、バーン100S、LS、ULSで、これが、残るというか新シリーズで新発売になると。

発売日は、バーン100Sが12月(ウルトラツアー95CVと同じ)、残り2つが2月(ウルトラツアー95JPCVと同じ)です。

で、何が変わるかが、今一分かりません。(現時点の私には)

はっきりしているのは、色が変わる、キャッチコピーが変わる、来年2月発売分は価格が変わることです。

う~ん、私は、Sラケではないので、選択肢が増えるわけではないのですが、とりあえず、今後も、バーンシリーズは残ることになったようです。

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 10:34 | 1件のコメント

ちょっとした疑問?

先日、発表された、錦織の2019年使用ラケット「ウルトラ ツアー 95 CV」

今まで錦織使用の「バーン95CV」が、「ウルトラツアー95CV」になり、そして、私?が使用している「バーンツアー100CV」が、「ウルトラーツアー100CV」になります。

バーン95CVとウルトラツアー95CVは、形状、スペックは同じで、スイートスポットを広げる、ラケットとガットの間にクラッシュゾーンが出来るのが違いのようです。

で、少々疑問なのは、形状、スペックが同一で、新機能の追加であれば、素直に考えれば、バーンの新バージョンではないかと。

例えば、名称は、「バーン クラッシュ 95 CV」などど。

以前から別ラインアップされている、ウルトラシリーズに組み込み、デザインも色もウルトラになるのが、少々分かりかねました。

imgrc0075243444

何か、バーンシリーズをなくす、錦織の今までのラケットでよく使われた色のオレンジをなくす、のに、理由があるのかな?

などど思いながら、次のテニスが出来る日を指折り数えています!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 22:36 | コメントをどうぞ