月別アーカイブ: 2017年5月

錦織の初戦見に帰ったけれど?

5月30日(火)夕方、仕事中にラインのトークが入りました。

てっきり、家族かテニス仲間からかなと思い見てみると、「テレビ東京」からでした。
(「テレビ東京」も友達にしていましたので)

内容は、今夜9時前から、錦織全仏1回戦、地上波中継というメッセージです。

これは、突然のことで、録画予約をしていないので、帰って見なくてはいけないと、急ぎ仕事を終わらせ、帰宅しました。
(普段からこういうペースで仕事をすればいいのですが)

そして、第一セット開始と同時に晩御飯を食べだしたものの、1セット目を落としたところで、晩御飯終了。
(おいおい負けてしまうのか?と思いながら)

第二セットは横になりながら、見ていましたが、無事にこのセットを取り、これで大丈夫と思って安心したのか、いつの間にか寝込んでしまいました。

で、目をさましたときには、試合が終わっていて、あれ、何のために早く帰宅したのか分からなくなりましたが、まあ、錦織勝利でよしとしましょう。

ちなみに録画はしているので、これから第三セットを見ます!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 20:37 | 2件のコメント

楽しく、ゾーンにも入り、元も取れた日曜夜イベント!!

5月28日(日)夜は、スクールのイベントがあり参加しました。

8名づつ3チームに分かれ、15分マッチダブルスを1人4試合行い、取得ゲーム数で順位を決めるイベントです。

今回は、昼のレギュラーレッスン時に、このイベントにとんでもない人(女性)が参加すると聞きました。

なぜスクールにいるか?ですが、全日本クラスの人で、スクールの女性コーチよりも、威力、実績も上との前評判で、入っている一番上のクラスでは、男性レッスン生が手に負えないという話を聞きました。

そこで、コーチには、出来ればということで、2つお願いしました。

1つは、同じチームにはしないでくださいと。折角、とんでもないレベルの人が参加するのに、同じチームだと対戦出来ないので。

もう1つは、もし対戦する場合は、手を抜かず、ガチで打ってくれるよう伝えて欲しいと。(何も言わないと、スクール生相手では、全力で打たないかもしれないので、私には、ぶつけてもいいので、ガチで打ってくださいと)。

そして、本番のイベントが始まりましたが、私はあるチームのリーダーに指名され、ゲーム数を稼ぐという、別のプレッシャーも加わり、試合開始に。

第一試合は、そのとんでもないレベルの女性のミックスペア対私たちが男性ペア。
ダブルスなので、あまりストローク勝負は出来ず、ストローク対ボレー勝負になりました。
流石に、そのレベルの相手に踏み込まれたストロークに対しては、私のボレーは通用しませんでしたが、逆に、私がバックスライスで、ネットにいるその人に打つと、タイミングが合わず、ネットに引っ掛けてくれました。

バクスラは通用する!

結果は、3-3の引き分けです。しかし、楽しんで試合が出来、見ていたコーチからも、楽しそうに試合をしてましたねと言われました。

その後は、通常のスクール生との対戦となり、第二試合は、あまり大きな声では言えませんが(しっかり書いていますが)、私と短パンの女性とのミックス
対男性ダブルスでしたが、この日は、年に数回あるかどうかという絶好調(ゾーンに入る)だったようで、軽やかなステップ?を踏み、4-2で勝利。

第三試合は、こちらはミックスで相手が女性ダブルス(ただし、以前負けたこともあるハードヒッター)に対し、4-1で勝利。

最終第四試合は、またしてもこちらはミックスで、相手は男性ダブルスでしたが、5-1と勝利。

通算すると、私は、3勝1分けで、チーム合計でも1位となり、その後の余興のような的あてゲームでも1位をキープしました。(チームリーダーの責任を果たせました、良かった!)ちなみに、このイベントは、前回に続き、連続1位となりました!

そして、今回の1位の賞品は、

20170528

ヨネックスのロールバックで、色が選べたので、私は、赤にしました。

後で調べたところ、定価3000円のバックです。

つまり、参加費用が2700円でしたので、4試合、しかも楽しい試合が出来、そして、参加費以上の賞品も貰え、最高の日曜日でした。

サザエさん症候群にも、ブルーマンデーにもならず、月曜日を迎えられました!

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 23:23 | コメントをどうぞ

現実は厳しい!でも頑張って!

5月27日(土)テニスサークルへ出かける前、テレビ番組表を見たところ、面白そうな番組があり、取り急ぎ録画予約をして、テニスへ出かけました。

そして、テニス後、帰宅して、その番組を見ました。

gutachi

「グータッチ」という番組ですが、この日は、テニスで初優勝を目指すとういものです。

小学6年生の女子が某県の大会で、いつも2位になっている。つまり決勝までは行くのですが、毎回、優勝者に負けていると。

この番組までで、その優勝者に4戦4敗と全敗して、2位になっていると。
もっとも、4回とも決勝まで行けてる事自体凄いことだと思うのですが、この女子は、なんとしてもその相手に勝って、悲願の初優勝をしたいと。

そして、テレビ番組ですから、有名プロがコーチについきます。全米ベスト8経験者の「浅越しのぶプロ」です。

この女子は、手堅いテニスですが、決め球となる場合でも、無難につないでしますクセがあり(まるで私みたい?)、それが初優勝の壁になっているので、浅越プロは、体重を乗せた決め球の打ち方等々をコーチします。

そして、そして、大会が始まり、この女子は第二シードで、相手は第一シード。順調に勝ち上がり、2人の決勝戦に(小学生でも3セットマッチ)。

第一セットは、今まで通りのテニスとなってしまい、0-6で落とします。

第二セットになる前、浅越プロとのメモを書いた手帳を見て、気持ちを切り替え、決めだし、6-2で取ります。

最終の第三セット。漫画やドラマであれば、このまま連取し、初優勝、努力は実るで終わるのでしょうがーーー

現実は、また相手のペースに戻り、0-6で落とし、敗戦、残念ながら、初優勝とはなりませんでした。

小学生のテニスの試合、ドキュメントでしたが、勉強になりました。

目標を持って、正しく練習をすれば上達するが、目標達成出来るかは別、しかし、敗れても、また、その目標に向かって、正しく練習していこうと。

頑張れ!  (そして、頑張るぞ、これは自分)

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 15:19 | コメントをどうぞ

買いたい!

買いたい!何が?

もちろん、全仏オープンモデルです。錦織の!

通常、ユニクロから大会2~3週間前には発表されるものが、今回は1週間前でも発表されず、もしかしたら、全豪オープンの赤色ウエアを継続して着るのか、それとも最近のマスターズ1000で着ているオレンジ色のウエアを着るのか、と思っていました。

そして、私は赤色は少々違いますが、デビスカップモデルを持っています。

また、オレンジ色は、そのものを持っています。つまり、買う必要はないと思っていたところ、

ついに大会直前、5月25日に発表されました。濃いグリーンを主体としたウエアで、なかなかカッコいいかなと。

img-photo_01_pc

さらに、この写真、バックハンドがまたカッコよく見えます。テニスのショットのなかでも、バックハンドの上手い選手の写真は、なぜか映えるように思えます。

で、買いたいなら、買えばいいのですが、なぜか、今回は予約販売。5月30日~6月12日(要は、全仏大会期間中)に予約するのですが、発送は9月上旬とのこと。(私が読んだ限りでは。間違っていたら、すみません。)

錦織の活躍を見て予約は可能ですが、私が読んだとおりだとすると、商品が到着するまでに、ウィンブルドンと全米があります。

当然、ウィンブルドンと全米のウエアも発売されると思うのですが、予約はその前で、到着はその後と。

もしかして、受注生産?いや~、テニスウエアの受注生産は聞いたことがありません。

う~ん、悩みます。錦織の活躍を基準(ベスト8以上なら買う等)に設けるか。予約なので、売り切れはないと思いますが、悩み多き、全仏オープンになりました。

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 20:15 | コメントをどうぞ

「かめはめ波」完成?

「かめはめ波」は、どうも一発で、相手を仕留めるイメージがありますが、
ドラゴンボールでは、それだけで相手を仕留めるのではなく、最後のとどめを刺すときに使われています。

テニスでは、錦織の「エアーK」も、劣勢からの一発逆転ではなく、それまでのストロークで相手を追い詰めて、甘くなったボールを、「エアーK」でポイントを取ると。

で、私のテニスを振り返ると、ノータッチや相手のラケットを弾くボールを打つスタイルではないので、一発勝負はしない。

では、何をするか?実は、「かめはめ波」に取り組むとこのブログで記載してから、同じことを2つの方法で知りました。

1つは、スクールのコーチですが、レギュラークラスではなく、たまに振り替えで入る土曜ナイターのコーチで、前回のミックスダブルスの試合で、敗戦ながら、結構、褒めてくれたコーチで、その方が後日、話してくれたことです。

そして、もう1つは、そのミックスダブルス後に、購入して読んでいるテニスの本に書かれていたことです。
(ダブルスに特化した本で、本の紹介は、後日に)

それは何かと言いますと、「2球セットで考える」、「2球でポイントを取る」です。

一発では勝負しないで、1球目で優位にたち、甘くなったボールを2球目で決めるという、私のテニスのスタイルにマッチしています。

その後、いろいろと試みています。

短いボールを打って、相手を前に出してから、その頭上をロブで抜く。
センターにボールを打ち、相手2人をセンターに寄せてから、サイドへ打つ。
1球目をボレーヤーにぶつけて、2球目は来ないだろうと思わせておいて、もう一度、ボレーヤーにぶつける。
深いストロークを打ち、後ろに下げておいて、ドロップショットを打つ。
フラットの後にスライスでタイミングを外し、ミスを誘う。

などなどで、要は、「かめはめ波2球バージョン!」

あとは、バリエーションを増やして、頑張ります。

あっ?でも、手の内を書きすぎたかな?

2017041901i

カテゴリー: テニス技術 | 投稿者レオ 07:51 | 2件のコメント

クールビズ?

5月からクールビズが始まっていますが、このブログでは、会社へ行くときの服装(ノーネクタイ等)ではありません。

では、何かと言いますと、もちろんテニスで、今回は、ガット(ストリングス)についてです。

ちょうど、5月21日から、スクールのストリングスキャンペーンが始まり、早速、レッスン前に張替を頼みました。ガットは、いつもどおり、ヨネックスのATG850です。

atg850bk

ナイロンモノで寒い冬場に肘を痛めてから、ナイロンマルチで柔らかい、このガットにしています。
変えてからは、肘も手首も、腕に関しては、故障がおきていないので、ここ数年の定番となっています。

で、本題のクールビズですが、テンションを48ポンドから50ポンドに変更しました。

5月20日、21日と5月ながら気温が30度前後まで上がり、これから数カ月は暑い環境でのテニスです。
おそらく最高気温は30度以上でのテニスになりますが、逆に冬場は、最低気温一けた台でのテニスになり、その差は、25度前後です。

当然、ボールの飛びに影響していきますが、必ず、こういうことを検証してくれる人がいて、ネット情報ですが、気温以外の条件は一緒として、気温差が25度あると、ボールの飛ぶ距離が、なんと、5メートルも違うというのです。

ちなみに、他のデータでは、30度違うと、6メートル違うという記載もあり、信憑性はありそうです。

もちろん、寒いときは飛ばず、暑いときは飛ぶです。

そして、テンションが高いと飛ばず、低いと飛びますので、気温が高くなるときはテンションも高くして、気温が低くなるときは、テンションも低くすると。

ちょうど、スクールのキャンペーンが年4回ありますので、5月と8月は高い50ポンド、11月と2月は低い48ポンドで張っています。

というわけで、今回は、前回よりも2ポンド上げて、50ポンドのクールビズ仕様にしたということです。

ここまでする必要はないかもしれませんが、私なりのこだわりです!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 22:35 | コメントをどうぞ

テニス後のプチ宴会(至福のひと時!)

5月20日(土)のテニスサークルは、湖畔近くのテニスコートで、4時間、晴天、夏日のなか、存分にテニスを行いました。

そして、そして、この日は、テニスの後に、湖畔でのプチ宴会です。

私は、前回のスクールのわいわいダブルスの賞品のクーラバックに、ノンアルコールビール(スーパードライ風と一番搾り風の2種類)を持っていきました。

ほかに、キュウリの漬物を持ってきていただいた女性も。(美味しかったです)

しかし、しかし、、この日の最大の功労者は、Nご夫婦です。

ビール(プレミアム)、ノンアルコールビール、カクテル(アルコール有となし)、そして、おつまみを持ってきていただきました。

そして、サークル仲間で、こういう風景を見ながら(湖畔を眺めながら)、

20170520_1

こんな感じでのプチ宴会です(顔が写らないように撮りましたが)

20170520_2

いや~、最高でした。至福のひと時、至宝のひと時でした。

ぜひ、また、やりたいですね!感謝、感謝です!

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 07:13 | 2件のコメント

短パン!

女性のテニスウエアは、かつて(私がGSSパンサーテニスクラブを作った頃)、スコートが主流でしたが、今は、男性と同じような膝位まであるショートパンツ等々が多いかと思います。

その中で、たまに短パンの方を見ると、やけに、新鮮でもあり、また妙な懐かしさを感じています。
(先日、短パンをホットパンツと言って、思わず、テニス仲間から古いと言われてしまいました。ホットパンツはもう死語かな?)

それはなぜかと考えたところ、GSSパンサーテニスクラブのある年の新入部員の姿です。

4月、新入生勧誘活動の成果で、大勢の新入生が入り、その中で、すごく目を引く女子新入部員が4名いました。

何が目を引いたかと言うと、4名が色違いの短パン(ホットパンツ?)姿で、テニスコートに現れたのです。

物は違いますが、このような短パンの新入女子部員が入部したのです。

ynx-25019-1

これには、私だけでなく、同期の男子部員がほぼ全員、飛び上がり状態で、舞い上がってしまいました。

同好会は体育会と違い、テニスに参加するかいなかは緩やかですが、カラーパンツの新人女子部員が入ってから、ガゼン男子部員の参加率が高まった気がします。

そんな若いころの経験もあり、今でも、短パンを見ると、なんとなく、舞い上がってしまうのかな???

セクハラではありませんので、念のため?

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 08:12 | コメントは受け付けていません。

学習院大学へ行ってきました!

今週、母校の学習院大学へ行ってきました。
(仕事です!)

学習院大学へ行くと必ず行なうことが2つあります。

1つは、体育会ですが、テニス部のテニスコートに寄り、練習風景を見ることです。

今回も仕事が終わった後、テニスコートへ寄ると、練習をしていました。全員、女子部員でしたが、さすが体育会らしく、綺麗なテニスをしていました。こういう綺麗なテニスを見ると、なぜか嬉しくなり、思わずテニスしたくなりました!

そして、練習風景を撮影しようかと思いましたが、どうしても顔が映り、個人情報上まずいかと止めました。
その代わり、ネットにありました、学習院大学のテニスコートの写真を掲載します。

20170516

このようなテニスコートでのテニスを見ると、約40年前が走馬灯のように思い出されます。

そして、もう1つは、校内でテニスラケットを持っている学生で、GSSパンサーと分かる(たとえば、GSSパンサーと記載のあるウエアを着ている)人がいないかです。

じろじろ見るわけではありませんが、テニス用具を持っている学生を見ると、思わず見入ってしまいます。

もし、いたら、私がGSSパンサーテニスクラブの創設者です。現在もGSSパンサーを続けていてくれて有難うとでも、言いたいところです。

そして、一緒にテニスしないと?

今、GSSパンサーの現役とテニスをしたら、どうなんだろう?創設当時のパンサーは、学内同好会内では強くありませんでしたが、今は、学習院では一番との噂もあり、強いそうです。

でも、私も、年齢は重ねましたが、テニスは、GSSパンサー時よりも、かなり強くなっていると自負しています。(ピークは30歳代後半で、過ぎてしまいましたが)

あ~、GSSパンサーの現役と、一度、試合がしてみたいな!

というようなことを思いながらも、残念ながら、今まで、一度も会うことがありませんでした。

仕事および学習院社労士会で、年数回、大学へ行くので、いつかは会えるといいなと思っています!

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 20:50 | コメントは受け付けていません。

備忘録(ゲーム進行)

5月14日(日)に、レンタルコートでゲーム練習をしましたが、今後のために、そのゲーム進行の備忘録です。

このスクールのレンタルコートは、コート券1枚で40分、だいたい2枚使って、80分で行いますが、その時々で、人数、参加者が微妙に異なります。

今回は、6名で、男性3名、女性3名、夫婦2組+私とペアという構成でした。80分という時間限定ですから、その場で考えるのは時間がもったいないので、前夜、寝ながら?進行を考えました。

まず、ペアの組み合わせ方を3パターン考えました。
A案:夫婦ペア対抗戦。なお、私はいつものミックスの方とペアです。ただ、夫婦だとやりにくい面もあるかも。

B案:夫婦別々組み合わせ(夫婦同士ではペアとならない)。この場合は、夫婦ペアとしての練習ができない。そして、私達ペアの練習も出来ない。

C案:じゃんけんで1~6を決め、あとは乱数表に従う。ある意味公平ですが、男性ペア対女性ペアという対戦も出来てしまいます。

結果、前半がA案、後半がB案という、ミックスダブルスらしく、ミックスしました。

次が、ゲーム方式で、4案考えました。80分のうち、コートチェンジ等のロスタイムを5分とみて、75分で完結する方式はないかと。そして、6試合できれば、前半のA案3試合、後半のB案3試合が出来ます。

a案:気軽にダブルスと同じ15分マッチ。ただ、5試合しか出来ず、人により試合数に差がでます。

b案:4ゲームマッチ(全員が1回づつサーブゲーム)。6試合は出来ますが、逆に時間が微妙に余ったり、2-2の引き分けが出ます。

c案:3ゲーム先取(ただし、3-0になったら、もう1ゲーム行い、全員がサーブゲームは出来る)
。サークルで人数が多いときに使います。勝敗が決するのと、時間もちょうどいい位かと。

d案:12分30秒マッチ。12分30秒×6試合=75分という時間優先ですが、あまりに細かい。

で、結論は、C案の3ゲーム先取で行い、進行結果は、全部で6試合、かつ1人4試合づつでき、6試合終了時点が、ジャスト80分という計算通りで終了することが出来ました!

いや~、前夜、寝ながら?考えたかいがありました!

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 20:40 | コメントは受け付けていません。