テニスにも拡大

2回目の緊急事態宣言が出て、すぐに市営テニスコートの状況を調べ、宣言直後は(以前のブログでも記載しましたが)

・千葉市:ナイター制限するも昼はOK

・佐倉市:ナイター制限するも昼はOK

。八街市:制限なく、OK

・市川市:全面的に閉鎖

でした。

しかし、宣言から1週間以上たち、さらに拡大してきました。

16日からは、さらに八街市も全面的に閉鎖となりました。

感染防止が最優先ですが、屋外で、プレイヤー同士の間隔は、数メートル空いているので、出来れば、これ以上、拡大しないことを望みます。

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 19:00 | コメントをどうぞ

売れ筋?

年明けのウィルソンTVモーニングで、興味深いデータが発表されました。

それは、昨年の国内でのウィルソンラケットの発売ランキング(出荷ベース)です。

1位:ウルトラ100

2位:ウルトラ100L

3位:ブレード100L

4位:ブレード100

5位:クラッシュ100S

6位:バーン100S

以上ですが、こうしてみると、

フェイス面は、黄金スペックの1要素である、100インチが占めています。

あと、軽めのLが上位。

そして、ウィルソンの特許である、Sラケも上位と。

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 08:12 | コメントは受け付けていません。

テニスコートの状況

緊急事態宣言が出て、日常生活はもちろんですが、テニスコートがどうなるかも心配になりました。

そこで、まず、テニスをする可能性のある市町村のホームページで、市営コートの状況を調べてみました。

・千葉市:時間制限するも可能

・佐倉市:時間制限するも可能

・八街市:記載が見つからず

・市川市:スポーツ施設は休館(屋外のテニスコートは含まれるのかは?)

以上、同じ県内でも対応が異なるようです。

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 17:56 | コメントは受け付けていません。

年賀状繋がりで、ビックリ!

毎年、年賀状のやり取りをしている1人に、学習院大学の1学年下の後輩がいます。

と言っても、GSSパンサーの後輩ではなく、別の学習院大学のテニス同好会の人で、第1回の学習院大学テニス同好会選手権(学内の全同好会が参加)の男子シングルスの優勝者です。
(大学時代は、テニスで負けていましたが、その後30歳前に対戦した時は、勝ったこともありました。)

後輩とは、私がカワサキラケット時代に、私が担当したテニススクールのコーチとして、何回かアルバイトをしてもらい、その以降の付き合いです。
(もっとも、30歳以降は、年賀状のやり取りだけですが)

その後輩からの今年の年賀状では、「千葉の大会で会いましょう」と「クラブで〇〇さんとテニスをしています」と記載されていました。

後輩は千葉県以外に住んでいるのですが、結構、いろいろな大会に出ているようで、検索して、ビックリ!

関東オープンのシニアミックスで優勝していました。

そして、クラブで〇〇さんというのは、カワサキラケットで私の先輩社員だった人です。(インカレ上位経験者。カワサキラケット時代は、テニスでは全く相手にしてもらえませんでした。)

ただ、学習院の後輩は、直接、カワサキラケットの先輩との面識は、なかったので、たぶん、私が間に入る形で(後輩ー私ー先輩)、なんらかの話で、繋がったのではないかと思いました。

そして、その先輩は、東北オープンのシニアシングルスで優勝していました。

年賀状で、意外な2人が繋がっているのが分かり、不思議な気分になるとともに、

2人のテニスの戦績に驚き、刺激を受けました。

さて、後輩から、千葉の大会(たぶん千葉県人以外の人も参加できる千葉オープンかな?)で会いましょうという誘いに、どうするか?

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 23:03 | コメントは受け付けていません。

テニス(プレー)始め!

今年のテニスのプレー始め、いわゆる打ち始めですが、1月4日となりました。

4日まで年末年始休暇で、スクールの振り替えを予約しており、そこでの打ち始めです。

年末の打ち納めが29日ですので、ブランクは5日間で、通常の日曜日にテニス、翌週土曜日にテニスでの5日間と一緒ですので、ほぼブランクを感じませんでした。

まあ、あえて言えば、ほぼ家にいて、運動不足だったくらいです。

そして、ガットの打ち比べもしてみました。

2本張りと1本張りを交互に打ってみました。

ただ、ラケットが違う(ウルトラ100CVブラックに2本張り、スチーム100リミテッドに1本張り、ガットはXR3を同じテンション)ので、比較が微妙ですが、感触は、2本張りの方が私の感触に合っていました。

2本張りの方が弾きが良く、ダブルス向き、1本張りは球持ちが良く、シングルス向きかなと感じました。

結果、やはり2本張りで、いこうと思った、今年の打ち始めでした!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 16:19 | コメントは受け付けていません。

テニス始め!

テニス始めと言っても、プレーではありません。

ガット張りです。(これもテニスの一部であることは間違いありません)

ガット張り自体は、年末の休みに、サークル仲間のラケットと、自分の今使っているラケット(ウルトラ100CVブラック)の2本を張上げました。

では、年明け何を張り替えたかというと、以前使用していた、スチーム100リミテッドを取り出し、1本張りの練習をしました。

数年前に購入したガット張り機のマニュアルが2本張りの説明となっていたこと、および、ハイブリット(縦横のガットを変える、または縦横のテンションを変える)には、2本張りでないと出来ないことから、2本張りで張ってきました。

ただ、テニススクールで、ガット張りを見ていると、1本張りで張っています。(ハイブリッドは除き)

これは、たぶん、ガットおよび張り機のメーカーのゴーセンが勧めているのが1本張りであることからかな?と思います。
ゴーセン認定のガット張り資格「張り人」は、1本張りでの審査という話を聞いたこともあります。

一方、私が使っているラケットメーカーのウィルソンは、2本張り推奨です。

結果、ガットの長さに注意しながら無事張上げることが出来ました。

打感は打ってみないと分かりませんが、張り上がり状態から、2本張りと、違いは感じられませんでした。

で、今後どうするかですが、ハイブリッドにすることもあること、慣れていることから、基本、2本張りを継続していこうと思います。

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 08:23 | コメントは受け付けていません。

間違い探し?

私の職歴で一番長い(というか、ほとんど)のが、人事関係ですが、数年間、監査役も務めました。

その影響というわけでもないのですが、人の間違いに結構気づきます。
(自分の間違いには、気づかないのですが)

テニススクールの掲示やホームページでも、今まで、何回か、間違いに気づき、フロントに教えたことがあります。
(余計なことかもしれませんが)

新年早々、今年のテニススクールのスケジュールを見たところ、違和感を感じました。

見たのは、レッスンスケジュール表とタイムテーブルですが、期間の最後の曜日が違う。

レッスンスケジュール表では、最終日が3月28日(土)で、タイムテーブルでは、3月28日(日)と、同じ28日が土曜日と日曜日に分かれています。

すぐにカレンダーで確認したところ、日曜日が正解でした。

どうも仕事柄、こうしたところに、ついつい目が行ってしまい、年明け早々に気づいてしまい、たまに自分でも嫌になることがあります!

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 09:41 | コメントは受け付けていません。

新年のご挨拶!

恒例?の年明け早々のブログです。

新年あけましておめでとうございます。

昨年の新年のブログの時点では、2020年が、あんな(コロナ)ことになるとは、想像だにしませんでした。

昨年の正月には、2020年9月で会社生活からテニス生活へ、そして、その後のグランドスラムである、2021年1月の全豪オープン観戦ツアーに参加などと夢見ていましたがーーー。

しかしながら、コロナの一時中断はありましたが、1年を通じてテニスが出来、仕事も継続となり、無事に年を越せました。
(まだ、1分もたっていませんが)

私のモットーは、選択と集中(いろいろと手を広げず、決めたことに全力)なので、今年も大きな範囲では、テニスと社労士(人事業務含む)に集中です。

小さな範囲では、テニスは、テニスサークル、社労士テニス同好会、テニススクールです。

社労士では、少しはテニス以外の社労士会にも参加、あと会社の部下が社労士試験勉強中でその指導等々です。

そのためにも、まずは、健康であることが前提になります。

テニスも社労士も、1人では出来ないことですので、皆さん(皆さんも健康に十分に気をつけながら)、今年もよろしくお願いします!

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 00:00 | コメントは受け付けていません。

押され納め

押され納めとは?何かといいますと、

整体ボディケアの年内最後のことです。

押されというと、マッサージのイメージですが、私が、ここ数年、毎月通っているのは、マッサージと呼ぶより、整体ボディケアがピッタリです。

特に、私がテニスをしていることは知られていて(というか、テニス後にテニスバックを持ったまま行くこともあり)膝、腰、肩等の関節のストレッチもしてくれます。
さらに、足腰を施術中は、背中に、熱い石を乗せ、発汗も促してくれます。たまに、足裏マッサージをオプションで追加することもあります。

ただ、特徴として、以前、女性のテニス仲間が行ってビックリしたと聞いたので、あらためて、記載しますと。

・短パンだけになり、従い、上半身は裸となります。
・個室で、施術者は、女性だけです。
・60分コース(実質施術が60分で、準備等いれると80分と良心的)で、たぶん、普通のマッサージ店と同レベルか安いという料金。

で、今年最後は、12月27日のスクールレッスン後に、そのまま、整体ボディケアを受けて、押され納めとなりました!

カテゴリー: 怪我、病気 | 投稿者レオ 18:40 | コメントは受け付けていません。

打ち納め、番外編!

テニスの打ち納めは、27日にスクールレギュラーレッスンで終了していました。
(スクール全体のレッスンも27日で全て終了)

ただ、以前、スクール休館中のイベントで、29日に行われるものに、申し込んでいました。

しかし、仕事は29日までで、休めたら参加、休めなかったら、1375円という参加費なので、キャンセル料を払ってもいいかなと思っていました。

結果、無事?仕事を休むことが出来、打ち納めの番外編が出来ました。

内容は、球出し+ゲーム練習で、合計90分です。

最初の30分は、球出し。と言っても、ストローク、ボレー、スマッシュ、サーブと一通り軽く練習が出来ました。

後半の60分は、ペアを替えながら、20分間の時間マッチを3試合行いました。

練習ですので、自分のペースでゲームを行いましたが、それでも、多少は勝敗も気になりましたが、結果、2勝1敗と、まあまあの結果で、2020年、本当に最後のテニスが出来ました!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 19:41 | コメントは受け付けていません。