こちらでも、やって欲しいな!

昨日、スクールのコーチ同士の対抗戦のための事前公開練習試合があり、晩御飯の買い物がてら見に行きました。

普段のレッスンとは、違い、ガチで試合をしていて、中には、あのコーチ、こんなに上手いんだ!と再認識した方もいました。
(今更ながら、すみません!)

で、対戦相手となる姉妹校のコーチは、どんな人だろう(たまに代わるので)と、姉妹校のホームページを見ていたところーーー。

コーチよりも気になる記載がありました。

それは、今週末から、私は、GW10連休となるのですが、スクールもほぼ同じで、7連休となり、完全に休館で、スクールてのテニスは出来ません。

スクールが休みなので、その分、サークルと社労士テニス部で、10連休テニスが入っているのですが、なんと姉妹校では、GWイベントで、休館中に、シングルス練習会、ラリーとゲーム(ダブルス)練習会があると記載されていました。

残念ながら、姉妹校なので、私は参加出来ませんが、来年は、ぜひ私が入っている方でも取り入れて欲しいと思った次第です!

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 19:01 | コメントをどうぞ

ハードでは、オールコート用シューズ使います!

以前のブログで、オールコート用を止めると記載しましたが、その後、いろいろと調べると、一部、勘違いしていたようです。

オールコート用を止めて、オムニ用とカーペット用にするとしましたが、

オムニコート用は、数年に一度かもしれないクレーコートで使用しても問題ない。というか、、購入したシューズには、オムニー・クレー用と記載されていました。

そして、カーペットコート用は、月に1度使用するハードコートでも使おうと思っていたのですが、ここに問題があると。

シューズの底(裏面)は、ツルツルで、ひっかかりのかなり強いカーペットでは、いいが、そこまで強くないハードコートでは、適しているか微妙。

さらに、カーペットは柔らかく、下からの衝撃が少ないですが、ハードは硬く、下からの衝撃がかなり強い。

カーペット用シューズは、ハードの下からの衝撃には適してなく、逆に、オールコ-ト用シューズは、適していると。

で、結論として、3足を使い分けることにしました。

・オムニでは、オムニ用シューズ(サークル)

・カーペットでは、カーペット用シューズ(スクール)

・ハードでは、オールコート用シューズ(社労士テニス部、実際、先日の社労士テニスのハードコートでオールコート用を使用)

その日で間違えないようにしないと。プロみたいで大変?

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 20:11 | コメントをどうぞ

軟式時代の思い出

40年以上前の高校時代の軟式テニス部のことを思い出そうとしましたが、やはり、コートの後ろを横切る等マナー系のことが思い出されませんでした。

思いだしたことは、あまり、良い思い出でなくーーー

まず、入部して最初に行ったことですが、普通は、ボール拾い、コート整備、いい方だと、グリップの握り方、ルールだと思っていたのですが、初日、校舎の裏に連れて行かれました。

そこで行ったのが、発声練習です。

試合中、相手がミスをしたら、それを煽る等々、大声で相手を動揺させる等、声で勝つという練習をさせられました。

その他では、高校から始めた私は、前衛でした。

人数もありますが、中学の経験者は後衛で、未経験者は前衛という割り振りで、しかも、当時は、完全分業制でした。

前衛が行うのは、ほとんどがネットプレーで、ストロークはリターンのみ。サーブは全くなしでした。

しかも、ネットプレーの最初は、ネット前に中腰になり顔の前にラケット面を構えます。

そこに向けて、先輩が、ネット近くから、強打して、目を開けたまま、ラケット面でボールを受けるという練習です。

入部前にいだいていた、テニスのイメージが完全にくずれ、結果、1年間で退部しました。

継続していても、受験勉強で、2年生で終わりで、あと1年間であれば、嫌な思いで続けたくないというものでした。

大学へ入り、硬式テニスに触れて、あまりの違いに驚きました。

マナー重視で、例えば、試合前に、コート外で、ボレーボレーを行うことが禁止されていて、これに違反すると、当事者だけでなく、そのクラブも一定期間、試合禁止というほどで、まず、マナーを徹底していました。

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 19:31 | コメントをどうぞ

軟式だから?

先月、サークルテニスの際、私達のゲーム中に、堂々と?というか、全く意に介さない感じで、コートの後方を横切る一団がいました。

そして、今月もサークルテニス中に、同じように、ゲーム中に、コートの後方を横切る一団がいました。

コートは、違う場所で、その一団も別の一団ですが、

共通点があります。それは、

軟式テニスをしている、中学生くらいの学生です。

もしかしてと、ネットで調べると、同じような経験をしている記載が結構あり、そこでの共通点も、軟式テニスをしている一団が、硬式テニスの試合中に、コートの後方を横切るというものです。

コートの後方を横切らないは、マナーと安全の問題だと思いますが、テニス(硬式)では当然と思っていることが、軟式では、そうではないのか?

確かに、軟式では、ボールがベースライン後方までバウンドすることはないかもしれません。それに、ボールが当たっても、それほど痛くないですし。

それに対し、テニスでは、ボールが高く、遠くへバウンドして、コート後方、フェンスまでいくことがあり、さらに、打ち所が悪いと大怪我をする可能性もあります。

ネットでは、指導者はグリップの握り方を教える前に、プレイ中はコート後方を横切らない等のマナーを教えるべきだという意見もありました。

そういえば、今月のケースでは、指導者らしき人もいましたが、特に注意しているように思えませんでした。

高校時代(40年以上前ですが)、軟式テニスをしていた経験がありますが、どうだったか、あまりに古いことで記憶にありませんが、

2か月連続で、別の場所で経験したこと、他にもネットの書き込みがあることからすると、もしかすると、テニスでは当然と思っていることが、軟式では、そうでないのかもしれません。

きつい書き込みでは、そもそも別のスポーツなのだから、コートを分けようという意見までありました。

まあ、テニスという名称がついているので、お互いに、マナーと安全に注意していくことが大事だと思いますが、たぶん、最初に軟式を始める、中学の軟式テニス部で、しっかりと教えることが大事かなと思います!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 18:16 | コメントをどうぞ

最後の晩餐?

最後の晩餐?と言っても、不吉なことではありません。

一時的独身状態は今日までで、スーパーのお弁当の夕食が今日が最後になるということです。

今日は、先ほどまで、サークルテニスを4時間みっちり行い(少々バテましたが)、

帰宅後、シァyワーを浴び、遅い昼食(テニス中は、食べない主義なもので)をとったところです。
(この段階で、ブログを急ぎ書いています。)

この後は、整体・ボディケアへ行き、その帰りに、スーパーで買い物をして、帰宅して、最後の晩餐(お弁当)となるわけです。

この時間だと、定価販売ですが、最後なので、少々、奮発しようかな?

まあ、スーパーのお弁当で奮発しても仕方ないので、その時、食べたいと思ったものを買います!

以上、今回も、ほとんどテニスと関係しない話題でした。悪しからず!

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 15:55 | コメントをどうぞ

お弁当

孫の帰国に、女房が同行して行ったため、一時的、独身状態もはや10日。

テニスは、先週の土日と思う存分出来ているのでいいのですが。

また、洗濯と掃除は、週末に纏めてでなんとかなっていますが。

食事だけは、纏めてというわけにはいかないので、少々苦労しています。

朝は、普段からパン食なので、パンを買っておけば、数日はもちます。

問題は、夕食で、だいたい平日の最寄り駅に着くのが、20時~21時です。

そして、スーパーへ行き、お弁当を買うのですが、この20時~21時というのは、微妙な時間で、

良い意味では、30%引き等安く買うことができます。

悪い意味では、たまに、お弁当が売り切れでないときもあります(この場合は、買いだめしている、電子レンジでチンするご飯ですませます)。
また、残っているお弁当がだいたい同じで、2日続けて同じお弁当ということもあります。

まあ、平日、帰宅後に自分で作るのは無理で、お弁当は必須なのですが、少々苦労しています。

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 22:05 | コメントをどうぞ

一瞬、ゾーンに入ったか?

一瞬、ゾーンに入ったか?とは

7日(日)の復帰初戦の「気軽にダブルス」でのことです。

全5試合のうち、1戦目の対女ダブと3戦目と4戦目の対男ダブでは、自分のテニスの調子は、ほぼ普段どおりのレベルで、拮抗しつつも勝利出来、逆に、5戦目の対女ダブでは、調子が落ち、要らぬこと(勝ち負け、賞品等)も考え集中できず、結果も敗戦でした。

そうしたなかで、2戦目の対女ダブでは、試合中、ただ、ボールを打つ事だけに、勝手に集中していて、結果、打てば、威力があるボールが入るという、いわゆる「ゾーン」に入ったような試合が出来、結果も、5-0で勝利出来ました。

この「ゾーン」状態、どうしてゾーンに入るか、どうしてゾーンから抜けてしまうのか分からないのですが、まれに(年にほんの数回)あります。

ただ、それが1日は続かず、1試合、良くて2試合です。

努力して、意識して、どうにかなるものではないのですが、自分のテニスながら、この前日のサークルでの絶不調と、この日の2戦目のゾーン状態、差があり、悩ましい限りです。

カテゴリー: テニス技術 | 投稿者レオ 19:34 | コメントをどうぞ

復帰初戦は上々!

3月末までの半年間、孫の面倒等で、スクールのイベントは欠席をしていましたが、帰国した4月から復帰しました。

その初戦が、7日日曜日の夜イベント「気軽にダブルス」、名称とは裏腹の、全く気軽でないダブルス大会に出ました。

今回、気をつけたのが2点。

1つは、前のブログでも書いた、練習ーゲームー試合を同じにする、そのために、勝負に拘りすぎず、楽しんで試合を行う。

もう1つは、前日のサークルテニスが不調だったので、反省し、昼のレッスンで、修正して臨みました。

今回のペアは、社労士テニス部で一緒の女性で、師弟ペア?とも言われている方ですが、スクール試合でペアを組むのは初めてでした。

対戦ペアは、女ダブが3組、男ダブが2組で、ミックスは私達ペアだけでした。

試合は、最初に対女ダブ2試合、次に対男ダブ2試合で、この4試合は、気をつけていたことが出来、4勝となりました。

そして、最後が対女ダブ1試合ですが、このとき、嫌な予感がしました。

それは、対女ダブから、対男ダブと、ペースを上げて試合をしてきましたが、最後がまた対女ダブに戻ると、ペースを落とせるかです。

そして、もう1つが、この時点で、4勝0敗で、賞品が頭に浮かび、勝負に拘らないが出来ていないと、自分に、試合に集中しろと言い聞かせましたが、こう思うこと自体が拘っているんですよね。

そして、予感どおり、落としてしまいました。

しかし、賞品は、一番欲しかった「レンタルコート券」で、結果は最高でした。

あとは、復帰初戦としては、自分のテニスが出来ていて、満足できる結果でした。

そして、ペアの方ですが、必死にボールをつないでくれて、助かりました。

さらに、ペアがロブと短いボールを上手く使い、私の強打とあいまって、対戦相手の方はやりにくそうでした。

以上、復帰初戦は上々で、サザエさん症候群にならない、日曜日夜を過ごせました!

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 21:59 | 1件のコメント

その2(練習とゲームと試合と)

以前のブログで、「練習とゲームと試合」について、これを同じにしたいと書きました。

練習で出来る事を、ゲームでも出来、試合でも出来ると。

しかし、これが出来ないのは、たぶんにメンタル的な要素が強いように思います。

さらに、メンタルに影響する要因として、勝ち負けに拘り過ぎているのかと感じています。

もちろん、勝ち負けに拘ることは大事で、これがないと試合に勝つというステップでは、上達しないと思います。

ただ、勝ち負けに拘りすぎると、余計な力が入ったり、余計なことを考えたり、過剰なプレッシャーもかかります。

そこで、勝ち負けに拘りつつも、試合を楽しむ心が大事かなと。

年に1度位ですが、ゾーンに入る状態で、何をしても自分の思い通りのボールが打てるときがあり、自分でも後で驚くことがあります。

その時の状態を振りかえると、(いろいろな理由から)ゲームや試合を楽しんで、のびのびとプレイしていたと思います。

この状態をいつも出来れば、最高なのですが、これが意識しても出来ないんですよね。

本当に、テニスは難しい!

カテゴリー: テニス技術 | 投稿者レオ 09:44 | コメントをどうぞ

寝不足!

寝不足の原因は?

テレビの見すぎではなく、
映画(DVD)の見すぎでもなく、
読書のし過ぎでもなく、
はたまた、夜のスクールに行ったわけでもありません。

昨夜、帰宅後、お風呂に入り、晩御飯(と言っても、一時的独身で、スーパーのお弁当ですが)を食べ、普通は、そのまま寝るところですが、

なぜか、無性に、ガットの張替えをしたくなりました!

そこで、しまわれてしまっていた、張り機を取り出し、自分のラケットのガット張替えを行ってしまいました。

しかも、約2か月半ぶりの自分のラケット張替えのため、ストリングスパターンを忘れてしまい、思い出しながらの張替え。

さらに、仕事後、風呂上り、満腹状態と眠い状態での張替えのため、最近は1時間を切っていた張替え時間が、眠い目をこすりながらで、ゆうに1時間を超えてしまいました。

それでも、途中で止めるわけにはいきませんから、きちんと、最後まで張り終えましたが。

テンションは、夏バージョンの50Pにしようかと思ったのですが、最近、やや緩いのが好きで、冬バージョンの48Pのままにしました。

というような状況で、眠い1日を過ごしています!

カテゴリー: テニス用品 | 投稿者レオ 17:45 | コメントをどうぞ