すみません!ダブリます!

最近は、シングルスの試合は、ほとんど出てなく、ダブルス中心ですが、あらためて自分のダブルスのテニスを、客観的に、かつ試合を俯瞰するように見てみました。

その結果、スクール杯の代表になるレベルの人(以下、このブログでは「強豪」と記載します)と私の違いは何かというところを、目を閉じないで、分析すると、

(自分で言うのは気が引けますが)ストローク、ネットプレー、リターンは遜色がないと思います。

特に、スライスのバックストロークとボレーは、互角以上ではないかと思います。

一番の違い(私が劣るところ)は、サーブ、特にセカンドサーブです。

私のサーブは、確率重視で、特に、セカンドは、まず入れることを第一にしていて、その後は、ストロークやネットプレーで勝負するスタイルですが、

強豪と対戦すると、これが通用しません。

シングルスでは、まだいいのですが、ダブルスで、強いサーブ(特にセカンド)がないと、かなり不利に感じます。

サーバー側は、エースは取れなくとも、前衛がいるので、サーブで押し込めれば、前衛がネットでポイント出来ますが、入れるだけのセカンドの場合、逆に強烈なリターンを前衛にぶつけられることもあります。

サーブの威力を、ファーストの1~セカンドの2まで、仮に、1.0(一番強いレベル)、1.1、1.2~1.8、1.9、2.0(一番弱いレベル)と分類したとします。

私のサーブは、ファーストが1.2、セカンドが2.0というレベルに対し、

強豪は、ファーストが1.0で、セカンドが1.2(私のファースト)という、ファーストとセカンドで、それほど変わらないレベルと感じています。

この差を埋めないと、いつまでも、惜しい敗戦、善戦から抜け出せないと思うので、少々荒療治を行います。

それは、ダブルファーストではなく(これは、ダブルフォールト連発しそうで自滅のリスクあり過ぎ)、セカンドを2.0から1.5に上げます。

セカンドサーブというより、1.5サーブと。これで、何とか、強豪に、好きに打たせないセカンドサーブを目指すと。

ファーストが1.2サーブ、セカンドが1.5サーブです。

ただし、この1.5サーブを自分のものにするまでは、当然、フォールトする確率、つまり、ダブルフォールトをする確率は高まります。

シングルスでは、自分の責任で自分に跳ね返るだけですが、ダブルスでは、ペアの方に迷惑をかけることにもなりますが、

さらなるレベルアップを図るためには、ぜひ、チャレンジしたく、次の土曜日サークルから、試したいと思います。

すみません、ダブルフォールトします(ダブリます)が、皆さん、悪しからず、ご容赦を!

カテゴリー: テニス技術 | 投稿者レオ 19:56 | 2件のコメント

超ハードスケジュール!

超ハードスケジュールとは、

今までも、出張で、12時帰宅はありました。

また、寝台特急で、翌朝帰宅もありました。

ただ、いずれも金曜日夜で、翌日は土曜日テニスで、疲労をテニスの魔力で打ち消していたこともありました。

しかし、今回は、25日(火)に日帰り出張で、本当の終電での帰宅です。

従来は、新幹線を終点の東京駅で降り、在来線に乗り換えていましたが、東京駅着が23時30分過ぎで、これに乗り換えると、JRから次の私鉄につながりません。

そこで、品川で新幹線を降り、乗り換えて、終電の1本前の電車に乗り換えたのですが、最後の私鉄が遅延していて、結局、最寄り駅到着は、なんと翌26日(水)の0時50分です。

そこから、自宅へ帰り、お風呂に入り、軽めの夜食をとり、寝ると、あっという間に朝です。

26日(水)は、朝9時から仕事のため、超ハードスケジュールとなりました。

岡山、弾丸日帰り出張、そして、
翌日、テニスでない、深夜帰宅は、しんどいです!

とブログを書いて、これから、大雨警報の中、その翌日26日の仕事に向かいます。

仕事行く前に疲れてますが?

頑張ろう、テニスまで、あと三日!

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 06:26 | 1件のコメント

お勧め!

以前紹介した、私のテニスの愛読書「ウィニングアグリー」は、心構え、メンタル等々を中心に勝つにはどうしたらいいかという本でした。

また著者は、世界トップ10経験者で、錦織のコーチも務めた人です。

それとは、別にもう一冊、愛読書があります。

「配球とコンビネーションで勝つテニスダブルス」です。

20170510

書かれていることは、ハットすることがあり、いくつか抜粋すると

・いくらいいショットを持っていても、その使い方が悪ければ勝てない。

・1人ひとりがよく動いても、2人が連携して動いていなければ勝てない。

・自分が打ちたいコースではなく、打っておいたほうがいいコースに打つ。

・1本の強烈なショットを磨くより、2球1セットの配球パターンを磨いた方が勝てる。

さらに著者は、トーメントプロではなく、いわゆる草テニス王で、仕事(薬局)をしながらテニス大会に出て、200以上のタイトルを持っているという、私達の延長線上の頂点みたいな方です。

その関係で、普通のテニスの本に出てこない内容として、以下のようなものがあります。

・ノーアドの戦い方(サービスゲーム編、レシーブゲーム編)

・ミックスダブルス戦術

さらに、1,500円位の本ですが、DVDがついていて、本で紹介されているコンビネーションを動画で確認することができます。

その動画でプレイしているのも、おそらく、スクールコーチと思われ、見ていて、これなら出来そうだと思えます。(ブライアン兄弟のダブルスは、見ていて面白いですが、レベルが違い過ぎて真似できませんが、そういうレベルではないので)

コンビネーションで使うショットの打ち方も記載されていて、ダブルスに強くなるには、お勧めです。

私も、何回か読み直し、実践で使えるようにと、努力していますが、頭で理解して、さらに練習で出来、そして試合で使い、結果勝てるようになるのは、なかなか難しいです。

今後、さらに、平日は通勤電車で読み、土日で実践し、勝率アップを目指します!

カテゴリー: テニス技術 | 投稿者レオ 19:45 | 1件のコメント

あらためて、5-6!

スクール杯の男女が終わり、初めて、スクールへ行き、結果、姉妹校との代表選メンバーが表示されていました。

つい先日のブログで記載した、1-5と先行されながら、5-5で追いつくも、最後、5-6で振り切られた相手は、準優勝でしたが、当然、男女の優勝ペアが表示され、あらためて見ると。

男子優勝ペアと女子優勝ペアに、春に行われたミックスダブルスで敗れた相手が入っていました。
(優勝の男子ペアの1人と女子ペアの1人が組んだミックスペアが、その時負けた相手という意味です。)

その時は、今回とは逆で、私達が、5-3とリードし、あと一歩まで追いつめたのに、5-5に追い付かれ、そのまま逆転を許し、5-6で敗戦となったものでした。

同じような展開で、逆の結果で、勝ちを手に出来なかったことを、あらためて、認識し、分析すると。

両方の試合に共通するのは、いずれも私が出ていました。つまり、私の最後の勝負の詰めが甘かったかと。

ゲーム展開では、両方の試合とも、辛抱のテニスで、相手の嫌な所へ、ミスせず、ボールを送り、追いついたり(男子D)、先行したり(ミックスD)しましたが、5-5からペースを変えるか、同じでいくか、選択を間違えたかもしれません。

まあ、いずれも優勝、準優勝という相手なので、簡単には勝たせてはくれませんが、善戦、いい試合だった、惜しかったという敗戦はそろそろ止めて、泥臭くても勝ちに拘っていきたいと思います!

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 18:57 | コメントをどうぞ

色々とありました!

昨日(21日)は、この前のブログをアップした後、新幹線に乗り、その後は、帰宅、翌日テニスの予定でした。

新幹線は予定通り東京駅に着きましたが、その後の電車が動いてない。

3日間地方にいたので、こちらの天候を知りませんでしたが、どうも大雨で、遅れ、運休が出て、ホームに止まっている電車に乗りましたが、発車しない。

アナウンスで、運転手を手配しておりますと、驚きのお知らせで、暫く待ち、やっと発車し、12時ぎりぎりで帰宅できました。

電車を待っていると、サークル仲間からラインが入り、明日、車で迎えにいきましょうかという有り難い内容でしたが、送迎バスがあるコートと、時間どおり、起きれるか自信がなく、バスで行きますとお答えし、また明日朝、時間をお知らせすることにして、電車に乗りました。

そして、本日(22日)朝、起きると、いつもとは別な出来事が。

いつもは、女房が仕事が急に入り、車が使えないのですが、今日は、逆で、仕事の予定だった女房が、急にお休みとなり、車が使えることに。

サークル仲間へラインで、マイカーで行きますと連絡し、送迎バスの時間を気にしなくてよくなり、安心したのか、二度寝をしてしまいました。

まあ、出張、電車遅れ等で疲れていたことに、時間を気にしなくていい安心感が加わったのでしょうか。

結果、いつもは、15分前には着いて、自主練習している私ですが、なんと30分遅刻となってしまいました。

サークルが終わり帰宅したあと、猛暑ではありましたが、30分遅刻したせいか、少し余力が残っていて、サークル仲間もレギュラーでいるスクールレッスンへ行こうと思いましたが、

いつもは空があるクラスが、今日は、空いていません、残念!

とまあ、昨日から今日、色々とありました!

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 20:34 | 2件のコメント

サーブの変更時は、注意を!

3~4年前でしたか、4月上旬に、確率と威力を上げようと、練習時にスピンサーブを試したところ、予想以上に、良い感じで、サーブが打てました。

その後のゲームでも、ダブリはなく、威力のあるサーブを打てていましたが、ゲームの最後の方です。

サーブを打った瞬間、手の甲に激痛が走りました。

よく見ると、右手甲の中指が晴れています。それ以降はサーブを打てず、テニスは断念。

その後、テニス仲間(サークル幹事さん)から紹介された、手を専門にしている病院へいくと、手の甲を亜脱臼(中指が関節からはずれ、外れたままが脱臼、元に戻ったので、亜脱臼)という診断で、テニスは2か月間出来ませんでした。

4~5月といえば、一番のテニスの季節ですが、悶々としたテニスが出来ない2か月間を過ごしました。

それ以降、スピンサーブは厳禁とし、スライスでサーブは打っています。

サーブを変更すると、今までとは違う部位を使うので、手首、肘、肩に負担がかかることがあります。

くれぐれもご注意を!

*私は、仕事が終わり、このブログをアップ次第、新幹線に乗り、帰路へつきます。

2泊3日で少々お疲れ、明日、テニスに間に合うかな???

カテゴリー: 怪我、病気 | 投稿者レオ 20:13 | 1件のコメント

テニスがあるから!

たまに週末にかけての出張があり、帰りが金曜日深夜(または日付が代わって土曜日)帰宅ということもあります。

しかし、土曜日のサークルにはしっかり参加します。

年に一度は、金曜日夜の寝台特急に乗り、土曜日早朝に東京駅着、そして帰宅し、着替えて、サークルテニスへ行っています。

おそらく、土曜日が仕事でしたら、ここまでの元気はありません。

また、休みでも雨でサークルテニスが出来なく、家で寝ていても、逆に疲れが抜けません。

そもそも、仕事や出張ですから、つらいこと、嫌なことも結構ありますが、それでも、週末にテニスが出来ると思うと、頑張れます!

と、このブログは、今回の出張の合間に記載していて、21日金曜日深夜に帰宅予定です。

22日テニスが出来るという思いで、今回の出張も乗り切れます。

少し異常かな?

でも、13年間の膝故障ブランク後は、それ以前よりかなりテニスへの思いが強くなりました。出来ない辛さを長期間味わったので、余計、思いが強くなったような!

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 21:23 | コメントをどうぞ

今度はGSSパンサーの後輩です!

先日のテニススクール内の学習院大学生は、大学の後輩ではありましたが、残念ながら、GSSパンサーテニスクラブの後輩ではありませんでした。

そして、同じく、先日、出張で、某大学を訪問し、今度は、GSSパンサーの後輩に会いました!

もう何年も、毎年1回、この時期に、まるで七夕のように、会っていますが。

今回も、約1時間半のうち、仕事直結の話は、30分。GSSパンサー時代の思い出が30分。そして、現在のテニスが30分です。

この後輩は、私が大学3年生のときの1年生ですが、私と違い、授業の合間にテニスをしていましたが、高校時代の経験者なので、綺麗なフォームで、なかなか強い後輩でした。

(私には、勝てませんでしたが!)

その後、彼は、さらに勉学を続け、某大学で教えているのですが、さらに、某大学体育会テニス部にも関わっています。

現在のテニスの話では、先日のスクール内「気軽にダブルス」で対戦した、とんでもないレベルの人(インカレ)が、この後輩の大学のテニス部の選手と、昨年のインカレで対戦していたことも分かりました。

(結果は、スクールのとんでもないレベルの人が勝っていました。)

1時間半の打合せ?終了後、また1年後に会おうと別れ、本来の業務へ向かいました!

でも、学生時代のしかもGSSパンサーの後輩と会うのは、楽しいものです!

また、来年に期待!

カテゴリー: GSSパンサー | 投稿者レオ 22:45 | コメントをどうぞ

3連休テニスの3日目!

7月15日~17日の3連休テニスの最終日、17日は、社労士テニス同好会で、有志が集まってのゲーム練習でした。

ただ、この日は3連休ということで、私含めて5名で、3時間のゲーム練習はかなりハードでした。

(この日は、和製「チャンコーチ」の名付け親の女性も参加)

コートは、海辺にあるテニスコートで、ロケーションとしては、サークルで使う、「気分は軽井沢」テニスコートと、この海辺のテニスコートが大好きな両輪です。

071702

私、季節は夏が好きで、昔の青春ドラマ(青春とはなんだ、これが青春だ、俺は男だーーー)を見過ぎた影響か、夏に汗をかきながらテニスをする、海に向かって、ボールを打つ(この日はインドアですが)などに興奮します?

しかし、世間はテニスより、レジャーか、祝日の13時のインドアコートの風景は、

071701

誰もいません。私たちだけでした。

まあ、よくテニスをするよと思いながら、楽しめた、テニス三昧の3連休でした。良かった、良かった!

(以下、余談です)
この社労士テニス同好会の幹事さんには、サークルで事前にコートが2面確保している日に、ゲストとして案内をして、月1回程度、サークルにも参加しています。

その社労士テニス同好会の幹事さんと私で話したことですが(つまり同好会としての意見というわけではありませんが)、社労士対サークルで対抗戦が出来たらいいなということです。

ただ、実現には、社労士側のメンバーが揃うか、男性は3~4ペアは出来そうですが、特に女性は1~2ペアで、少々厳しそうです。

で、もし、仮に実現した場合、両方のメンバーである私は、一体どちらから出るのか?両方から交代に出るわけにはいきませんね?

私の主観ですが、戦力分析では、社労士側が力が落ちます。従って、私は社労士側メンバーで、参加かな?(なお、お互いに、助っ人は、試合という練習をする意味がないので、なしという前提で)

もしそうなったら、サークルの皆さん、許してね!

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 22:38 | コメントをどうぞ

3連休テニスの2日目(久々の1日2回ブログ)

7月15日~17日の3連休は、テニス三昧の3日間となりました。

初日の15日は、すでにこのブログに記載したとおり、テニスとノンアル宴会です。

そして、16日ですが、まずは、11時からスクールのレギュラークラスを受け、

次にスクール仲間(男性のみ6名)と、市営コートで、14時半から16時半まで、ゲーム練習です。

先日のスクール杯男子Dに出たメンバーで、準優勝の方(予選で私が5-6と悔しい負け方をした方)を含め、楽しめるゲームが出来ました。

で、私たちがコートへ入る前にテニスをしている方で、見覚えがある方がいました。

間違えかなと少し近づいて見ると、相手の方も私の方に近づいてきます。

私、「Oさんですか?」、相手の方「レオさん(もちろん本名)?」と。

この方は、今のサークルに入ったときに、ほぼ毎回参加されていた、オーソドックスで固いテニスをされる方。(手堅いテニスという面では、私を超えるレベルと感じていました。)

年齢は少なくとも私より5歳は上で、数年前に体を壊し、それからサークルには来なくなったと聞いていましたが、数年ぶりに見たテニスは、以前と遜色なく、きっちりとしたテニスでした。

入れ違いでしたので、あまり話しはできませんでしたが、ぜひまたご一緒にテニスをしましょうと話しました。

自分よりかなり年上の方が元気にテニスをしているのを見て、すごく嬉しい気持ちになりました。

その後は、皆、スクールへ向かい、スクール杯女子Dを、それぞれの立場(夫婦、ミックスペア等)で応援しにいきました。(スクール杯のことは前のブログ)

サークル仲間の試合がすべて終了し、買い物をして帰ろうとしましたが、すでに、スーパーは閉店時間近く。ほとんど、食料は売り切れという情報もあり、コンビニへお弁当を買いに立ち寄り、帰宅しました。

この日は、女房が孫宅へ泊りで、私1人なので、自分の食べるお弁当だけで良かったので、時間は気にせず応援出来ました。

家に帰り、お風呂に入り、ご飯を食べながら、久々に、ウィンブルドン決勝を最後まで見ました。

今まで、日曜日夜が決勝は変わりませんが、今年は、決勝の翌日が海の日で祝日で、時間を気にせず見れました。

毎年、海の日は、ウィンブルドン決勝の翌日にして欲しいな?

というようなテニス三昧の3連休テニス2日目でしたが、3日目は、また近日中に。

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 21:52 | 2件のコメント