今回は勝利!(再掲)

(なぜか、前回記載したものが途切れていたので再掲です)

過去、何回か対戦したことがある、他サークル(比較的似た年齢層)との対抗戦が17日土曜日にありました。

天気予報では難しいかなと思いましたが、ぎりぎり試合終了まで、ほとんど雨が降らず、無事、終了しました。

この対抗戦、最初はこちらが完勝、その後、引き分け、直近は昨年11月で、このときは、チームとしては、5~6の負け越し、個人的にも2勝3敗でした。

で、リベンジを期した今回、最初は先行されましたが、だんだんと追いつき、最終ラウンドの2試合を残すところで、14勝14敗、勝敗は最終ラウンドの2試合にゆだねられました。
(この経緯は終了後に知ったのですが。)

で、私も出た最終ラウンドの2試合を勝利し、16勝14敗でチームとして勝利しました。

そして、個人的にも、最終ラウンド含め、5戦5勝で、完勝で終えました!

たぶん、年2~3回ありますので、次回は相手がリベンジに向かってくることかと思います。
(リベンジされるか、返り討ちにするか、楽しみです)

年齢だけでなく、戦力的にも似通ったチームで、楽しい対抗戦です!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 15:47 | コメントは受け付けていません。

乱数表

テニスサークルや社労士テニス同好会のゲーム進行は、主に私が行っていて、乱数表が手放せません。

最初に番号を記載したカードで順番を決め、その後は乱数表に基づき進行していきますが、

途中から加わる方、途中で抜ける方が出ますので、各人毎に消化ゲーム数を別に記載して、ほぼ全員が同じゲーム数が出来るようにしています。(それでも、多少の誤差は出てしまうので、悪しからず!)

という中、何回か、1面に8人、かつ男女4名づつという日があり、試しに番号を男性を1~4、女性を5~8にして進めていたところ、ベストな組み合わせとなっていました。

当然、最初は、男性対男性、女性対女性になるのですが、その後、ミックス、男性対女性と、ほぼ全ての組み合わせが出来ました。

こういう機会があれば、また、試させてもらいたいと思います!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 08:00 | コメントは受け付けていません。

こういうのを放送して欲しいな!

あまりというか、ほとんどテレビで放送されていませんが、テニスで素晴らしい大会が開催されました、しかも日本で。

昨年、コロナで、実業団の日本リーグ、大学の王座戦、高校の総体が中止になったことを受けて、4月に開催された「盛田正明杯」。

参加チームは、実業団が5チーム、大学が2校(早稲田、慶応)、高校が2校(柳川と相生)、さらにプロ選手会1チームの計10チームのトーナメント。

1セットマッチの単2試合、複1試合の3試合で勝敗をつけるのですが、意外と番狂わせ?が。

早稲田大と柳川高は2-1で早稲田大の勝利ですが、柳川も1勝をあげ、

実業団と相生校は、2-1で実業団の勝利ですが、こちらも相生が1勝をあげました。

さらに、準々決勝では、早稲田大がプロ選手会に、2-1で勝利!と。

最終的に優勝は実業団でしたが、実業団と言っても、伊藤辰馬、中川直樹と全日本優勝のプロが出ていましたが。

いずれにしろ、素晴らしい大会だと思いました。

YouTubeで何試合かは見れますが、こういうのをテレビでも放送して欲しいものです!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 07:58 | コメントは受け付けていません。

半沢直樹諸々その3

最近の報道から、またまた半沢直樹2の最終回の名言を思い出しました!

「政治家の仕事とは、人々がより豊かに、より幸せになるよう政策を考えること。今この国は大きな危機に見舞われています。航空業界だけでなく、ありとあらゆる業界が、厳しい不況に苦しんでいる。それでも人は必至で今を耐え忍ぶ。苦難に負けまいと歯を食いしばり、懸命に日々を過ごしているんです。それは、いつかきっと、この国にまた誰もが笑顔になれるような明るい未来が来るはずだと信じているからだ。そんな国民に寄り添い、支え、力になるのがあなた達政治家の務めでしょ。あなたはその使命を忘れ、国民から目をそらし、自分の利益だけを見つめてきた。謝ってください。この国で懸命に生きるすべての人に。心の底から詫びてください。」

今回もテニスの話題でなく悪しからず!

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 07:58 | コメントは受け付けていません。

初ヒット

インスタグラムには動画をアップしましたが、

遠方にいる孫(2人)のテニスコートでの最新の様子が娘から送られてきました。

ジュニアラケットを使っているのですが、なかなかラケットとボールが当たらず、嫌になったら困るなと思っていたところ、無事、ヒットしました。
(上の孫の方ですが)

やった!と大声をあげて喜んでいる姿を見て、一安心しました。

インスタグラムでは、パンサーテニスクラブの同期の女性から、これから孫とテニスねとコメントがきて、

そう、子供とダブルスではなく、孫とダブルスを狙っていると返しました。

今、4歳(上の孫)ですので、試合に出られるまでは、まだ数年かかりますが、私もレベルを落とさないよう、頑張らないと!

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 08:10 | コメントは受け付けていません。

仲間が優勝!(再掲)

(ブログの調子が悪く再掲します。重複したら失礼!)
先日の社労士テニス同好会の直前、予定メンバーから、右手を痛めたので、急遽、欠席しますという連絡がきました。

で、どうしたのかなと思っていましたが、その前の週の試合では優勝したと聞きました。

この方、私と同じテニススクールの姉妹校に通っている方で、その姉妹校のビギナーズダブルス大会で、優勝してました。
(姉妹校のホームページに掲載)

この姉妹校への紹介は私が行ったのですが、最近、かなり強くなったなと感じていました。(上から目線で失礼!)

ビギナーズ大会とはいえ、結構レベルは高く、また、どんな大会でも優勝というのは大変です。

なお、私も数年前、スクールのレベル別大会のエキスパート部で優勝しています!

この方は今回は欠席でしたので、次回の対戦を楽しみにしています。

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 08:01 | コメントは受け付けていません。

努力は必ず報われる、とは限らない

池江さんの白血病からのカムバック、そして、日本選手権の優勝と、感動をもらいました。

その優勝インタビューで、「努力は必ず報われる」と、頑張る人へのエールにもなる、これまた感動する言葉でした。

で、水をさすようで恐縮ですが、この言葉を聞くたびに、この裏に、努力をしても報われない人が大勢いると思ってしまいます。

テニスでいえば、トーナメントで優勝するために皆努力するのですが、優勝は1人だけで、その他の方は、負けてしまいます。

まあ、優勝しなくても、参加するだけでいい、ベスト8でもいいという人もいるかと思いますが、ほとんどは、やはり勝ちたいと思って努力すると思います。

スポーツ以外でも受験時期が終わりましたが、誰でも第一志望に合格できるわけではなく、第二志望、第三志望に入学する人が出てきます。

私もテニスで優勝した経験は何回かありますが、その何十倍も負けています。大学も当時は第一志望不合格で学習院大学へ入学(結果、良かったですが)、
資格試験では、社労士は1年で合格しましたが、その後、2年かけて挑んだ司法試験は短答式さえ合格できませんでした。

私は、子供に言ったのは、努力しなければだめ、でも努力しても必ずしも達成できるとは限らない、でも、それは決して無駄にならず、必ず、いつか、別の形で報われると!

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 08:22 | コメントは受け付けていません。

追悼!青大将!

田中邦衛さんの訃報が流れ、主に過去の作品としては、「北の国から」が出ていますが、

私にとっては、若大将シリーズでの青大将の印象が強いです。

若大将の映画は、小学生のころ、怪獣映画との二本立てで、ついでに見た記憶なのですが、

その後、大学1年のとき、若大将のリバイバルがあり、毎週のようにオールナイトで映画を見、大学、スポーツ、女子等々感化され、GSSパンサーテニスクラブを創設する1つのきっかけにもなりました。

主人公は加山雄三の田沼、ヒロインは星由里子の澄ちゃんでしたが、田中邦衛の青大将の石山が何とも言えない味を出していました。

数年前に星さんが亡くなり、今回、田中さんも亡くなり、若大将シリーズの大ファンとして、寂しい限りです!

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 21:55 | コメントは受け付けていません。

4月からの状況

公営テニスコートの状況です。

前回、緊急事態宣言解除直後では、佐倉市と市川市は全面解除。

千葉市はナイター制限。

八街市は閉鎖という状況でしたが、4月からは、八街市も全面解除となりました。

八街市も再開、良かった!良かった!

これで、全面解除となったのですが、

ただ、千葉市だけは、4月21日まで、ナイター制限継続とのことで、またまた対応が分かれましたね。

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 07:52 | コメントは受け付けていません。

STOP!教え魔!

先日、見たボーリング場の張り紙。

全国のボーリング場で一番困っているのが、お客がお客をコーチする「コーチ魔」で、これがきっかけで、ボーリングをやめてしまう人も出ていると。

oiema

スポーツの教え魔だと、ゴルフ練習場が多いと聞いていましたが、ボーリング場でもあるんですね!

さらに、ボーリング場は、レーンが分かれていて、その隣のレーンの人からコーチされたら、戸惑いますね。

さて、テニスでの「教え魔」は、如何に?

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 08:09 | コメントは受け付けていません。