月別アーカイブ: 2014年9月

またまた学習院大学へ行ってきました

先日、またまた学習院大学へ行ってきました。

最近特に感じるのですが、何回行っても、母校へ行くと、その瞬間、時間が戻ります。

今回も、テニスコート、そして、ホジン会館と見て、昔の談話室を思い出しました。私は、大学時代、談話室の主と言われたほど、朝のモーニングコーヒーから、テニスの練習がある時間まで、ほぼ入り浸っていました。今みたいに、ネットやメールがありませんし、同好会で部室もないので、GSSパンサーの学習院メンバーの連絡役も兼ねていました。

その他、いろいろと見ていると、4大学(学習院、成蹊、成城、武蔵でスポーツ等を行うもの)のTシャツのポスターが目にとまりました。これもまだ続いていたのかと感慨にふけっていました。

さらにさらに、学習院内ではありませんが、あのテニスショップがあるのかなと、目白駅から昔の記憶をたどりながら、探すと、ありました。

テニスショップ「ジャヌー」です。う~ん、なつかしい。私のお世話になっていたころは、男性の店員(もちろん年上)でしたが、店の外から伺うと、女性の店員らしき人がいましたが、まあ、35年ぶり以上なので、店に入るには止めておきました。

常にテニスラケットを持ちながら、過ごしていた、学習院大学・GSSパンサーテニスクラブ時代に戻ったかのような、なんとも言えない気持ちになりながらも、すぐに現実にもどり、次のところへ移動していきました。

 

カテゴリー: GSSパンサー | 投稿者レオ 18:52 | コメントをどうぞ

アンダーサーブとマイケルチャン

先日のテニススクールでの試合。5オールから最後(6ゲーム先取)にきた私のサーブで、緊張からダブルフォールトを連発し、最終手段として、アンダーサーブを打ち、結果勝利しましたが。

かなり引きずりました。テニス歴40年で、公式試合(今回が公式かは?ですが、練習ではなく、かなり勝負にこだわる意味)で、アンダサーブを打つのは、たぶん、20年ぶり以上です。

そうしたとき、たまたま目にしたのが、今や日本テニス界(いや日本)の時の人である、錦織選手のコーチである、マイケルチャン。

マイケルチャンの現役時代の動画も結構、放映されていましたが、全仏オープンを優勝したときの、イワンレンドルとの試合です。途中、体力を使い果たした、チャンが、あのレンドルに対し、アンダサーブを打ち、そして、マッチポイントは、レンドルがダブルフォールトをおかしてチャンが勝ったものです。

これを見て、かなり救われました。もちろん、かなりをサーブをアンダーでは話になりませんが、絶対、ダブルフォールトできない場面で、意表をつく、アンダーサーブは、そんなに落ち込むべきものではないと。

最終手段でもっておき、普段の練習、試合では、もちろん普通のサーブでいきますが!

 

 

 

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 19:08 | コメントをどうぞ

学習院大学へ行ってきました

前回はいつ行ったか覚えていない位、久々ですが、今日、母校の学習院大学へ行ってきました(業務の一環です)。

すらやましいことに、大学はまだ夏休み中で、最寄駅の目白駅には学生らしき数もさほどなかったのですが、校内に入ると、グランドにはかなりの学生がいて、さらに、その横のテニスコートにも学生がいました。(この段階で、胸がときめきました!)

10分位時間があったので、テニスコート(体育会テニス部のコート)の様子を見ていると、練習ではなく、真剣試合の雰囲気。

女子学生だけでしたが、スコアボードを見ると、学習院大学と日本体育大学と掲示されていました。たぶんリーグ戦と思いましたが、聞く人もいなく、どちらが学習院大学の選手かも分からなかったのですが。

試合を終えたのか、控えかはわかりませんが、なんと見た覚えのある顔(>_<)?が歩いてきます。

もちろん直接の知り合いではありませんでしたが、ユーチューブの学習院大学テニス部紹介に出てくる、いかにも元気な女子学生でした。私が最近テニスの試合の前は、このユーチューブ(音楽も元気が出るもの)を見て、モチベーションを上げてから、試合に臨むもので、とても初対面とは思えませんでした。もちろん、声などかけていません(相手からすれば、見知らぬ変なオジサン!)が。

試合の方は、女子シングルスでしたが、サーブがきれいなフォームで、しっかりと打っていて、最近のサーブ不調の私には、勉強になりました。

時間がきたので、テニスコートを離れ、業務後、帰りにまたテニスコートの横を通りましたが、残念ながら、試合は終わっていたようです。

体育会と同好会と違うとはいえ、久々に、母校でのテニスを見て、すごく感激した1日でした!

 

 

カテゴリー: 日記 | 投稿者レオ 20:23 | コメントをどうぞ

久々の試合の緊張感と結果その2

日曜日のスクールの試合で、予選リーグ敗退し、敗退者順位別リーグに回りましたが、いずれも予選リーグで敗退したペアなので、実力的には、拮抗していました。

最初の試合は、一進一退ながらも、常にややリードで進みましたが、途中で、相手の大応援団が来て、黄色い声等が出てから、意識しないと思いながらも、どうしても意識してしまい、ついに、5-5まで追いあがられてしまいました(試合は6ゲーム先取)。

ここで、なんと、私にサーブが回ってきて、本当は、ダブスルであれば、5-5の最終ゲームがサーブであれば、ラッキーなのでしょうが、最近かなり練習してきたといえ、一番、自信がないのは、サーブで、すごい緊張感がはしりました。

そして、ダブルフォールト2連続。

もう、駄目です。腕が縮こまる(10年以上経験してないレベルの)で、まともにサーブのスィングが出来ない。そして、次のファーストサーを打つと、無情にもファールト。頭真っ白です。

それでも少しは冷静になり、相手ペアに比べると、人数が少なく、静かな応援ですが、いつもの仲間の応援団の方を見て、決めました。

アンダーサーブです。いちよう相手に下から打つと、ジェスチァーした上で、慎重に(ここでダブルと立ち直れないので)打って、ストローク勝負に持ち込みーーー

結果、勝ち切りました!

続いて、次の試合。こちらもやや先行しながらも追いつかれ、4-4となってしまい、また私のサーブに。

先の試合が脳裏に出てくると、悪夢のように、ダブルフォールト。追い上げられて、5-4と相手に先行されたら、逆転負けと思い、ここでも、アンダーサーブにしたところ、あっさり、ゲームを取れてしまいました。

予選リーグでは、一度もダブルフォールトがなかった(予選リーグでは拮抗しなかったこともありますが)のにと思いながらも、アンダーサーブで、順位別リーグでは、1位でしたので、結果オーライを言い聞かせて、帰宅しました。

で、このブログを書いている、今は、もちろん、サーブの見直しと練習です。早く、土曜日が来ないかな!

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 20:57 | コメントをどうぞ

久々の試合の緊張感と結果その1

昨日は、今年初めての試合、スクールのチャンピョンを決める試合でした。今年初めてと言っても、毎年出ている、社労士会テニス大会や社内テニス大会は、半分、レクリエーション的要素もあり、真剣な試合は、前回のスクールのこの大会で、3~4年ぶり。

で、まずは結果、最初は予選リーグで順位決め、次にそのリーグの順位のペアが集まって、順位別リーグという形式。(予選リーグはシードもあり、もちろん、シードはされず)

参加者が予定より少なく、予選リーグは2試合で、残念ながら、2敗。ストロークとボレーは差を感じなかったのですが、サーブレシーブで圧倒的な差がありました。

相手のサーブのスピード、コース、回転がよく、普段のレシーブが出来ない。スライス系のレシーブをしても、ラケットが弾かれてしまい、最悪、1ゲームで、3本のレシーブがネットを超えないという情けないことも。

であれば、こちらのサーブと思いきや、ファーストが入ると、次のボレーへつなぎ、ポイントを取れましたが、セカンドになると、いいように打ちこまれるで、ボレーやストローク勝負に行く前に、決着がつき、自分のテニスをさせてもらえませんでした。

残念ながら、力の差を感じさせられた、予選リーグでした。

順位別リーグは、次のブログで。

カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 23:04 | コメントをどうぞ