全米女子ゴルフ 畑岡猛追して並ぶもPOで脱落 テニスウイン始まる

月曜日 曇り

台風沖縄から東シナ海を通り明日は九州に接近して日本海へと行くという。

おとなしくしているんだけれど、肩の調子は一喜一憂。立ち上がり腕を真下におろして真横に上げようとすると45度も行かないうちに鋭い痛みが発生する。ここも悪いんだと落胆。テレビにユウチューブを呼び出し、テニスで肩が痛いとか腕が上がらないとか、ゴリゴリ、ぽきぽき音がするとか呼びかけると整体師が次から次へと現れてから一生懸命の説明がある。ずっと見ていると確かに役に立ちそうなものがいくつかった。

「腕を上げるとき痛い」テーピングの仕方というのもあって、今日はそれをほどこしてからコートに出かけてみた。壁打ちでフォアーの両手打ちはやめてバックの両手打ちのみ練習。あとでバックだけのストロークの練習をした腕の痛みは少ない、加減しえやっているには違いないが。

メジャーの大会、全米女子ゴルフ選手権、2週連続畑岡奈紗の活躍を期待してwowowしていた。初日はマズマズ、二日目、三日目とズルズル後退、ツーアンダーで最終日を迎えてトップとの差は10打近くにガッカリして最終日の録画は止めた。

テニスから戻りテレビの前に座るとあーちゃんが2階から降りてきて畑岡がプレーオフで負けたらしいと言うからビックリした。ぼくはファンの資格無いなと思いながら録画の確認してみたがあるはずもない。再放送があるはずだとwowowすると6時から二時間のダイジェスト版が用意されてホッとした。

最終日はツーアンダーの20位前後だったと思う。首位は11アンダー?、畑岡はツーイーグルを含めてスコアーをテンアンダーとスコアーを伸ばして一足早く終わっていた。上位韓国の二人は12アンダーと10アンダー、優勝確実だと思えし韓国の選手17番で池ポチャで3人10アンダーのプレーオフ。

残念ながら畑岡は1ホール目で脱落して、韓国同士の争いは若手のパクソンヒョンが優勝を飾っていた。


カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:12 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">