月別アーカイブ: 2016年2月

盆梅祭

大府で盆梅祭を開催しています。
14日午後3時まで。

いわゆる盆栽、梅シリーズなんですが、大きな梅が良く大きな古いお家の大きな庭に見受けられるじゃないですか。道から、見上げる感じで。
それをある意味、見下ろす、あるいは肩を並べて眺めるチャンスです。しかも、気高い香りをそばで体感できるチャンスです。毎年恒例の行事の中でも、とても好きです。

梅だけではなく、丹精こめて育てた方の話を聞くチャンスでもあります。
昨日は、目の前にある梅が、150年盆栽のままあるということ。
枝ぶりに一つアクセントのある梅が不思議で、そのことを母と話題にしていたところ、毎日少しづつ矯めて矯めていくとのこと、自分より年若い人間が自分の枝ぶりをいろいろ工夫しているのを梅の精が存在するとしたら、どう感じているのだろうか?と変な想像をしてしまいました。
例えば、フェデラーのような優れた方と、そのコーチ、みたいな感じでしょうか。
自分の矯正に、心の中で怖れ(かえって悪い方向に向かってしまわないか)を抱きながら、きっちり指導しなくてはいけません。フェデラーは、ある程度完成しているけれど、金の卵を発見してしまったコーチがいたら、大変でしょうね。

また、もう一つの話。
150年を超える盆栽の梅は、その長命故に、一人の愛好家だけでお世話しているわけではないのだそうです。なるほどね、と頭では分かります。
ご老人が言いました。
「大事にして、大事に共に生きて、いざ自分は、いよいよ?と感じてしまうと、
その梅を譲るのです。」と。
「この梅も、自分が先人より譲り受けた梅なのです。」と。
大きな歴史の片隅で、梅の小さな盆栽の、小さな歴史。
でも、貴い歴史。
人間なんて、ちっぽけだなぁとも思います。が、若い学生さんが、もし倒れそうに死にそうになっていたら、会場にいたご老人も皆、その貴重な盆栽の梅を投げうってでも、その学生さんを助けるようです。
梅は、貴重ですが、枝を間違えて落としてしまうこともある、それこそ損なうこともあるそうです。惜しむけれど、でも、まだ梅はかけがえがあります。
人は一人ひとり、かけがえがないのです。

他の人類が何億人生きていこうと、あなたも私も一人ひとり貴重です。
梅に頭を垂れても、梅の素晴らしい姿に圧倒されても、私はこのちっぽけでダメダメなブリ婆の存在で、その存在の続く限りでは、精一杯頑張りたいと思います。
(ある意味、長く譲り譲られる、存在でなくて、)お気楽な存在で良かった*\(^o^)/*。

今週は、雨やら祝日やらでテニスできなかったので、今日は少し自主練習してきます♪
頑張りますo(^_^)o。

カテゴリー: 日常 | 投稿者ブリ婆 | コメントは受け付けていません。

終活?

お久しぶり、な投稿で。タイトルがこんなんで全くテニスブログじゃないですが。

終活の前準備を始めようかと考えています。

ここ数日、病院の検査を受けていました。もちろん、その合間にテニスは休まずに参加してました。
MRIを、肝臓の腫瘤が良性だろうの確認の為に受けていたはずが、すい臓に一つ腫瘤が新たに見つかりました(>_<)。10月には映っていなかったとしたら、10月下旬以降に発生したことになります。
やはり、週二回新幹線日帰り出張は身体にこたえたのかもしれません(u_u)。急に発生し、急成長をしたならば、それはまさしくガンの王さまと言われるすい臓ガンに他なりません。
テニスでは、鳴かず飛ばずのブリ婆が、死に至る病いでのフェデラー扱いです(^◇^;)。
ただ、最近の血液検査の結果はすこぶる良好です(取り違えでなければ)。
というわけで、ただ今経過観察の身、次回検査は5月末です。
ドキドキですね!今、大きさが、あと3ミリ位でマッチポイントの状態です。

とりあえず、来年の全レ予選の時はこの世にいないとしたら、今年の予選は何がなんでも見ずには終えられないので、万一手術などするのであれば、今年の9月は上手に避けなければなりません。
一番に考えてしまったのが、これでした。
自分の好きを優先して家族には申し訳ないなと思います。ちなみにすい臓ガンは、手術も諦められることも多いので、切らずに好きなことは全部やりなさいと言っていただける可能性もあります。

親世代があと3人残っており、その世話をして見送るはずが、先に退場するとしたならば申し訳ないです。が、ガン確定の暁に先に殺しちゃう☆わけには参りません、何とか残った人は残った人同士仲良く頑張って貰いましょう。
今、自分が気をつけることは何もないそうなのですが、とりあえずガン化しないように、すい臓に負担をかけないようにします。(方法が良くわかりませんが)

さて、いつまで好きなテニスが出来るのだろうかと思いながら、開き直ってみれば、練習会での勝率、格段に上がりました*\(^o^)/*。
一つ一つのミスにぶーたれる暇も余裕も残っていないのかもしれません。そう思ってみればかなり前向きです。
が、まぁ、それでもミスが格段に減るってことは起こりませんでしたね。当たり前ですね。

娘まりむ☆は、全然心配もしてくれず、相変わらずの憎たらしい口のききようです。まぁ、今はまだ自覚症状がないのですから、仕方ありません。

終活の前準備としては、まず日頃苦手としている物の片付けですかね〜。いつかは読もうと思っていた本、再度痩せたら着てみようと思っていた服は処分かな?でも、ガン化すれば、痩せるはずですから、着れるかも。うふふ。
3月の初心者大会、診断前でしたし、出てくださる方がいたのでエントリーしています。
5月がもしかしたら、最後になるかもしれません。これも出るつもりです、今のところ。
良性のまま、相変わらずのテニス、相変わらずの小肥りの婆として長生きしてしまう可能性もあります。その時には、やはりフェデラー格にはなれなかったのだと思い、頑張って下手クソテニスを続けていきます。個性的?な3人の親もしっかり見送ります。

ボールも、ライン内に収めるつもりで打って、でもはみ出しちゃうこともありますよね。つまらない時にラインを割ることはしたくはないけど、打ちたい、打つべき?時もありますよね。
ガッカリかそうじゃないか。良性か悪性か、まさにライン際、どっちになるかわからない時に、引っ込み思案になるより、淡々と。するべきことをして。準備をして。でも、もちろん、良い結果につながるように努力はします。

さあ、頑張りますo(^_^)o。

カテゴリー: 健康(ケガ・膵のう包?) | 投稿者ブリ婆 | コメントは受け付けていません。