真央さんショックが…

お久しぶりです、ブリ婆です。
ずっと放置していました、スペースを貸していただいてるサイトさまにはすみません。
そろそろだあれも読んでいないだろうから、お客さまには謝らなくていいかな、なんちゃって(^.^)。
まぁ、もしも万一読んでくださってる方がいたら、そして最新バージョンを読みに来て空振りした方がいらしてたら、誠に申し訳ありませんでしたm(_ _)m。

12月後半は良き嫁をやっていました、それとプチ介護ですねー、大したコトはしていませんが、病院の付き添いとか増えました。2月は自分の検査があり、チョットだけ腫瘍ちゃんは大きくなっておりました。今から次の8月の検査が心配ではあります。そこでエライことになっていたら、今年の全レ予選が危うくなってしまいます。
でもでも、今迄見て来た、すっごいプレイとか心に蓄積されておりますから、まぁワガママを我慢できる私でいたいです。
標題にさせていただきました、浅田真央さん!
すごくファンだったはずではないのですが、今週TVを見るたびに泣けてきます。あの、ソチのフリー流れるたびに、スタンディングオベーションしてしまいます。前夜、真央さんがご無事か心配で寝られませんでした。あんなに頑張っていたのにSP失敗して、どれだけツライかと思うと…。
自分が、普段から泣き虫の言い訳人間なので、ボレーミスとかするたびにゴメンゴメンとうるさいのです。

「やるしかないと思った。」
かっこいいですね、そしてできるのですから。

努力する天才、って、言われてました。

私は、常に頑張ります♪、なんて締めくくりに書いてますが、
最近テニスの努力、怠っています。
1人練習に限界があることもありますが、少しラリーが続くようになっていい気になっていました。リターンも良くなり、取れるようになってきたo(^▽^)oとか言っちゃってました。

最近、リターンの次のショットが甘すぎてやられてます。
あと、変に欲を出て、勝手に前に出ようとかして、体全体で後衛(サーバー)さんに向き過ぎ、もうバレバレのクロスがポーチにかかるわ、漫然とした球を浅めのアングルに強打され、決められてしまいます。体がクロス方向に向かって行きすぎていて、いきなりフォア側に飛んでくるとラケットに当てることさえできず、惨めに終わります。
サービスが下手くそなのでリターンゲームに重点置いていたのに、これではただのやられ役です。

ハイ、3月は忙しくて諦めましたが、また試合に出るのです。
また、やられるために出るのです。ああ、悲しい。
私より下手な人ばかり、エントリーしていますように!

ではないですよね、真央さんのライバルがみんなコケちゃったら良いのに〜と思ったこともないわけではありませんが。試合デビューしたばかりの人に勝っても嬉しさはやはり少ないです。

そう以前書いた、ペプシコーラのCMの名言。
自分より強いヤツに勝て

ですよね。昇級を周囲の方が期待してくれて、わぁ緊張するな、とずっと思ってましたが、自分はそんなに昇級を望んでいるわけではなくて、強い人がどんどん昇級すればいいや、て感じです。
でも、今回はチョットだけ違います!

勝ちたい!正々堂々と勝ちたい!
ミスもするけど、負けてもいいけど勝ちたい!
あ、なんか変な表現ですね、
あの真央さんのソチのフリー!の感じです。
ショートの点を無関係にするならばダントツ一位の得点だそうですね、
それほどやりきった、最高を出し切った、だからスケート良くわからないのに感動してしまいます。

出し切った、アレなら文句なし!と思えるように自分から積極的なテニスをしたいです。
どちらかと言うと、
「リターン返したぞ、ああ良かった、次の球は何だろう?取れるといいなぁ。」という受け身な感じでいました。以前の方が、ここでロブ打ったらどうかなぁと工夫していました。
トライアンドエラーしていました。

次はこうだ〜〜ッ!てコンセプト何もなしに、ただ打ち返している現状では、勝ちたいとか、言えないですよね。
勝つ、だから、次どこに打つ?ここか?とトライしたいです。

勝つために打つ!だから、私の方へ打ってこい!
と言えるだけの自分になれるように練習します。
1か月後、試合に出られる幸せを感じてます。
頑張りますo(^▽^)o

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ブリ婆 20:50 | コメントをどうぞ

またまたボロ負け報告です!

今年も残りわずか。何とか無事に来年を迎えましょう!

身体は、おかげさまでまだまだ動きます(^ ^)。

今年の検査はすべて終わり、2月の大きな検査の前までは、嫌なことは忘れていたいです。

今年秋の試合も楽しく参加しました。

2試合勝てれば、昇級出来たらしいのですが、残念ながら2試合目に優勝ペアと対戦し、2-6で負けてしまいました。毎年、一位か二位のペアと当たる人間なので、ファイナリストになれる実力がないと昇級は出来ないかもしれません。周囲の仲間が応援してくれてるのをひしひし感じている身としてはツライのですが、実力不足で昇級しなくて済んでいるのは本当にありがたいことです。

1試合目は、同レベルの方々で、リードしながらも心は決して落ち着かず、振り回されて必死に拾い、何とか勝ち切ったという感じです。私たちの勝因!という確たる物はなく、ペアさんと声かけ合って必死に返す!短くなったら前衛に決められたりするのですが、少しでも余裕がある時は後衛に球を送って何とかするのでした。

2試合目は、サーブ練習4本から、すでに顔が青くなりました。
こういう上手い人たちが、まだまだ初心級に残っていたのですね、という感じです。
相手のサーブから試合が始まり、1stポイント、フォアサイドリターンの私は派手に空振りし、隣の相方さんもラケットにこそ球は当たるのですが、なかなかリターンは出来ず、すぐ0-3に。

そこで、どうすれば良いか本当にわからなくて、互いに丁寧に拾おうということしか言えませんでした。
明らかに実力差がある相手にも勝ちたいです。
無理ですか?無謀ですか?でも可能性はゼロではありませんでした。

0-4から1-4になった時は少し嬉しかったです(^ ^)。私の弱いサーブは、やはりキープ出来ず。実は私の弱いサーブは、上手いストローカーの人は意外と打ちにくいらしいのですが、相手ペアは動じることなく(^◇^;)。
ただ、1ゲーム目、1ポイントも取れなかった相手のサーブゲームをブレーク(2巡目に)したのは、偉いと思います(^ ^)/。←手前味噌
ブロックリターンをし、ロブを揚げて、相手ペアをチェンジさせ、何とか球を作って攻めました。
そこで少しリスクはあっても、ロブ、ショートアングル、ストレート、あまり上手くは打てないけど、スライスで低く、と練習時以上に球種を増やして頑張りました。
極論、勝てないなら勝てないで良かった、でも第一試合の相手ペアのように、「このまま、私たちが勝ち切れるかしら?」と感じる位のプレッシャーをかけたかった。
相手がつまらないミスをする位に。ただ相手はずっと笑顔でした。
相方さんが、負けた後、「ずっと相手が余裕がある笑顔で悔しかったなぁ…。」
まぁ、優勝ペアは、その後の準決勝も決勝も、ボロ勝ちでしたから、すごく強かったのですけどね。何か相手のニガテな所を見つけて、相手の勝ちパターンを封じ込めるという作戦も出ず、相手のストロークがすごく良かったから怖くて前まで上がれませんでしたが、ボレーで勝負するチャレンジをしたかった、するべきだったかなぁと思いました。

あと、反省なのは、1試合目は走らされて頑張ったのに、相手ペアはストロークに自信があり、球を無謀に散らすこと無く、正面からの打ち合いで勝負をしていました。私にはコンプレックスがあり、球を散らし過ぎて、サイドアウト、エンドアウトを後半増やしてしまいましたが。
一度とにかく散らすこと無く、打ち合いをしてみたら、ラリーが長くなると、相手が先にネットにかけました。もしかしたら、その打ち合いをもう少しトライしてみたら、良かったかもしれません。

ただ、試合中はそこまで考えられませんでした。最初の3ゲーム、ポイントがほとんど取れなかったので、ハアハア相手を必死で追いかけてる感じでした。

でも、今回、すごく勉強になりました。
ストローク、ボレー、あれだけ自信を持てる位の準備をしてきていたら、自分もコートの隅なんかより、ライン50cm以内で勝負することができたはず。
だから、その準備、そうです、試合で打てる球を!と普段から練習しなくてはいけないと思いました。
あれだけの強いサーブは、私には打てないかもしれません、だから、今後は素直すぎるサーブだけではなく、スライス回転をプラスしたりしたいです。
あと、サービスライン上でのローボレー、たくさん失敗して心が折れていました。
球が来てから慌ててしゃがんだりして、ガシャっと失敗していました。

ハイボレーは、今回数も少なくて、というわけでミス無しでした、拾えるようになって来たなぁ…。1年前に比べたら(^ ^)。
ただ、何を隠そう、それでローボレーが増えていたのかもしれません。
少々下がり過ぎている悪癖が。
まだまだ最適な位置にいてプレイしていないかも。

頑張ります!でも、本当に拾える球が増えて来ました。ようやく、私、テニスが楽しいと心から言えるようになって来ました。次からは拾えるだけではない、返せる人、球を作れる人になりたいです。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ブリ婆 18:28 | コメントは受け付けていません。

最終回まで、まだまだ数回(^^)

お久しぶりです、こんにちは。
8月下旬の再検査。結果を聞いて参りました。
結果は、良かったです*\(^o^)/*。
腫瘍はありまぁす。ですが、急成長してた異常細胞が、何と0.4mmしか大きくなっていない!
その前は17mmから22mmと急激にデカくなっていたのに。
で、次は2ヶ月後に再検査すれば良いことになりました。
でも、ガンの目安が30mmなんで、まぁ、あと8mmのコトなんですが。
いざ悪化してたら、緊急入院させられると思い、全レ全部観られるスケジュールにしておいたので、今年はかなり楽しめました。
(トイレも我慢して観たいほどの試合もあり、来年からは紙オムツを穿いて行こうと思います。)

このまま、異常細胞が大きくならなければ凄くラッキーです。
大きくなってガン化しても、ガンの王様の内臓なので、まぁ切ることなく最後を迎えられるかと。
とりあえず、あと100試合は観戦させていただきたいものです。

さて。今年は、
いわゆる《台形ラリー》と、《前後の動き》をテーマに観戦していました。
《台形ラリー》
後衛がロブを上げて、相手側がチェンジして、前衛同士が向かい合わせ、後衛同士が向かい合わせの、コート内に4名が台形の形でポジションとっている形で攻防するヤツです。

今までの自分の経験からはなかった、台形ラリーへのもっていき方(ロブを上げてではなく、普通のラリーでも)、相手の悩ませ方(何と後衛がセンターに位置していたり)←ストレートを空けてわざと誘ってる?、とかいろいろ参考になりました。
でも、自分たちレベルでは、ぜんぜん応用出来なさそうです、難しすぎてorz。

まず、あんなにカバー出来ないです。
後衛のカバー力!今年はまず、そこに感動!
〔良く拾う!だけでなく、良いところに返せる技術〕

いつも走らされて不満ばかりでしたが、アレを取りにいくよい練習をさせていただいてます。
台形から、クロスラリーに戻る、或いは並行陣同士のラリーに変更する(自分達が)、相手側がいきなり陣形変えた時の対応、テンポ良く出来る方々、本当に素晴らしいです。
あと、台形ラリーでの、前衛の泣き所、「相手側にショートクロスを抜かれる」への対応。
そして、抜く側のショートクロス(アングルスピン)、あんな所に決めるなんて、鬼か神かと思いました。
《前後の動き》
もう、この方がピカイチだろうと思う人がいるので、その方をメインに観てました(^^)。
「かなり、広範囲から、スマッシュを打てる」
決めだけではない、きちんとしたつなぎにもなる高い球の処理。返球したあとの、短い球、低い球への対応。また、(ココは良く分かりませんでしたから次回以降の課題ですが、)返球箇所の選択の良さ。

二つ挙げてみましたが、コレ最近コーチに言われてることです。
「皆さん、だいぶ打てて拾えるようになって来ましたから、どこに返すかどう返すか考えてみましょう。ピンチもあり、チャンスもある中で、自分のペアはどこにいて、二人で次の球への対応がし易いかどうか。相手はあそこにいたはずだから、取りにいかせよう、取りにくいところへ打とう!と考えてみることを目標にしましょう。」
でも、ぜんぜん出来ません。やろうとして逆にパクパクしたまま、あっちゃこっちゃ。

やろうとして、余計グチャグチャになっています。

でも、良いお手本を沢山見せていただいたので、マネ出来るよう頑張ります!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ブリ婆 17:13 | コメントは受け付けていません。

最終回の2つ前くらいからが面白い!

はい、ドラマの話です。

テレビドラマを観るのがけっこう好きなんですが、面白そうと思っても全部観られるほどの暇人でもなく。幾つかのドラマは、最終回だけ観ようとか、その1回前くらいから観たりします。
二つくらい前から、様々な謎とか伏線とか拡げてくれるのが、なかなかのツボ(^^)。

え?あの人、主人公の味方じやなかったの??とか。
え?そこで其奴が恋愛対象第一候補になっちゃうわけですか?とか。

逆に最終回だけしか観られなかったドラマで、シリアスなのに思わず笑ったのがあって。
どうやらかなり拡げてしまったらしく。
ドタバタと伏線を回収していくのが面白すぎて。
泣くに泣けない。そっか〜〜、アンタそういうキャラやったのか。それならそうと、もっと普通の行動とれたはず。よほどタイミング悪いヤツだったんだろう…。とひとしきり笑ったあと。

いつもの自分に喝を!

タイミング悪いわ、なんかセオリー解らずあさってに打つわと、ドタバタな私です。

今日も雨に祟られて、9月までテニスの練習ないのですが、次からはもうちょっとマシな行動を!
後衛さんが「フォローしやすいわ♡」と思える前衛。
前衛さんが「球を作ってくれているのね♡」と思える後衛。

まぁ、理想を挙げたら、まずはそこです。でも、最近少しマシになり、コーチの教えてくれた通りに、
下がっている後衛さんの前に短いボレーを決めたり。逆に並行陣の間を少し速くて低いけど少し長めの(自分でも微妙な)ボレーを打って抜いたりが出来るようになりましたo(^▽^)o。技術が乏しく、精度はイマイチだけど、そちらを狙おうと行動してみると、今まで、ただやられっ放しで面白くなかったラリーも、緊張感出てきて楽しいです。自分でも一生懸命に食らいついている、テニス頑張ってる感が出てきて、先輩達だって、ふだん簡単にポイント取れた面白さから、なんかジタバタ抵抗する楽しいオモチャ位の面白さに変化して楽しんでくれているといいなぁと思っています。

コーチに叱られる回数が、めちゃ減りました(わぁい)。

運動神経の無い、すぐ凹んでヘタレる私をここまで普通の初心者にしてくれて、本当に感謝です。

で、まぁこれからも精一杯やります。やるつもりです。

が、まぁ、検査結果が悪くてですね、8月下旬に再検査です。
というわけで、今年の全レ予選観戦は、いつも以上に真剣に観たいです。
寿命が短いかもしれないというのはショックです。
あと1000回以上、女子ダブルスの試合を観られると思って生きていました。でも、あと100回より少ないかもしれません。そういうショックです。

やれることはやり、楽しい人生を送ってきています。そして、まだまだ症状が出てないから、元気です。
ドラマもそうですが、命も終わりがあります。ふだん忘れているだけで。
最終回より一つか二つ前くらいの所に立っているのかなぁと思うと、きちんとしなくてはいけないなって思ったり。とりあえず、色んな物処分しなくては。←拡げてしまったゴミ屋敷状態の回収を。

そう思ってるんですが、スマホゲームも相変わらず面白くてイケマセン(^◇^;)。
ポケモンGOも流行りですが。
何がスマホゲームの良さかというと、すぐに興奮と達成感がお手軽に味わうことが出来るところです。
リアルは、ツライじゃないですか。
頑張っても報われるとは限らないじゃないですか。
親は簡単に勉強しろと言いますが、高校生くらいのレベルになると、めちゃ覚えることが多いし、覚える前に理解もしなくてはならないし、無闇に暗記しても、そう上手く知識は定着してくれないです。
ウチのまりむ☆なんて、早々と諦めたクチですよ。(勉強出来なくて高い給料もらえなくていい、と。)
だから、勉強をじっくりして頑張るより、ゲームの達人になる方が、まだ楽なんです。
一番良いのは、ゲームでも勉強でも、出来るまでちゃんとやるってことです。
(きちんと両立している人もいますから)

あとは、本当に、「寂しい」んです。

ゲームしてクリアするとね、誰かが褒めてくれている気になれるんです。

でも、最近そのお手軽なインスタントな達成感、褒められてる高揚感に慣れてしまい、短気になってきた気がします。私も若いゲーム好き達も。

今日だって、雨でテニスが出来ないとムクレてました。だから、さっき資源ゴミかき集めて集配所に持って行きました。お仕事とはいえ、オジさんが雨の中頑張ってくれています。
そう、私はいつも守られてきて、それでも寂しくて、ワガママに生きてきました。

あと最終回まで、まだまだブータレるし、ゲームの敵に瞬殺されてブチキレると思いますが、せっかくこの世界に生まれてきたから、紆余曲折頑張りますo(^▽^)o。
ここから最終回までが、めっちゃんこ見どころなんですからね!
(ただ、一応没後は遺族にブログとか閉鎖してもらうつもりです)

ワンポイントアドバイス: 内臓を傷めないためには、腹八分目!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ブリ婆 13:03 | コメントは受け付けていません。

基礎が大事!

梅雨ですね、テニス出来る日に限って雨が降るような気がします。
が、雨の猛威、風の被害に直面なさっていた方々に比べれば、ぜいたくなワガママなど言えません。

やれること、例えばイメージトレーニングをしたりすれば良いのです。が、昨日はスマホゲームの難所を攻略するために半日近く無駄にしていました(汗)。他にやりたいこともあったので、最後の方は惜しいところまで行っては全滅して半ばキレながら……。クリアした時には達成感を味わうものの、難しいこと、運のないことに簡単にキレる自分に呆れた気持ちの方が多く、スッキリした気持ちを持てませんでした。

私は、気分転換をしようとして、何をやってるんだろう_| ̄|○。

さて、少し前のことを思い出して書きます。

5月中旬に、(ファンながら)レジェンドさんの負ける所が見たい。だなんて書いてしまいましたが。
現実になった時は、その《負け》という結果はやはり残念でした。ただ、本当に【最高のもの】を観ることが出来ました。本当に行って良かった。……実は、その日に検査結果を聞きに行かなきゃならなかったのですが。たぶん大丈夫なはずだし、ダメならダメで、死にいたる病気なら、そのうち観戦出来ないはずです、この試合こそは観戦しなければ後悔します。で、観戦を優先しました。相手ペアさんも元々から大好きな方のペアで、どちらが勝とうが負けようが、いずれにしても嬉しくて悲しい、という結果になるわけです。

どちらがより多く好きかと言えば、たぶんレジェンドさんです。歳とってからテニスを始めたので、身体能力と若さと技術満載のパーフェクト新女王よりも。
ボレーが上手で多彩なレジェンドさんに憧れを抱きます。

レジェンドさんの勝ち上がり試合は、いつものように磐石でした。無理のない体勢で、準備も整って完成したボレーを打っていたら敵無し、です。
そう、今迄感じていたのですが、

あのレジェンドさんや、ボレー上手な方々は、ジタバタさせられて、無理な体勢でボレーを打たされたら、やはりミスするのだろうか?
いつも勝ってばかりいて、最初からリードして気持ち良くボレーしているけど、リードされていて後がない状態で、無理をして(どちらかと言えば、成功確率が低いのに、敢えて)ボレーにいったら、やはりミスするのだろうか?
負けから、逆転勝ちを狙いに行く時は、冷静だろうか?どんな策をとるのか?

そういう疑問を持っていたので、レジェンドさん負けそうな試合というのが見たかったのです。

今回、全ての疑問が解消されたわけではありません。今後の課題です。
特に、1ゲームだけ獲得してから、追いかけていく時は凄かったなぁ*\(^o^)/*だなんて、本当に素人でスミマセン。
私は先日、1ゲームしか取れずに負けて、途中でも相方さんがガチガチになっていても、なんの引き上げ策も思いつかず。(内心、今日も修行して帰れればいいや!と)
レジェンドさんの態度は立派でした。大注目の中で、プライドもあるはずで、昔は負けなかった相手ペアに打ち込まれて。十分な体勢に戻る時にはもう球が来てます。
でも、オーソドックスな手法で作戦変更して(ココは詳しく書きません)、慌てず騒がず、少し相手にも無理な体勢で打たせてみる。(相手が今年はめちゃスキル上がってるので、一度簡単に返されたら、更にちょっと先を)これは、感激でした。初心者な私は、慌てて、より厳しい所を狙おうとして大概エンドアウトサイドアウトを量産します。←しかも、試合中は、必死で攻めてるつもり。早くポイントが欲しくて、早くラクになりたくて、がンガンやってるつもり。

一度、賭けに出たショットが白帯に当たって跳ね返ってきたのが残念だったのと、ハイボレーを下がりきれずに打とうとしたミス、これまでのレジェンドさんにはなかったので、会場がどよめきました。

しかし、よくもまあ、相手ペアがあと1ゲームで勝利になった状況で、よくジワジワと追えるなぁ、と思い、レジェンドさんの怖さを感じました。最後は、ごめんなさい、実は、新女王ペアを応援しちゃってましたよ(^◇^;)。レジェンドさんのファンなのに……。
だから、余計結果は、結果だけは辛かったです。アソコまでいけたから、逆転勝ちを見たかったです。(相手ペアを応援しちゃっていたけど)うう〜ん、自分のあまのじゃくさに呆れます。

あとは、タイトルにある通り、基礎は大事と痛感しました。
レジェンドさんが、ジタバタさせられている時のボレー、ストロークを見ましたが。
やはり、違います!
私なんか、もう崩れが激しいですが、本当に惜しい!ほぼ及第点なのに、ジャストアウト。なだけ。あの修羅場で、やはりキレイな形。上に書いた二つの時だけ、位がミスらしいミスで。
あとは、本当にほぼ決まりかけたボールを絶妙な所に返して、
また相手ペアも、絶対にエース級の球だけど、返されると覚悟をしていて、良いラリーが続きました。

これこそ、互いにリスペクトしあっての試合なのだと思いました。

私は、普段80点(とりあえず成功)から、0点(ヒョエ〜〜、足が出ないし、なんでそこ?のヨレヨレ泳いだ惨めな空振り)というスキル状態で生きてますが。
基本基礎の動きが身体に入っていけば、もう少し何とかスピードアップした周囲のメンバーともラリーが続けられるようになるはずです。

というわけで、昨夜から、寝る前にラップの芯をラケットのつもりでスローな動きで基礎の素振りっぽいものをしています。(ほぼイメージトレーニングの域ですが、少しでも)

頑張りますo(^▽^)o。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ブリ婆 12:11 | コメントは受け付けていません。

夏に何しようかな?

春が来て嬉しいなと思ったのもつかの間、あっという間に暑くなって来ました。

去年は私がイチ早くダウンし、夏のレッスンを中止させてしまった経緯がありまして。
今年は早々と8月のレッスンはお休みとする決定が(涙)。

火曜も木曜も、です。

全国レディスの選手の皆様はともかく、末端の私たちはとりあえず生きていくことが大事なのであります。
少し解りかけてきて、レッスンが楽しみなのにすごく残念です。
今から8月に気が狂うのではないか心配です(・・;)

プールで水中ウォーキングでもして、脚を鍛えたらどうかと思っています。
あとは、娘のまりむ☆が暇な時に自主練習につきあってもらうかな、と。

さてさて、昨日今日と青空杯の決勝大会でした。
感想は、『愛知はやはり強い人上手い人百花繚乱だわ〜〜o(^▽^)o』ということに尽きます。

ついこの間も書いたけど、せって競って、最後の《際(きわ)》まで到達してしまったら、最終的にどちらのペアがポイントを獲得したか、なんて、もうどうでも良い領域なんだと改めて思いました。

あそこで、ああしたら、良かった。とかたぶんおありになるかもしれませんが。
それは、選択肢が多いからだと思います。

互いに「1,2,3,4,5」位のカードを持ち、交互にカードを出して当てていくゲームみたいな。

Aペアが【3】を選んで裏返しのままテーブルに出す。
Bペアが「Aの出しているカードは【3】!」と当てたら、得点ゲット!みたいな。

私みたいな初心者同士だと、カードの読みが偶然にも当たったとしても、スキルが乏しいので、
「うぇーん、解ってたのにぃ!ラケット出してみたのにぃ!」と神さまをいちいち恨んでたりするのですが(^◇^;)。

スキルは、申し分ない人達のガチな対決なので、ギャラリーは、うへぇとかうわーとかしか言えません。読み合い、せめぎ合いが楽しく、(ソチラの立場には一生なれない身としては)あんなに選択肢があって、あんなに自分自身の思い描いた弾道で計算した球を打ち合えたら、楽しいだろうなぁ〜〜o(^▽^)oなんて、思いました。

自分は3月5月の試合、打ってから「そっちに打とうなんて思っていないのに…orz。」ばかりだったので。

今から9月のレッスン再開までのプランと目標を立てたいです。

候補としては、スライス系。上手なおじさま達がスライスでロングラリーをしているのを良くお見かけしますよね。
ずっと前から気になっていたんです。あそこまでにならなくても良いので、ストロークのスライスを打てるようになりたいです。
今は、緩いセカンドサービスには、少し前に詰めてボレー気味に長く打つ!だけ出来るようになりました。と言っても安定しているのは、フォアのみ。右サイドリターンなので、バックの逆クロスでサーバーに返すのは少しドキドキです。(スライスロブにいきなり変更!みたいなのも出来ると、リターンの選択肢が広がるかな?)

選択肢といえば、以前のホワホワサーブ、捨てちゃっていたけど、そしてリターンサイドに打ちごろのサーブを供給してるけど、

アレ、やはり有り、だなと思います。
「もう、あのブリ婆って人、変な球でイヤ‼︎」と思われても良いから、サーブゲームキープしたいです。(恥ずかしいけど)

ショットの安定プラス選択肢増加!頑張ります。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ブリ婆 18:21 | コメントは受け付けていません。

敗戦報告!

お待たせしました\(^o^)/。

またまた敗戦報告です。2勝しないと決勝大会に出場出来ません。
で、一勝一敗です。
勝った試合のお相手は、すごくお若く4月にテニス始めました。な人達です。6-1でした。
負けた試合のお相手は、ずっと長年にわたり期待されてた方々らしいです。1-6で負けてきました。因みにその新人さん達は、2勝して勝ちあがっていった1位のペアさん達に1-6で負けたと言ってましたから…。

すなわち早い話が、私達と新人さんは同じレベルです、はい。
もう、これは私、テニスやめて良いレベルですo(^▽^)o。ここ数年、無駄にしたかもしれませんね。もし、私に他の才能があったならば、費やした時間がもったいないです。他の才能か…残念ながらそれも無いな。(というわけで、老母には、そんな遊んでばかりいないで働け!と言われておりまして。まぁ本当にどこかで使われる位の人間になりたいです。)

ただ、新人さん達は、私たちに勝ち上がったペアと同じくらいに思える(たぶんお世辞)と言ってました。どちらにも1ゲームしか取れずに負けたという感覚があったのでしょう。

ただ、私たちは、勝ち上がったペアに1ゲームしか取れませんでした。ていうか、その1ゲームがすごく嬉しかったです、それ位ゲームが取れませんでした。

ロブがお上手な方がしばらくロブ。それも弾んで伸びてくるロブと弾んだところで止まるロブ。私はその処理に追われ。いきなりショートクロスに対応できず、ただ振り回されてるだけでした。後半はほぼ拾えたものの、すべて相手のペースでラリーしてるのです。

その間、走りながら《どこに打てばいいのかな?》ばかり考えていて。深い球を送ってはエンドラインを越え。短く打とうとして相手に強打されてました。
相手の球は、うちの前衛さんが、どうしようかなぁ、届かないなぁというところを通過し、後衛も、自分ばかり追いかけてるので、なんか一瞬期待して、すり抜けてくる球への応対が遅れる。

粘らないと、チャンスは来ない、だから頑張っていました。粘って少しサービスラインに行き、相手を寄せてオープンスペースができた、ひょろっとしたロブ、左サイドにいる前衛さんが打たない、ええい、それでは私のハイバックボレーや!(少し自主練習もしていたんです)が、ネット。逆クロスにオープンスペースがあり、その前にうちの前衛さんが振り返り、こちらを見ている、当てちゃったらいかんと、すごいプレッシャーの中、方向は珍しくどんぴしゃり、ただ、足の踏み込みが足りなかったかなぁ。(めちゃ丁寧に追い込んでチャンスを作っただけに、自分でも決めたかったです。)

その一球だけじゃなく、本当にいつもエンドラインギリギリに入るはずのロブが、入ってるつもりでプレイしていると、向こうで相手がアウトと手を上げるので、全くリズムにはのれないし。
(コーチには、いつも50cm手前に落とせと言われているのに)

終わってから、顔見知りの方が褒めてくれました。
「良く拾っていたねー。」と。もちろん、私のレベルでは、それはまさに褒め言葉ですが、反撃が一つもない、一方的なラリー、見ていて楽しいですか?
相手にも本当に悪かったです。向こうもこんな簡単に負けられてしまったら、楽しくないし、練習にもなりませんでした。翌日、決勝大会1試合目で、少しもつれたあと、優勝チームに負けてましたもん。

拾うだけじゃダメです。今回は極力変なことはしないと決めていたので、実はロブならばロブ、最も確率の高い選択肢のみのショットを返すと決めていました。だから、ふだんやってはミスしてる、詰めてヤケクソスライス、とかロブカット(実は出来ません、が走り込んで無理矢理ハイボレーやればなんか近いものが出来るんじやない(^◇^;)とかやりたかったです。
どうせ、こんなにボロ負けならば、やはりトライした方が後悔ないし。

でも、一番良いのは、その《やってみたかったこと》をふだんの練習で怒られながら、準備して、少しでも精度を上げる、もしくは、「そんな訳の解らないことするより、○○した方がいいでしょう?」とアドバイスもらいたいと思います。

今回の収穫は、途中走らされてたものの、意外と走れて体勢がいつもより崩れず、きちんとショットが打てたこと。
フォアハンドはダメでしたが、バックハンドストロークは、スピンがかかっているのを味わえて、かなりコントロールができたことです。
一度思ったより球が伸びてきて少し予定よりフラットに打つ羽目になり、軌道をミスして白帯に当てた他は、アレ?私ほぼ思ったところに球を送れる!と思いました。

あと最大に嬉しかったのは、リズム。短い時間でしたが、小刻みなステップで、球のインパクト直前まで足がパタパタしてる感じ、足決めて1,2のタイミングでラケットの振りも出来、すごく上半身楽にスイングをしました!

ただ、ごめんなさい、それはまさにナイスショットになるはずが…。ベストタイミングを選べる、合わせるリズム感がない悲しさ、ミスとは言わないものの、特に大したボールではなかったと思います。
でも、あ!これかな?と感じました。
基礎ですぐ出来てしまう人には何の感激もないでしょう。
でも、フォアハンドストローク苦手な私が、今私、すごく球に合わせて振ろうと準備も出来ていた、距離もとり、踏み込みスペースも確保し、少し前の打点でインパクトしようと、身体の軸もまっすぐにラケットを振り出していけた、少し焦っていたからタイミング早くてズリっとスピンもかけれず、自分の球にして押していくことは不十分だけど、まあまあ、フォアハンドストロークの基礎を習い始めた人っぽい打ち方になってきた!

ブリッコしてるのじゃないのです。本当に私の感覚って普通のテニスとずれていて、教える側が???となる位。ともすれば、いい加減ふざけるのを止めて!と叫びたくなるようです。
バックハンドは、イチから覚えたのでまだマシで。フォアハンドは、日常のハエをぶつタイミング。たまに仕留めますが、ただの本能であばれてラケットを振り回してる感じから抜けるのが難しかったです。因みにまだスプリットステップも、試合で意識する間も無く終わってしまいました。

と、ついバックやらボレーの話になりかけてしまいましたが、なんとなく、これをマジメにやれば、試合でも、ストロークがまともに打てるぞ!と思います。

毎回(とりあえず、後衛の方に飛んでいきさえすればいいや)
と思っていましたが、相手のバックを狙おうとか、ロブの次はショートクロスだ、とか相手の球が短いから強打しちゃおうとかアプローチしようとか、選択肢が増えるかもしれません。

情けないです。4月から始めた人は、悩みもなく、のびのびと楽しそうなテニスでした。羨ましいです。早くフォアハンドストロークで、きちんとスピンかけてコントロールして球を打ちたいです。
(自分が自分の球に責任取れないなんて恥ずかしいですもん)

今回初めてバックハンドストロークをテニスっぽく打てたこと、試合中にきちんとフォアハンドストロークの一連の動作を素直に出来たので希望を持ちました。
秋の試合では、きっとフォアハンドストロークも、恐る恐るボールを入れにいくことから脱却します!
頑張りますo(^▽^)o。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ブリ婆 18:03 | コメントは受け付けていません。

悪いところ、って無い!

青空杯を、観てきました。最近、マジメに練習に出ているので、伝説のスターである私の憧れの方の試合は観戦できずじまい・・・。到着したのはすでにお帰りになった後でした(涙)。・・・せめて決勝戦では少し見られますように。

以前、通っていたスクールの先輩が(元々、出会った頃からお上手だったのに)さらにさらにスゴイ方になっていて応援していたのですが、惜敗されて決勝大会を逃してしまいました。素人考えで、”敗因ってなんだろう?”って勉強したく思ったのですが、結論がまさにこのブログ記事のタイトルになりました。

悪いところなんて、無かったんです。先輩ペアも相手ペアもすごく良かったし、だからこそ試合が面白かったのです。・・・・終わって欲しくないくらいに。

見に行ったときに試合はすでに始まっていまして。先輩ペアが並行陣、相手ペアがちょうど雁行陣だったものですから、めちゃくちゃ先輩ペアが有利に思えました。ストローク上手な相手ペアの右の方が、必死で拾いまくります。

(余談ですが、来週自分が雁行陣の右サイドで初心者大会に出るものですからお手本にしようと思ってみていました。)

そうなんだよ~~、並行陣の人に後衛いじめされて、ずっと私が拾いまくることができれば何とか試合になるのになぁ・・・・私もあの人みたいに粘ることができればなぁ・・・といった感想です。粘れば、拾えば、次に、もしくはその次にチャンスが・・・。

で、本当にポイントが競ってきました。気付いたのは、左サイドの方はどうやらボレーがお好きみたいでサーバーになったら、サーブダッシュをしてくるように。

ただ、先輩ペアも絶妙なところにリターンして(1stボレーを失敗させるような足元狙い)ポイントを取らせない・・・・お上手だなぁ・・・(ちなみに今週火曜の練習で、私は出来ないくせに足元狙おうとしてアプローチをネットにかけてばかり。もう私は一生そこを狙って球が打てないとまで思っています)。

ワクワクと、さぁ、サーバーさんはどうするかと思ったところ、次からは臨機応変、サーブで上がるパターン、サーブステイ、次のリターンを返して上がるパターンといろいろ混ぜてこられたのです。さっきまでの短い球ならそのままゆったりアプローチショット。先輩たちも足元作戦をやめて普通に深いボール(並行陣にさせない作戦?)。

このように、駆け引きとか作戦が考え抜かれて(と勝手に思ってみてました)、それをやりとげて、隣の相方さんたちも(急にそんなことするなよ!とかでなくお互いに想定内の動きをやっていて)見事に機能していて・・・・。で、最後に結果がどちらかに転がりますが、もうどちらが取ってもおかしくない、という良い試合でした。

あそこまで出来れば、負けても悪いところなんて、全然なくて、ただの運かもしれないなぁと素人の私は思ってしまうんでした。

最近、某スクールの練習会にもお邪魔して、みなさまの生け贄として頑張っている私ですが。最近言われたのが、

”自分で出来る技術もないのに、何かいきなり変な事をやろうとする”

というアドバイスで。まさにそういう癖がありますので、隣の相方さんがびっくりするようなフォローしきれないみたいなことはやめようと思っています。ただ、もう負け際だったりすると、(絶対無理だよな~と思いつつ、ストレートにストロークを打ってみて、”次からは相手の前衛さんが、少しはストレートに寄らないかなぁ”という気持ちにはなります)

でも、試合中にやはり、短い球をアプローチにしたりする練習はしたいです。(ここでやらないと、いつか出来る様にはならないと思うので)一時、ミスするたびに変なロブ打つの辞めよう、あ、今日はスマッシュが打てない、ロブも打てない、フォアもバックもサーブだって・・・と気持ちになりまして(試合中に、じゃ、アンタここで帰るのかよ、ってツッコミたくなりましたもん、自分に)

出来ないことばかりですが、おかしなことはしませんが、結果的に打ちそこねてあちこち変なところへ打ってしまいますが、お互いに初心者なんで・・・ただただ自分と相手ペアさんにびっくりしながら、球を拾いまくりたいと思います。

あと、私の大好きなペアさんの試合も見られました。好調みたいです。今年こそは全レ全国大会かなぁ・・・・。

ただ、今回は相手ペアが、たぶんその方々の相性の良い球をたくさん打つ方々で、少し楽に勝てすぎてしまったのが気になります。昨年もボロ勝ちの後に惜敗されていたので(結局勝った相手ペアさんが全国卒業)。

今回の青空決勝では、最後まで勝てなくても良いので、何回か相性の悪い相手と試合してたくさんツライ思いをして欲しいなぁと思います(スミマセン、何か全くファンではないみたいな物言いで)。その方々は常勝希望かもしれませんが、私の頭の中では、やはり全国選手団(県内3位以内)になって欲しいのです。(で、ずっと見たいので全国卒業して欲しくないというワガママww)

元々応援していた、はるか雲の上の方は、見に行ったら、もはやプロみたいでした。相方さんもめちゃめちゃプロみたい・・・予選は、オニのように勝ってました。

ただ、決勝ではレジェンド様のボレーは神だと思ってきていますから・・・あのすごい球も無効化してくれるのではないかと期待しています。(天邪鬼なんで、ファンのくせにレジェンドさんの負けるところが見てみたい気もしますww)

こう考えてみると、やはりじぶんのヘタクソテニスの試合より、観戦が楽しいですね~。でも、拙いながらも試合っぽいことを始めてみれば、観戦がさらにより楽しくなったことは事実なので・・・・。来週、勝っても負けても「悪いことろなんて無かった、日頃の練習を生かしてたね!」と思えるような試合がしたいです。

頑張ります!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ブリ婆 09:21 | コメントは受け付けていません。

リズム感!

…あなたは、ありますか?
と聞かれて「ある。」と即答できる方ではありません。
例えば、コンサート会場にて手拍子を求められるとやりたがる方ですが、
最初から最後まで上手く続けられている自信がないです。周囲に引きずられるタイプの人間です。

テニスで、最近ストロークラリーをかなり続けられてきた。
と感じていますが、(拾える球を拾うことができるようになっただけ)とも感じています。
ただ、左右に振られて走る感覚もついてきて、たまに快感を感じていたりします。
が、とある本で《左右の動きが良くなったと満足するな。それは負けている状況だ。前後の動きが良くしてこそ、勝つ道が開ける》という趣旨の言葉があり、なるほど〜と感じています。

並行陣で戦える人間を目指しているものの、現在五里霧中だわ、で大変疲れております。で、サークルのレッスン後に話をしていた際、どうやら疲れていたのは私だけでした。
皆様、2時間レッスンの後にまだ余力があるようです。(なら、1時間位延長してゲームして帰りたいって思わないのかなぁ)

まぁ、一番走らされているのは間違いなく私ですし、前述したように負け戦でハアハアしているのですから。と思いつつ、先日Eテレでバドミントンの最強コーチと子供達を取り上げた番組があり、その中でリズムと呼吸の話がありました。種目が違うので詳しいことは割愛しますが、〔防御ボレー2回、下がってスマッシュ〕ぽい動きをひと呼吸でリズム良くできれば疲れない(ハアハアしない)という説明をしてやらせたところ、次の日に子供達がフットワークも良くリズム感良く、そのセットをこなしているのです。
誰かのリズムで動かされて、それを追いかけてハアハアするのではなく、身体にやることと呼吸とリズム感がセットで染み込めば、あたかも好きな音楽で好きにダンスをしているように身体は感じるのかもしれません。それなら、疲れないかもしれません。
ストロークの左右の動きもようやく板についてきて楽しく思えるようになってきたので、(特に予測が当たったときは先回りしていて、とても楽です。)サービスボックスに入ってからの、何かリズム感が出来上がっていくように頑張りたいです。
で、どう頑張るかというと、そのバドミントンコーチが言うには、《球とシンクロすべき》であるそうで、球とシンクロするには、とにかく追い込まれてガンガン打つ練習をしなくてはいけないようです。そういえば、最近はやってないけど、以前コーチの球出しがビシバシボレーシリーズの時があり、スプリットステップ苦手な私は、ほぼずっとタイミングが合わないから、ずっと休まずに縦にバウンドし続けてボレーしていて、だんだん合ってくるとジョキングしている人のいわゆるランナーズハイみたいな快感を感じていたりしました(ただ、残念なことに終わった時はヘトヘトでした)。
アレも呼吸が合えば、さほど疲れない域に達するのかもしれません。

《球とシンクロする》、憧れです。インパクトがどんぴしゃりなことが稀にあり、楽に良い球が飛んだ時の嬉しさよ。それに比べたら、今、並行陣のボレーと、決め損なったスマッシュの、自分後方のロブにあたふたしている日常が辛すぎです。

リズム感つながりで。先週は、何人かの上手な知り合いが女子連デビューして、早速コテンパンにやられていたりしていました。風が強い日で、惜しいミスはあったけど、全然互角に渡り合えてる、なのに全くゲームがキープできないのです。応援し過ぎていて、細かいことはわからないけど、もしストロークの上手さ強さ合戦ならば、勝ったかもしれません。でも、とにかくストロークの良さとか、強いスマッシュとかの出番をけして作ってくれないのです。追い込んでやっと上がったロブを一度スマッシュミス、次こそはと応援の私も思ったけど、そういう球を安易に供給することがほとんどないです。気がつけば、なんとなく相手のペース、相手のリズム感で試合が進行しているのです。

そして、それとは別に、リズムの変更?という感じ、がありました。
うまい言葉で説明できないのですが。
ポン、ポン、とボレーになってきたのに、一拍遅らせてのボレー。

知り合いが良い構えでスプリットステップを踏み終わり、そこで一拍遅れてきた時に何だか足がちょうど地面とくっつく感じでタイミングが合わない、みたいにみえました。
ポン、ポン、ンージワ〜…みたいな。

とにかく、相手の良いところを出させずに、自分達のリズムで試合進行、それは絶対に勝利の方程式だと思います。

他に、以前、練習会で下手クソな私と組んでくれた、憧れの方の試合を二つ見ることができました。初戦はまさにボロ勝ち、そして次戦は、食らいついたとは思いますが、惜しい負けでした。でも、相手の球がすごいライン際に決まったりしていたので、そういうのを除けば、ほぼコートカバーは完璧!
て感じでした。初戦は自分の庭にいるかのごとくやすやすと試合を運んだので、負けてる状況で、どう対処するのか勉強させていただきましたが、とにかく《打開したいからといって、変なことはしない》というところが印象的でした。あそこまでできれば、負けても納得だなぁと思いました。
悔しいと思いますが。
やれることをやり尽くす。
の反対語が
やれるのに、やらせてもらえない。
なんだと思います。
私の場合、相手の方が圧倒的に有利な所からスタートするので、
自分のペースにできないにしろ、何かリズム感だけでもつかんでついて行き、どこかで相手のほころびをみつけ、そこにつけ込んでいくのをまずは考えないと。その前にまず、相手がどんな球を返してきても、球にシンクロしていきたいです。

頑張ります!

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ブリ婆 15:58 | コメントは受け付けていません。

わからない……

わかりたいけど、わからない…。
今は、そんな状態です。

並行陣を取り入れた火曜日の練習、面白くなってきたと思います。
“思います“というのは、先輩方はほぼ型になっているのですが、自分はジタバタ、かなり挙動不審です。
一つ打つたびにギャーと叫び、スミマセン、ごめんなさいの連発です。
今風に言えば、《困ったちゃん》から《困ったウザい人》に相成りました(>_<)。

隣から「お願い!」か「ok!」だけにしてくれと注文をつけられましたが、
そしてコーチからも
「悩むのは、家に帰ってから」か、「終わってから」か言われたのですが、
とにかく一つ覚えて帰ってきましたσ(^_^;)。

一番悪かった点は、「膝あたりで打つローボレーになる!」と予測ができた時に漫然とその瞬間までラケットを膝あたりに準備して待っていること。
逆バージョンとも言える、前に詰めていってハイボレーで叩くということはまあまあ出来たりもするのに、ローボレーは待ってしまいます。実はローボレーの練習ってあまりしたことがなくて家で自習したり。そんな時はほぼ良いイメージトレーニングなんです。実地は大変です。辛うじて成功したローボレーも、何かドッカーンという一かばちかみたいなもの。もう少し球の軌道を先読みしてその軌道をじんわり押し返している感じの丁寧なものができません。

あと、やはり隣の人と横一線に並んでしまったりして。どの球を取ればいいのかわからず、いちいち反応してたり、無理に打ちにいって隣の邪魔をし、右にいたから、センターボールはフォアハンドの左が取ればいいと、いきなりラケットを引っ込めてしまったり。やることほとんどが裏目です。
ただ、隣の人がロブで明らかに抜かれる!と予測ができて斜め後ろに走り込んだ時に
「ナイスフォロー!」と褒められたのです。その後、相方さんはチェンジしないし、して欲しいと思っても声かけする余裕なく、必死に打ち返しても良いボールにならず、すぐに私の抜けた穴に打ち込まれて悔しい思いをしました。けっこうな距離を走って思いました。並行陣は走らないで楽な戦い方なのかと思っていたのに、めちゃそんなことなかったです。

いつも上手い人の並行陣を見ていたから誤解していただけなのでした。
連携がうまくいけば良いのでしょうが、私はずいぶん迷惑をかけていました。
前に行き、スマッシュしても決め切れず、ロブ返しで自分の後ろにポトリ、と何度やられたことか。
私だったら、もし自分が打ってない時は少し後ろにいてフォローするのが好きなのですが、先輩達はどちらかと言えば、攻めと攻めの構図が好きです。スマッシュも得意ですから。
というわけで、私と組んだ人は相変わらず勝てないのです。

とにかく、今は何やっても裏目に出ている気がします。相手からボールが早く返ってくるので本当に落ち着く暇がないのです。
上手く出来たら楽しいだろうけど、それまですごく苦しいです。
頭で考える暇はなくて、素直な反射が出来るように叩き込まれてる感じです。
頑張りますo(^_^)o。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者ブリ婆 22:10 | 1件のコメント