月別アーカイブ: 2017年6月

追悼 小林麻央さん

本当に心も姿も美しい、天使のような方から天に召されていくのですよね。

かぐや姫が月に帰っていく時に、地上にいた人々はそれこそ身もだえして惜しんで泣いて。
少しでも長く我々と居てくださいと願って。

でも、あの日本で最古の物語といわれる話は、そこで終わり、でもすごく泣き虫の自分なのですが、あの話で泣き続けはしなかった覚えがあります。

なんとなく、あのように素晴らしい方は天女のような方は、本当の居場所は、幸せになれる場所は、ここではないのではないか、いっときの幸せを与えてくれて、私達は、嘆きつつも、やはり天上の美しいところに到って、そこで私達へこれからも優しい笑みを与えてくれていることを信じ、感じていたいと思います。

3年くらい前に、年下の、上出来で美人の従姉妹に先だたれた時もそう思ったのです。
彼女の柔らかな雰囲気に今も慰められる時があります。

私達も全員死にます。願わくは、少しでも地上で良いことと思われることを頑張って、あの素晴らしい方々のそばに行けるように。

ただ、それと正反対の話になりますが。

前日の、あのヒステリックな女性議員さんの秘書に対する言動。
正直に言うと、私は、麻央さんより、あちら寄りですわ〜〜( ;∀;)。
悲しいけど。

イライラするんですよ。わかります。
あれ、怒鳴るところばかり、クローズアップされていますけど、秘書さんのミスに怒っているんです。で、どうやら大事な手紙の宛名を間違えたと、私は受け取りました。違った事例ならごめんなさい。
でも、昨年ヒットした映画の、君の名は? でもあったように名前はすごく大事です。
単純化すれば、アイデンティティと同義です。千と千尋でも、名前の一字を取られるくだりがありました。

名前を間違えないというのは、最低限のマナーです。読み間違い、覚え間違い、なるべく無くし、してしまったら、まずは謝るということも大事です。
一度名前を聞いたのに、ごめんなさい、忘れてしまった、というのも素直に謝ると、大抵の人は、すぐに笑顔で許してくれます。
過ちなら、わざとではないとわかってくれれば、そしてこちらがお名前を尊重しようとする気持ちを伝えることが出来れば、アイデンティティを傷つけられたと面罵されることはないでしょう。

さて、立場が上の人は、部下に自分の代理で手紙を書いて出すように頼み、その用件で名前を間違えた、私は怒っていいと思うのです。政策秘書さんなら、例えばメイドより、執事に近い能力値の仕事かな、と。手紙が100通以上あってもリストと見直すべきであります。そう努めてこそ、仕事です。

私は学生時代、選挙事務所でアルバイトをしていました。住所録の記載、番地があやふやなものがありました。縦書きで11-1 か、2-1 か、漢数字では分かりにくいのです。

電話をかけて、恐縮ですがと、教えてもらいました。相手の方は、教えてくれた上で、今迄、ふた通りで手紙が届いたことがあると言って、あなたはどうして聞いてきたのかと聞かれたので、「大切なご住所ですし、郵便屋さんも困ると思ったからです。」と答えたので、褒めていただきました。
もちろん、今後同じことでお問い合わせして煩わしい思いをしていただかない為にも、リストにローマ数字のメモも残しました。

ただの学生バイトで、名家に勤務する執事、メイドの方々より下も下、の身の上ですし、ミスも失敗もたくさんやってしまいますが、不器用なブリ婆の取り柄は、ひとえに大真面目であるということです。そう思ってバイトでも努力してきました。バイト代の多寡で勤めに対する力を出し惜しみしたことはないと思います。

テニスの時も、初めは、隣で試合をしている時は球拾いにいかないということを知らず、危ないと思ってダッシュで取りに行きました。叱られて教わってからは2度としていませんし、試合をしていた方々は、知らないで犯した迷惑行為をすぐに許してくれましたが、コーチや先輩には、めちゃ怒られました。
身内だから、二度としないように叱ってくれる、可愛い下っ端だからこそ、それ最低限覚えてコートに立ってるでしょうと腹を立ててくれる。

政策秘書さんが、まさかそんな初歩的なミスをして、議員さんは対外的にどうやって謝ろうかとキレるの、すごく分かります。
頭が良くて勉強してきた努力家ですから、自分では、あまり凡ミスには慣れていないのです。仕事に追われ、クソ、足を引っ張らないでくれる?とヒステリックになるの、すごく分かります。
事務所内で済まされる問題ではなく、他人様に失礼なことをしたというショックを感じていたのでしょう。自分がチェックしていさえすれば!という後悔の念もあったのでしょう。

でも、やり過ぎだよね、改善策がとても、見えなかったです、たぶん、言っている自分も、どんどん嫌な気分になってしまったんじゃないかな。
ブリ婆も、自分のミスに良くキレるので、何とか自分を保って改善策を考えるリハビリをしようと努めてきました。今ではとても可愛いこブリっ子の振りしてますが、

良くわからない練習は、気持ちが萎える。
打ち返せない球に、ブーたれる。手抜きをする。
とてもイヤな困ったちゃんでした。

忘れた振りは、致しませんm(_ _)m。今さら、過去の自分の仕出かしたことを消すことも償うことも出来ません。

このブログも、反省の意味、自問自答してでも、答えを探ろうと続けてきました。
自分を保つ。すぐには治らないかもしれない欠点を少しずつでも治す、ミスを減らす、ミスから学ぶ、継続していくことで、少しだけマシなブリ婆になってきています。

素晴らしい方々には、自分はなれないし、一生近づくことは出来ないかもしれませんが、見習おうと思います。
特に、自分よりも、もっとミスしてダメな人(今までお目にかかったことがありません。私が最低レベルだからかも。)に
親身になって、真剣に叱ってあげられる、改善策をアドバイスしてあげられる人になりたいです。

まだまだ、その域にも達しそうにありませんが。
頑張ります!

途中、話がそれましたが、

心よりお悔み申し上げます。

素晴らしい方でした、大好きでした、小林麻央さん。

カテゴリー: 日常 | 投稿者ブリ婆 | コメントは受け付けていません。

書き忘れ と フォロー

放置したか、と思えば、1日に何回か書きに来てしまう、お馬鹿でごめんなさい。

先にフォローを。

トボトボ感の話。
確かに暑かったし、大変な試合でした。うま過ぎてラリーが続くのです。
でも、何だか淋しかったのです。、その後に私なんて頑張ってるんだもん みたいな自慢話を書いて、偉そうな初心者に見えてるかもしれませんが、決して自分と雲の上の方々を同列に扱う訳ではないです。

幼稚園児がいて、「ウルトラマン、そんな怪獣に負けちゃダメだよー!
オレなんてタンポポ組のゆうたに勝ってモテモテなんだぜー!」
と言ってるのと一緒なんです。

でも、実際、見に行こうかなと思った時に、トボトボとしている感じが伝わってきて、見に行かない方がいいのかなぁと思ってしまい、淋しくなってしまったのが一番こたえたのです。試合はまずはご本人達4人の物だから、ブリ婆の感情なんてどうでもいいのですが、ぜひ最後までは互いにブチかまして貰いたいものです。

さて、一度書きに来たら、興奮してしまいました。

今回、今迄に思わなかったことをたくさん考えてしまい、また、それがまだ整理がついていないという、…。
オイオイ、今書き始めてしまって収拾つくのか、がわからないです。が、放置すると忘れそうなので、
テーマだけでも書いてから寝ます!

一つ目。 走り過ぎ、動き過ぎってあるのかな? 加えて、相手ペア側から見て、その動き過ぎを見て予測し、そんな行動し過ぎに上手くつけ込むにはどうすればいいのかな?

二つ目。 考え過ぎ。 逆に考え無し過ぎ。 どちらが良いのか?
コレはさっき書いたところにもちらっと出て来ました。
明らかにセンターを待ち受けているのに、リターンを全てセンターに運び、決められるのは勿体ないと思いました。
それを批判的に書いてしまいました、自分が工夫が好きだから、つい考えた方がいいと決めつけて。でも、正直、自分でもそっちが正しい自信もないのです。
でもね、ポーチ狙いの時に、ずっとストレート狙いされて、それに過剰反応して動けなくなり、ポーチを封じられるのもイヤだし、かといって完璧無視も出来ず。 どっちがいいのか、知りたいです。
ex.
最近、2回続けてストレート抜かれた。2度目は大失敗だから、忘れないようにここに書いておきます。
ストレート打ちが上手な相手だから、2度目は、最初からストレートを狭くしておいたので、抜かれないだろうと思い、打って来たけど、アウトだと思い、手を出さなかったらオンラインに落ちた。取りに行けよ、自分!て思った。

三つ目。二つ目のexに書いたように、先にある程度ケアしている時の方が、良かったー準備しててとサボるくせが、自分にはあります。足を動かさなくてもいい位置に球が飛んできた時の自分はサイアクなのです。ほぼ、腕の先っぽだけ動かして打とうとして失敗するのです。

四つ目。 テニスは矛盾を孕んでると、テニス解説してる方が言ってました。
コートの中に球を安全に返さねばならないし、丁寧に運ぶと攻められてしまう、と。
かといって、ギリギリを攻める、パワーを効かす、圧倒するショットで攻めるとコート外になるかもしれない、と。
私はこの話を聞いてスゲーな、その通りだわ、どーしよーと、ずっと悩んでいましたが、最近、解決の糸口を見つけました。
矛盾の語源、最強の矛という武器で、最強の盾を突いたら、どうなるかという話でした。コレは、明らかに同時に両立させる話だから、矛盾なのです。
そのことと、コーチに習ったことを足し算しました。

コーチに習ったのは。
繋ぎ球は、次にゲームオーバーにならないように返す、そこまでピンチでなければ、しっかりコントロールして相手を揺さぶる、でも無理はしない。
攻めはしっかりと。打つと決めたら打っていく!多少のリスクは仕方ない。

そういう風なことでした。

つまり!安全に返さねばならないことと、ガツンと厳しい攻めをすることを同時にやらなくても良いのです、そうすることで矛盾を感じる必要がないし。
ある時は、盾の戦法で安全に繋ぎ。
ある時は、矛の戦法で攻めればいいのです。
ただ、相手の球に対してだから、自分の好き勝手に選べる訳ではないのですが、その時に最適な武器を選択せねばならないのですが。

とりあえず、最近は、ネットより著しく下でなおかつ、ピンチの時にネットに向けて強打はしなくなりました。頭の中で、『今はコントロール利かすぞ!』と言い聞かせつつ、球に向かっていきます。
が、本当に完璧両立を目指さなくて良いのかな? ということと、コントロール、スピード、パワー、球のバウンド、そしてプレイスメント(配球場所)
の絶妙なブレンド。そして、その絶妙なブレンドのショットを考え過ぎずに、身体の反射で遂行したいです。

たまに不思議なことですが、勝手に身体が動いてしまう時があります。

ネット際に緩い球が飛んできたので、つい走り込んでバックハンドのドライブボレー風に打つ構えをし、途中でそんなの習ったことがないことに気づいて、必死でワンバウンドさせたチャンスボール打ち(コレは習ったことがある)だと自分に言い聞かせ、普通はバシンと打つのでしょうが、安全策でコントロール効かしてパワー無しで打ちました。(後は決めるだけ、なので100%失敗しない道を選んだ)

↑コレは、前半が反射で、後半が、自分の困った選択を考えて修正しているところです。球に走り込んでから打つまで、こんなに考えていてはダメです。
最初から最後まで、ここだー!と無心で遂行して当たり前のように決めると、快感です。それを増やしたいので、その方法を考え中です。

初心者がテニスわかりかけてきて興奮して、書き殴っていて意味が伝わらない文章でごめんなさい。もう少し整理して書きに来たいです。とりあえず、成長目指して、真剣にもがいています。

カテゴリー: テニス・自分なりの作戦?! | 投稿者ブリ婆 | コメントは受け付けていません。

才能が無くて良かったこと

こんにちは、熱中症でも死ななかったブリ婆です。

前ガン状態の腫瘍ちゃんは、今どうなってるか定かではありませんが、死ぬまで生きていると思いますので、たまには覗いてやってくださいませ(^.^)。

さて、前回の記事を書いたあとに、相方さんのお友達が、私達の勝ち上がりを写真に取って送ってくれたと転送してくれました。本戦最終日に私達がリタイアするまでのゲーム数は、24。私達に勝った方はシードが付いていたので、13。もう少し試合をしたかったかもしれないな〜。暑かったけど。本当に申し訳ないヤツでした。今後はもう少し体力をつけてと思っていたのですが、…。

観戦だけでも、最近疲れてしまうので、めちゃ辛いです。試合を見に行って、最後まで残ってる人だったのに、倒れたら迷惑がかかると思い、観戦リタイアをする日が来るとは思わなかった(>人<;)。

まぁ、死ぬまで生きて。マッチポイント握られて相手がそれをゲットするまで試合をして。そして、なるべく限界一つ前位になったらお家に帰るというつもりで生きていくしかない。あと、なるべく解らない物は遺していかないように片付ける。
というのが、最近のコンセプトです。

前フリが長くなりました。ここ最近、観戦して気づいたこと。
私はメンタル弱いと思っていたのですが、上の、相手が勝って握手しなくてはならない瞬間まではコートからどかない。と決めてからはだいぶ落ち着きました。ずっと勝てなかった時期、周囲の皆が応援してくれてるのに、下手クソなんだとひがんでいた時期、の方が、
ずっと負けるのが怖かったです。1つのポイントを怖がり、一つのミスを怖がり、ダメなヤツだとバレて見捨てられたらどうしよう。上手い人がたまたまミスった振りをしようか…。
テニスからはだいぶハズレた作戦を考えて集中すら出来てない時も多かった、です。

私、才能が無くて体力が無くて、なんでテニスしているんだろう。そう思って夜中に泣いて、このままステップアップしなかったら一年後辞めようと思って泣き、そんな自分が惨めで泣き、そして、一年後辞めたくないけど上手になってる想像がつかず、そんなルール、作っちゃ嫌だと思って泣きました。
5分後位には、好きなら好きで下手クソのまま、続ければ良いじゃん。と思いました。
が、コーチが早くレベルアップしたレッスンがしたい、初心者のブリ婆がいて、ラリーが続けられなければ、出来ないと思っていることは自分には伝わっていたし、プレッシャーでした。サークルなので、コーチの指示で、私を辞めさせることは直接は出来ませんが、間接的に勧告する位は出来たと思います。本来、人数が少ないので、試合とかゲームとかすらわからない状態で、
「上手になるよー。」という誘い文句に釣られて参加したサークルです。

少し上手になったかなぁと思っても、メンバーはさらに上手になってしまうので、とりあえず、試合に出て、失敗まみれ、スキルの肥やしまみれで恥をかきまくり、
そして今回、昇格しました。が、ちっとも凄くないのです。自覚はあります。皆さま、結果を聞いておめでとうと言ってくれましたが、なんか詐欺で皆さんを騙している気持ちすらします。

怖そうだ〜といつも思っているコーチにまでおめでとうと言われ、嬉しい反面、
満面の笑みで「これからは、もっと実戦的に行くよー! なんたってブリ婆さんも初級だからね!」

あ!今、びっくりしてしまった方はいらっしゃいますか?

昇格と書いてますが、 初心者 から 初級者 になっただけです、スミマセ〜ン^_^。

今迄先に上がっていった方の中に、めちゃ境遇が違うのよ、レベルが違うのよ感を醸し出している方も居まして、まぁその方はそうなのかもしれませんが、私はあまり上手くなっていません。

でも、才能が無くて強い武器も無かったから、とりあえず守備、防御から頑張るしか無かったことを、ひがむより、今はそれで良かったかもしれないと思い始めています。

観戦していてー

ラリーの主導権を握ってたのに、流れを持っていかれたペア が だんだん投げやりになってきた。
そこまでではなくとも、 立て直しにあまり積極的になっていない、
センターにリターンを返し、それを相手ペアが攻略済みで待たれているのが、いかにもアリアリなのに、打つ。いつもの勝ちパターンなのかも?でももはや話し合うことすらない。

そして1番感じたのは、屋根の下で観戦していて、いつも観に行くペアさん達の試合を遠めに見ていたのですが。明らかに出だしは頑張っている感じがしていたのに。
途中から、2人共にボールを拾っている感じが、トボトボしているように見える。
昨年までは、そんなことわからなくて、あっちも見に行こう!というブリ婆だったのに。

疲れた?辛い?怪我してる? もちろんそんなことわからないです。でも、ゲームの途中でトボトボしちゃっていいのかなぁ。ド下手の初心者がそんな発言は、失礼かもしれないのですが、せっかく才能があって努力もして、同じく上手な相方と共に、ハイレベルの試合を出来ているのだから、もしも辛くても相手には、絶対に隠して欲しいです。

私が両脚攣った時、初心者の相手ペアは気づいてなかったようです。観戦していた上手い人達はかなり解っていて、「ブリ婆、どうするかなぁ。」と見ていたそうです。
脚をごまかし、つい2ゲーム前は無謀でも取りに走った球は、気づくのが遅くてスタートが遅れたから取りに行けなかった振りをして、「頑張る! 調子出てきた!」とか言ってました。

下手だから、才能が無かったから、ここで諦めたら勿体無い!

強打出来て、球が返ってこないから、あまり細かいこと考えてこないで済んだ。という位の上手い人もいると思います。
でも、私はそんな人間じゃないから、どうやって先輩を出し抜こう、どうやったら、せめて取りにくい姿勢で返球してもらえるか考えるスタートラインに立っています。

今迄は、わーコワイ、取れるかな、返せるかなぁ。
だったのが、コーチの言うように、

どこにどんな球を返せば、劣勢のラリーをひっくり返して隙をついて、球を返しにくくすることが出来るのかな、と考え始めています。失敗ばかりでもめげません、ゼロからのスタートです。

そして、
あそこへ打とう、バンと打ってみたいけど、弾ませないように力加減して打とうと思った球が、やはり浅く低くなって、ノータッチで決まったのが先週、一つ出ました^ ^。

これからは失敗例だけでなく、成功例にもまみれていきたいです。
頑張ります。

カテゴリー: テニス・自分なりの作戦?! | 投稿者ブリ婆 | コメントは受け付けていません。