月別アーカイブ: 2018年6月

テニスを簡単にする

フォアハンド

手首を微妙に動かし

全身を使い

振り切る

それでは、試合では怖くて打てない

もちろんナダルのように

ヘビートップスピンにすれば可能だが

nadal1706c

アマチュアにとって

特にフラット打ちなら

ファアハンドの必要最低条件は

腕を必要なだけ振ること

手首は固定すること

身体は使わないつもり(それで自然に充分使う)

 

こんなふうに

kei1607bk

バックハンドであっても

ボレーやサーブも

特にスマッシュなんかは

soeda-sm1611

必要以上のことをやったら

実用の範囲を超える

 

まあどの種目であっても

手首を使いすぎない

アマチュアなら一切使わないのが秘訣

nisiap1612

手首の角度動いてないでしょ

サーブでも

tssr8

今度のコーチ研修会では

この実用部分を特に強調したいと思う

日程は6月29日(金)

場所は藤沢のファーストシティーテニスクラブ

CIMG3605

要項はこちら

是非、ぜひ、ゼヒ

たくさんの皆様に参加してほしい。 テニス

 

 

カテゴリー: イベント, 技術全般 | 投稿者松原コーチ 18:43 | コメントをどうぞ

ボレーは高めに構えて

中級者へのアドバイスなのだが

先日、ボレーは高めから切り下して

248557

スライスボレーにした方が易しいですよというと

怪訝な顔をされた

彼に言わせると

真っ直ぐ当てることができないのに

切って当てるなんて ・・・

だそうなのだが

 

実は真っ直ぐ当てる方が難しい

特に向こうに入れるには

真っ直ぐ当てるためには

ボールがどこへ来るか完璧にわかっていなければならない

違っていたら

真ん中を外すし

ボールに合わせて動かしたら、そちらに方角がずれる

中級者には難易度がとても高い

「真っ直ぐ合わせる方が簡単」 は上級者のセリフなのだ

それに対しスライスボレーなら

takaofv

高さを最初から動かして合わせるので

むしろ

合わせるのが楽

それも

1703swing

弧を描いて振るとさらに易しい

まあ

だまされたと思ってやってみること鴨。 テニス

 

 

カテゴリー: ボレー | 投稿者松原コーチ 19:52 | コメントをどうぞ