勝つダブルス

『光太朗』 さんから質問をいただきました。

以下がそのコメントの全文です

 

カラオケ  いつも楽しく拝見させて頂いています。

光太朗と申します。

ダブルスについて質問がございます。

単身赴任にて高松市でテニスを楽しんでおります。

大会に出場する機会にも恵まれておりますが
みなさん上手くって
私が一番未熟なのです。

勝ち負けはあまり気にしていませんがすこしでもいい試合はしたいです。

実力で劣る場合でも
少しでも粘れるコツがあればご教授下さい。

現状やっている工夫です。

クロスラリーでは勝てないのでストレートロブ等、ストレートの展開を増やす

ポーチは積極的に出る

とにかく粘る

以上です。

お手すきの時にでもアドバイス頂ければ幸いです。

光太朗 より

 

 

水瓶座  私の答えです

まずは、いっぱい試合をして

試合の感じを知ることが大切です

そして

どうして、ポイントを失うのか

どうした時にポイントをとれるのか

知ることが大切です

takao1605tv

ポーチに出る

粘る

いいですね、いい考えです

 

ポーチ、決まりますか

ポーチに出たらポイントをもらえるわけではありません

ポーチに出て

相手に取れないところに打ったらポイントが取れるのです

よく

打てないバックボレーでポーチに出て

相手にチャンスボールをあげている人を見ますよね

 

粘る

どうやって粘りますか

ロブですか

粘るならポーチやスマッシュのされにくい

クロスのロブでしょうか

 

ストレートの展開を増やすと

相手が困るようなショットじゃないと

簡単に決められちゃいますよね

takao_suzuki1704

すいません否定的な話が多くて

でもこの質問

テニスってどうやればいいですか?

みたいな質問で

全部答えたら、本が1冊、書けちゃうかもしれません

 

試合の考え方ですが

どうやってポイントを取るかを決め

それに必要なショットを身に着けることです

もちろん

この決めパターンは自分の得意ショットを前提にします

1709gcnisikori

そして

足りない技術を練習して身に着ける

そしてそのパターンを増やしていく

annak1704

ボレーを上手になるとか

ストロークの技術を上げるというようなことではないのです

もっと細分化する

例えば

ファーストボレーをアングルに打って決めるとか

フォアハンドの逆クロスの打ち合いから

ストレートサイド抜きに持っていくとか

nadal1706c

守備的なところなら

いいサーブをクロスのスライスロブでしのぐ等々

Pilot Pen Tennis Day 1

試合で必要な技術を練習するのです

そうすれば勝てるようになっていきます。 テニス

 

 

カテゴリー: ダブルス, 練習法 | 投稿者松原コーチ 18:30 | コメントをどうぞ

印西女子ダブルス

6月25日月曜日

松原テニスクラブ印西では女子ダブルスの初級

CIMG8177

横浜のクラブ立ち上げで動きが取れなかったので

私も久しぶり

CIMG8189

えっとびっくり

みんなうまくなってる

松原さんがいなくとも

いっぱい試合している人たちはうまくなっているということか ???

いつも以上に高いレベルで試合が進んでいる

CIMG8173

7ペアーの参加

総当たりだから、6試合ずつのハードな内容

CIMG8186

大接戦で

5勝1敗が2ペアー

得失ゲーム差で、1位が岡部さん、北澤さんのペアー

2位が名和さん、山田さんのペアーとなった

最後に全員集合

CIMG8190

そして1,2位のペアー

CIMG8195

さて次回は7月23日(月)の開催

ぜひ、うまくなりに、強くなりに来てください。 テニス

 

カテゴリー: イベント | 投稿者松原コーチ 19:22 | コメントをどうぞ

明日はコーチ研修会

明日はコーチ研修会だが

金曜日

レッスンを休めるコーチが少ないのか

参加者が、特にコーチの参加者が少ない

場所は、藤沢市のファーストシティーTC

CIMG3605

9時30分から始めるので

これから思い立った方は

受け付ける暇もないので

直接、おいでいただきたい

要項はこちら

ではまた明日。  テニス

 

 

カテゴリー: イベント | 投稿者松原コーチ 19:52 | コメントは受け付けていません。

テニスを簡単にする

フォアハンド

手首を微妙に動かし

全身を使い

振り切る

それでは、試合では怖くて打てない

もちろんナダルのように

ヘビートップスピンにすれば可能だが

nadal1706c

アマチュアにとって

特にフラット打ちなら

ファアハンドの必要最低条件は

腕を必要なだけ振ること

手首は固定すること

身体は使わないつもり(それで自然に充分使う)

 

こんなふうに

kei1607bk

バックハンドであっても

ボレーやサーブも

特にスマッシュなんかは

soeda-sm1611

必要以上のことをやったら

実用の範囲を超える

 

まあどの種目であっても

手首を使いすぎない

アマチュアなら一切使わないのが秘訣

nisiap1612

手首の角度動いてないでしょ

サーブでも

tssr8

今度のコーチ研修会では

この実用部分を特に強調したいと思う

日程は6月29日(金)

場所は藤沢のファーストシティーテニスクラブ

CIMG3605

要項はこちら

是非、ぜひ、ゼヒ

たくさんの皆様に参加してほしい。 テニス

 

 

カテゴリー: イベント, 技術全般 | 投稿者松原コーチ 18:43 | コメントは受け付けていません。

ボレーは高めに構えて

中級者へのアドバイスなのだが

先日、ボレーは高めから切り下して

248557

スライスボレーにした方が易しいですよというと

怪訝な顔をされた

彼に言わせると

真っ直ぐ当てることができないのに

切って当てるなんて ・・・

だそうなのだが

 

実は真っ直ぐ当てる方が難しい

特に向こうに入れるには

真っ直ぐ当てるためには

ボールがどこへ来るか完璧にわかっていなければならない

違っていたら

真ん中を外すし

ボールに合わせて動かしたら、そちらに方角がずれる

中級者には難易度がとても高い

「真っ直ぐ合わせる方が簡単」 は上級者のセリフなのだ

それに対しスライスボレーなら

takaofv

高さを最初から動かして合わせるので

むしろ

合わせるのが楽

それも

1703swing

弧を描いて振るとさらに易しい

まあ

だまされたと思ってやってみること鴨。 テニス

 

 

カテゴリー: ボレー | 投稿者松原コーチ 19:52 | コメントは受け付けていません。

松原テニスクラブ横浜

私の新しいクラブ

松原テニスクラブ横浜が誕生した

CIMG8051

まだ足りないものもあるが主要部分は完成し

会員さんやスクール生もぼちぼち入りつつある

だが

実はまだ看板がない

ハウスにも表札がない

CIMG8053

右側のウッドデッキスペースに

ウッドデッキとひさしがまだない

ハウスに入ると

CIMG8057

フロントとお客様のくつろぐロビースペース

CIMG8059

奥の冷蔵庫、電子レンジ、電動ポットのお湯は

お客様に自由に使っていただく

更衣室内はこんな感じ

CIMG8073

後、シャワーが男女2か所づつ

シャワートイレが男女2か所づつある

 

そうそう、駐車場は

砕石敷きだが

充分間隔も取って、30台以上は大丈夫

CIMG8052

大事なテニスコートだが

CIMG8081

セパレートされた砂入人工芝コートが

手前に2面、向こう側に2面の計4面

全て夜間照明付き

工事の資材に荒らされて芝生がボロボロになってしまったが

徐々に回復させたり、少し手を入れたりせねば ・・・

CIMG8080

このテントの場所には日陰を6月中に設置する

クラブハウスのウッドデッキも

その上のひさしも、6月中には完成予定

もちろん表札も

 

そこまで行ったら

もう一度クラブ自慢をするつもり

是非、冷やかしに

そして松原コーチに会いに来てください。 テニス

 

 

 

カテゴリー: 松原TC横浜 | 投稿者松原コーチ 20:24 | 1件のコメント

振り切らずに強く打つ

松原テニスクラブ横浜

営業開始以来、心が上ずっているのか

写真を撮ることも忘れていた

神奈川県テニス事業協会の仲間から贈られた花

ヨネックスさんからや

融資していただいた横浜信用金庫さんから等

CIMG7968

先日やっと夜間照明の調整が終わり

CIMG8040

設備の写真を撮ることを思い出した

しかし夜の写真

どうとっていいかわからない

これは駐車場側から

CIMG8050

さて

テニスの話

5月12日(日)

クラブでの最初のレッスンで絶賛されたのが表題の話

フォアハンドだが

薄いグリップでのフラット打ちの場合

インパクトの形を保ったまま

肩まで振り切らずに打球方向くらいで止める

takao-fb

面白いようにコート内に収まる

上の鈴木プロの写真はボレーなのだが

かなり強烈にぶんなぐったもの

でも

首に巻き付くほどは振り切らないのがコツ

それと

振り切ってしまうとアッパースウィングになり

上に飛び出してしまう

止めることによりレベルスウィングになるのだ

 

私のアドバイスで皆さんバシバシと

安定して強力ボールをコートに収めてくれた。 テニス

 

 

カテゴリー: フォアハンド, 松原TC横浜 | 投稿者松原コーチ 19:51 | コメントは受け付けていません。

コーチ研修会へのお誘い

平成30年6月29日(金) 9:30~16:00

藤沢市亀井野1501 の

ファーストシティーテニスクラブ   で   (インドア カーペットコート)

「2018神奈川県テニスコーチ研修会」 が開催される

CIMG4496

要項はこちら

一番下にpdfの要項、申込書があるので

そこをポッチっとやってほしい

 

講師は、あの松原さん

コーチ対象の研修会なのだが

例年、参加者の半数は一般テニス愛好者

その人をどううまくするかということで利用させてもらうので

是非、遠慮せずにたくさんの皆様に参加してもらいたい

CIMG4492

松原さんが昔から言っている

重要部分を再確認してもいいし

新しい情報を仕入れに来てもいい

皆さんの目から鱗をばらばらと取って見せるので

こうご期待

だまされたと思って藤沢まで足を運んでください

最初の1時間は私のテニス論を聞く時間

CIMG4455

その後の時間はコートに出て

私の説明やデモ

皆さんにやっともらい矯正したり練習したり

目から鱗、頭に智識、身体に上達

必ず差し上げますので

是非、ぜひ、ゼヒ、ご参加ください。 テニス

 

 

カテゴリー: イベント | 投稿者松原コーチ 20:12 | コメントは受け付けていません。

回内の効いたサーブ

『OG』 さんからの質問

以下がそのコメントの全文です

 

カラオケ  サーブの話題に乗っかって質問です。
フラットで強く当てようとすると自分の想定以上に右方向(右利き)に飛んで行きます。回内が強くなりすぎているのでしょうか。改善方法などあるでしょうか?

OG より

 

 

 

水瓶座  私の答えです

回内の効いたサーブ

いいじゃないですか

tssr1602 (2)

2通りの状況が考えられますね

 

1つ目は想定方向よりも右だが

どフラットになっている状態

 

2つ目は

リバース回転になって

右にスライドして行っている

 

1つ目ならうまく打っているわけで

フォームやグリップを変える必要はない

想定(狙い)そのものを左に移せばいい

構えそのものを少し左向きに変えるか

スウィング方向を少し左向きにするか

他のサーブとのかね合いでどっちかに決めればいい

 

2つ目の場合だと

インパクトで面が右を向いてしまっている

原因は回内の効きすぎかもしれませんが

回内はスピードの源

やめたくない

回内した挙句にフラットになるように

面を内向きに

手首を折るか

グリップを薄くするか

rao1801srtos

これも

他のサーブとのかね合いでどっちかに決めればいい

もちろん自分の感覚でやりやすい方を採用すればいいのでは。 テニス

 

 

 

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 20:41 | 1件のコメント

サーブも手首を固定するので

『sho』 さんから以下のコメントをいただきました

 

カラオケ  ムチのイメージが良いのは、サーブだけだど、受け取りました。

どうもアドバイスありがとうございました。

sho より

 

 

 

水瓶座  私の考えです

どのショットも

身体から腕に

運動量が伝わるにつれ

「大質量×低速」が、「小質量×高速」 に変わっていきます

 

そうゆう意味では

どれもそれなりにムチですが

frfurikiri1803

ほとんどすべてのショットで

手首はほとんど固定します

DSC_5841

サーブやスマッシュの場合

最先端の動きは

手首を固定した回内です

rao1801srtos

その回内をムチの先端としてとらえると

確かにサーブはムチです

tssr1602 (2)

上体の回転 → 内旋 → 回内

sampuras1801sr

ですが

サーブをムチとしてイメージすると

どうしても

手首を柔らかく使ってしまいそうで

ムチと呼びたくないのです

 

ムチは先っぽがピンと動くイメージで

面がぐちゃぐちゃになりそうなのです

 

上の3枚の写真で手首の角度はほとんど同じです

男子のサーブは結構

ムチよりもこん棒なような感じと思っています

waw1801srdaten

私はフォアハンド以上に

サーブスマッシュはこん棒だと思います。  テニス

 

 

カテゴリー: サービス, 技術全般 | 投稿者松原コーチ 20:30 | 2件のコメント