印西女子ダブルス

松原テニスクラブ印西

月例の女子ダブルス初級大会

今月は5ペアーとちょっと少なめ

CIMG6546

その代り、どのペアーもしっかり見ることができた

5ペアーだから総当たりで4試合ずつ

CIMG6551

激戦が展開され

CIMG6557

4戦全勝で

幡野さん、冨永さんのペアーが優勝

CIMG6553

3勝1敗で

佐野さん、古田さんのペアーが2位

CIMG6563

表彰式後

CIMG6571

全員集合

CIMG6568

各ペアーにアドバイスをしたうえで

もう1試合ずつやってもらい

CIMG6561

今回のアドバイスは平行陣のポジションや

そこからのボレー、決めコース等々

サーブの構え方向なども内緒で教え

無事に終了となった

 

さて

次回は、4月23日(月)の開催

たくさんの皆様に参加をお待ちします。  テニス

 

 

カテゴリー: イベント | 投稿者松原コーチ 18:56 | コメントは受け付けていません。

リターンは振り切らない

リターンは振り切らない

というと

当てるだけかと思われてしまうかもしれない

それは違う

ここでのリターンの目的は

ブン殴ること

強烈リターンでやっつけることなのだ

 

そのための方便が

「振り切らないこと」 なのだ

インパクトは強烈に通り過ぎても

1603nisikoritsfr

ここまではいかないということ

frfurikiri1803

なぜなら

リターンの相手

サーブというのはプロレベルだと

最強のショット

勢いがすごいから

こちらのラケット面を強力にぶち当てれば

弾き返っていく

TENNIS/BRISBANE INTERNATIONAL 2010

スピードは簡単に出る

逆にこちら側から見たマイナス面は

速いサーブなので

ついつい、真ん中を外すこともある

 

その時に腕の支えが弱いと

ボールはあらぬ方向に飛び去る

だから

手首を固めて

それを最後まで保つ

agas1507bkimpc

それを実践しているのが

世界一のリターンを打つのが

agasi1701fr

アガシ

彼は打球後もラケット面を

手首の角度を保つことをはっきりやる

強烈に、サーブにぶっつけるが

「リターンは振り切らない」 のだ

 

いや、言い方を変えよう

フォアもバックも

リターンは

「手首の角度を保てる範囲で強烈に振り抜く」 のだ

 

そして

1セットに2回ブレークする。  テニス

 

 

カテゴリー: リターン | 投稿者松原コーチ 18:40 | コメントは受け付けていません。

フォアの手首角度

『キャブ』 さんから左右打ち分けへの質問の続き

以下がそのコメントの重要部分です

 

カラオケ  ・・・ クロスに打つ時の意識で「手首の角度を浅くする」という点です。
この角度とは前腕とラケットが作る角度のことで、浅いほうが180°に近いということでしょうか?

キャプ より

 

 

 

水瓶座  私の答えです

その通りです

手首の角度が180°に近ければ

面がクロス方向を向きやすくなります

そこからラケットヘッドを遅らせれば

面が逆クロスに向きやすくなります

 

だからクロスに向く方を先に作れば

ちょっと遅らせるだけですので

逆クロスへの変更が可能です

 

先に逆クロスに向けちゃうと

クロス打ちへの変更は難しくなります

 

180度なんて現実離れと思っていたら

1803frtk

いましたね

マレーです

もちろん彼は左右に打ち分けられる

インパクトとではこんな絵も

1803frimp

これで左右どちらにも  テニス

カテゴリー: フォアハンド | 投稿者松原コーチ 18:46 | 1件のコメント

フォアのクロスで前に

『治りかけのテニスエルボー』 さんからの質問

以下がそのコメントの全文です

 

カラオケ  いつも愛読しています!
アプローチの練習で、相手から来た浅い球をトップスピンでクロスに深く打つ方法を教えてください。
サービスラインで、腰くらいの高さのボールをアプローチするのですが、フラットで打ち込むには打点が低いため、トップスピンで一度ネットを超えて打つとどうしても、ボールが浅くなります。

ボールの軌道の頂点をネットより奥にすればいいのでしょうか?
お時間あるときにでもお願いします。
(スライスはまだ打てません)

治りかけのテニスエルボー より

 

 

 

私の答えです

水瓶座  結論を先に言います

「もっと強く打てばいいんです」

ihara170807fr

ボールの軌道の頂点をネットより奥にすればいいのでしょうか?

というのももちろん正しい

サービスラインから打ってベースラインに達するには

当然そうなります

 

ですが

必要なのはフルスウィングのアプローチです

ost1706frimp

というのは

いまどきのテニスで

ネットすれすれに打ったら浅くなっちゃうようなショットで

(つまり緩いということです)

クロスに打って、ネットへ出たら

フォアハンド一発で抜かれます

そのスピードで深く打っても

(ネットを高く越せばいい)

だけど、浅いよりはましとはいえ、結論は同じ

相手の立場になってみれば、あなたも ・・・

 

練習をうまくできるようになることが目的ですか?

それとも試合に勝つことが目的?

それによって答えは変わるかもしれませんが

 

だから(勝ちたいなら)

深く打つのではなく

強く打つ

そうすればもう少し向こうまで飛ぶし

rad1604ffnis

技術的には

アウトしないように強烈にここへ引っ張り込む

深く打つというよりはアウトしないように打つ技術

ベースライン手前に

肘を中心にしたワイパースウィングで浅く

低いフィニッシュでねじ込みます

できればウィナーになるようなショット

たまたま返ってきたらボレーする

というような考えです

 

スライスはまだとのことですが

それとて同じこと

40年前ならスライスで深く

センターセオリーとか

バックをついて前にとかやったのですが

あなたが相手ならどうですか?

nadalff1706ff

現代は

そんな感じで前に行ったら

大歓迎されて、やられます。  テニス

 

 

カテゴリー: シングルス, フォアハンド | 投稿者松原コーチ 19:47 | 1件のコメント

サーブで反る理由

『ホッシー』 さんからの質問

以下がそのコメントの全文です

 

カラオケ  松原コーチ、いつもありがたく拝見しています。
サーブについて質問させて下さい。
トスを右の方に上げ、両肩の線をあまり傾けず、野球のピッチャーで言うスリークォーター位の感覚でスウィングすると「体の回転→肩の回転」がスムーズに出来て「バキッ!」というサーブが打てるのですが、スピンサーブを打とう、とか打点を高くしよう、とか思ってトスを正面に上げると体が回らず肩の回転だけで打つような感じになってしまい「バチン」位にしかなりません。
トスを正面や左に上げても体をうまく回転させるコツはありますでしょうか?

ホッシー より

 

 

 

水瓶座  私の答えです

スピンサーブやフラットサーブもですが

上体や肩の線の傾けについて誤解が多いようです

 

特にスピンサーブで上体を後ろに反らせ

膝の屈伸と腹筋での上体起こしで

下からこすりあげるという発想の人が大半かもしれません

 

ホントは

こうゆうふうに考えてもらいたいのですが

 

「上体を後ろに反らせるのは軸を傾けるため」

 

この傾けた軸を中心に上体を回転させるのです

rao1801srtos

そうすれば

打点が上になって高い打点が取れ

kuni1706srinp

両肩の線の延長上に右肘が来て

一番、内旋パワーが使える形になる

waw1801srdaten

そして肘を残してのフィニッシュ

sampuras1801sr

上体を傾けなければ

肩の線も垂直にならない

だからその場合は

トスを右に上げて

スリークォータ―気味に打てば楽に打てるのですが

頭の上の方では打ちにくいのです

 

上体を後ろに傾けておいて

上体を回転させればいいのです

腹筋で強烈に伸びあがらなくてもいいのです。 テニス

 

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 18:54 | 1件のコメント

トミーテニス塾

昨日、3月7日水曜日は毎月恒例

トミ―インドアスクールで松原コーチのテニス塾

いつもは松原さんの理屈に共鳴してくれる男の人たちばかり

なのに

今回はどうしたんでしょう

ご夫婦での参加の男性お一人を除き

5人が女性だった

CIMG6348

これはバックハンドでの面をキープする練習風景

手首の反省点が多いようだ

後で出てくるのと同じドリル

 

さて

1時間目はフォアハンド

凹型、振り子の構え方、引き方、その時の面の作りかた

この面作り、引き方作りがほとんどの話

これでしっかりと安定感が出てきた

それとラケットヘッドが手首を追い越さないこと

これでさらに安定感が

ost1706frimp

次にバックハンド

手首の角度

片手の男性はくの字の角度

fedbk1608sitani

両手の女性たちは

Yの字の角度を

joko1608

どんな体勢になっても守り向く

djok1610bkgup

ということを強調した

その確認にオープンスタンスでジャンプして打ったが

ジョコビッチと同じとはいかないが

皆さん自然に対応していた

そうそう

面のキープは手首の角度保持が最重要だが

そのための面感覚

フォローで打球方向に向いていることの確認が

上と次の写真

CIMG6346

ボールかごでの水撒き、ボールまき

かごの開口部が打球方向に向かないと

ボールが後ろに戻ってくる

あの位置の私に降り注いだ場面もあった

 

最後はスライスとボレー

CIMG6350

アウトサイドインで切る

つまりテニスボールをスライスする

この種目も手首は固定で腕全体のスウィング

CIMG6355

ワンバウンドに対しては上から振れても

ノーバウンドだと心配で

という人が多かったが

徐々にスライスボレーになっていった

 

3時間の間、何度、「手首の固定」 と言ったろう

 

さて、次回のトミーテニス塾は、4月11日(水)の開催

たくさんの皆さんに生の松原コーチを体験してほしい。 テニス

 

 

 

カテゴリー: イベント, バックハンド, フォアハンド | 投稿者松原コーチ 19:32 | コメントは受け付けていません。

負けを恐れないためには

『うどん県』 さんからの質問

以下がそのコメントの全文です

 

カラオケ  松原さん、いつも拝読させていただいています。
自分の趣味の硬式テニスと、顧問をしている中学校ソフトテニス部の指導をするうえで参考にさせていただいています。
さて、先日の中学生のソフトテニスの試合ですが、格上の相手に対しては、真っ向勝負でいいプレーをして金星をあげたのに、格下の相手に対しては、負けを恐れたからかプレーが固くなって自分の球が打てなくなっていました。大事な試合になればなるほど、負けを恐れて自分のプレーができなくなるのをよく目にしますが、松原さんならどのようにアドバイスをしますか。
ご教授いただけると幸いです。

うどん県 より

 

 

 

水瓶座  私の答えです

うどん県、というとあそこでしょうか

私もあそこの銘柄のうどんは大好きです

 

さて、うどんじゃなくてテニスの話

「格下の相手に対しては、負けを恐れ ・・・ 」

よくあるメンタル話ですが

そうだとするとメンタルを鍛える

座禅でもしましょうか

20年くらい修行すれば

人間ができてきて何とかなるかもしれません

でも中学生の間には間に合わない

 

ところでなんでビビるのでしょうか

ビビっちゃいけないと思っても駄目ですよね

考え方を逆にしたらどうでしょうか

そうゆう試合でどうするかを決める

決めたとおりにやる

170928sugifrhikui

いがいに、何をするか決めていない子が多い

いや、大人も多い

最初のサーブをどこにどう入れる (決めてあります?)

リターンはどうやる

ストロークはどれぐらいの強さでどこへ打つ

前衛はいつポーチに出る

ATP Masters Series - Rome

スマッシュはどこまでのロブを打つのか

段取りを決めてそれを実行する

できない部分は練習しておく

何をするか決めておき

予行演習をしておけば

案外できてしまうのではないでしょうか

nadal160104gats

試合の仕方を教えないのに

試合をうまくできない子を叱っているコーチや親御さん

「なんで練習と同じショットができないんだ」

よくいますよね

私もちょっと、反省しています

 

打球練習のショットと試合の形でのショット

試合のショットは常に1本目ということもあり

違いますよね

そりゃあ

練習したことのないことをやるのは怖いですよね

試合の予行演習してみたらどうでしょう

 

メンタル?

そりゃあ、強いに越したことはないけど

関係ないかもしれませんよ。  テニス

 

 

カテゴリー: ジュニア, 練習法, 試合 | 投稿者松原コーチ 19:14 | 2件のコメント

フォアの左右打ち分け

『キャプ』 さんからの質問

以下がそのコメントの全文です

 

カラオケ  松原コーチ、こんばんは。
フォアハンドのアウトサイドインとインサイドアウトの時でどんなスイングイメージを持っているのか教えていただけないでしょうか?

逆クロスは特に問題なく打て、インサイドアウトというのもわかる気がします。
クロスが不得手で、アウトサイドインで打つということを意識して練習していますが、良いのかイマイチわかりません。

私としては、①「テイクバック完了したところから引っ張り込んでアウトサイドイン」よりも、②「テイクバック完了したところから一度アウトに出してインに引っ張る」ほうがクロスへ打つ感触が良かったです。ですが②の方は言うならば「イン→アウト→イン」でシンプルなスイングではない気が…

お時間ある時にでも、よろしくおねがいいたします。

キャプ より

 

 

 

水瓶座  私の答えです

クロスでも逆クロスでも

それだけを練習すればどんな打ち方でも打てます

その方向を向いて打てばいいだけだから

 

重要なのは両方に打てること

 

逆クロを打って、短くなったのをクロスに決める、とか

続けて、使うのだから

2つの打法につながりがあること

 

そのためには

まずクロスに打てるようにすること

ラケットヘッドを遅らせないように

手首の角度を浅くする

そして

アウトサイドインでクロス方向にぶんなぐる

nisifstaore1708

逆クロスに打つには

クロスと同じテイクバックから

振り出しでラケットヘッドを遅らせ

1604nisifshippari

「手首の角度を深くする」

「上体の開きも大きく」  すると

ラケット面が逆クロスを向くので

その面でぶんなぐる

1709gcnisikori

野球なら流し打ち

だけど

上から見た形はこんなはず

forswing140221

腕は円を描いて振るが

スウィングも手の動きも

ご覧のようにアウトサイドインしかありえない

手の位置をクロスに打てるよう

右、遠目にセットし

1509nadafltb

この人は左、遠目だけど

腕を引っ張り込むのです

その時に先ほどの変化を織り込んで

クロス逆クロスを打ち分けるのです

 

スウィングはシンプルが一番

 

もちろん

強くアウトサイドインを感じたり

振り出しで

手の動きがインサイドアウトに感じたりはあるでしょうね。 テニス

 

 

カテゴリー: フォアハンド | 投稿者松原コーチ 18:52 | 1件のコメント

印西女子ダブルス

昨日の松原テニスクラブ印西

月例の女子ダブルス初級編

CIMG6203

今月は10ペアーの参加

5ペアーずつの2グループに分かれ

総当たりの予選リーグと

上位4ペアーでの決勝トーナメント

予選3~5位のペアーは同順位での対戦と

最低でも、5試合をこなした

CIMG6221

今回は、初級といいつつもかなり粒ぞろい

上級者は居ないわけなのでかなりの大激戦が展開

CIMG6220

好プレーが随所に見られた

CIMG6201

予選終了後に全員集合で写真撮影

CIMG6214

この後は決勝トーナメント

CIMG6207

決勝では

動きの速さと先手を取るショットが功を制し

松原テニスクラブ印西の桃谷さん、谷田さんが

強打の瀧尾さん、新田さんのペアーに勝って優勝した

CIMG6227

今回の私のアドバイスは

勝てなかった人たちには、やはり

「ちゃんとクロスに打ちましょう」

というもの

繋ぐコースと決めるコース

はっきりした意識がないと、なんとなく負けてしまうのだ

気まぐれにストレートに打ってはいけない

もちろん、エース狙いの確信犯なら良い

 

そして

決勝トーナメントに進出した人たちには

「ある程度のリスクは覚悟して、先手を取る」

というもの

例えば

リターンをしっかりバックに打つ、とか

セカンドサーブの回転を多くして攻められないように、とか

(これは大会後の練習課題としてアドバイスしたのに

ある人が、試合中にやり始めて、できちゃったので困ったもんです)

平行陣では、わざと短いボレーを打つ、とか

 

相手が自由自在にできる状況を

安易に作ったら勝てないということなのだ

 

さて

次回の開催は、3月19日(月)

たくさんの皆様の参加をお待ちしています。

 

 

カテゴリー: イベント | 投稿者松原コーチ 19:37 | 2件のコメント

頭を立てる

冬のオリンピックが終わった

スピードスケート好きな松原さんとしては

メダルをたくさん取ったのでとっても満足

その中からテニスに役立つ話を一つ

女子500mで優勝した小平奈緒さん

spo18021908220008-p5

顔がいい、頭もいいそうだ

もちろん美人だが

ここでは違う観点で言う

頭が垂直に立っている

だから状況をしっかり見られるし

バランスもとれる

スノーボードの竹内智香さん

180224_takeuchi001

やはり顔がいい

スケート以上に不安定なゲレンデの上

こうでなければコントロールできない

 

さてテニス

takao1710fs

鈴木貴男のスライスアプローチ

そして

nisifd1708

錦織圭のランニングショット

 

上体が傾いたショットでも

頭を立てている

そして傾いた時は上体を回転させない

 

ネットのそばで

ローボレーの苦手な人は特に気を付けてほしい

頭を傾けないことを

ローボレーは顔が命なのだ

ネットのそばで

上体を傾けて

ネットの向こうを見てみるといい

頭を斜めにすると

ここはどこ私はダレ?

頭を立てたとたんに

ボールを打つ角度、距離感まで

見事にわかるようになるのだ。  テニス

 

 

カテゴリー: ボレー, 技術全般 | 投稿者松原コーチ 20:26 | コメントは受け付けていません。