両手バックの肝

『よっちゃん』 さんからの質問

以下がその質問の中心部分です

 

カラオケ  ・・・

両手バックについては、何年も試行錯誤していて、ぜんぜん上手くなりません。よく左手主導で左のフォアのように打つというアドバイスがあります。これを取り入れてみたのですが、打球のスピードがまったく上がりません。
自分なりに考えてみて、そもそも右利きの人間が左手主導でラケットを振ってもスイングスピードが上がるわけがないと結論を出しました。
左手はラケットの面を作り、右手はラケットを引っ張りスイングスピードを上げるのではないでしょうか?もちろん、どちらも100:0ではありませんが。
このような考え方はおかしいでしょうか?

・・・

よっちゃん より

 

 

 

水瓶座  私の答えです

「左手はラケットの面を作り、右手はラケットを引っ張りスイングスピードを上げるのではないでしょうか?」

結構正しいのではないでしょうか

男子プロのテイクバックを見ると

djok1610

相手に面が見えるように引きます

これは、「スジガネ君」プロに聞きますと

cimg1615

左手の手首の角度を固定したまま引くと

先が引けず

引きの大きさ自体も右手の長さに限りがあり

hiita1610

右肘が伸びきるまでがセイイッパイ

これ以上は引けない

だから

この形で引けば安定はするが

だけど大きくは引けないので

ボールを引き付けて

小さく鋭く振る

k_nishikori1610bkimp

小さく鋭く、手首は硬く

1606keibka

これが両手バックの肝、なのです

上体の回転も少ないことに注目

大きくゆったり回っている時間はない

身体の使い方も最小限

意識としては使わないつもりでいいと思います

TENNIS/BRISBANE INTERNATIONAL 2010

相手に面を見せて引き

しっかり力んで

パチンとはじき返してやる

これが両手バックの極意、まとめです。 テニス

 

 

 

カテゴリー: バックハンド | 投稿者松原コーチ 19:48 | 2件のコメント

4月のトミーテニス塾

昨日、4月11日のトミーインドアスクール

松原コーチのテニス塾

今回は、Wさんご夫妻、2人だけだった

CIMG7511

写真は3時間目のスマッシュ

ゆうっくりのスウィングで女性でも楽に打つ練習

もちろん男性がやれば安定性につながるし

スピードも出る

でも

ロブが落ち始めて、すぐに振りはじめるのは

相当にイメージをしっかりしないとできない

写真はだいぶいい感じになったころ

その後そのスウィングをサーブにつなげる

CIMG7514

ついつい身体全体が同時に動くので

これはダメな見本

CIMG7513

サウスポーの確信犯的スライスサーブ

女性のゆったりスウィング

だいぶできてきた

 

さて

今回のお二人の一番の希望はフォアハンド

安定させること

だからインパクトの面を垂直に作り

そのまま引きそのまま打つ

手首は動かさない

すぐに二人とも安定した

ここまでは最初の5分とかからない

次に構えから、いや、構え方かな

CIMG7504

ちょっと手首が窮屈だが

その窮屈な部分を感じてもらう

実はサウスポーの右手の位置が

kamae1607

バックハンドの持つ位置になっていれば完璧だった

グリップの薄い奥様は

CIMG7505

こんな感じ

楽に持ってくださいといったら

CIMG7509

当然ここから引いたら面がどこを向くかわからない

 

フォアハンドは何度も繰り返さないと

なかなか身につかない

レッスン最後にもう一回最初に戻って

面をしっかりさせ

ついでにしっかり手首を固くしてもらい終了

 

後日、自分で比べられるよう

上の写真をブログに掲載する約束をした。 テニス

 

次回のテニス塾は、5月9日の水曜日の予定だったが

松原さんの都合が

この週の、松原テニスクラブ横浜オープンで

ガッチガチ

ごめんなさい

5月はパスさせてください

6月13日の水曜日は頑張ってやります

たくさんの皆様の参加をお待ちしています。 テニス

 

 

カテゴリー: イベント, サービス, フォアハンド | 投稿者松原コーチ 19:57 | コメントは受け付けていません。

松原TC横浜は

昨日は無事に

松原テニスクラブ横浜の建設現場に着いた

そこの現状は (4月10日現在)

CIMG7438

一見変化がないが

CIMG7422

コート横の1mフェンスに網がかかったり

CIMG7454

内装材の山だったり

CIMG7455

配線だらけだったり

まあ、大変、タイヘン、たいへん。  テニス

 

 

カテゴリー: 松原TC横浜 | 投稿者松原コーチ 18:04 | コメントは受け付けていません。

東戸塚から新クラブへ

「松原テニスクラブ横浜」 の建設現場から

徒歩で丘を下り

東戸塚からの経路をご案内

車で来るつもりで写真を撮りながら歩いてみた かたつむり

 

東戸塚から環状2号線を新横浜方面へ

保土ヶ谷バイパスを過ぎて2つ目の信号

環2市沢下町交差点  (通称、かつや交差点)

CIMG7472

ここを上星川駅に向かい、右折

目印は右側交差点手前の「かつや」

CIMG7473

向こう側のセブンイレブンと「かつや」の間を行く

CIMG7475

少し行くと、「犬」の看板が右手に

CIMG7480

犬の訓練所が近くにあり

歩いていくにはこちらが近道、鴨 ひよこ

CIMG7481

左奥の方にクラブ裏手の、「星の丘ビューシティー」が見えている

今は車のつもりで、直進

CIMG7483

道は左に緩やかにカーブしながら登っていく

登り切ったところがT字路になっており、右折

CIMG7485

実は、ここが最大の難所

数々の登山家が遭難している場所

東戸塚のあの、車好きのコーチも

すぐ先の浄水場前を抜け

上星川駅まで行ったとか行かないとか

とにかく

60度くらい左に曲がって、道なりに行くと、NG

30mほどで、「西谷浄水場」 交差点の信号が

CIMG7489

こちらに行っちゃだめ

正しいのは鋭角に右折、右角は消防署だが

CIMG7488

でも曲がってしまうまで、消防署とはわからない鴨 ひよこ

CIMG7490

ここさえ、右折に成功すれば登頂間違いない

栄光はもうすぐだ

少し行くと

CIMG7495

正面に緑のフェンスが見えてくる

CIMG7498

到着

CIMG7500

環2市沢下町の、「かつや」から

徒歩で7分くらい

車なら2分かからない

東戸塚松原テニススクールからは車で10分ほど 車 (RV)

是非、覗きに来てほしい

松原さんがいたら、声をかけてくれれば見学もOK

くれぐれも消防署のところで遭難しないように

検討を祈ります。  ペンギン

 

 

 

カテゴリー: 松原TC横浜 | 投稿者松原コーチ 20:27 | コメントは受け付けていません。

サーブを安定させる

先日、友人のブログを見ていたら

息子さんのサーブが安定しないのだとか

そこで安定のコツについてひとくさり

一つ目

回転をかける

raf1503sr1

世界1のナダルさん

ここのラケット面が自分側を向いている

つまり

ラケットのエッジ側から振りやすくなる

回転がかけやすいということ

回転が安定してかからない人は

エッジの方が自分に向いている鴨

このラケット面の向きを比べてみてほしい ひよこ

ついでに手首を固定し

ぐらつかせない

キリオスは

ここから先、ほとんど手首を動かさない

1801kyrgiossrtos

この人はそれについて群を抜いている

だから200km/hを超えるセカンドを打ったりする

次に

振り子のテンポで 「ゆうっくり」 振る

そうすれば

元気でも疲れていても

友引でも仏滅でも

同じテンポで同じ面が出てくる

waw1801srdaten

そして、それをすれば

ラケットヘッドが走って

自然に、打点が後ろぎみにならざるを得ない

ワウリンカのように

身体全体でボールを包み込んで打点を捕える

最後に

ゆうっくり の後半 「クリ」 では強烈に

sampuras1801sr

引っ張り込むことができる

強いサーブのコツになっているようだが

実はこれが安定したサーブのコツ

ついでに

スピードが出てしまったことはお許し願いたい

tssr4b

そうそう

ラケットがしっかり垂れるよう

膝の伸びは頑張らないで、ゆったりとね

昔々、学会発表のために調べたことがある

強烈サーバーは

松岡からベッカーまで

みーんな、0.25秒かかっていた

現代では、もちろんフェデラーも

そして、15cmジャンプ

fed1412ad

それも、「ゆうっくり」 のコツ。 テニス

カテゴリー: サービス, 年寄りのひとりごと | 投稿者松原コーチ 18:34 | 2件のコメント

確信犯的曲がりサーブ

『makotasu』 さんからの質問ですが

あまりに長いのでここにはコピーしません

読みたい人はこちらへ

 

カラオケ  要は

よく曲がるスライスサーブでスピードも出したい

ということで、どうしましょうか?  ということ

 

 

水瓶座  私の答え

一般的に

回内を効かせてラケットのヘッドスピードを上げると

フラット気味になり曲がらない

面を斜めに当てるためには、回内を効かせないので

ヘッドスピードが落ち

サーブのスピードは落ちる

 

もちろん同じスウィングスピードなら

回転をかけないフラットサーブの方が速いのはあたりまえ

 

というのは世間の常識

 

同じ回転数ならスピードがあるほうが曲がらないのも

そりゃあそう

 

だけど

ひとつ解決法が

回内を効かせたのに

ラケット面が斜めに当たる

ナダルのサーブ

raf1503sr1

グリップを超薄くするのだ

または手首を内側に折る

そのまま打ったら

エッジで打つくらいのラケット面にしておいて

それを回内で起こす

nadalssr1607

この使い方はサウスポーに多い

曲がることのご利益が

サウスポーの方に多いからかも

確信犯的曲がり曲がりサーブ

 

ただしフラットに打てなくなる

フラットを使わない

右利きアマチュアやサウスポーなら

フラットの必要がなければそれもOK鴨 ひよこ

 

 

カテゴリー: サービス | 投稿者松原コーチ 18:44 | 2件のコメント

下川井TCの桜吹雪

先週の土曜日

会員さんたちとテニスをしようと

松原テニスクラブ印西に行ったら

その会員さんが少ない、いつもの半分

どうやらみんなでお花見に行っちゃたらしい  桜 ビール

 

翌日の日曜日、午前中は

下川井テニスクラブでレッスン

松原さんは、1,2時間目を担当しているのだ

ところで、会員さんのコートを見ると

こちらのクラブは出席率が高い

どうやら、ここで花見ができるからか

CIMG7106

大きな名物桜があるのだ

すごい花の数

ポツポツと白いのは桜吹雪

向こうから、風に乗って花びらが飛んでくる

 

実は、このクラブの松原さんクラスは4月いっぱい

5月からは

あざみ野ローンテニスクラブにいた、山崎コーチが来る

yama2

今月から、うちに移籍したのだ

全日本級のテニスの腕前もコーチとしても

何よりも笑顔が、松原さん並みに素晴らしい

とっても素敵なコーチ

ぜひ、一度レッスンを受けてほしい

きっとご満足いただけると思う

 

さて

松原さんはというと

たぶん、5月第2週から

新設の、松原テニスクラブ横浜で

日曜日の8時から、2レッスンを担当する

今日の現地は

CIMG7255

3番コートのみ、芝張りが7割がた完成

CIMG7258

明後日には、芝目の間に砂が入る

残り3面はまだだが

4月中にはすべてが出来上がるはず

CIMG7232

素晴らしいクラブを目指して

あと一頑張りだ。 テニス

 

 

カテゴリー: 年寄りのひとりごと, 日記 | 投稿者松原コーチ 19:16 | コメントは受け付けていません。

これじゃまずいか?

フォアハンドの姿勢

これじゃまずいか?

tarofr1803

ダニエル太郎のフォアハンド

いやいやこれはこれで

ラテンの国々、特にスペイン辺りではみんなこんなもの

国民性もあり、かなりアバウト

コートもほとんどがクレーの赤いやつ

ハードコートに比べれば遅いのとイレギュラーもあるので

全身を使った大きなスウィングで

手首も柔らかく使って

tarofstbdc1803

ヘビートップスピンで振り抜く

どっかには入る

これで勝っている人も多いのだから

もちろん、このフォアもあり

ダニエルもスペインで鍛えた

DSC_5421

だけど

どうしてもハードコートで

しかもリターンとなると不利になる

だからクレー育ちでも

フェデラーやジョコビッチは姿勢がいい

そうゆう人がオールマイティー

フェデラーは今ではハードの方が好きかもしれない。 テニス

 

 

カテゴリー: フォアハンド | 投稿者松原コーチ 18:29 | 1件のコメント

姿勢がいい人は狂わない

ストロークを打つとき

世界で一番姿勢がいいのはこの人

どこから写真を持ってきても垂直

sugitayuiti

杉田祐一

姿勢がいい

つまり軸が垂直

いくら上体を回転しても

ボールが上下方向にぶれない

DSC_5841

特にフォアハンドでライジング気味

フラット気味に

速いボールを打つには、打球に精度が必要

面にも精度が必要

だから軸にも精度が

 

「軸が垂直」はスピードフォアハンドの命なのだ

 

そうそう

リターン

早いサーブに対し

トップスピンを多くかける余裕がない

DSC_6730

杉田はリターンもうまい

 

世界で上に行くには理由があるのだ。  テニス

 

 

 

カテゴリー: フォアハンド, リターン | 投稿者松原コーチ 18:35 | コメントは受け付けていません。

夢のテニスクラブは今

5月オープンを目指している

松原テニスクラブ横浜

CIMG6617

保土ヶ谷区仏向西21に建設中

昨日の雪と雨でびしょ濡れ

白っぽい平地がテニスコートの地盤

手前に2面、向こう側に2面の計4面

この上にアスファルト系の盤を作り

その上に砂入人工芝という段取り

ラインの中はグリーン、外は茶色

いまどき珍しい会員制のテニスクラブ

とはいっても、松原さんのこと

1面はテニススクールを予定している

フェンスができてきて

CIMG6602

コートの区画がはっきりしてきた

ここは3番コート

大きなフェンスの内側

コートサイドの1m高の小フェンス外から観戦

という場所

4月半ばにはコートが出来上がる

入会の条件なども決めるが

体験会や松原さんのテニス塾など

皆さんにお会いできるイベントをいっぱい

もうじき発表できるはず

私といっぱいテニスしましょう

たくさんの皆様に冷やかしに来てほしい。 テニス

 

カテゴリー: 年寄りのひとりごと, 松原TC横浜 | 投稿者松原コーチ 20:29 | コメントは受け付けていません。