カテゴリー別アーカイブ: テニススクール

姉妹校のGWイベント!

今年の私のGWは、4月28日(土)から5月6日(日)までの、9連休です。

すでに、4月28日はサークルの対抗戦(今年3回目)、29日は隣接市民大会、30日は社労士テニス同好会、5月3日も社労士テニス同好会、4日と5日はサークル、6日はスクールと7日間は予定が入っています。

本当は、これ以外にスクールでテニスが出来ればいいのですが、残念ながら、4月29日から5月5日まで休館日で、今のところ、休館中のイベントは出ていません。(完全に休み?)

私の年間3大連休(GW、夏休み、年末年始)とスクールの休館日が結構重なるのですが、今回も7日間重なってしまいました。

ところが、4月29日に、スクールのコーチ同士の試合(姉妹校3校の対抗戦)があり、私は隣接市民大会に出るので見に行けませんが、姉妹校のコーチはどんな人がいるかと、ホームページを見て、ビックリ!

同じ県内の姉妹校のホームページに、GWイベントが4つも記載されていました。

1つ目は、ラリー&ゲーム練習会。ラリーした後に、ゲームで試せるので、役に立つイベントです。

2つ目は、レンタルコート。インドアコートで、間違いなくテニスが出来るので、これもいいイベントです。

3つ目は、親子レッスン。これは、私は、どちらにしろ出れませんが。

そして、最後が、市民大会に備えて、コーチとダブルスです。市は違いますが、どちらのスクールも5月に市民大会があり、それに出る人用のレッスンです。羨ましい!

私の通っているスクールでも、いくつか考えてくれないかな!

期待をこめて!

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 20:23 | コメントをどうぞ

支配人が見たのかな?

先日(1月30日)の私のブログは、団体戦の記載でした。

スクールのコーチが年末に団体戦に出ていたこと、私も団体戦に出たいなと、そして、コメント(ゆこにゃん)でも、団体戦は盛り上がると。

その後、団体戦の草トーを探していましたが、昨日、スクールの来期イベントスケジュールを見て、びっくり!

5月の日曜日に団体戦(ダブルス)とあります。

今のスクールに入って約10年、一度も団体戦はありませんでした。
わいわいダブルスという、適当にグループ分けした8名チーム戦はありましたが。

これは、もしかして、スクールの支配人が私のブログを見て、考えてくれたのかな?

支配人は私のブログを見ていてくれて、以前、ブログランキング5位になった時は、5位おめでとうございます!と言われました。

もし、そうだとすると大変嬉しい!!!

でも、団体戦の運営が大変かな。日曜日のレッスン後、17時からスタートすると、トーナメントで団体戦を行うと、時間的に日曜日中に終わらない可能性大!

もし、私が、運営側であれば、

1チーム3ペア(男性3名、女性3名)で、男ダブ、女ダブ、ミックスダブの15分マッチにするかな。
(1試合毎に組替可能、相手を見て、1試合目は男ダブに出て、次の試合は、ミックスに出る等)

これだと、コート3面があるので、15分で1チーム毎の対戦が完了します。

Aチーム対Bチームの3ペアが最初の15分、Cチーム対Dチームの3ペアが次の15分----と。

などなどワクワクしながら思いをはせてしまいました。

その前に、チームが組めるかと、そして、申し込みが出来るか(先着順?)がありますが。

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 08:07 | 3件のコメント

テニススクールでの出来事2つ!

12月3日のテニススクールでの出来事2つです。

まず、前日がGSSパンサーOB会でテニスが出来なかったので、通常クラスの前のクラスへスポットで入りました。
きょうど12月がスクール12周年で、通常3000円位のスポットレッスンが、1人3回に限り、1212円というキャンペーン中です。

ただ、通常クラスの前のクラスの通常レベルクラスは満杯で、1つ下のレベルのクラスへ入りました。
そして、そのクラスでは、パターン練習のモデルもおおせつかりました。

ポーチ練習では、最初の深くセンターへ打つボレーを私が打ち、前衛がポーチへ出る。
ストレートアタック対策練習では、最初のボレーを私がサイドライン側へ打ち、相手後衛がストレート、そして前衛がそれをボレーで止めると。

他のレッスン生が見ているので、失敗はマズイと少々緊張しましたが、一応、合格点レベルのボレーが打てました。

次が、通常クラスのレッスンで、コーチがネットの高さの倍までのコースを狙いましょうと。
そして、コート中央の高さを知っていますかと聞き、他のレッスン生が、91センチと答えました。

すると、コーチが、91.?センチですかと聞きなおし、誰も答えられなかったので、私が、91.4センチですと答え、正解でした。

ちなみに、アシスタントコーチも知らなかったということで、面目躍如?でした。

まあ、サークルで一緒の岩娘さんは、私が、サークルで毎回、メジャーでネットの高さを調節しているのを見ているので、不思議には思わなかったようですが、コーチからは、よく知っていますねと、お褒めの?お言葉をいただきました。

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 20:00 | コメントをどうぞ

また、やってしまった!

スクールでは、練習相手への危険性を考慮して、力をセーブして、打つことにしています。コーチからも、そういうふうに言われています。

といっても、やみくもに強打しているわけではなく(他に、単なる強打をして危険と思うスクール生もいますが)、しっかりと、打つと、どうしても、威力が出てしまいます。

逆に、しっかりと打たないと、ミスをしてしまうというジレンマもあります。

例外として、アシスタントコーチと打ち合うときは、全力を出してもいいので、マジに勝負しています(勝率は半々位かな)。

ところが、先日のスクールでのロングボレー対ボレーで、他の方には、返すボレーに徹していましたが、私のミックスペアとの練習となり、最初はセーブしていたのですが、相手もミスが少ないので、段々とペースが速くなり、ついつい決めのボレーを打ち出してしまいました。

となりから、いつもの仲間が、スピード違反だよと注意も受け(反省!)

反省はして、次回からは気を付けるつもりですが、少々、言い訳を、

・練習と試合で別の打ち方をしていると、本番で、そのショットが打てない傾向が私にはあります。
練習と試合を同じにする、そのために、
常に、練習では試合と思って打っています。そして、試合では練習と思い打つと。

・ミックスの常道は、女性狙いです。(たまに私は男性と勝負し、墓穴を掘りますが)
ということは、強豪の男性が、私のペアめがけて、私と同等のボールで攻めてきます。
慣れていると、1球しのげ、しのげたボールが意外とチャンスになります。

以上ですが、やはり、スクール内では、距離も短いので、気を付けるようにします!

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 18:23 | 1件のコメント

間違い、見っけ?

今週末は3連休ですが、初日の土曜日のサークルは、外のため天気が気になりますが、終日としての降水確率は、なんと、90%。

ただ、昼には上がる予報で、ちょうど、サークルは13時開始なので、もしかすると出来るかなと淡い期待をしていますが。

ただ、できないときに備えて、スクールのレッスンをと思いましたが、今期からは、分け合いを辞め、かつ前期からの繰り越しもないので、スポットレッスンでもと考え、料金等をスクールのページで見ていました。

そうすると、妙な記載が

「第8週目は振替の方を優先させていただきますと」

その期の最後の週は、振替で結構混むので、最終週なら分かるのですが、なぜ、第8週目なのか???

暫く考えて、分かりました(たぶん)。

入っているスクールは、以前、1期が2か月間(8週)でしたので、その当時は、最終週が第8週です。

それが、いつからか、1期3か月間(12週)となりましたが、ここの表記が修正されていないままだと(想像ですが)。

前の職種(監査)の悪い習性で、なぜか間違いらしい箇所へ目が行ってしまうんですよね。

嫌われると思いながらも、つい気になってしまいます。

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 22:33 | コメントをどうぞ

3時間待って、タイブレーク!

24日(日)は、スクールのミックスダブルス大会がありました。

スクールのイベントでミックスは人気が高く、受付開始5分で埋まり、キャンセル待ちになっていて、参加は無理かなと思っていました。

ところが、22日(金)の昼に、スクールから電話があり、キャンセルが出て、参加可能ですが、どうしますかと。

すぐにペアの女性へメールし、スクールへ参加の返事をしました。

また、24日の午後に予約していた、整体ボディケアをキャンセルしました。(昼のレッスン後は、休憩して試合に備えようと)

で、試合は、17時開始で、組合せくじは、なんとA-1。(A~Dの4組で、1組3ペアで予選、上位2ペアが本選へ)

最初から2試合連続となり、第一試合は、3-6で敗戦しましたが、少々反省が。

ノーアドのデュースが4回あり、その4回とも落としてしまい、かつ、4回とも私の失点です。
(試合に、「たられば」はありませんが、もし、4回中3回取っていれば勝っていたかと)

また、この試合は、相手男性と勝負をしてしまいました。
私、コーチや強豪と対戦すると、試合としての勝敗よりも、その強豪に打ち合っていく悪いクセがあり、この試合で、それが出てしまいました。

コーチからも、なぜ、女性を狙っていかなかったのですかと、指摘され、大いに反省しました。

続く、第二試合は、6-1で勝利し、18時頃には、本選へ進むことが決まり、あとは、予選が全て終了するのを待っていました。

そして、本戦の組合わせが決まると、D組1位との対戦で、本戦1回戦の最終試合です。

じっと待つこと、なんと約3時間、20時50分に、やっと始まりました。待ちくたびれました。

そして、試合がまたまた長くなり、リードを追いかける展開で、ついに、6-6に追いつき、タイブレークとなりました。

残念ながら、タイブレークを落とし、敗戦となり、時計を見ると、もうすぐ22時でした。

体は疲れ、惜しい敗戦に悔しい思いも最初あったのですが、なぜか、やり終えたという爽快感もありました。

負けた相手は、最終的には、3位だったようですが、楽しめる試合ができました。

さらに、ペアの女性と本戦前に相談し、リターンサイドを交代しました。(デュースサイドからアドサイドへ)

ペアは、リターンダッシュするので、ストロークのサイドはあまり関係しないこと。

私は、バックのスライスリターンやフォアの逆クロスが打てるので、いいかなという判断でしたが、成功のようです。

敗戦とはなりましたが、収穫(次につながる)は、得れたと思います。

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 20:01 | 1件のコメント

輪に入れなかった!

27日のスクールレギュラーレッスンのあと、夕方、得意の近くのスーパーへの買い物に出かけました。

テニス用具一式を持って。

この日は、スクールの納涼祭があり、その一つのイベントで、コーチに挑戦(2ゲーム先取)があり、それに出ようかなと思ったのです。

開始時間の少し前に着き、イベントの一環の食べ物売り場で、フランクフルトを買い、食べながら待っていましたが、

会場は、ほぼ親子連れで、1人でいるのは、私くらいでした。誰か、知っている人はいないかなと探しましたが、スクールのスタッフ以外で、気軽に話せるような人は、見当たりませんでした。

そして、コーチに挑戦のコートの前は、ジュニアが並んでいました。こちらも、ジュニア以外の人は見当たらず、どんなゲームか見ていましたが、コーチがジュニア相手に、楽しくゲームを行っていました。

私は、結構、本気レベルで、挑戦しようかと思っていて、なんか雰囲気を壊しそうだなと思い、また、ジュニアだけの輪に入って、並ぶのも躊躇い、結果、ゲームはせず、スーパーへ向かいました。

事前に、誰かに声をかけ、一緒に行くべきだったかな(ゲームは、シングルスでもダブルスでも可だったので)と、思いながら、スーパーでの買い物をし、いつもより、かなり早く、買い物から帰宅しました!

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 20:34 | コメントをどうぞ

壮行会!

7月29日(土)は、昼間4時間のテニスサークルの後、夜も4時間、テニスではなく、テニス関係の懇親会(壮行会)に。

何回か記載した、スクール杯で準優勝したペアが、姉妹校への代表戦にでるので、その壮行会です。

元々、日曜日の11時スタートのQクラスで知り合ったメンバーが何回か懇親会を行っているのですが、昨年は今回のペアが優勝し行いましたが、今回も同じような趣旨での集まりで、たぶん結果が選ばれない場合は、残念会の懇親会にしたかもしれません。

そういえば、昨年の壮行会は、当日、娘が産気づき、病院へ行き、孫が生まれたのを確認したあと、病院から遅刻して、壮行会へ参加しました!

で、今年の様子です。

まずは、準優勝したペアにメンバーからのお祝い品の贈呈です。

2017073003

続いて、本題のカラオケ宴会へと、全体的な感じは、こんな感じで

2017073005

今回の幹事ご夫婦、奥様がやや倒れそうな感じかな?が、こんな感じで

2017073004

スクール杯にも出た女性ペアの熱唱、ドリカムの「何度でも」。10000回駄目でも、10001回目はと、テニスでも頑張りましょう!

2017073002

最後に、自分が撮影するので、意外と自分がブログに掲載されないので、撮影を代わってもらいました。
人の奥様をデュエットにお借りし(すみません)、「ふたりのアイランド」熱唱です。

2017073001

あっという間に、4時間が終わり、最後の締めのあいさつは、私となり、いくつか言いましたが、ひとつ「来年の代表戦は、男女とも全部、私達が出よう」と閉めて、お開きとなりました。

翌日のスクールは、やや重たい体で、受けましたが、昼も夜も、終日、テニス絡みで、楽しい土曜日1日でした!

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 16:27 | コメントをどうぞ

あらためて、5-6!

スクール杯の男女が終わり、初めて、スクールへ行き、結果、姉妹校との代表選メンバーが表示されていました。

つい先日のブログで記載した、1-5と先行されながら、5-5で追いつくも、最後、5-6で振り切られた相手は、準優勝でしたが、当然、男女の優勝ペアが表示され、あらためて見ると。

男子優勝ペアと女子優勝ペアに、春に行われたミックスダブルスで敗れた相手が入っていました。
(優勝の男子ペアの1人と女子ペアの1人が組んだミックスペアが、その時負けた相手という意味です。)

その時は、今回とは逆で、私達が、5-3とリードし、あと一歩まで追いつめたのに、5-5に追い付かれ、そのまま逆転を許し、5-6で敗戦となったものでした。

同じような展開で、逆の結果で、勝ちを手に出来なかったことを、あらためて、認識し、分析すると。

両方の試合に共通するのは、いずれも私が出ていました。つまり、私の最後の勝負の詰めが甘かったかと。

ゲーム展開では、両方の試合とも、辛抱のテニスで、相手の嫌な所へ、ミスせず、ボールを送り、追いついたり(男子D)、先行したり(ミックスD)しましたが、5-5からペースを変えるか、同じでいくか、選択を間違えたかもしれません。

まあ、いずれも優勝、準優勝という相手なので、簡単には勝たせてはくれませんが、善戦、いい試合だった、惜しかったという敗戦はそろそろ止めて、泥臭くても勝ちに拘っていきたいと思います!

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 18:57 | コメントをどうぞ

スクール杯(女子D)

7月16日は前週の男子Dに続く、女子Dのスクール杯。

かなり知っている人が参加していましたが、今回は、サークルから参加した2ペア、NTペア(私のミックスペアのNさんと、サウスポーのTさん)、そしてSNペア(どちらも、ご夫婦でサークルに入っている奥様同士)の敗戦した試合について、私の気づいた点を、戦術と技術の2つの観点から、書いてみたいと思います。

まず戦術面から、

1.NTペアの予選第一試合:善戦、いい試合をしていましたが、相手はかなりネットへ出てくるペア。NTペアもいいボールを打っていましたが、相手のネットプレーにタイミングが合うボールになり、相手は気持ちよくネットプレーをしていました。

NTペアも高低、左右と適度にボールを打ち分けていましたが、相手のタイミングに合うボールに結果的になっていました。

こういう場合、意外と、相手の体めがけて、ぶつけにいって、相手のリズムを壊すなど、もう一工夫あれば、なんとかなっていたかもしれません。

2.SNペアの3位トーナメント:相手は、NTペアの予選第二試合の相手。相手が先にミス(アンフォーストエラー)を連発して、NTペアは圧勝しました。

試合前にSNペアには、先にミスをしないように心がければ、相手がミスるからと言いましたが、残念ながら、SNペアが先にミスをするパターンとなり、さらに相手が修正してきて、NTペアの試合では打って先にミスをしていたのが、明らかに、抑えて、先にミスをしないようにしていました。

パンパンと打たないで、もす少し辛抱すれば、何とか出来たかもしれません。

次に技術面ですが、少し辛口で書きます。(Tさんから、少し口にして、背中を叩かれました。まあ、冗談で叩かれたのですが)

3.NTペアの決勝トーナメント第一試合:各ショットの威力が違い過ぎ、戦術とかで、どうこう出来るレベルではありませんでした。

ボールの威力に押されて、たぶん、自分たちの思っているボールが打てず、相手に、思うように決められ、手の打ちようがなかったのではないでしょうか。

テニスの試合は、試合中のアドバイス禁止で応援しかできませんが、たとえアドバイス出来たとしても、他の試合とは違い、試合中に言えることは、ありませんでした。

こう言ってしまうと身も蓋もないのですが、もちろん、対策はあります。

こうした威力のあるボールを打たれても、持ちこたえて、コントロールしてボールを打てるようにすることです。(私は、ハードヒッターや上位者と対戦するときに心がけています。)

では、どうするか、まずは、練習から、こういう威力あるボールの想定や、試合と練習を別にしないで練習することです。

考え方はいろいろありますが、例えば、ボレーボレーの練習で、私は、ほぼ試合と同レベルで打っています。決して、振り回すや、強打ではないのですが、しっかり、試合であれば、これ位のボレーは打つというレベルです。

練習だから、相手の打ちやすいボールを打つという考えもありますが、対威力のあるボール対策にはなりません。

ほかに対威力のあるボール対策では、女性は、サークルでは男性がいますので、女子D同士の試合ではなく、ミックスや男子D対女子Dを多く行うことが考えられます。

もうひとつ、先にミスをしないでは、これも練習からで、まず、平気で、2バウンドでボールを打たない。当たり前ですが、試合で、2バウンドは失点です。

しかし、練習では、短いボールを2バウンドで打っている人がいます。または、追わなかったり。

私は、練習中に短いボールと予測した場合は、試合と同じように、全力で追いかけ、切り返すことを心がけています。

また、ミスの削減では、練習中から、意図あるボールを打つ、そのなかで、ネットをしないと心がけています。

結局、練習で出来ないことは、試合で出来ませんから、まずは、練習で、威力のあるボールを、たとえ威力がなくても、自分のコントロール内で打てるようにすることです。

そして、それを試合でも行えるようにしていくと。

以上、スクール杯女子Dで、気づいた諸々です!

カテゴリー: テニススクール | 投稿者レオ 07:26 | 2件のコメント